第1951話〜第1960話

昔の日記選択に  1番新しいやつに

 

3月31日 第1960話「First Contact Lences」 あめのちはれ
 頃隣の家の音がよく聞こえるような気がしまして、

窓に何か異変があったのだろうとかと思いながら過ごしていました。

その時点でかなり無用心かつうかつと言えるでしょう。

…数日後。アローン2病患者としては二日後…って書きたいのですが二日とは限らないので出来ませんでした。

まあそれでですね、ちょっとCDプレイヤーが傾いて窓にあたった時ダメージが無いかチェックしたんですよ。

そう言うことは即座にチェックするのがよく物を壊す人の特徴です。

窓ガラスはノーダメージだったのですけど、窓僅かにあいてた。

無用心の極み。

しっかり閉めたら音の遮蔽率が今までどおりになりましたよ。

 ンタクトレンズを生まれて初めて作りに行きました。

自分の目の事はある程度調べてあるつもりなので、おもむろに店へ行ってハードコンタクトを所望。

何故ハードかと言うと、私は猛烈に強い乱視を持っているんです。

乱視って言うのは目を使って弱くなる近視などとは目の悪くなる形式が違います。

近視は眼球の表面かなんかのレンズの部分がピントを合わせる能力の低下とかだったと思いますが、

乱視と言うのは眼球自体の形が歪んでしまって、それで光が正常に通らなくなって見えなくなったり

最終的に光を受け止める深層なんとかでしたか、その部分が光を一点に受け止められなくなる症状。

しかもこちらはたちの悪い事に目を酷使しなくても、成長期などの体の発育に合わせて目の形が変わっていく

遺伝的な成長過程による乱視と言うものが存在するので

成長期に急に目が悪くなる人はこれに該当する可能性があると思います。

ゲームはやらずに割とスポーツやってて目は酷使してないって人でも目が悪くなるのはこれが原因っぽいです。

とは言え、同じ理由で成長期が終われば乱視の進行は止まるようなのでその点は安心していいと思いますけどね。

確かに私の最近の視力低下はそれほど顕著ではなく、誤差の範囲っぽくなってるのでその通りかもしれません。

ちなみに私はどの医者に見てもらっても「強い」または「相当強い」部類らしいのですけど、

その視力でも心配ないぜ大丈夫だと言う事を示す実験と言うか検証と言うか自分の目標と言うか、そんな事やってます。

それについては来月か再来月らへんにお伝えしますよ。

って言う程でもない事なので今度の日記読む頃にはすっかり忘れてても良いです。

…話は戻りまして、そう言うことで乱視の人は目にぺったりとつけるソフトコンタクトレンズでは

コンタクトレンズが眼球の形にくっついてしまうので、

結局コンタクトの形も適切ではなくなりレンズ内部の光屈折が正常ではなくなるためハード必須であると言う事のようです。

しかしハードはつけると目がゴロゴロしたり痛かったりと言う話を聞いているのでちょっと怖い所もあります。

着用に当たっては目の涙の量や目と言う肉体パーツ面の問題では着用可能であるようですけど。

まあそれでもちょっと作りたかったので作るためにまずは併設されてる眼科で検診。

空気を噴出して目の眼圧を測ったり、黒目の写真を撮影したり、目のピントを調べたりを

専用の機械を使ってどんどん調べていきます。中でも眼圧チェックはビックリします。

眼球に空気の弾が飛んでくるんです、それで眼球の戻り具合などから眼球内部の圧力を調べるんでしょうね。

ただ目に物ともつかない力の塊が飛んでくるのが分かっているまま目をあけているのは大変です。

…そして目の肉体的部分を調べた後はいよいよ恐怖の視力検査。

これについては人一倍目が悪いので時間は特にかかる気がしますが、気のせいの可能性もあります。

壁につけられた視力検査のボードを使う事無く、担当医が手持ちのカードで距離を調整しながら

これはどっちと言う形でしたがその後にボードを使うことになりました。

…視力検査が終わったら今度は問診とその眼科の支配者たる先生が自ら眼球を見てコンタクトは大丈夫といわれました。

それが終わったら今度は実際にコンタクトを着用する段階に。

その間待機していると壁にテプラで0.05 0.04とか張られているのを確認。

これ、どうやら先ほどのカードを使った視力検査の視力ごと距離のようです。

さっきの距離から言うと私の裸眼視力は…0.05から0.04である事が判明しました。

西洋医学に基づいて処方される薬の成分量並だ。両目の数値をを乗算した積は0.002ですよ!

