第2011話〜第2020話

昔の日記選択に  1番新しいやつに

 

8月3日 第2020話「昨日が明日の二日前である場合、明日の次の日は今日であるか昨日であるか?」 はれ
 回書いたような気候じゃ無かったよ、昨晩は。

なんて言うかまとわりつくと言うか油断したら取り殺されるような湿気と暑さでした。

今日も室温計みたら油断してるうちに36℃相当になってたしね。まだまだ夏は続きそうです。

…ギャザリングの話ですが、この間総工費500円ちょっと、衝動的に作ったデッキが

案外戦闘力あるんじゃないかと思いつつあるカード一枚で完封される事も発覚したりしているのですが

このゲームのイラストレーターって結構たくさん居るんですよ。他のカードゲームもそうでしょうけど。

その中でも私にとって一番印象的な人にrk postって人がいるんです。

この人の描く人間が何か独特でちょっと濃い感じなんですが妙に印象的。

あとクリーチャーなんかも結構カッコよく書いちゃうんですよね。

なんでそんなに覚えたかって言うとこの人がイラスト手がけてるカード、妙に助けられたりする物があるんですよ。

カード名直接並べるとなると、変異種、果敢な勇士リン=シヴィー、欲深きドラゴン、悲哀の化身(化身サイクル全部)等

ウルザ、マスクス期でプレイしてた人ならどれも大体は名前知ってると思うものがほとんどかと。

特に変異種は強烈で、知らない人に対して説明すると、

平常時はたいした事の無い奴なのですがマナ…いわゆるMPを投資さえ出来れば変幻自在に能力を変えて襲ってくるんです。

攻撃呪文でやっつけようとしたら「呪文の対象に出来なくなる」能力で回避されて、

変異種が攻撃に出て使用済み状態になってるからと思って攻撃に出ると「また使用できる状態になる」能力で防御に回られる。

それらを必要なタイミングでピンポイントでやってくるのでそれらを付加する事がネックになる場合はつけないと言う選択も。

更には攻撃力と体力のバランスを天秤の容量で変動させられて、死にそうだったら攻撃力ゼロにして体力確保、

安全に相手を攻撃できる時は体力1だけ残して残りを攻撃力に回す事で大ダメージ期待したり。

オマケにこの変異種を除去するとなるとどうにも大変でダメージで倒すとかも前述の理由もあって難しく、

直接魔法も「呪文の対象に出来なくなる」で無力、その能力の適用外である全体効果の呪文も連発は困難だったりするので

体力を伸ばされると後は自分と相手とのマナの残量勝負になってしまうところになったり(大体劣勢)

果ては致死ダメージを与えられたとしても変異種を使える環境が得意とする「手札に戻す効果のカード」なんかで戻されて

次のターンにまた呼び出されるということもしばしば。

運営にはちょっとしたコツが必要ですがそれさえ覚えれば場に出すだけで相手に嫌な顔される事が多いです。

イラストはこんな感じで、このイラストを見ると勝利への安堵感を抱く人も居ればトラウマが甦る人も居るでしょうね。

二人同じような人物が見えますが、片方がMtG世界のキャラの一人なんですがもう片方がそれに化けた"変異種"です。

一応よーく見てみると変異種の方には人間に見られないものがくっついて居たりします。

まさに変幻自在に姿を変えて襲ってくるクリーチャーそのもの。

とりあえず小さい画像ですが、rk post氏のページでカード画像なんかが部分的に見られます。

更に一部はギャラリーででっかい画像も見れますね。

covetous dragon、欲深きドラゴンがお勧め!後は今でもデッキに入れてるavater of fury、憤怒の化身なんかも。

MtGって基本こう言う絵なんですが、なんかシビアなやり取りをやるに当たっていい感じに作用したりします。

ディアブロの洞窟が未知の恐怖とか、ドア一枚向こうの地獄をかきたてる雰囲気のグラフィックであるように。

あとフレイバーテキスト、結構ユニークなのとか考えさせられる物、一字一句残らず痺れる物なんかあって好きです。

もっとも、その辺は和訳する人のセンスも影響するんですけどね。

…ちなみに、今日のタイトルもカードのフレイバーテキストから。

 

8月1日 第2019話「クァドラプルシンボル」 くもりのちはれ
 の音 夏の香りに 夏景色

はさておいてメタスラ7の4面ボスで持っていくべきはショットガンとザンテツソードと見つけたり。

適当な5 7 5とメタスラ報告で始まる今日の素行観察2019話。

最近夜が涼しいので夏を楽しむ余裕が出来ている気がします。

近所の家が風鈴をつけていて、その音が窓から流れ込んでくるのもこれまた風流。

風が出ているのが耳でも分かるので気持ちでも涼しくなれます。

空調の風も冷たくていいのですが、自然の風は空調には無い物を持っているので出来ればこれで涼を取りたいところ。

後は先々週辺りまで静かだったセミも号泣しはじめて、個人的には秋に泣きじゃくるイメージがあるヒグラシですが、

実は夏の間ずっと鳴いてるらしいですね。ただ、朝と夕方と言う時間帯によく鳴くので

涼しい時間帯、つまり秋のような空気の時に鳴くからそう思い込んでいるのでしょう。

時間ではなく期間で言うと真昼間からド元気に鳴いているニイニイゼミと同じみたいですから。

だからヒグラシの鳴き声ってのはある意味涼をイメージさせる涼しい音かもしれないですね。

それとこの時期の朝方、5-7時の空気。これがおいしいですよ。

キャンプ場の朝のような澄んだ物があるというかとにかく個人的にはお勧めです。

気候としても涼しく過ごしやすい時間帯ですので夏は早起きすると過ごす時間の快適さ比率で言うとお徳かも。

あと夏として外せないのは蚊取り線香の匂い。

うちでは使ってませんし、使う家庭も減ってきてはいると思いますがこれも根絶やしにしないで欲しい文化ですね。

なんか安心する匂いって言うんでしょうか、リラックス効果が実はあるんじゃないかと思うんですよね。

多分平穏に家で過ごしているイメージがあるからなのかもしれませんけど。

そもそも対象となる蚊がほとんど出てないんですよね、今年も。

蚊の活動が活発になる気温帯を上回っているせいなのですが。

そんな夏を楽しみつつあると実感しつつお送りする、夏の夜。

…後は夜頃になると花火の音がどこからか聞こえてきますね、あれもまた夏。

ただ、わが親父はその音を聞いてこう言っていました。

何処で大砲撃ってるんだ?と。

このような事を言われたらもっともらしい返事をしなくてはなりません。

多分浦賀で黒船狙ってるんだろう、と。

そんな荒れ狂う象の大群で街を踏み荒らした挙句二度とその土地に作物が育たないように塩を撒くような、夏の夜。

 

