第1991話〜第2000話

昔の日記選択に  1番新しいやつに

 

6月20日 第2000話「Final Fight Street」 くもり
 例の道路事情話ですよ。

学生がまた通行障害となる日々を満喫してますよ。

消防署の裏に学校があると言ういつ燃えても安心できる学校があって

そこに向かう生徒がですね…うまくはいえないんですけど全員じゃないのですが相場と言うか多数決と言うか

そう言った物を考えて言うならばそこの生徒の人たちの外見的特長と挙動などを考慮すると

多分ギーグが地球に来たらその影響でまず最初に異変が起きるのでギーグ来訪が一発で分かる生徒です。

もしね、ギーグの影響受けてたらボロのバットとかじゃダメダメ、ブロイラーボンベ。

アイアムレジェンドよろしくなシーンになりますからこれくらいでちょうどいいです。

そういえば、マザー2でツーソンの町に入ったところに居るモグラが

「襲ってくる人間は肌の色がへん」のような事を言っていて、

土色っぽいモヒカンヒゲの人が居てこの人だと思い込んでいた初プレイ当時。

ちなみに正しくは明らかに水色の顔色の人が居て挙動もおかしいのでわかります。

それをみてそのモヒカンの人が無害だと気がつきましたよ。

…そんで帰り道、私がそろそろ踏み切りに差し掛かるという頃に踏み切りが鳴り出しまして、

その踏切を一人の自転車に乗ったワイシャツスラックスの男が抜けていったんです。

既にバーは片面閉まっていて安全を考慮するなら普通飛び込まないのですが

その男は迷わず速やかに飛び込んでいったのですが、彼の体格を考慮するととても不似合いで、

見た目に対し与えられるべき素早さの規定値を上回る速度を発揮して踏切を華麗に違反行為兼走破していきました。

彼のあだ名をつけるとするならば、エディEかエディE二世か次世代エディEかエディEの生き写し。

エディEが分からない人はファイナルファイトを3面ボス登場するまでプレイしてみてください。

それを乗り越えたら女子高生四人編成。それが並列走行してるんですよ。道一杯に。

しかもうち一は蛇行気味でうち二は二人乗りというエンカウントパターン。

攻略本なんかでは「確実に逃げるために煙幕花火を用意しよう」とか書かれるくらいのレベル。

僕が彼女達を前方に捉えた時思わず出てきた言葉が「パワーハウスだ!」でした。

その間を通り抜けるのは死を覚悟する必要がありましたが、どうにか切り抜けましてね、

それでガンガン速度を上げていったらエディEが前に居たよ。追い越したよ…

…ああ、こんなんじゃダメだ!

素行観察2000話、めでたい日の日記の出演者が仮に集まったらどんな劇が出来ると言われたら

ファイナルファイトかラストハルマゲドンってしか言いようのない事じゃダメなんです。

しかも凄く攻撃的ですしね。

まるでかつて近づく者を全て生き埋めにしていったかのようないぶし銀だった頃の荒々しい素行観察みたいだ。

…けど今日の素行観察に負けないね、NHKは。

たった今NHK教育みてたらくそがき農園って言う家庭農園を持つ個人家族紹介やってたよ。

自らの子供達の野菜嫌いを治すために農家から畑の一角を借りて家庭農園をやるにしても、

我が子らをくそがき扱いとは中々出来た親です。

まあ何でこんな荒々しいかと言うのは多分過去ログを読んだりしていて荒々しさが伝染したか覚醒したかでしょう。

そしてそんな話題からこうして素行観察2000話っぽい話に遷移していく脱線性もまたこの日記の持ち味。

こう言う素行観察ギミックを目一杯入れていくのも節目らしいですよね。

まあ本当に、本当に色んな出来事を書いて2000回ですよ。

時には台風が来るからお休みと言い張ったり、ただリンクを張った■だけで終わらせた事もありましたし、

日記と呼べない日もたくさんありましたがどうにかこうにかこの回数にたどり着きました。

いつまで続くかは分かりませんがまあ簡単にはやめないでしょうね。

とりあえず2001話目指して頑張ろう。

 …ちなみに、今日は日記の外枠を僅かに太くしてみましたが、

気がついた人が居たのでしょうか?気が突いたら相当なSilverTank病です。治療は内科にて。

太さについては下の日記と比べると分かりやすいかも。

それから貰ったキーワードを使うのは次回から。毎回使うわけじゃないですけどね。

 

6月18日 第1999話「面倒三昧」 くもり
 こ数日で何故か面倒な事が数件発生、と言うより多発しています。

なんとも大変なのですが遣り甲斐があると言う言い方も出来るでしょう。

さて!

