第2041話〜第2050話

昔の日記選択に  1番新しいやつに

 

10月6日 第2050話「サイフリート」 あめのちくもり
 年間出かけるときはいつも一緒だったことでお馴染みの

ナイトメアビフォアクリスマスのジャック財布をとうとう現役引退させました。

数年前にチャックが壊れ、それでもなお愛着が故に使い続けていたら今度は財布を折りたたむ時のボタン周りが

空ける時にかかる負担の蓄積でベリベリになってしまいました。

そんなわけで長年ご苦労様と言う事で今度はカードや紙幣などを入れておく置き財布に転用です。

財布に些細なカードを入れていったらすぐに一杯になるじゃないですか。

そこで家に置き財布として置いておきつつも普段滅多に使わないカードを使うという寸法です。

更に紙幣を忍ばせておいて急な出費にも銀行行かずに対応できるわけでして。

こう言う立場の財布がどれくらい一般的かはしりませんが、今後はこのような形で活躍していくでしょう。

…ふと思うと、ちょうど月末にハロウィンがあるから、ナイトメア関係の物が出回ると仮定すると

ひょっとしたらまた同じような物が手に入るかもしれませんけどね。同一の物は無理にしても。

ちなみに、新しい財布は特に飾りっけも無いスタンダードな黒い二つ折りの財布です。

特に飾りっけとかは無いですが、財布に求める機能は満たしてくれる何処に出しても恥ずかしくない財布。

後一つ、何か書きたい事があったような気がしたけども、忘れた!

 

10月4日 第2049話「テイルズ オブ コーラック」 はれ
 ボット大戦を遊んでいる話。

今回、僕の愛するウォーカーギャリアがICBMを投げないのでガッカリしているのですけども、

その代わり殴って蹴っての乱舞技が増えてるのでプラマイゼロと割り切る。

ガソリンが動力、ハンドルで操作するロボットが殴ったり蹴ったり実弾のバズーカやライフルを駆使して

並み居る悪いガンダムを蹴散らしたり宇宙人を跳ね除けたりしてる姿はまさに爽快。

ウォーカーマシンって長い目で見るとあらゆるロボットの中でも強い部類に入るんだと思える瞬間です。

エヴァンゲリオンのヘンな敵辺りも普通に突っ込んで撲殺できそうだ。

大体のバトル漫画にアラレちゃんが乱入したかのような均衡の崩壊です。

フル装備で一斉射撃する技の時も画面外にピューンって消えて装備を取ってきて息を切らしたりとか

元々放映されていた作品中で見せていた動作もしっかり再現されていてしっかりウォーカーマシンらしいです。

…そうそう、今回味方にアクエリオンってロボットが居るんですよ、スポーツ飲料みたいな名前ですね。

コイツがまた時折現れては好き放題やって帰っていくんですけどね、

中に有線式のロケットパンチみたいな技があるんです。これがまたえらく伸びまして、

ゲーム中でもとんでもない遠くに居る敵を殴ったり出来るんですよ。

グラフィックでもそれで敵を仕留めるとその伸びる拳が敵を押しやってそのまま月面にぶつけるんです。

でもこのゲームの世界では、月にも人が住んでいるので至極迷惑な必殺技です。

彼らが戦うほど月にお住まいの人達は人災に見舞われるという事です。

FREEDOMで言えば、地球で戦ってるロボットの迷惑好意でタケルやビスが避難する感じ。

あと、敵の怪人っぽいロボットでアクーダイカンとかもうちょっと考えたほうがいい奴も居ますね。

でもそいつが出てくる作品では、亜空間がキーワードになっていて、その亜空間と名前をかけてるところは、深い。

後は滅茶苦茶安易な名前のガンダムがやたら居るんですが、コイツはガンダムSEEDでいいですかね。

アークエンジェルなんて言う戦艦につけるにしては頼りない名前のネーミングの戦艦も居ましたよ。

ですがこれはある意味ザブングルのランドシップ(戦艦)、エンペラーも同類でしょうかね、はたからみると。

 