今、パソコン机に目薬があるのですがそれの成分表を見てみるとですね、

メチル硫酸ネオスチグミンと塩酸ナファゾリンが0.003g、マレイン酸クロルフェミラミンが0.01gとの事。

ビタミンB6の0.1gや最も含まれているレアスパラギン酸カリウムの1gですら大量に感じますね。

たったの1gなのですが私の視力の話後だと1tくらいの質量に感じられます。

…そうこうしていると私に見合ったコンタクトレンズがあったようで、試着させてもらいました。

こんな異物を目に入れるのは生まれて初めてなので物凄く目が攻撃されてる感覚。

下の方を見ているとレンズのふちが目を刺激しにくくて楽になります。

しばらくつけていると違和感は減ってくるそうですが、言われた通り次第に減ってきていました。

ある程度なれてきた状態で再び視力検査。1.0相当の視力が出ているようです。

私の目はまだこれだけの視力を出す事が出来たのか…

そんなこんなでコンタクトをつけたまま再び先生に見てもらって、青い光を当てられたりして

最後にコンタクトレンズの手入れ方法を教えてもらい終了。

会計を済ませて注文書をコンタクトの店に提出して差し出されたコンタクトレンズ。と保存液など。

コンタクトはデリケートな物質なので使わなくても定期的な手入れが必要だそうです。面倒だな…

慣れてくればそうでもないんでしょうけど。

けど色々説明書とか見てるとやっぱり手間そうなので特に視力を出したい場合以外は多分使いそうに無いです。

ただ着用可能時間も少しずつ伸ばしたりする必要もあるそうなので、

そう言うときが事前に分かれば事前にある程度慣らす必要もありそうですけどね。

最後に、着脱の練習をやることになりました。

まずはつけるのですがこれはどうにかこうにかで成功。外すのは逆に大苦戦。

指示通りやっても落ちない落ちない。左を外すつもりが右が外れそうになって右はすんなり成功しましたけど

左は目が充血し始める勢いで成功しなかったので結局コンタクトを外すためのスポイトで取ってもらいました。

同時に、よほど特別な場合を除いてコンタクトつけないと確信。

まあメガネの視力でも問題は無いですし、根本でちょっとした目的を果たすためのコンタクトですからね。

それが終われば数年先までお世話になることも無いでしょうし、そう考えるとそんなに重要でもないかなと。

…ようやく完了。最初と言う事で受け取るまでに二時間くらいかかってしまいましたが、中々面白い経験が出来ました。

が、多分コンタクト着用した私と言うのはこれを読んでいる人たちが見ることは無いでしょうね。

 

3月29日 第1959話「辛き事実」 はれ
 日の話題は、書くのが辛いが書く。オレは向き合う!