寝るか。

…何を書きたかったか忘れたんですよ、今朝まで覚えてたのに。

じゃあとりあえず閃いた単語だけ置いておきます、12個くらい。

と思ったけど、そうだ。

2001話以降やろうと思ってる「皆から集めたキーワードで日記」なんですが

私の友や何故かHPに私の名前が出るとき宿敵という称号が与えられる事が非常に多い人から送られています。

以外にも一番宿敵と言う言葉を使うこの人が一番マトモな単語を寄稿してくれています。

逆を言うとそれに該当しない人たちの中でも相当酷いのを送ってきた人も居ますね。

まあだけどこう言う企画は面白そうなので頑張りますよ。ええ。

 

6月16日 第1998話「袖の上」 はれ
 日、ちょっと遅めに出発したのですが

一時間とかそこいら違うだけで町並みってのは変わるもんだから面白いですね。

普段はシャッターも閉まっていて背広の人やらなんやらが闊歩していますが、

普段シャッターしか見ないような店が開業している所を見たり、活気のある商店街を通過したり、

道行く人も通勤背広ばかりではなく主婦だったり営業背広だったり着物にちょんまげなどなど。

何より学生も居ないし。

通勤の時大きな障害物となる存在筆頭です。

…そんなこんなで現地到着してふと己の袖を見てみると青虫発見。

どこかの木のそばを通った時に落っこちてきたか何かしてくっついたのでしょう。

見た目は1cmちょっとでそれほど不気味でもない黄緑一色の尺取虫さながらの動きを見せる奴で、

見ていると愛嬌があったのでとりあえず無害だろうと判断してそこらの草むらに逃がしておきました。

そんな今日は汗だくになるまでちょっと物の整理をしたり目と肩が痛くなるまで帳票類を見ていたので

体が色んな痛みを訴えたというべきか、風邪っぽい症状が出たというかそんな感じだったのと

親父の食事を考えなくてもいいということになったので一人ラーメンを食らいました。

というかニンニクが食いたくてラーメン食べたんですけどね。

しかし、ニンニクを食いすぎました。

確かに体力は回復した感じで元気は出てきました、今日は食事の周期もおかしくて余計に回復感あり。

ニンニクを食べた日は何処にも寄らずまっすぐ帰って家でブレスケアとばかりにガムを噛むんですけど

そのガムすらも在庫切れ起こしておった。明日までに御口のケアを完璧にしておかないと。

今日より起床時間が五時間早い事ですし。

 

6月14日 第1997話「お茶を濁すぞ」 はれ
 近のゲームプレイ事情。

・ロマンシングサガ ミンストレルソング

恐れていた通りグレイでプレイ停滞中。

下記のアローン2が落ち着いたら再開してみるかな…

パトリックに色んなクラスつかせて初期の選択肢をぐっと広げるのが今回のメイン目標なので

刀の声は果たせなくてもよしとしよう。この際。

ちなみに次はホークで、八人目の占めはアイシャとなりました。

・アローンインザダーク2

コンテンツをご覧のとおりの進捗状況、頑張ってノーダメージでどうにかする方法でご紹介。

って言うか一度防弾チョッキを着たらもうノーダメージ確定なんですけどね、あのゲーム。

・世界樹の迷宮2

地下三階で停滞中。猛烈に食う者だったかなんかに怯えつつ鹿のボスまでたどり着いたかどうかって辺り。

・METAL SAGA -鋼の季節-

再びプレイ開始しそうな予感。

データ集めるかどうかまでは分からないけど、属性攻撃禁止の旅を思案中。

このゲーム属性攻撃が非常に有効で、攻撃力が20とか30とか落ちても弱点属性をついた方が

ずっと大ダメージをたたき出せるんですよ。

それを無しにすると一体どうなるか、って話ですね。

大きい戦車戦闘ではりゅう弾を使えば影響小さいかもしれませんが、

人間戦闘とか小さい戦闘で非常に苦しむ事となりそうですね。まずサージが大幅制限受けますし。

ところで、下手に自由にプレイできる事を意識しすぎた砂塵の鎖より

途中途中の障害をどう乗り越えるかが面白そうと思うと

制限プレイを含めたリプレイ性は何気にこっちのほうがずっと上の気がする。

あとメタルマックスしてる感覚があるんですよね、どことなく。

グラディウスVやっててああ、形式は違えどグラディウスやってるなーってあの感覚っぽいです。

どうも砂塵の鎖はグラディウスやってるはずなのにパロディウスやってる感覚と言うべきか、そんな気分に。

 