7月30日 第2018話「差し戻し」 はれときどきあめ
 歩計をなくした。

先週金曜日辺りに、腰を見てみたら気がつくと無くなってましたよ。

あれがあると歩くのも楽しくなって歩いた成果を確認しやすくって良かったんですけどね。

だけど私はもう万歩計無しでも歩ける人です。一日25000歩ほど歩く事が分かりました。

歩く事に恐怖はありません、歩く事にためらいはありません、歩く事に後悔はありません。

10年近く前に子供がポケットピカチュウを振りながら歩いていたけど、その努力を足で追い越す気概もあります。

むしろピカチュウと契約した歩数分だけ歩かせる権利も獲得しています。

というより今死んだら子供の足が壊死するまで歩かせる妖怪か幽霊に生まれ変わると思います。

「ほすうダメージ」が実用的なダメージをたたき出せるであろう自信もあります。

…もっとも、最近のFFどころか7以降はほぼ知らないに等しいので何処まで通じるかしりませんが。

多分オーバーキルはなはだしいダメージたたき出したりしてるんだろうなぁ…

テイルズシリーズなんかは絶対そうっぽいですよね。

1だけはやった事あるんですが多分その当時から相当桁の無駄遣いが進んでそう。

しかも最初のシリーズの名前を忘れきって1と言っている辺りにこのシリーズに対する想いが伝わってきますね。

テイルズオブホルモンとかテイルズオブビビンバとか言われても分かりませんさ。そりゃあ。

桁の無駄遣いというと、ダメージバランスを考えたりするのであれば小さい方がやりやすいんですよね。

とは言え縮めすぎも問題で、メタルスラッグのダメージ表示って人によって2パターンの表記なんです。

まず私を含む人は通常武器ハンドガンのダメージを10として、

それ以外の人はハンドガンのダメージを1とするんですが、前者の方が何かと好都合です。

って言うのもハンドガンの1.5倍のダメージとか1/10のダメージとかを説明する時に

前者だったら15と1を使えばいいのを1.5とか0.1なんていうまどろっこしい事になる上に

確か内部処理では小数は使い勝手悪かったと思うので実際の処理でもハンドガンは10だと思います。

…そう言えば、以前全く無駄な桁をつけたがる人が居ましたね。

ちょっとしたゲームで数回に分けてやり、成績をポイントで表示しようとしたのですけども

その時は確か5ptとか1ptとか結構細かいながらも管理しやすく桁を最低限にしてたんですよね。

そんな私の設定した点数に意見を申し出た人がいて、点数配分などを考え直す必要があるかと思ったのですが

意見内容が「桁を増やした方が派手」との事でまるでクイズ番組のような発想でした。

その時はそれでいいとしておきましたが、今考えるとやっぱ納得がいかないと思いました。

…とは言いつつ、私も多分どこかでやってるんでしょうけどね、無駄な桁増やし。

 