…さて、私がココ最近の日課と化しているグーニーズのDVDを再生させている横で

色々とやっていたときなのですが、丁度PCの上にあったペンタブが拍子に落下しまして、落下先にはプレステ2。

まあ心配になったにはなったのですが何事もなく動作していたので気にすることはありませんでした。

しかしそれは、海岸のレストランでデータが印刷機を動かすシーンでした。

突然ディスクを読み込まなくなりましてね。

ディスクを取り出してみると先ほどペンタブを落としたダメージがディスクを襲ったらしくて

ディスクが弱いとされる方向への傷がくっきり3mm程出来ていました。

それが影響して色んなシーンが飛び飛びになっているのを確認。

本当にショック受けてましたよ、小さい傷一つで再生できなくなるんだと言う事もありますが、

何よりそれがグーニーズのDVDであった事が最もたる理由でして、

金銭的な問題で言うと1500円もあれば新しく手に入るのですけども

また同じ事が!とか考えたりするともう恐ろしくて恐ろしくて。

けど今思うと金銭的に考えるとプレステ2とかペンタブが再起不能になるよりはずっといいんですけどね。

とはいえやっぱりメンタル面ではダメージでっかいです。私にとってグーニーズがどんな存在か痛感しました。

ゲームで言うSG、バトルバ、メタルマックス、メタスラ、アローン2と言う五本柱のように

映画の五本柱に入っているに違いありません。性格形成などに確実に影響を与えている事おうけあい。

他の四本が何かは言い切れませんが、バックトゥザフューチャーが入ってるのは確実でしょう。

…とまあこういうわけでして昨日本気でゲンナリしてましたよ。

昨日元気が無いと言うかそんな感じだったのはこういう理由があったんです。

更に立ち直るためにも新たなディスクを手に入れるために即アマゾン。

そこでミライドライヴのFighting Spritも一緒に注文しましたさ。来週最終回になるタートルズ2番目のエンディングテーマ。

結構タートルズ楽しく見てたんだけどなぁ…

シュレッダーとの決着もつかないまま、伏線を張った状態で終わっちゃうようです。

次回予告が映像は次回予告なんだけど言いたいことを言ってそれでよしと言うところも好きだったんですよね。

…ああでもなんか皆に話したら楽になったよ。なんとなく。

、R20買うの忘れてた。

リクルートかなにかが発行してるフリーペーパーじゃないです。

ロックマン20周年を記念する資料集のような一冊で、有賀先生が有賀ヒトシ名義でメイン編集担当している代物。

最近はありがひとし名義をよく見るから久しぶりな気もしてます。

バトルバで知った人としては有賀ヒトシ名義の方が有賀先生を指す時にはしっくり来ます。

 

3月27日 第1958話「巣穴からの総出」 はれ
 ーニーズの話をしましたが、それのちょっと続き。

いきなり本件を申し上げますが、スロースのフィギュア発見!

この世界はやっぱり広く、そして深いよ。

そう言えば最近考えが理解できた事が。

フィギュアとかって買って飾って終わりなのでホビー性が高いとは言えない物ですから

私自身はおもちゃとしての価値を中々に見出す事が出来なかったのですが

(模写とか絵を書くに当たっての資料に使えるかもしれませんけどね)

ギャザリングのカードを近頃購入してこういうことかと知りました。

私、滅多に対戦しないのでほとんど所持して満足とか自分のデッキに組み込んでにやけるとか

そう言う領域の程度なのに懲りずに購入したりしているのですけども、これと同じ事なんですよね。

何かに役立つ事はほとんど無くてもそれだけの価値を見出してその価値に相応する金額を出せる。

絵画なんかもそうですよね、現代科学重視で言ってしまえば紙等に塗料がくっついただけの平べったい物体です。

盾にして命を守ってくれるような硬度もなく工業的な転用できる材質でもなく。

だけどそれらが持っているのは現代科学で裁定できない魅力なのでしょうね。

魅力を感じない人にとってはフィギュアも何らかの物体を模した置物ですし、

ギャザリングのカードも改札も通れないおもちゃのカード。

そんな物が日々の生きる活力になったりするもんだから妙なものです。

…そうそう、ギャザリングのカードは去年の12月頃に紹介した5つの色を基礎として出来ているのですが

結構人によって好きな色使う色が偏ったりして面白いです。

私の場合は赤の思考が非常に強く、直接攻撃や魔法攻撃でのダメージ源一杯大好き。

あの手この手で乱暴したい人にはお勧め。防御はとっくに諦めたって人にもお勧め。ってな感じです。

初期ライフ20が18になって勝利しても2になって勝利しても勝ちには変わりは無いんです。

格闘ゲームのようにパーフェクトボーナスも無いですから初期ライフから考えると19点喰らっても死なない訳で

それまでの間に相手がゼロになっていればokだって事です。

…そして色の役割に基づいて考えていくとこの人はこの色だなーって人が何となく存在してます。

だけどこの人は頭使ったコンボとか好きそうだから絶対青、絶対青!と思ってたのに

以前聞いた話だと自己中心的(黒以外に対して排他的)でやることにふり幅のでかい黒だったとか、

そう言うこともあります。

 