10月2日 第2048話「テイルズ オブ シンドラー」 はれ
 日も今日とて我が家に帰らんとしていた時の事です。

我が家は比較的普通の私道が通ってる脇という場所にあるありふれたポジションなんですけど、

基本的に通学路である以外は普通のクルマ1台が無難に通れてすれ違いはまあできるという程度の細道なので、

トラバサミ、ボウガンの矢が飛んでくる床、デロデロの罠、矢を放ってくるインディアンの肖像画を面白半分で仕掛けていると

通学路として利用している学生が日に日に減ってる気がする日々を過ごす以外は至って普通の住宅地の私道です。

割と平穏な風景がイメージできた事でしょう。

…そこを通って我が家にさあ到着だという時に平穏で人通りが少ないその道に現れたのが、人の大群。

30人くらいの大人が、列をなして楽しそうに喋りながら歩き去って行きました。

なんとも無防備に、本当に矢を放ってくるインディアンの肖像画をオレがセットしてたら君ら全滅だぞ。

だけど、何をしにきていたんでしょうか、このような辺境に。

人っけの無い所にキャラバンが営業準備しているかのような不思議な光景ですよ。

この界隈には貸しスペースとかそう言うのは無いからプチライブとかも出来ないだろうし、

そもそもライブ関係だったら機材運ぶのに車だろうし、かといって手ぶらの人も居ればキャリーケース引いてる人もいて、

楽器を背負った人もいて本当に何をどうしたいのかが分からない一団でした。

同窓会か…?ぱっと見での年齢差はあんまりなさそうだったけど、もう見た目の年齢差なんて大人になると誤差ですし。

或いは四国八十八箇所参りの途中で道に迷った30人の迷子チーム。

…そうそう、そんな我が家周りですが今度の6日に向かいの家が10日ほどかけて屋根の改修をするようです。

って言う情報を世界に発信しても30人以下にしか利害が無い情報なのと、

明確にココを見ている人の中では私以外に必要の無い情報である事は明らかですね。でも流す。

 

9月30日 第2047話「テイルズ オブ ハラスメント」 あめのちくもり
 頃のマイブームとして、メモは紙に書くというのがあります。

適当な落書きも文字も共存できますしね。

それでいてそれが出来る画像ファイルに比べてお手軽で、寝る直前や起きた直後にも使えるんですよ。

後なんか紙がどんどん賑やかになっていくのが面白いんです。

そんなわけでノートにイタズラに線を引っ張ったりとかしてますよ。

誰に見せるわけでもないのに楽しい、いやさ誰に見せるわけではないから楽しい。

気が楽にね、3秒でルー大柴の顔を書いてみる遊びとか、

その隣にカレーの素材リストなんかが並んでたり、かと思えば日記のネタが列挙されてたり、

更にそのそばにうろ覚えで書いたライデン@モータルコンバットが居たりするわけです。なんとも!

これらの中にあった日記のネタ。というより昨晩の夕飯。

爆発的に買い物をする意欲を失った私は家にある物で適当に済ませようと思い帰宅。

訂正、それでも米が無いのは危険と感じたから米は買ったんです。

卵も無かったので買おうと思ったら卵のスタンドが撤去されてて売ってませんでした。

多分補充か取り扱い中しかどちらかでしょう。後者はとても困りますが、いつも買い付けてる場所ゆえに。

周辺より拳半分安いんです。

それはさておいて、買い物の意欲が必要最低限しか無かったので家にある物で済ませます。

実は一週間ほど前、買い物意欲溢れていた私はパスタを購入したんです。

といっても麺タイプではなく、ペンネをねじったようなピンバイスの先端部分みたいなやつ。

これがまた袋の文字がイタリア語。

イタリアで作られ、輸入された物である事が明らかです。

しかもこれの販売元は全世界展開を考えているらしく、英語、ハングル、アラビア文字、果ては中文まで。

日本語は無かったけど。

多分ストリートファイターシリーズにイタリア人が出てこないことへのささやかな反抗だと思います。

それはさておいて、数字やは世界共通語なので賞味期限や内容量を理解したため買ってみたというわけ。

そいつを茹でつつ片付けをして、具なんかを用意します。

といっても冷蔵庫は半壊滅状態なので茹でた小松菜くらいでしたが。

8分ほど茹でてパスタを皿に出し、パスタと同じ長さに切った茹で小松菜をまぶし、

マーガリンを適量落としてお茶漬けの素をぶちかましてノリとパセリを適量、お好みで粉チーズで完成お手軽パスタ。

パスタの種類以外はいつもの行動に近いです。

だけど食感や食べる携帯が違うとこれはこれでおいしいと思えます。

パスタがねじれ状なのでそのねじれ部分の隙間などにしっかり味付けが入り込みますし。

愛用の木製スプーンですくって食べるのも新鮮。お手軽パスタが好きな人は一度ご賞味あれ。

けど、うまくすればグラタンに入れたりも出来そうですね、作る技術ないですが。

ミレストローネ辺りにも具としては採用されるのかな。よく分かりませんが。

 