7月27日 第2017話「メタリカ共和国」 はれときどきくもり
 ょっと日が空きましたが、原因は素行観察スペシャル25でやっている事にあります。

皆さんにはこのときまで黙っておいていきなりスペシャル封切りと同時に伝えるつもりでしたが、

既にいくらかの人間は知ってはいるんですけどね。存在だけは。

…で、それが何かというと運転免許を取りに行ってたんですよね、この半年間。

もっとも過去完了ではなく現在進行ですけど。あと最後の筆記試験だけですけど。

詳しい事は1月半ばくらいの事から書いてあるので暇だったら読んでみてください。

テキスト量は素行観察スペシャル最大級になってますが。

一応この日記と同じ調子で32日分+数日分。一発で読むと面倒ですよ。

実体験としての私なりのドキュメントとして、実は運転免許を取る時は絶対やってやろうと思っていた読み物でした。

その日記で書かれている最後の一日は昨日の事ですが、昨日はそれだけじゃない日だったんですよ。

まあ昼過ぎか夕方過ぎくらいまではほぼ書いた通りなんですけどね。

とりあえず朝頃から書いていきますよ、向こうで書いた部分は大分と省略ですけど。

 日はまず眠れなかったんですよ、暑さじゃなくて緊張で。

暑さで寝れないというのは室温37.0℃の部屋で爆睡出来ている事を確認しているので、

関東の気温環境くらいではない事がほぼ明らかになってます。

それで断続的に寝たり起きたり寝付けなかったりして述べ睡眠時間2時間程度、疲れる眠り方をした私は

精神がイベントモードに切り替わりまして眠気をコントロールし始めました。

こう言う特別な状態に陥ると精神が勝手に眠気を訴えずに

完全睡眠からのスッキリした起床と同等の状態にします、肉体以外。

そう、肉体は確実に悲鳴をあげています。何せ前の日の晩から断続的にトイレに駆け込んでますから。

食欲もあまり無いのですが無理矢理朝から1.3合位たいらげてみて空腹のパワーダウンを回避してから出発。

教習所で卒業検定を行って合格してサイゼリヤでちょっと食事して卒業式行って…

この一連の流れは書いたことですね、向こうで。

それが終わった後、全ての緊張が解けた事で力尽きて

ちょっと爆睡どころか呪われたかのように眠る睡状態を一時間こなして、

以前から約束していた秋葉原まで飲みに出るという行動に出ましたさ。

ただ都内の商業都市エリアに行くに当たってTシャツジーンズくらいと言う相当な軽装で、

ややもすると足もサンダルでいきかねない気軽さをかもし出してましたよ。

まああの街だったら大体の恰好はokでしょう。

…そうそう土曜日の秋葉原、19時近くといえども店前に呼び込みのハッピ来た人がいたり

そのちょっと脇で他の町だったら異質なメイド服の人がなんかのビラを配っていたり

買い物か観光か分からないけど外国人の姿がやたら目立ったり

10年ちょっと前と違って食べ物関係は充実していて特に飲み屋はいいところが多い気がしてみたり

夜過ぎ、軒並み商店が営業終了した後はバイク族って感じの部族がそこかしこでたむろしていたりして

なんか秋葉原、色々詰め込みすぎだよもう。入ってない要素は相撲と侍くらいじゃないか?

けど相撲も秋葉原から千葉方面に総武線に乗れば両国にいけるから部屋作ってもいいと思うんだよな。

秋葉原駅から総武線乗っても時間と曜日によっては車内で案外力士見るし。

相撲観戦した後に秋葉原の飲み屋で集合なんて事も可能といえば可能。

…そんな秋葉原ですが、最近の私にとってはやっぱり飲み喰いの街です。

秋葉原じゃないと手に入らない物って言うのも流通の発達などで減りましたしね。

案外町田なんかで事足りたりするのです、私の今の生活だと。

だけど飲み喰い処は持ってこれませんからね。

…今回行った場所は中華料理の店で、秋葉原と言うよりは末広町。

周りも商店よりオフィスビルとかが多くなる辺りにあるんですけど入り口が小さくて最初は不安でした。

入ってみるともうちょっと不安でしたけど…食べ物食べたりするとそれ一気に解消。

ボリュームあっておいしいんですよね。思わず食べる事に集中。今回ノンアルコールでした。

後は地下の閉塞ぎみな空間なので割と呑んで騒いでがやりやすいかもしれません。

衛生面も気を使っているのか案外キレイに感じたってのが正直な意見です。

ただ、椅子が大衆食堂な感じだったりそばに居るおっちゃんのグループが大衆食堂な感じだったり、

店員の人がえらくハイテンションだったりとそう言う意味では秋葉原らしい店でした。

店の収容人数は30-40人くらいだけど、それくらいの人数で貸切にしたら恐ろしく使い勝手良好かも。

…それと前回集まった時に、終電ギリギリで帰れるかどうかの瀬戸際発生と言う事になったのですが

今回それを避けるために早めに帰宅しました。代や変更されてから小田急の新宿発の締めが早くなった気がするし。

帰りはごく普通に電車に乗って最寄駅で降りて、駅からほぼ衝動的に意味も無く走って帰って、

帰ったらシャワー浴びて、PCつけてはいたのですが本腰で眠りたい衝動に駆られて気がついたら寝てました。

やっぱり寝るときはちゃんと疲れの取れる眠り方をしないとならないわけですな。

 

7月24日 第2016話「素行観察の八年半」 はれ
 行観察第1話、これが今回のキーワードです。

えっとですね、この第一回目の素行観察ですがおもむろに激打!北斗の拳について語ってますね。

自己紹介とか挨拶とかも無く、そんな切り出し方ですよ。

もういつもの事となってる日記にいつもの更新突っ込んだかのように。

文体とかは僅かに変わっては居ますが根幹に当たる部分はほぼ今と変わりません。

言い方を変えると今も昔っからほぼ変わってません。

あ、あとまだ相撲の話はしてないですね。

…そんな変わらない事と変わった事がある中でも

全く変わってないのは自分なりのスタイルと言うのを確立する意識でしょうね。

ネットって表現方法が多くはあるけど五感全てを同時に使える物って無いじゃないですか。

実際に顔を合わせて声や喋り方、言葉の引き出しに身なりとか色々あるに比べて

文面とかで判断せざるを得ないとかも時折ありますしね。その人というのを。

オマケにネット特有の俗語もたくさんあるから気楽に個性を発進できる場所であると同時に

モブになる人も相当数居ると思うんですよね。

とりあえずそうはならないように自分らしさを求めつつも自分の好きな文章を作っていくってのが全く変わらない所かも。

文章一点でその人だと断定できるのはある種の強さだと思うんですよね。ネットでは。

やや脱線しましたが、貰ったキーワードで話を広げて書いていくのが趣旨なので

まあキーワードに添って文章を書いていくのが全てじゃないからよし。

 間の学生は夏休み!

だけど今思うと40日もあると、終わりごろの何日間かは

迫り来る二学期を思ってうつ病みたいになって過ごすことになるから、40日全部生かしきれないですよね。

そう考えると40日もいらないかな。ブランクでかなり頭も回らなくなりそうだし。

だから半月とかあったらかなりいい感じ。

それと学生は多分フジテレビの27時間テレビは見ないけど好きだと思いますよ。

逆に日本テレビの24時間テレビは見ないけど嫌いだと思いますよ。

って言うのも番組内容とかよりもやる時期が大事で、

フジテレビのほうは夏休みの頭頃、日本テレビのほうは夏休みの末頃なので、

高揚感と絶望感を加速させるツールとしてそれぞれが存在していると思っていただければ良いですし、

互いの放送日が入れ替われば立場も逆転するでしょう。

…けどなんだかんだ言って、好き嫌い関係無しに番組自体はあんまり見ないで大体いつものレギュラー番組見たりとか

24時間ぶっ通しでゲームやったりとかしてるもんですが、基本的には。

 