3月24日 第1957話「ドラゴンの嵐」 あめのちくもり
 は一昨日の土曜日の事になるのですが、

その日の朝に見た占いで私の星座、おうし座の幸運を招く行動がですね、

「フランス料理を食べると幸運が舞い込んできます!」だったんですが、

それを食う時には既に舞い込んでると思います、生活習慣柄。

…いやまあ、フランス料理といえども家庭的な物もありますからね、それを食べると言うのも方法でしょう。

あと、今日の日記はグーニーズに夢中になってしまったためにこの辺でおしまいです。

もう購入以来再生しない日が無いくらいにヘビーローテーションをこなしまして、

その影響でファミコンのグーニーズとグーニーズ2がもう楽しくって。

本当にグーニーズに出会えてよかったよ、この人生。そう思うくらいの日々。

けどファミコンのグーニーズ1は時間制限があるから苦手。

隠しアイテムも全部把握してませんし、安定してクリアーできません。

 

3月22日 第1956話「豊真将」 はれ
 に帰ってきて短時間ながらも沼のように眠って今に至ります。

そんな今日は数年ぶりにしゃっくりを体験しています。

懐かしくもちっとも嬉しくならない迷惑な突発型カラダイベントです。

周期的にこみ上げてくるこの衝撃に迷惑しながらお送りする本日の素行観察1956話。

夕飯のカレーを食べ終わった後にこみ上げてきてたのですけどもいつまで続くのやらです。

こういうのって気がついたら直ってるようなものですけども、意識すると直りにくいとかあるのかな、しゃっくりは。

多分ですが体内のどこかに空気が滞留していて、それを出すためか何かに勢いよくしゃっくりをして

空気を口や鼻から押し出そうとしているための動作なんだと勝手に思い込んでいます。

花粉が体に入ったからブロックしようとして出てくる花粉症の症状と同じ原理なのかも。

現に、今日の昼終わった直後は不自然な吐息がケプッと出てきましたし。

7年くらい前にもそんな事があってからいきなりしゃっくりが直ったためしもあるので

一概にそうでもないと言い切れないと思います。

…さて、三行上でちょっと強調して見ましたが今日の昼もしゃっくりを嗜んでおりました。

食後、休憩が終わってからさあこれからだとばかりに復帰してみたらしゃっくり装置起動。

一時間の間継続したそれはその期間中、特に高さ4m近くある脚立の上にいる時の私を苦しめて気がついたら治りました。

…そうそう。うちには昔絵本で怪我や病気の処置方法が書いてある本がありました。

いや、ひょっとしたら図書館から借りてきて猛烈に楽しかったってだけかもしれませんけども。

その本、しゃっくりのことも書いてあってそこに書いてあった治療方法としては

・びっくりする

これは単純に驚く事で体の中の空気を追い出せるかもって事でしょうね、私理論の原因だったら。

・水を一気に飲む

これも体の中の空気を押しやったりして呼吸のリズムを変動させる事で治療と言う方法でしょう。

・どんぶりの四方向から水を飲んでいく。

これは家庭の医学とかには載ってないであろう治療方法でした。

クイズのカテゴリで言うと家庭の医学とかがクイズ雑学王だとしたらこれはIQサプリ。

けどIQサプリってそんな存在ですよね。RPGで言うと摩訶摩訶のような。

そんなのはどうでも良いとして、その治療法の本ですが、足が痺れた時とかそんなのから

虫に刺された時などの虫次第では深刻な内容まで書いてありましたね。

で、足が痺れた時の処置は足を伸ばして放っておくだったのですが、

そのページで足が痺れた効果音がじんじんだったのですが、数が多すぎた。

じんじんじんじんじんじんじんじんじんじんじんじんじんじんじんじんじんじんじんじんじんじんじんじん、位書いてありまして

ああ、これくらい酷いと2時間は動けそうに無いぞ、とすら思えます。今だと。

…とまあ、これを書き終わる頃、つまりこの行に到達した現在ではしゃっくりがとまった素行観察1956話でした。

 