9月28日 第2046話「テイルズ オブ アニサキス」 くもり
 前お話したロボット大戦が面白いです。

ザブングル、キングゲイナー、ビッグオー、土管くん、ヒゲのガンダムなど愛すべきロボットが一杯です。

ちょっとうそ入れときましたけど。

で、そのプレイスタイルたるや昨晩PCの電源落として眠ろうとしてたのですけど、

疲れてるはずなのにいざ眠ろうとすると寝れなくて、ちょっと始めたら夜明け近くまでやってしまいましたよ。

制御性なし。

ご丁寧に夕飯後のお茶を大量に沸かしてたり夜食もあったのでロングランプレイングを実現させましたね。

ゲームとしては昔からと根本はあんまり変わらないんですけどね、力比べとして。

ただ最後にやったのがα外伝だった人には周辺のシステムが大分と変わってまして、

その辺はその辺で楽しんでやっています。特に変わったと思ったのが小隊システム。

メイン1機とサブ2機の合計3機で1つのユニットとして動くんですけど、

うまく運用すると単体の限界をちゃんと超えるようになってます。総和を上回るまでは行きませんが。

サブ2機はKOFのストライカー感覚の活躍度合いかと思います。2000のジョーとかイメージしちゃダメね。

また、敵も統一性のある連中…モビルスーツの軍隊とか宇宙人の雑魚なんかも

きっちりその形で襲ってくるので弱いモビルスーツとかやられキャラの雑魚と扱われがちな連中もまたしぶとくなったりして

ユニット全体を攻撃できる方法がないと攻撃、反撃、更に攻撃で1ターン丸ごとと自分のターンを使わないと

そのチームユニットを完全に撃破出来ないとか攻撃力がだけじゃどうしようもない要素となってます。

逆に火力が高くなくても全体攻撃を持ってるキャラは敵個体が弱ければ一掃出来たりする可能性もあります。

あと3機揃った上でやっと使える攻撃も存在したりするので、それが要のキャラは単独行動より良いと言うメリットも。

…それと、特殊な攻撃も存在していて食らうと気力とか回避率とかが下がる攻撃もあるので、

固いやつを適当に設置したり、滅茶苦茶回避するやつを適当に設置して暴れさせると言うのも安定性がダウン。

前者はどんどん不利になるし、後者は事故で当たると一気に被撃墜のピンチに陥る仕組みです。

けど、気力低下って事は多分食らうと萎える攻撃なんだろうね。

アクションゲームとかで1面でミスするとその後…極端クリアに至るまで支障が無くてもがっかりするじゃないですか。

具体的には魔界村で金の鎧まで行って1面ボスで事故って攻撃食らうとボスは倒せてもゲンナリじゃないですか。

あんな感じなんでしょうね、操縦する人にとっては。

そんなわけで今日はそのプレイングがたたって爆睡しました。

目が覚める時に気がついたのですけど、脈が安定してませんでした。

ドン、ドン、ドン、ドンドン、ドンって。

まあ、不整脈とは違うみたいですし起き上がって活動し始めたら正常に治りましたけどね。

寝起き特有の現象なのでしょう、恐らく。

あ、でもしばしばある起き抜けに胸が苦しいのと関係あるのかな。

…とりあえず、そんな感じです。

よくわからん理屈をこねてるガンダムやらなんやらを、

内部構造がある意味もっとよくわからんザブングルで殴る蹴るの暴行を加えて破壊するのが楽しいです。

アイアンギアーも相変わらず殴るし。しかもサイズ補正と言うものによって強力だし。

そういえば今回ICBM投げられるんですかね、話が進めば。

って、語ると長くなるのでまた次回。

 

9月26日 第2045話「正真正銘の害虫と見た目害虫実質益虫と私」 くもりのちはれ
 喰いが凄いんだよ、最新巻。

それにも負けずに凄いんだよ、我が家。

昨晩食事をしてて、成長期も終わってるくせにおかわりをしようと台所に向かったら

和風建築物の柱周りによくある僅かな物陰で何かが動きましてね、凝視してたら

"あれ"があらわれた!