7月22日 第2015話「熱砂大横断」 はれ
 日はあっさりと。

蝶の様に舞い、蜂のように指すと言う言葉があったかなかったかですけども、

蝶って案外油断して飛んでますよ。

今日普通に自転車でオラァー!って走ってたら前に蝶が一匹。

ペルソナ1だったらなんか面倒に巻き込まれる前兆ですし、鋼の季節なら多分カブキ蝶です。

まあペルソナ抜きでも人間、パンドラとかその辺くらいならゲパルトIII改とかヘビーマシンガンがあればどうにかなります。

で、その蝶がやたらと自由自在に飛び回っていて、行く先があるのかどうか分かりませんが、

徐々にこちら側へと飛んできているのでかろうじて私とすれ違う軌道であることがうかがえました。

私は相変わらずそのままのペースで突っ走ってたんですけどね、

額に蝶が命中しまして、蝶のぶつかる音と言うのを聞きましたよ。パスッ、って言うかペシッていうか軽い音です。

ちなみに今日が初めてじゃなくって、先週にも二匹でお戯れの所を髪の毛にかすりまして、本当に注意力が散漫です。

基本的に一部の農家以外からは敵視されない生き物であるがために油断している可能性もあります。

蝶にバルサンとかゴキジェットとかそれを利用した即席火炎放射とかしてる人見た事無いですしね。

そんなわけで蝶がいたら声をかけてから通ってあげてください。そうしないと案外激突しますから。

 …次回は素行観察1話と言う内容で貰ってるので、それを書こうかと。

 

7月20日 第2014話「やっぱりゲーム好き」 はれ
 ームあれこれの話。

ミンサガ、ホーク編大詰めです。

編成はホーク(片手斧)、ゲラ=ハ(細剣)、バーバラ(弓)、エルマン(両手大剣)、海賊シルバー(術)。

この中でもピックアップするべきは海賊シルバー。彼女はゲーム後半になって仲間になるので、

これまで連れ歩いていたダークがアルドラ覚醒したのをきっかけに 入れ替えで仲間にしました。

しかも彼女は仲間になる時「あんたが子分でアタシが親分、それでいいならついていってやるよ」

などと供述するのですがパーティーメンバーの中では一番下っ端の扱いです。

LP7、BP環境は普通、とりあえずの回復役扱い。一時的に仲間から外す時もエロールの最終試練が終わってしまったので

レフトハンドソードのレフティホークで力尽きる形で外され、戦闘中の回復でも後回しにされるため全体攻撃でLPが尽きて

イフリートと戦い終わったらPTから消えていたのでそのままラファエルを加えた、等の扱いを受けています。

グレイの悪人PTでパトリックの変わりに入れたほうが良かったかも。

そうすればエルマンとパトリックと言う強力なツートップが完成したのに。

ダウド、エルマン、パトリック辺りで色物チームもいつかはやってみたい所。

けどダウドを選ぶ時点で主人公は強制的にジャミルと言う事になるので

残りの枠は一つとなってしまいます。やっぱガラハドか…?

…ちなみに、ガラハドは次のアイシャパーティーで重装備キャラとして使う予定。

アイシャ、ジャミル、ガラハドまでは決まってるんですけどね、他をどうしようか。

もうサブキャラはガラハド以外全員使ってますので好き好きに入れていくわけですけど。

データで残ってない(間違ってクローディア主人公データグレイで上書き!)

って意味ではディアナとフリーレになるんですがごめんこうむりたいので無難にバーバラやホークになる可能性があります。

頑張って吟遊詩人連れて行ってサルーイン戦で武装弦楽祭とかもありか…?