3月20日 第1955話「戦慄の増数」 あめ
 に、尋ねたい事がある。

前回更新したときはそうでもなかったのですが、今日確認してみたら尋ねざるを得ない事になっててね。

平たく言えばアクセスカウンターが妙な増え方しているのですが。

アグレッシブに宣伝もせず、たどり着いた人はどうぞと言うスタンスであるこのページに

こういうことが起きるのは大体他のページなどでたまたま紹介されたときなどでしょう。

その大多数はジャジャさん所なのですが、丁度ほぼ同じタイミングで今回も名前が出ていましたけども

文中リンクもなければ既に何度も出ていて常連の人は既にどういうところか分かっているでしょうから

あんまり来るとは思えないんですよね。それを考えると数値の増え方が変です。

14日更新直後には124421と言う左右対象の数値で、一日平均50と言うのがいつものペース。

数年間守りつづけてきた一定のペースです。

裏を返すと新しく見てくれる人ともう見なくなっちゃった人のペースが同等と言うことです。

そこにきて爆発的な上昇。どこかのページでちらりと出てきたのかな…

にしてもとりわけ見るような物って無いですよね。UOやってないと冒険記も惹かれないでしょうし、

メタルマックス関係も飛びぬけて面白い事はしてませんし。

何処から何の目的でやってきたんだろうか…とりあえず今までのような形でいられれば幸せですが。

 

3月18日 第1954話「言葉に、ならなくって…」 はれ
 朝の事ですが、トラックのそばを走っていたのですけども

そのトラックが突然音声で自分の行き先を宣言しはじめました。

ウインカーと一緒に喋りだすトラックっていますよね。

だけどその声と言うのがですね、文字にするとこのような形でして…

「ひだ◎# ±が〆∂う…」

すまん、もう一回頼む!

スピーカーが年季行ったのか、車検通らないような事があったのかは知りませんけども、

途中からリスニング不可能になりました。車体は左へ曲がっていたので多分左へ曲がりますでしょう。

…トラックと言えば、高い遭遇率を誇るケイヒン運輸のトラック。通称OK便のあしながおじさん。

コイツがまた図体に対して凄い細い道から現れるんです、毎朝。

乗用車二台がすれ違うのも難しそうか不可能そうな細道から、10tトラックが出てくる姿は

パイレーツオブカリビアンでさまよえるオランダ人号が海の中から出てくるシーンのように壮大ですよ。

こう、歩道は通学や通勤に向かう人々、車道にはクルマがそこそこ行き交うと言う朝の風景の中、

そこに待ったをかけるかのように細い道から突然グオォーって出てきては右折していくんです。

徐行している速度がまたその重く巨大な存在を誇示するんですよね、これが。

海面から現れるクジラと言う表現でも良いかもしれないですね。

 