お久しぶり。

この数年間、我が家でアイツを見ていなかったんですよね。

衛生管理はそれなりにしていた事もあるでしょうけど、何故か見かけませんでした。

住み着いてたら一度や二度は見るでしょうに。

多分外から風呂場経由であらわれたのでしょう、我が家はいつもそのルートっぽくて見る場所大体同じですし。

ちなみに我が家の風呂場には換気用及びボイラーを繋ぐための穴がありまして、それが結構大きいんです。

虫なら余裕、ネズミもいけるかってくらいの穴。察するにそこから来訪した事でしょう。

しょうがないので住居不法侵入の罪判決死刑と瞬間的に決定して、新聞紙丸めてる間に物陰に入ったので

食事を済ませて洗い物を終わらせて、血圧計ってた時に出現。

ちょうど測定は終わってたので血圧は最大127最低77と言う標準値でしたが。

しかし殺意は500くらいだ。

戦う準備をしてなかったので滅茶苦茶驚きましたけどね。

ほら、カラテカの主人公って構える前はあらゆる攻撃で即死するじゃないですか。あれとおんなじ。

って事で戦う構えを取って攻撃開始。

PKもバイツァ・ダストも使えない私としてはこう言った原始的な武器で立ち向かうしかありません。

まあ、ですが、原始的な武器ってカテゴリ内部で言えばゾーマとかなんとか倒せることですし、いけるいける。

火炎瓶や手榴弾などをつかえばより確実に仕留められるのですが、

我が家も確実に仕留める事になるので使えないのが残念です。

再び登場した時、私の声に驚いたかちょっと隠れたのですけど、暴き出して積極的に攻撃開始。これが殺意500だ。

俺なんかの打撃で申し訳ないんだけど遠慮なく受け取ってくれよ。って感じで振るった会心の一発で倒しました。

でもまだ生きてると嫌なので念のためトドメを刺しておきました。

よし、これでまた、安心して眠れるぞ。

…翌朝。着替えて後歯を磨いて出発するばかりの状態で玄関に何気なく行ってみると

"スパイダー!"があらわれた!

今度は君か?

民家に現れると嫌われる生き物番付の上位に食い込んでるであろう二種類を連続で見るとはな。

種類はわかりませんでしたが足も含めて5mmほどのやつで糸を張らず直接飛び掛って獲物を喰らうタイプ。

昨晩の"あれ"を捕食してくれればと思ったのですが体長が小さすぎたので無理でしょう。

イエグモなんかだと、これが家にいるってのも気持ち悪いですが2-3匹いれば家のあれを壊滅してくれるようですね。

こう言う巣を張らない徘徊型の連中は跳躍力も優れていて、やたら飛ぶのですが、飛び方が人間の常識外です。

壁、すなわち重力が体に対して水平に働いているというのに、

玄関の出口方面へと追い立てようとしている私の手にジャンプして、更にそこから壁にジャンプする事もします。

コイツ、ニュートンに逆らってる。

簡単に言えば壁方向に重力があるかのように飛び跳ねるんです、ちょっと興味が。

よーく見ると気味悪いのですが客観的に見ると中々愛嬌があるやつですが家にいられるとちょっと嫌なので退去願う。

殺しませんよ。一応、毒さえなければ害虫を喰らう益虫ですしね。気持ち悪いけど。

…ところで、次は蜂か?或いはネズミか?

蜂はシーズン真っ盛りだからリアリティあって嫌だけど。

 