…ともあれ、ホークが片手斧と両手斧の両立を目指してたのに片手斧一本になってしまいました。

某箱な人の読み通りです。

ビルキースがいけないんですよ。ベルクウィニスの刃がいけないんですよ。

ビルキースって言うのは今回手に入るレアな片手斧で、説明によると「神殺しの異名を持つ斧」なんですよ。

攻撃力はとりわけ強力な領域では無いんですけどね、

斧の見た目も脈を打っていてちょっと生物っぽくて気持ち悪いんですけどね。

個人的には好きなグラフィックなんですけどね。

そんな斧の固定技にベルクウィニスの刃ってのがありまして、これを使うと

斧がチェーンソーになって相手を鋭く斬りつけるんです。

即死はさせられませんがダメージに加えてLPを減らします。技の説明もご丁寧に「触れるもの全てをばらばらにする」と。

この技の威力もとりわけ絶大って訳じゃないんですが無駄に使ってます。

最終目標は「サルーインをばらばらにする」事かなー。

…ああ、シェラハ戦でもちゃんと使いましたよ。優越感たっぷりでした。

闇の誘惑で魅了された後に発動したらエルマンを鋭くきりつけてるのが衝撃的でしたけど。

 タスラ7は、MISSION3のボス撃破まではノーミスでいけるようになりつつあります。

今回、出た武器はその場で使っちゃってもいいし、そうすると結構スムーズに進めるのですが、

ボスを倒す事を考えると案外温存しなくちゃ行けない物もあったりします。

とは言え結構弾薬豊富なのであんまり考えなくて良いのが嬉しい所。

単純にボスで有効な武器をキープしていけば良いだけですしね。

武器選出基準ですが、個人的には今の所こんな調子。

 最優先!ショットガン、フレイムショット>ボス戦で撃破をぐっと早めてくれる重火器双璧。

安定した攻撃力でボスの寿命を一気に縮めます。

 割と優先!レーザーガン、ダブルマシンガン>遠距離まで狙える攻撃力の高い武器。

ヘビーマシンガンを越えるダメージ効率でガンガンダメージを与えてくれます。

ショットガンとかと違って隙が小さかったりボスに近づかなくて良かったり

状況を選ばないでダメージを与えてくれるので安全性も高いです。

 とりあえず安定!ヘビーマシンガン、エネミーチェイサー>

エネミーチェイサーは初見のボスで何処を狙えばいいか分かります。

割とすぐなくなっちゃいますけど狙いどころが分かったり、迎撃できる飛び道具の迎撃に関しては高い信頼性があります。

ヘビーマシンガンは単純に使いやすいので迎撃できる攻撃なんかを防ぎつつダメージをカリカリ与えられるのでいい感じ。

いつ出ても困らない武器です。3のソル・デ・ロカが唯一の例外な位に。

ボスごとへの選出はこんな感じです。

 1>なんでも。

メタルスラッグで戦うことが出来るので人間武器は割と関係ないと思います。

 2>エネミーチェイサー、ヘビーマシンガン

スラグトロッコだったかトロッコスラッグがあるので基本火力はこれになりますが

ちょっと生身になったときにそれぞれ便利。

トロッコのキャノン部分は壊れるまではキャノン砲をどうにかぶち当てるのが仕事です。

 3>フレイムショット、ヘビーマシンガン

序盤の下半身部分を倒すに当たって距離を取りたいのでヘビーマシンガンが便利。

スラグアーマーはちょっと難儀なレベルアーマーなので使うの大変。

そこで後半の上半身部分でフレイムショットを使い、一気に畳む。

 4>ショットガン、フレイムショット

とにかく重火力で足元のボスをお早く発狂モードへ。

かたっぽ打ち切ったら左に行ってエネミーチェイサーとってそれをぶっ放しつつグレネードも投げて、

両方尽きたら予め用意したもう片方でトドメ。

 5>構築中!ザンテツソードはやめた方が…

 6>スラグギガントで戦うのでなんでも、降りれませんので死ぬまで乗ります。

 7>ショットガン、あと理想ダブルマシンガン無ければ適当に序盤で手に入るショットガンを最後まで持っていきます。

ボス前の前座でダブルマシンガンが手に入ればそれをキープ。

ただし前座でもたもたしてるとボス本体と戦ってる間に時間切れで死んじゃうので

やむをえない場合はこれらを切り崩してどうにか。後は溶鉱炉に落っこちないでたたかう。

 して、UO。

釣り大会に戦慄。

UO冒険記#300を見て貰ったイベントの「数が増えた」バージョンをやります。

規模が大きくなったんじゃなくて数が増えたんです。前回釣り上げたのは300本相当。

今回はと言うと一人奮闘しているのがおりまして、現時点で500ちょっと。

それを増やしている本人は「当日までに1000まで増やす」と豪語し気分次第で我々の最期を狙っている模様です。

そんな本数一日で終わるはずも無く、8/16-23と言う一週間のイベントになりました。

もはやココまで来ると欧州とかの年内最大級の祭りみたいです。日程だけは。

 

7月18日 第2013話「鋼鉄の呼び声」 はれときどきあめ
 タルスラッグ7をプレイしました。

まずは通しで全ミッション出してから最終的にノーミスクリアを目指そうかと思って

いきなり最終面のパターン作り始めてます。

クリアどころかボスに到達する事すら困難だったんですよ、キツイ!

けどその訓練のおかげさまで1クレジット半で最終面クリアできるようになってます。

個人的にはメタスラで「クリアーできる、ボスを撃破出来る」って言い切れるのは

グレネードによるごり押しを使わないのが条件だと思ってます。

ラスボスは2回2H出てきたら相当自分に傾きますよ、戦局。

で、今はマルコばかりなのですが慣れてきたらサブキャラのラルフを解禁して遊びますよ。

ゲームとしては楽しいけど、4以降のメタスラが何かと気に入らない人には突っ込みを入れたくなるかと思います。

私はもう割り切って遊んでいるので気にならないんですけどね。

とりあえずゲームの面として気になったこと色々。

ちょっと触ってみた感じでは、遊びやすい気がしました。難易度は別として。

弾薬関係はぐっと減った6の基準ではなく従来の数なのでプレイヤーキャラの能力はパワーアップしてるといえますし、

6にもあった常時ヘビーマシンガンのイージーモードもありましたので自信が無い人はそちらでも遊べます。

今回DSのみと言うプラットフォームであるためか、そう言う面での遊びやすさは考えられてるんじゃないかと思います。

アーケードを考慮された6よりは簡単かも、あくまで私のプレイした感触ですが。

もっとも6のように見慣れない敵がほとんどとかじゃなくて、戦いなれた連中ばかりと言うのもあるかもしれません。

言い方を変えると今までのシリーズを遊んできた人には目新しさがあんまり無いと思います。

新規の歩兵とかも居ますが挙動はおんなじに近いです、中には違う奴も居ますけど。

あと6の敵はとにかく固いのが多くて辛かったってのが印象的なんですよね。

ショットガン一発耐えちゃうのとかも居ましたし。でもそんな奴をクラークは上に投げるだけで即死させてました。

…そうそう、ボスが全員金属です!

打ってる時の手ごたえとか撃破した時の気持ちよさがあるんですよね、メカなボスの方が。

表面の装甲とかがボロボロになって爆発しながら制御不能になったボスが沈んでいったり崩れていったり激突したり。

破壊した!ってあの感じが好きなんです。

数秒前まで兵器だった鉄の塊を背に大笑いしてるマルコって絵がクリアした実感を与えてくれるんです。

それと打ち込みとかの効果音も戻ったので個人的にはああ、ボスに弾丸打ち込んでるなって実感があります。

あんまり難しすぎたりしないので、私にとっては気楽に遊んでストレス解消して電源を落とせる形で遊べそうです。

マルコ>ミスターメタスラ。

ハンドガンの攻撃力が倍という地味ながら時折活きてくる能力こそ、マルコの個性。

ザンテツソードとかショットガンと言った近接攻撃と攻撃力以外にとりえが無い武器ばかりの時に

遠距離攻撃したいといった限定的な条件では強力。

…いや、普通にハンドガン連射がヘビーマシンガンに匹敵するくらいの攻撃力になるので

継続的に当てる事ができる環境ではそのダメージ力は強力。になるはず。

あとは何も考えず武器を使っていってハンドガンになっても攻撃力が激減って訳ではないので

他のキャラよりは武器を遠慮なく使える要素となる、って面で精神的に有利です。

他のキャラを使ってからマルコを使うとハンドガンの威力が明らかに違って面白いですしね。

メタスラやる時はやっぱりマルコだと落ち着くと言うか反応速度が上がったりするんだよなって人はこれ!