6月12日 第1996話「ゲーム機の使い方」 あめのちくもり
 のようなタイトルで書くとNEOGEOCD=漬物の蓋の上。とかそう言うことだと思われそうですが

単純に昨今の進化し続けてきて最先端に居るゲーム機の話。まるでゲームサイトみたい。

ちょっと前に誕生祝にと焼肉をおごってくれた時に

「大魔司教ガリウスのラスボスガリウスの部屋だけど、モデルはおれの部屋」と言っていたサイさんが

半ば強引にXBOA360のデッドライジングをやらせてくれました。

そうしたらこのハードのパワーを見ましたね。

まずこの作品を紹介させてもらうと、封鎖された町にうまい事チャーターしたヘリで潜入した

ジャーナリストだったかカメラマンが主人公で、72時間後に再びヘリが戻ってくるまでの間

ココでおきている事件の真相などを突き止めていくという話。

敵はゆったり動く単体では弱いばかりのゾンビがメインですが、数が半端じゃなくて

それこそ繁華街の人のような数押し寄せてきます。

それに対してショッピングモールにあるあらゆる物を使って倒したりしつつも進む道を確保して物語を進めていくわけです。

基本的には舞台はパニック映画のような感覚で、ショッピングモールがそんな状態であるが故に

時には普通の人間が敵として出てきたりします。主にボスとして。

私がプレイした範囲では出てきませんでしたが、この極限状態で錯乱した人間がボスだったりするわけです。

発想とかは洋ゲーそのものですが、何気にカプコンが作って販売していたりします。

で、面白いのが時間内に特定の場所まで行って話を進めていくと色んな事が分かるのですけども

それをせずに72時間(実際のゲームプレイ時間では10時間無いくらいらしい)生き残る事を考えて

ヘリを待っててもクリアにはなるようです。

シナリオに沿って動くもよし、生き残る事だけを考えてもよしと言う面白い作りになっているわけです。

…そのデッドライジングのグラフィックがまたハードの性能を使い切ってると思わされた一品で、

ゲーム中の移動とかは割とPS2でも見るような感覚ではあるんですが、凄いのがムービーシーン。

キャラのアップ顔も綺麗で、まるでハリウッド映画などのワンシーンのようなんです。

見た目もさることながら微妙な表情変化も人間っぽいんですよ。

途中出会う女性の唇が口紅のCMで見たことがあるぞってくらいは言い過ぎかもしれませんがそれくらい見事。

しかもそれがイベント用に起こされたグラフィックではなく通常ゲームで操作している物まんまと言うのがまた凄い。

こんなキメこまやかに作られた人間やゾンビを一画面に数十人と一度に処理落ちなしでコントロールするのは

現行ハードのパワーだなと改めて思わされました。

デッドライジング自体もレクチャーがしっかりしていて遊びやすく、ちょっと赤い三角のマークが絡むけど

ゾンビ相手の出血暴力シーンが大丈夫な人だったら楽しく遊べると思います。

360はデッドライジングとかヘイロー、GTA等に代表される洋ゲー(デッドは違うけど)が筆頭かつメインなので

割とユーザー層は選ぶかもしれませんけど心に突き刺さるゲームがあると案外遊べるのかもしれませんね。

ああ、だけど年内にアローンインザダーク5が出るかもしれないよ!

一応360、PS3らへんで出るとの事。私はPC版を買いますが。

WiiやPS3の能力の限界はわからないですけど、少なくともこれ並の事はできるかと思うと

ゲームハードのポテンシャル競争は本当にレベルの高い戦いになってるんでしょうね。

けど、この能力を是非生かして10年前後昔のもう少しハードの性能があればって言うのを作ってくれると楽しそうかも。

僕がやってほしいのはザ・タワーなんですけどね。

このゲーム、GBAでリメイクされた、って言えば基本画面など最低限の部分は割とシンプルなドット絵で

極端なスペックを要さない事が分かるでしょう。

しかしスペックが追いついていないと処理落ちするんです。サターンとPSは作れるビルの規模が大きいので余計に。

画面横に4-5画面分、縦はいくつ位か忘れましたが一画面に表示できる階層が確か10階層程度で

地下6-7階、地上80階まで作れちゃうんですよ。結構壮大です。

ただ見えていなくてもそこにひしめく数百のテナントと数千人の人間の処理をするわけですから

間違って画面表示で賑やかな所に行ったりするともうカクカク。処理落ちと言うよりはネットゲーのラグっぽいです。

このゲームも時間は実際の時間よりずっと早く経過するのですが10時の店(地下に設置すると効果大!)の開店の時に

地下画面を表示していると一瞬時間が止まったかのようになってカーソルが動く頃には既に11時、何てことも。

あれさえなければ国士無双だったのにと思ったりしたらしいです、私が。

それをたやすくやるどころか、ややもするとそのビルの基本画面…ビルを縦に割った断面のグラフィックになるのですが

これを無駄に3Dでやっちゃったりできるわけです。

更に更にPS版では夜、巡回モードと言うのがあってセキュリティルームを設置している時に夜巡回ができるんです。

(サターン、PS版ではスポンサーの都合セコムルームでした)