3月16日 第1953話「ヘビーローテーション、洗濯機」 はれ
 気もよく暖かい陽気だったので、ついつい洗濯しすぎました。

洗濯機のインカムが3回をマークしまして、冬物関係大洗濯。

外気がうるさい我がエアコンは夜遅くつけていられないので騒音もなくエコに、

そして低コストに暖を取る手段として採用している防寒上着関係を大幅洗濯。

敷布団の中敷と言うべきか、これを敷く事で暖かさが大分とアップするシートがあるのですがそれも洗濯。

気持ちが良いくらい干してやりました。

特に先日の関節痛など不調和状態に陥った際に回復しようと発汗しまくった際の着替えが

中々洗濯できずにたまっていたのでそこで一気に片付けてやりましたとも。

体の方はと言うとかなり絶好調です、回復直後は疲労が早かったのですが今はもう体力も標準どおり。

強いて言えば、まだ腹痛と言うかおなかがゆるいような状態は継続しているのですが。

普段はコーラックにお世話になる2-3歩手前状態がノーマルコンディションなのですけども。

とりあえず気にすることもなく栄養バランスをある程度考慮しながら、

脳や舌が食べたい物じゃなくて体が食べたい物を食べていく生活をしているので

回復していってるとは思うのですが…

なんだろう、シュークリームに当たったのかな。賞味期限とか問題なかったのに。

今の誓いはマクドナルド制限。あそこへ行くと肉、油の要素が多いので野菜とのバランスが割と傾きます。

マクドナルドでサラダって言うのも何か妙な気分ですし、それなら野菜がおいしい所へ行くか作るかですしね。

けどスナックパックはちょっとした一息の時にはもってこいの発想ですね。

外出した時とかにはお世話になるかも。

洗濯の話がすっかり食べ物の話になっていたりしますが、これで話題終了。

 とよぎった言葉が思い出せないシリーズ、トリストラム編。

なんだったか懸命に思い出しつづけたらディアブロ1の舞台でした。

そうそう、今メインのハンドルとして使ってるCrashですが、ルーツはUOじゃないくてディアブロなんですよ。

元々ディアブロが最初にありきでそこでウォリアーにつけた名前がCrashだったんです。PS版でしたけど。

それで荒らしと思われかねない従来のハンドルに対して、

外行きのハンドルとして数年前使うようにして気がついたらメインになっていた訳です。

まあ外行きうんぬんってのが頭からではないのが恐ろしい話ですね。

なのでCrashはブリタニア生まれではなくれっきとしたトリストラム生まれ。

けどディアブロってクリアするとディアブロがつけていた仮面をつけてしまって次のディアブロになっちゃうんですよね。

しかもご丁寧に2でもこのトリストラムは登場するらしいのですがその際には

中途階層のボスとして1のローグとウィザードが登場し、深層のボスとして1のウォリアーが襲ってくるそうな。

1で主人公を張っていた彼らが2ではすっかりとそのダンジョンの主として襲ってくると言うのも

洋ゲーっぽい歴史の組み方だと思ってみたり。

確か当時位で日本のゲームではあんまり無いですからね、前作のヒーローがすっかりボスになるってのは。

昨今は色んなパターンがありますからそれなりに存在するでしょうけども。

それと似たパターンでは年末年始のギャザリング熱再加熱の時に、

猫族の戦士ミリーってキャラまたはカードが居るまたはあるのですが、

それも別の歴史の話としてのエキスパンションではすっかり呪われてたりしてて

逆に呪われたクロウヴァクスって奴がすっかり勇士クロウヴァクスになってたりとか

二面性の描き方として向こうではこう言うのが多いのでしょうか。

ちなみにこの呪われている方のクロウヴァクス、風体柄ジャイアンと呼ばれているので

勇士のバージョンのクロウヴァクスはきれいなジャイアンとされているそうな。

 