キャラクター性としては特徴が目に見えたものではないためか実感が薄い気がする可能性もあります。

今回弾薬数が増えたのでハンドガンに頼らざるを得ない局面が減ってるため余計にです。

個人的にはナンバーワンなんですが、お勧め度としては控えめです。

だけどコンバットスクールで武器が使えないモードではマルコを使うといいのかも。

ターマ>バルカン固定可能、乗り物の耐久値ほぼ倍、バルカンの攻撃力1.5倍と

乗り物のある環境では他のメンバーより明らかに爆発力のある男。

弾薬数の増加によって生身の時でも人並みに戦えるようになったのでファンは安心。

とは言え生身では尖った所が無いのでフィオなどと比べると辛い部分が目立つ事も多々。

特徴が生かせるボス戦は1、2、3、6面のボスと回数で言うとそこそこ。限定的ながらもこれらのボス戦では楽できるかも。

クラークもそうですけどこのゲーム、グラサンの二人は環境次第ではボス戦で特徴生かせませんね。

一応生身の戦闘は得意だけど乗り物の戦闘が苦手と言う人はターマで弱点をフォローという方法も取れます。

ラルフ>6から続けて参戦。

サブキャラとして利用してましたし、キャラのシステムはしっかりしてたから嬉しい残留かも。

弾薬半分と言うデメリットを補って有り余るかもしれない

一度なら当たっても死なない事とあらゆる敵にダメージが通る近接攻撃能力が売り。

と言うより今回弾薬が半分でもロケットランチャー15発とか手に入りますのであんまデメリットに感じません。

6ではその手のミドル級弾薬取っても5発とか無いに等しい事になってましたから。

単純な話、攻略は基本ハンドガンと拳で進行していくことになりました。

それに比べれば改善され放題ですとも。

ただ挟まれて死ぬ、落ちて死ぬとかライフ無視の死亡条件がやや目立つので

前作より耐久値の長所が生かされることは減るかもしれない。

近接攻撃に非常に強い興味があると言うか銃いらないって人やパターンを作りたいと言うマニア向けかも。

とりあえずバルカンパンチは隙が大きいので使い勝手が悪いですがチャンスがあれば是非使いましょう。

クラーク>ラルフともども6から継続で参戦。もうレギュラーとなるんでしょうかね。

生身のターマにアルゼンチンバックブリーカーを加えたような人。

6においてはスコアランキングで席巻していた彼もアルカディアと無縁の環境の今作では性格どおりの控えめな存在?

しかし投げられる相手がぞろぞろ出てくるという環境は相変わらず存在するので活躍の場はあるにはあります。

他のキャラの長所より限定的な所があるのでゲームに慣れてきたら投げ技ライフをエンジョイするのが良いかも。

ただし投げられるキャラで嫌に固いのが居ないので6ほどの活躍は多分しません。攻略で使うのはちょっと大変そう。

エリ>グレネードの所持や補充が二倍で、8方向に投げられるのが特徴。

ボス戦でグレネードを当てて死んでいく力技が壮絶な効果を発揮するので

何が何でもってなりふり構わず戦いたい場合は便利。

その使い方を考えず普通に運用していく場合はちょっとなれてきた人向けのキャラクター。慣れれば楽しい特徴です。

フィオ>初めからヘビーマシンガン300発所持、弾薬補充1.5倍と弾薬一杯のキャラクター。

フレイムショットやショットガンを蓄えてボスへ挑むステージなどではボス戦で他の人よりは楽に撃破できます。

元々の弾薬数が元に戻ったので1.5倍の弾薬ボーナスも相対的に生きてきてショットガン取ると45発とか凄い事に。

とにかくぶっ放しても安心と言う設計なので初心者にお勧めのキャラクター。

…そうだ、個人的な不満が、どうしても残念でならない不満が一つありましたよ。

コンバットスクールの教官がハイデルンじゃない。

6の時にも言ったかもしれないけど、ラルフとクラークが居るならやっぱり教官はハイデルンで!

相当うまくいった時にあの恐ろしい強面の男に「…上出来だ」とか言ってもらえれば愉快なのに。

恒例のプライベートの会話とかは断じて弾まないだろうけど。

DSの時計時間12時ぴったりの時は明らかに何か口の中にほうばって対応したり

35時間連続起動した上でコンバットスクール開くと目の下にクマが出来てたり

今こそハイデルンを愉快なキャラクターに仕立て上げるべき。

 

7月16日 第2012話「せし郎」 くもりときどきはれ
 日は一時的な大雨や強い日差しでいろんな暑さを体験できる日でした。

そんな暑い日だったので、夜は窓を開けっ放し、もう掛け布団はいらないと思って片付け準備に入ってタオルケットのみ。

…したら朝、前日などから想像も出来ない涼しさでして、

ちょっと体を冷やしつつも出発進行しては10時ほどから日が出てきたことによる暑さと、

室内の冷房の聞き加減から体温調整がうまくいかなくなりつつ夕方前には後頭部が痛いわけです。

もう暑いのに弱い者が一人おるのですが、ご時世に逆らうように設定温度21にするさ。

うるさい!燃えつきろ!とばかりにせめて24くらいにするのが正解だったようです。

しかも連動して肩も痛いですよ。ストレッチしつつ梅干口に1つ2つ放り込んで頑張ります。

一つ目がすっぱく無かったですけど、最近毎日梅干二つは食べてる気がしますけど。

 