9月24日 第2044話「グワァラゴワガキーン」 はれ
 頃昼休みの仮眠で沼のようにぐっすりと眠ります。

ただし、家ではそうでもありません。

…上の二行だけで日記終わらせたらいささかシュールですので続けましょうか。

さて、前々回の日記でジャジャさんとこに泊まりに行った話をしましたが、

あの時実はCD一枚受け取ったんですよね。

家に到着してからすぐに「CD焼いておいて」ってジャジャさんがサイトウさんに指示を出す程

今日渡す事を忘れてはいけないような大事な物だったのでしょう、彼らにとって。

そして出来上がったCDを受け取りったのですけど、その時は何がなんだか分かりませんでした。

彼らの創作物なのか、それともイベントの様子を録画した物なのか、

或いはまた別の懐かしいアイテムなのか、単なる番組録画などなのか、

全く見当がつかないまま、存在半分忘れて遊んでたんですよね、その時は。

…そして家に戻ってそのCDの存在を思い出し、荷物を片付けがてらそのCDも正体を明かして

片付けるべきだと思いとりあえずCDにはPCの一部になってもらって中身を見て見ました。

PCにセットすれば高確率で中身がなんだか判定できますしね、

ダメならDVDプレイヤーなりなんなりに食わせて何らかの録画物かどうかを確かめてみるまでです。

調べてみるとPCに入れたのは正解で、どうやら動画が2つ入ってるようです。

両方とも同じ物のようですが環境ごとにセッティングしてあるようで。

CDから直接動かすとうるさいので、HDDに移植してから早速再生。結構容量あるぞ。

プレイヤーの動画表示部分にでかでかと表記される、

ALONE IN THE DARK2の文字!

去年…ビデオにとってぶつけたやつを動画にしてた…世界に配信するつもりか。

しかも2時間18分もあるので時間の無駄はなはだしいです。

オマケに2時間超えちゃってて三倍録画せざるを得なくって画質も荒いです。

見てもらいたいけど何処でアップすれば良いんだろう、こんなの。

 

9月22日 第2043話「休みくらいはスローライフ」 あめのちはれ
 回の日記、未完成のやつを送信してたよ。

ダム編のその時は忘れないと思っていても〜のような所ね。って事で修正しました。

さて、涼しくなってきた事でシャワーから湯船に入浴形態が変化しつつあるのですけども

休みの場合は30分ぐらいゆっくりと湯船につかってるのが面白いんです。

普段は全工程15分以内で決着つける速攻入浴が多いので。

ゆっくり湯船につかって回りに何もないから考える時間がたくさんできるわけで、色々考えたりしてますよ。

まあ何も考えずに湯船に支配されてることもありますが。

それで風呂上りにゆったり夕食の買出し。

その日は自分の分だけを考えればいい上に特に何を作ろうか決めてないんでしたよね。

その環境ってかなり危険。

大体は二人で食べる物を考慮するから自分だけが好きな物をある程度弾くんですよ。

一緒に食える人が居る環境で別皿の意味で個食はあんまり面白くないですからね。

違う物を食うにしても同カテゴリで食べたいじゃないですか。

天ぷらで例えると親父はコレステロールを考えてイカ天を避けて食べる、

かぼちゃの天ぷらは暗い思い出があるので私は避けて食べる。このように。

…そんなわけで何も固まらないから見るものを適当に買っちゃう可能性がある。

今回も例外ではなく野菜が食べたいと漠然に思って、いろいろ見ていたらたまにはポテトサラダと思って

それなら自分で作ったほうが量食えるし味付けも融通利くなと思って気がついたら一式買ってて

帰って家着に着替える事もなく張り切って作り始めましたしね。

しかし、ジャガイモの茹でる時間を間違えて失敗。

それ以外は大丈夫だったんですけどね、塩コショウの加減からマヨネーズの加減まで。

まあそれはそれとしてもこの時間の使い加減こそが休日の実感ですね。

あと相撲中継を頭から最後まで見つづけられるとか。

 