3月14日 第1952話「天そば」 あめ
 日付けでSilverTankも八年目を全うして、九年目に突入です。

昔を振り返るには中途半端な年数ですから、それは再来年やりましょう。

そしてそんな中祝うようかの、雷雨。

海で言うと沖縄のマリンブルーな海と言うよりは荒れ狂う冬の日本海のようなこのページにはぴったりだ。

おお、海といえばしばらく前に話していた「パイレーツオブ瀬戸内海」の一件ですが、

しばらくした後に該当HPの管理人の方からメールを貰いましてね。

内容を読んでみたら色んなログによってココを知り、それで覗いた事だしとメールをくれました。いい人でよかった。

ネットって物理的に遠い場所に住んでいる人同士が触れ合う事があるように

ネット上で全く一致しないジャンルのHPが日記などのふとした一言などの

ほんの些細なふとしたきっかけから触れ合う事があるという本当に奇妙な空間ですね。

かれこれ10年近くインターネットと言う物を扱っていて感覚ちょっと麻痺してましたけど、この一件で再認識。

…けど遠くに居る人と通じ合う物があって交流できるって凄いもんですよね。電話で話し合うのともちょっと違いますし。

電話は電話で面白いんですけどね、目の前にある物を懸命に説明して伝えるとか。

それで今まさに一緒にちょっとしたゲームなりで遊んでいる人が一番近くても県の外とかだったりもするじゃないですか。

もっとも、私の場合は最寄の人間で家から半径200m以内に住んで居て、

夜中メッセンジャーなどで会話していた際に物の譲渡の話になるとすぐ渡し/貰いに来るという

とても遺憾な事になっているのですが。

もう彼の住む家から我が家めがけて投石器で焼けた石を飛ばしてきたら我が家に命中する距離ですよ。

ボウガンじゃなくて投石器だったら途中の障害物となる家を無視して我が家の天気は石の雨。

映画ボルケーノの火山弾を見切って避けるシーンを忠実に再現できるわけです。

…そんなこんなですが、少しずつ変わりながらも相変わらずと言わせてもらいたいこの調子で挑む九年目。

八年か…もう人生の1/3近くをこいつと一緒に過ごしているわけだ。

多分来年と再来年にも振り返りますが、多少振り返らせてもらうとまあこれだけの年月が過ぎればね、


爆死しそうになったり、


(画像は代用物です)
悪天候で相模湾の藻屑に消えそうになったり、


異世界に連れていかれるかのような濃霧に包まれたり、


こんなこともありましたね。

逞しくもなりますよ。人間として。

…にしてもタイトルが思いつかなかったとは言え節目の日にあのタイトルはやめとくべきだったか…

あと最後のはスキャナ入手記念かなんかにスキャンした物だったような。

 