7月14日 第弐千壱拾壱羽「カノーネアマデウス」 はれ
 換リストからいつもの半角数字と話の文字を探し出そうとしたら

うっかり間違ってこれにしちゃったので今日の話数表記はこれ、諦めてください。

しかも話じゃなくて羽だし。しかも管理人の私が時々何話か分からなくなります。

所で、最近暑くて我が部屋も本日36.6℃と言う室温計設置及び観測史上ベストレコードを樹立しました。

まあ今(21時現在)も33℃あるわけですが。

そんなわけでハーフパンツじゃ暑いのですけど、折り返して無理矢理履いていますが長さ調整できて以外に便利。

体の方もこの環境に一昨日辺りから順応させる努力をさせまして、

土曜日には猛烈な倦怠感を覚えたり脱力感を覚えたりと完全に夏ばての前兆だった我が肉体も

塩分摂取、適度よりやや過剰寄りな睡眠によってこの環境になじんでます。

特に塩分摂取、これが大事で梅干食べてもすっぱくない場合はかなり不足がち。

味噌汁が体に染みるようなおいしさを感じたら意識した方がいい段階かも。

個人的にはお茶漬けの素があれば冷たい水やお茶で(ペットボトル物でもok)お茶漬けやって

そこに梅干を1つ2つ入れて食べるとひんやりとおいしく塩分摂取できると思いますよ。

とりあえず今晩辺りから掛け布団をしまいこんでタオルケットで寝てやろうと思います。

これだけ暑いと以前お勧めされた竹枕なんかも魅力的に思えてくる今日この頃。

 の間スパイダーパニックって言うタイトルまんまのパニック映画がやってて

虫が嫌いな人(UO冒険気で言う住職など)にとってはトラウマ必至の内容で地上波初放送してました。

流石に私も飯を食いながらは無理な仕上がりでした。

と言うより最近のその時間帯、何故だかボルケーノとかダンテズピークだとかもやってて

人間がやや無力で逃げ回る映画が多い気がします。

むこう一ヶ月辺りにブロブとかもおっぱじめそうです。

ちなみにブロブとは宇宙から降ってきた人喰いアメーバの話で、

あんまり良く覚えてませんが最初はガムくらいのサイズが手ごろな獲物を捕食して成長して

最後は地元に凱旋してきた有名人のように堂々と町を闊歩してた記憶あり。

低温に弱いので液体窒素のボンベかなんかで凍結させて冷凍庫に放り込んで最後はオシマイでしたが。

ちゃんと次回作の伏線なんかを残しつつも。メタルマックスのDNAブロブは多分これのパロディ。

そうそう、その手の映画…有名な言葉でいうと人がゴミのように扱われるより一ランク上の

人があってないような物みたいに死んでいく映画の一種として気になってるのが、ハプニング。

あれも次から次へと人が命を絶って行くみたいですが、何でなのかが気になるのでみてみたい所。

 パルトIII改。本日のキーワードですよ。

メタルサーガ-鋼の季節-のシャシーの一つですね。

わかんない人向けに説明すると鋼の季節(厳密には旋律の連鎖もらしい)では、

これまでのシリーズと違ってシャシー改造の際に装備スロット(以下「穴」)を指定範囲内で増減させるのではなく、

穴のパターンが存在していて改造によって選んでいくツリー形式の改造となっていて、

今までが「機銃一つ、大砲一つ」と言うシャシーがあった場合に機銃の穴を二つにしたり、

大砲の穴を潰して機銃やS-Eの穴に変更したり、穴単位での改造だったのが

「機銃一つ、大砲一つ」と言うシャシーから「機銃二つ、大砲一つ」と言うパターンにするか

「機銃一つ、S-E一つ、大砲一つ」と言うパターンにするといった固定されたパターンから選んでいく形になります。

ちなみに選んだパターンそれぞれに名前もついていてシャシーの名前も変化していきます。

戦車につけた名前ではなく、シャシーの名称です。

2で言うとガルシア号と言う部分は変わりませんが、バギーと言うシャシーの名前が変化します。

…こう書くとシャシーに固定の選択肢があるが故に自由性が減っているように思えますが

そのパターンが大体途中の派生から完成まででも少ないパターンの戦車でも10以上はあったりします。

もちろん最後まで改造してもいいし、途中のパターンであえて止めてもいいわけです。

そう言う意味では同じ戦車を使うにしてもどのパターンを選ぶかによってその人の性格が出たりします。

あとはそもそもこれまでのように穴の数で調整って言っても

大体開けられるだけ開けるか一種類全部塞いで重量稼ぐかとか限られた形になりがちですから

微調整は出来ないにしても自由性は尺度は違えど同等な気がするんですよね。

…さて、それでようやくゲパルトIII改ですが、鋼の季節に登場するゲパルトNEOからの派生シャシーの一つで、

対空機銃を意識してとことんまで改造していくと行き着く形の一つです。

先ほど説明を省きましたが、改造パターンを進めていくと今度は穴の変わりに「固定装備」ってのがくっついたり

初期段階で既に持っている固定装備がパワーアップしたりするんです。

そこが大事で、重戦車になると結構強力な物がくっついたり、複数くっついたりしまして

それにより重戦車は本来持っている重装備と言う特徴がつき、軽量戦車は重い基本装備を使えると

今までに無かった軽い戦車と重い戦車の役割と言う概念が生まれています。

これまでは軽量戦車に重装備でSP大量確保とか、どちらかのみに偏る傾向がありましたからね。

もっとも、鋼のこのシステムでも固定装備と基本装備のバランスなどを考えると絶妙の領域ではないかもしれませんが。

ただこれまでのようにSPを考えなくていいので余った重量の多い軽量戦車は基本装備で、

余った重量の少ない重量戦車は固定装備の穴をフォローしたりする装備を積むか、

固定装備が少ないパターンのシャシーを選んで重量を稼ぎ、基本装備を積むかといった具合です。

軽量戦車より当然基本装備は積み込めませんが鋼の季節ではシャシーそのものに耐久が設定されてるので

重戦車の方が破壊されにくいと言うメリットを持っています。

こうやって考えていくと鋼の季節のシステムはシャシー重量とそのパフォーマンスと言った事を考えられてて

実はこれまでのシリーズの中で全ての戦車に対して待遇が平等に近い形だと思います。