当然夜だからシャッターとかは閉まってるのですが、それでも自分が作ったビルの中を警備員として歩けるわけです。

ココで泥棒を見つければビルの治安維持にも繋がるオマケモード。

このモードもリアルなグラフィックで再現すればますます感動できるでしょうし、

それこそ昼間人が行き交うタワーの中ですらも歩いていけるに違いありません。

後は360とかだったらうまく画像ファイルをゲームに流し込んでショップの看板に当てはめたりできそうですしね。

それも一件単位で全て違う物に。まあ過去のタワーでも特定テナントに名前くらいなら付けられたんですけど、

上限数が少なかったような気がするのと、今回の考えとは規模が違う話ですね。

…で、ビル内部全てのラーメン屋の看板をブルース・リーにしてみたり、

無かったけどカレーハウスの看板をマハトマ・ガンジーにしてみたり、

エスニック料理店の看板によくある「ランタイム\550〜から」とあやふやな日本語を書いてみたり、

焼肉屋とかステーキハウスの看板をミノタウロスにしてみたりすんごい面白そうなんだけどな。

あ、あと郵便局の看板にピーポ君を無理やりはめ込んでみたりね。

そこまで来ると映画館の看板は多分上映作品で固定されるかもしれないから宣伝ポスターの所を

全部日本沈没にしてみたり、その隣に船着場を設置してみたり…夢のビルができる。楽しそう。

 

6月10日 第1995話「おいしいキャベツ」 はれ
 日、農家の人からキャベツを一つ貰いました。

外側に虫食いの穴があいている無農薬で今朝取れたての新鮮なキャベツ。

将来のモンシロチョウとなる虫が食べていると言う事は、それだけおいしくて栄養があると言うこと。

食の安全性を考える昨今においては逆にこれはステータスになるのではないでしょうか。

…さてさて、二人で食べるには一玉丸ごとは結構な量です。

猛烈に野菜が好きで国内の年間キャベツ消費量の7%を一人で担ってる人が二人、とかだったら話は別。

家に帰って外側の流石に食べる事は困難そうである部分を取り除き、

早速キャベツの味噌汁を作ってみました、流石においしいのですけどもキャベツがまだ90%以上残ってます。

なので明日は豚肉とキャベツを油でちょっと炒めてソースか何かで味付けするだけと言うシンプルな物を作る予定。

これ、誰から習ったんだっけな…パワー系の調理なので男子として、心当たりは二名ほど居るには居ますけど。

後はホイコーロー、焼きそばと言った方法もあるにはありますね。

とりあえずなくなるまでの間味噌汁の具はキャベツの独占市場だ。

ちょっと前に豆腐を買ったのに。

あ、あとこれから夏野菜、ナスの季節ですから簡単安価で手に入る都合以前紹介した水とめんつゆ5:1くらいにした物に

スライスしたしょうがとナスを入れた例の煮物が実験感覚でやりやすくなりますよ。使うのは長ナス。

あとネギとかお好みの野菜なんかをためしに入れると良いかもしれませんが、

煮込む事でつゆ味の変化を与えるような物はやったためしがないので保証外です、自己責任にて。

 

6月8日 第1994話「カーンさん」 くもりのちはれ
 ローン2forPSの更新作業でガッツリ労力をもっていかれました。

グレースに入れ替わる所まで攻略したので暇だったら見てください。

最悪な事に現時点でgameコンテンツ単独htmファイル(分割じゃないの)として最大のテキスト量を誇る

グラディウスIIIを上回りかねないペースです。

あんなのが最大テキスト量を誇るのか…?

 

6月6日 第1993話「今日の訂正」 はれ
 6月6日に雨ザーザーに物申す!

今日はインドア人間を死滅に追いやるくらいの、晴れだ!