3月12日 第1951話「真夜中のコロッセオ、ふたたび」 はれ
 中に目が覚めたんです、また。

またって言うのがよく分からないかと思いますが、素行観察第1949話「魔法よ、解けて」において

夜中猛烈な腹痛で目が覚めてしまった話を書いてましたので「また」でもいいでしょうこの際。

そんで今回の対戦相手は関節痛と全身の脱力感。対戦時間は2時半

言ってみれば熱が高くなってる状態に限りなく近い症状ですよ。

意味不明の吐き気のような物も少しあったのですがそれはねじ伏せておきました。

だけど寝ようとしても寝れないので45分になっても寝れなかったらアイスノンを取りに行く事を決意しました。

あっさり取りに行くことになりました。

結局落ち着いたのはアイスノンを取りに行ってついでに水分補給をして戻ってしばらくした3時半頃。

…1時間後、次の対戦相手が訪れました。

今度は喉の渇きなどが襲ってきました。先ほどまで感じていた脱力感はなくなっていましたがまだ関節は痛いです。

しかも眠っていた1時間で見た夢が普通に我が家で一家団らんしてるのですが、

どうにも体の調子がよくないという事でおたまをコンロにくべちゃったりした夢でした。

まだ私が小さい頃に風邪引いた際よく見ていた定番の夢はもう最近見ないのですが、

相変わらず見ている最中も苦しいのと、真夜中に目が覚めると言うのは健在のようです。

第二の対戦相手に対しては水分補給をしに行って撃破、寝るのに多少苦戦しましたが勝てました。

…さらに1時間後、次の対戦相手が訪れました。

今度は単純ながらも恐ろしい寝付けない不眠感。インターバルの間に見た夢は思い出せない。

体は眠りたい、けど頭は目を覚ましていて眠らせてくれません。

時間も時間なので外がゆっくりと明るくなり始めたのも手伝ったでしょうね。

しかし私は睡眠に対する強い執着心で眠る事に成功しました。1時間。

その1時間で見た夢はまた団らんだったのですが、姉の話を聞きながら大相撲中継をやっていたことを思い出し、

外殻が赤でチャンネルがダイヤル、電源もつまみを回したり引っ張ったりすると言う1970年代のテレビだったのですが

これでもかと言うくらい綺麗なカラー映像が映ってましたね。クラシックブームとかでこういう間違った物作ってくれないかな。

見た目はでっかいファミコンなんだけど中身は正真正銘のWiiとか、

電気やソーラーエネルギーで動くハイブリッドなクルマなのに見た目は昔ながらのオート三輪とか。

しかもテレビではトロフィーを土俵周りの人に白鵬と朝青龍が配布していたのを見て、

悔しがって琴欧州が地団駄を踏んでいると言う不思議な角界でした。

…そんなこんなで戦いを続けて迎えた朝。疲れが取れてるのかどうかも分かりませんがいつも通り過ごす事にしまして、

もとい休んだらとんでもない展開になる事は明らかだったので行かざるを得なかったのですが

まあ今日はすんなりと帰りたい、面倒は起きて欲しくないと言う願いもむなしく、

この間の停電の後遺症なのか普通なら人為的にやらないと成り立たないような問題が発生してまして、

またしても昼食直前に色々と作業する事と相成ったわけです。

しかも後ほど顔を合わせることになった主任と呼べる人に事後報告したら自力で直した事に驚いていた様子でした。

えっ、これ普通知らないものなのか…?

…まあそれはそれとしていいかと思いながら倦怠感や関節痛に負けず頑張って帰り時を迎えました。

その頃にはやや調子が良かったのでちょっとPC付けてみたら乱調気味になったので落として目を見てみたら

ビックリするくらい充血してましたね。やっぱり熱などの症状が出る時に目を使うのは相当厳しいようです。

帰ってからも我が親父に食事の支度はどっちかが適当にと言う条約なので別として、

普段私が担当している作業などもやって貰いました。ふがいないのう。

そうこうして今に至り、割と楽になったのでちょっと書いてみました素行観察。

…昔っから病は気からって言うけど病気になっている気分だと本当に病気になっちゃうぞと言う意味合いでしょうね。

そして日本語にはその逆も真って言葉がありますね。ってことは気で病をねじ伏せる事も可能かと思いましたが

案外そうでもないと思う春の訪れる今日この頃でした。

健康なつもりで動いてると帰ってバウンスしてきて辛い事になる。

…とりあえず、今晩もいつ襲ってくるか分からない対戦相手に備えて戦う準備を万端にして挑もうと思います。

 言うのが、昨日書くだけ書いてアップしなかった分。

今日はまだ体力を使うと疲労が早いので完全回復ではないにしても大分と普通に動けるかと思います。

ただ、上の方で書いた人為的でないと起きるはずの無い問題が再び。

この建物のどこかに、俺を苦しめる悪霊が住んでいるとすら思えます。

そうでないと停電とか爆発とかしないし、月に一度は救急車が入ってこないよ。

結局、現状の問題を打破するために誰かが取った行動だとわかったのですが、

病の男下手に負担をかけないで下さい。判断力が鈍くなって割り当て間違えると笑えることになりますよ。

…だけど今日はそんなに消耗していなかったのでできる人を増やす努力をしてみたり、

帰りにガス抜きでジョジョをやってみたり。邪ディオの練習しました。

そうしたら今までうまく出来なかった屈弱>強>S>ダッシュ>急停止屈弱>強>お好みができるようになってました。

ちなみにお好みをSにしてダッシュしゃがみ強をぶち込むとスタンドクラッシュする事があるので

そこにパニッシュメント入れると半分近くのライフを奪う事が可能でありますが、実戦では容易ではないかも。

そんな邪ディオは何処に居てもやることがあるから楽しいキャラですよ。

近距離は殴ったり飛び越えてめくってみたり、中距離はS攻撃とか距離を詰めてみたりとか飛び道具とか。

遠距離はナイフと眼で攻撃、余裕があったら時を止めてみちゃったり。

けん制ガード崩し当身もあってガードキャンセルも直後立ち強が入るし投げた後は起き攻め確定と

スタンドとの同時攻撃も含めてこのゲームのスキルギミックがタンデム以外ほぼ全部詰まったキャラクターですので

習字で言う永久の永の字くらいは言い過ぎにしてもそれに近いくらい要素がありますね。

強いて言えば光り返すと大体負ける技ばっかりですから光り返しの練習には不向き。