全てのシャシーが何らかの特徴、メリット、使う価値を見出せる可能性を持っているわけですし。

…また話がずれましたがゲパルトIII改ですけども。

これまでの説明内容を踏まえた上でゲパルトIII改のことですが、

このシャシーにはゲパルトNEOが本来持っている対空機関砲と機銃を強化して、

S-Eの穴を二つと言う設計になっています。

ゲパルトNEOの最終段階では最も軽い構造になっています。機関砲が他の固定装備より軽いためです。

更に大砲や大型の固定装備をつけていないと言う面では比較的ゲパルトらしい見た目を維持できるシャシーです。

特徴はなんと言ってもその対空機関砲の最終形態、4連装機関砲改にあります。

攻撃力が大砲に匹敵するくせに機銃として打ち放題(固定装備も弾倉ある物がありますが、機銃やドリルは無制限!)、

属性の乗ってない攻撃が不利とされる鋼の季節でも唯一に近いくらい立派に実弾機銃してくれます。

範囲も広くてほぼ常に全体を攻撃できます。

28mmバルカン砲って言う機銃も同時に固定装備として存在するのですがこれがオマケ感覚となる勢い。

その28mmバルカン砲は能力としては従来のシリーズでの22mmバルカンのポジションくらいだと思っていただければokです。

厳密には違いますし、今回属性の都合で従来の活躍はないけど、攻撃力などはそれくらいの位置だと思います。

…それにS-Eの穴が二つと言うシンプルな作りなので、重たいS-Eを搭載できるって訳です。

他にも4連装機関砲改を使えるシャシーはいくつかあって、そちらの方が重装備になったりするのですが

個人的にはIII改のシンプルさが好きなのでこれを選んでます。

シャシー重量をこれで抑える事で楽に積む事ができるんですよ、今回の面白S-E、鉄球を。

この鉄球、サウルス砲みたいに重たくて攻撃力が大砲並、固さも尋常じゃないと言う

非常に極端な作りなのですが鉄球ゆえに打ち放題なんです。

これの豊富な耐久などを削ってあげればまあ使える重量になるのでこれを積み込んで、

もう一つのS-Eの穴には今回S-Eとしてのポジションに役割変更された迎撃システムを搭載。

弾倉のあるAMパトリオットやレーザーゴーゴンがお手軽ですが、

弾倉制限無しの重量級迎撃S-E、ブラインドイージスもうまくすれば積めるかも。

余った重量は各種コートや電磁バリア、完全空調マダラグマ、

けん引している決戦用戦車に積み込むのをためらうドッグシステムなんぞをどうぞ。

あとはIII改には大砲が無いので(他の派生なら恒例のゲパルトに大砲が可能)

特殊砲弾を使えないのですがあえて弾倉を増やして特殊砲弾回収できるようにするのもいいですね。

…個人的には、ゲパルトIII改ってシャシーは決戦用というより散策用に向いた仕上がりになるかと思います。

改造の仕方次第では決戦用にならなくもないかもしれませんが、それなら他の戦車を使ったり

他の派生パターンに落ち着かせた方がいいと思います。

私の場合はシンカのラマルクII+が決戦用なのでゲパルトは割り切ってIII改。ゲパルトシリーズでも一番好きです。

ラマルクII+までの繋ぎは穴の構成がほぼ同じなキャノンFOXでどうにか。

まあキャノンFOXに頼らなくてもバロックブリッジのデアボラ一家をどうにかできる戦車があれば良いだけなんですけどね。

1000-イヴは基本無視ですしクアトロホールに行ったら迷わずキラーハウスに行ってキラーキッチンはやっぱ無視、

Dr.レジェンドが戦車作ってくれるようになったらレッドバレーで鉄くず集めてシンカ完成。

シャシー改造費用はキューバらへんの賞金でどうにかなると言う流れ。

そういえば、キューバって実は無視できるみたいですね。レッドバレーの情報だけを聞きだしてキューバの事は聞かないとか。

あんまり強くないしクアトロホール到着直後は何かとお金が欲しくなる頃合なので

こだわりが無ければ倒しちゃった方がいいですけど。

…あと、今回のシステムやバランス上属性攻撃一切禁止の旅、とかやると地味に辛い事になるかと思いますが

それを物ともしない戦車が出来上がります。

ただ、レーザーゴーゴンやブラインドイージスはビームなのでAMパトリオットですが。

あとサージの活躍の場が減ったり、オーバーロードセキュリティエリア内部とか悶絶しそうですけど。

ポチはポチインフェルノもポチブリザードも無いからポチウイング一本です、最終的には。

…おお、すんげーノリノリで書いてしまった辺りの鋼の季節好きなんだなと改めて思った。

なんて言うかメタルマックスらしさがあるんですよね、ノリやセンスが。

町の人がホントどうでもいい事を言うんだけどちょっと深い言葉でもあるような感覚とか

改造する人達のヘンさ加減とかね。あと料理の名前とか素材も個人的にはお勧めですよ。

名前の付け方とかも大分とメタルマックスっぽさ出てきてる部分もありますね。

今回出てきたゲパルトNEOの派生シャシーの一つに〜アマデウスって言う系統があるんです。

本日のタイトルカノーネアマデウスなんかがそうですね。

このアマデウスって調べてみたらシェーファーの戯曲、言ってみれば音楽なんですけども

アマデウスって名前がつく系統のシャシーにはちゃんと音波系の固定装備がくっついてます。

カノーネってのはドイツ語辺りで大砲とかキャノン砲を指すのですけど(たしか)カノーネアマデウスはちゃんと大砲装備可能。

後は文中にも出てきたラマルク、これもシンカと言う系統のシャシーですけど

派生パターンがダーウィンとラマルクと言う進化論の人で、初期名称シンカになぞられてたり、

今回初登場のシャシー改造による変化を進化と取っているのがなんかユニークでいいと思いますよ。

それと戦闘機。戦闘機ですが戦車です。もう飛べませんし車輪を出して走ってますから戦車扱いです。

これも確か派生でつくエピオルニスとかドードーとかモアなんてのは飛べない鳥の名前から来てますね。

…話が伸びに伸びた中ようやく終わり。

でたらめに広げて途中加筆したりしてるから文とか変な可能性もあるし綺麗に畳めて無い気がするけど。