…さて、本日バラエティ番組向けの夢を見たので是非これを皆さんが催すイベントなどにやってもらいたいと思いまして。

ルールは簡単です、チームでケーキを食べていって全員がちゃんと食べたチームが勝利なんですよ。

やり方はもっと簡単です。まず皿の上にショートケーキを乗せるんです。

その皿はろくろなどで回転するようにしておきます。

それから先ほど食べた人、最初の一人に対してはアンカーの人が目隠しをして

そのケーキに向かって斧を振り下ろします。それで真っ二つになったショートケーキのうちどっちかを食べて、

食べきったら次の人にバトンタッチ、食べた人は目隠しして斧を持ちます。

それを繰り返しやってアンカーが食べ終わったら勝ち。お手軽簡単。

コツとしては斧を振り下ろす人は一口サイズに斬ってあげる事、食べる側は一口でほうばる事。

私がアンカーだったのですが、アンカーは3つ食べなくてはならないのでそこに注意。

あと斧がケーキを外れてろくろに鋭く突き刺さるとかなりタイムロスになります。

絶対盛り上がると思いますよ。

…今朝目が覚めた時は、そう思ってたけど今はそう思わないのがドリームパワー。

 

6月4日 第1992話「レシートに振り回されて」 くもりのちはれ
 の始まりは先週の金曜日でした。トンカツを買ったんです。

買った場所は生活圏内で198円と言う最安値をマークしている場所、それでいて大きさもそれなり。

家に居る人間が少ないと揚げ物はイベントですからね、手間とコストとかを考えると買って済ませるのがベスト。

それと他二点を購入してレジに向かって会計を済ませたらどうも金額が合わなくって、

気がついたらトンカツが惣菜バイキングの60円で済まされてました。

お買い得商品に何をする!

私は198円のトンカツを食いたいの!って事で差額払いました。満足。

…そして本日はと言うと豚汁を作ったのです。

随分豚料理に依存してますが、そこはあまり突っ込むな。

豚肉は煮込み料理で本領発揮します。鉄板料理でも本領発揮します。

同じ場所でまた買い物を済ませ、今回は点数が多かったので家に帰ってからやっと気がついたのですけど

1尾35円のサンマ(北海道産、解凍)がレシートに乗ってない。

こんな短期間に2度も…試されてるのか?

…ああ、それはそうとちょっと前に使命を全うした我が傘に変わって活躍する予定だった傘が

盗まれました。

300円くらいの安価な傘だったんですけど、傘立てにおいてたら帰る時には見事な光学迷彩かと思うほどに姿なし。

しかし恐れる事は無い、我が家にはどう言うわけかまだ何本も何本もある。

全盛期よりは減りましたが、一時期三人に対して傘12本とかありましたよ。

 

6月2日 第1991話「煉獄サッカー」 あめときどきくもり
 のところの気温差に翻弄されっぱなしです。

もう既に家で着ている物はズボンに関しては短パンでやっていくと決意を固めたと言うのに。

…で、本日なにやら書きたいことが見当たらないと言うか、モチベーションが上がらない状況でして、どうしましょうか。

なら書かなければ良いんじゃないかと言う意見もあるかもしれませんがそう言う問題でもないんですよね。

隔日更新の可能な限り遵守と言う自分に設けたルールを諦めた時点で何か自分との勝負に敗北と言うべきか

一度そうなると二度三度と続けて最終的には見るも無残な廃墟と化してしまうわけです、このコンテンツが。

時間が工面できないとかそう言う事情があればまた話は別ですよ。

だけどディスプレイの前に居る事が出来て、十分に書く時間があるとなるともう更新できる環境であって

そこで諦めたり投げ出したり他の誘惑に負けてみたりすると言うのは完全な敗北っぽいじゃないですか。

それに書くことは絶対にあるはずなんですよね。一日を生きて過ごしていたなら。

いつもと変わらない平凡なサイクルだろうとも何かをしていて、

一日中眠っていたのであれば何らかの夢を見て、見ていなくても眠った事で体調は回復したりするかもしれないし、

何もしていないと言い張ったとしても何もしていない自分の周りでは何かが起きていて、

何もしないという行動が何かを待つためなのか何かに備えてなのか、

何らかの理由があるかもしれないと考えたりした上で、

後はどんな些細な事でも見つけてみたり些細な変化を探してみたりする普段動かしてないスケールを動かせば

何かしらの出来事が存在していて、それらが書くことへと繋がるんじゃないかと思うわけです。

後はそれを文字へと変えていくばかりなり。

…こうやって考えると毎度の締め切りと戦って打ち勝ってる漫画家の人たちって、凄い。

仕事場といえどもオフィスや事務所ではなく、娯楽道具が置ける自分が作業しやすい環境だったりするわけじゃないですか。

それらに負ける事無く描いていくわけですからね。

…とまあ、三行目で言っていたような状況だったと言うのに結局一話分程度の文章となったわけです。