9月20日 第2042話「二人と一台、七人と一テーブル」 くもりのちはれ
 て、そろそろ先週の出来事を書きましょうか。

まず、サイさんとバイクで行ってきた場所の事を先に。

一言で言えば、ダム。

いや、その日は曇天で雨も降りそうだったから横浜辺りに行こうという事だったんですよ。

だけど唐突に変更ですよ、曇ってる時にダムなんていったらですよ、イメージできるのはですよ

何か人型の物が二つダムの貯水部に浮かんでるとかそう言うことじゃないですか。

それで放水と共に何か人型の物が二つ飛び出してくるとかそう言うことじゃないですか。

事の発端はサイさんがバイクをたまには動かしたい、出来れば何か積載したいという事で

積載物が私となったのですが、行き先は気分次第に近い状態でして、

朝の段階でほぼ横浜と固まってたのですけども、合流後のバイクの点検中に唐突に行き先変更ね。

その身の切り替え方は墨攻殺しですよ。構えてた場所に二人がいないとか。

多分彼は今日はちょっと涼しいからと思って長袖シャツ+もう少し涼しくてもいいよう上に半袖を着ていた私を見て、

こいつのいでたちならダムの標高に耐えられるとか

どうやらこいつの心はダムに向いているとかそんな事を考えたようです。

それがどうなのか行き先がダムになったのですが、とりわけ阻止する者もなくそのままダムへ行く事になりました。

読心術はいまいちでもバイクの運転能力はバッチリの男、サイさんと出発。

道中空腹のあまり後部から落っこちて鈍い音がするといけないので、食事を取ったりしつつも疾走。

私は後ろで腕の筋力とかなんとかで落っこちて鈍い音を阻止するのがメインであり、疾走はしてませんが。

途中道を少々間違えながらも山間部に入って気がついたら目的のダムでしたよ。

最初道の駅で一息つくかってくらいなのかと思ってたのに。

あと道中、彼は寒かったらいつでもいえよと言ってたのですよ。その時はおう分かった、と思ったのですが

今思うと住宅と湖と木と道以外の物体がほぼ見当たらない環境で何が出来たんだろう。

メットインのスペースに入ってたのは、地図だけだったし。

早朝実は耐熱バリアでも張れるようにしておいたのか?ならさっさと張ってくれれば良いのに。

…まあそれはそれとして、そこで川魚の串焼きを食いましたよ。一匹串に刺さって頭から食べられるやつ。

炭火で焼いてもらって食べられそうな部分から食べていくサイさんと手当たり次第、もとい口当たり次第に食べていく私。

当然頭からしっぽまで、串についていた全てを食い尽くしました。骨もです。

いや、食べられそうにない臓器部分だけはちゃんと処理してあったので食べられると信じて止まなかったんですよね。

でも確信はなかったので、食べた後に焼いてくれたじっちゃんに事後確認しておきました。

結局の所大丈夫だったんですけどね、よかったよかった。

その後そこいらから広がるダムの湖そばに作られた公園にいって、ロードトレインなんかに乗りましたよ。

トレインでは車掌の人がそこかしこを紹介してくれて、乗る価値ありでした。

ちなみに、その公園でちょっとサイさんを待つ時間があったのですが、その時すっかり忘れてた感覚を思い出したりして。

その時は忘れない感覚であると思ってても、年月はそれを洗い流しますね。

後はししおどしのある店で皿そばや鹿肉の刺身を食べてみました。

そばは普通のそばより細めんで、するすると入っていくそばと冷麦の中間のような存在。

しょうがをつけて食べるんだろうな、と思ってしょうがを肉に乗せて食べてみたら実はニンニク。

おいしかったですけどね、今まで食べた種類の肉とは違う、鹿の肉の味でした。これしかいいようがない。

そんなこんなでその道の駅っぽい所を抜けて次はダムそのものですよ。

当然ダムですから高低差が何かとある場所です。ってことで階段階段階段階段。

連呼しすぎですがこれくらい階段です。しかも登った先で我々が見た物は自動販売機と休憩ポイント、

そしてダムへ続く道の脇にある「土砂崩れのため、ダムへの立ち入りは禁止です」の文字。

新喜劇でもそう言うのは中々用意してないと思うぞ。

しかもこっちはノンフィクションだ。

よくよく考えるとわが旅行運というと、何かと行く先でオレンジと黒のを見ることが多いので構えておくべきでした。

がっかりしたんだか体力消耗しきらなくてよかったんだか分からない中下山。

その後は家に帰るまでのルートをちょっと間違えて羊の放牧を初めて見てみたり、

それが原因で遠回りしたり、地元についたら雨が降ってきたりしながらどうにか帰ってまいりました。

 いては、また別の日にジャジャさんとこに遊びに行った話。

ジャジャさんはうちのリンクコンテンツから飛んでもらえればどんな人か大体分かると思いますが、

サイさんに次ぐ古くからの友人であり、既婚者であり、ボーリング部の部員でありますが、

なんと言ってもタクマ・サカザキがミスターカラテと呼ばれたように彼はミスタースモーと呼ばれていて、

地毛で髷を結う、家に土俵、物件情報のDKを土俵と国技館だと思うなどの相撲エンペラーです。

合流は夕方からで、食事している所にお邪魔します方式だそうです。

待っててと言われた駅(我が家最寄の隣)まで迎えに来てくれたsarrowさん(他県在住)の案内で

皆がいるファミレスまで向かう私(市内在住)。この立場の入れ替わり加減がグローバルな現代社会を物語ってますね。

ちなみに、食事の場には前日まで別の集まりで一緒だった人たちがいて、テーブルを同じにすると言うことなので、

人見知りしたらどうしようと思いながらも合流し着席。

当り障りのない話題から共通で通じそうな話題、ジャジャさんのページの事などを経て

気がついたらやや好き放題喋ってました。

というより人見知りしたらどうしようといいながらも、結局テーブルについて喋ってた比率は全工程の半分以上は私でした。

まあ、話せる相手がいたから加速したんですけどね。

それとやや好き放題といえどもちゃんと説明入れたり、分かる程度の表現にしたり、

あまりにも通じない、或いはローカルすぎたりあんまり面白くないだろうという話題は避けたりはしてましたよ、自分なりに。

勝手に和やかだと思い込んでいたその食事も終わって、解散となったのですが別の集まりな方の一人が

今日も宿泊いけるぜという事でご一緒する事に。

そうそう、ジャジャさんちに宿泊して遊ぶという話だったんですよ。

たまたまその集まりで二日目もいけるなら行こうぜという流れだったようなのですけど、

それがsarrowさんしか居なかったのですよ。

そこでいつか適当に泊まりに行くわと言った事があった私が参上という流れだったんです。

それを踏まえて5人でお泊り会inジャジャ部屋。

ちなみに、今回は荷物をコンパクトにしてきたので色々はありませんが

サターンコントローラーはうちにあるだけ全部持ってきたので一人二人増えても多人数対戦は可能です。

お邪魔してからは皆で集まる部屋の遠くに見えるネスのシャツが気になったりしていたのですけど、

それに気になってる間にジャジャさんの一生涯の相棒である所のサイトウさんがメトロイドの被り物を持ってきました。

現物を見るとしっかり電飾まであってやたら凝ってます。

それと今年の夏に出してたスマッシュブラザーズな同人誌を頂きました。ありがとうございます。

お礼に以前投げつけられたTHE功夫を嫌がらせに近いくらい梱包して返却しておきました。

この行動がもたらした結果として、彼の家にはその時現在で8枚の功夫があります。

ってことでいろいろゲームやって適当に喋ったりしながら遊んでいたのですが、

流石に皆疲れていたのか、ボンバーマンやっている間以外は誰かしら眠ってました。

ボンバーマンはシンプルなんだけど本当に楽しくって、いつ誰が事故に遭うか分からないゲームなので

誰でも勝てる可能性を持っているいいゲームだと思います、こう言う集まりの場合は。

後はアローンインザダーク2を何故かやることになったり、ジャジャさんにSGとかオールヒューマンズやらせてみたり、

久々に鉄拳で吉光使ってはドローゲームが目立ってみたりしてるうちに就寝時間でした。

…翌朝。

頭がぼんやりしながら飯を食ったりしていきなりアートアライブ。

ジャジャさんがマイスター級の腕前を誇る画材ソフトです。メガドライブの。

詳しい内容は素行観察スペシャル24の後編で確認できます。

その後は適当に会話しながら適当にゲームしつつジャジャさんが眠気でダウンしたりしなかったり。

それと、一行リレー小説「うさ子」にも参加してみたり。

ただ単にうさ子という生物がいて、後はルールがないだけで適当に話を作るという遊びですが、

みんな早い、手馴れてるんですよね。眠気を感じてる人ですら早いんです。

結局途中で数名眠気でダウンしてしまったりして完成には至りませんでしたが、難しくも面白い物でした。

最後にジャジャさんが昔デザエモンで作ったシューティングなどをやり、お開きでした。

…うまくまとめられなかったけど、バイクも宿泊も面白い日だったな。

やっぱりフェイストゥフェイス、ボイストゥボイスがいいんですよ。

今は遠くの人ともあっさりコミュニケーションできますけど、同じ皿の料理や共有の鉄板を囲んで料理を食べたりとか、

直接そばに居ないと出来ない事ってのは結構活きるんですよね、人間が昔っからやってきたこと故なのかしりませんが。

 

9月18日 第2041話「忍者ハットリス」 あめ
 日が日記更新日だと言う事をすっかり忘れかけてました。

とりあえず最近の手の平。

指先と言うか、指の顔面に当たる部分がチクチクします。

何か心当たりがと思って考えてみると、保温切ったばかりの炊飯器の釜部分に素手で触れてみたりとか

沸騰したお湯満載火を消したばかりのやかんの握り部分を我慢して握ったり

案外軽度のやけどっぽい事になってるのかもしれない。

でもまあこうして人の手は多少の熱に対する抵抗能力を得ていくんでしょう。