第2181話〜第2190話

昔の日記選択に  1番新しいやつに

 

7月26日 第2190話「ネクロファンタジー」 はれ
 近ね、いぶし銀要素が足んない。

学生時代のように法に触れない程度に型破りの精神が薄れゆくなぁとちょっと実感しつつある昨今です。

SliverTankのSilverはいぶし銀の銀を表現してるって言うのを数年経過してから決めた事ですし、

もう少し取り戻してみようと頑張ってる大人がおるわけです。

昔はね、サマーランドのプールとか関ヶ原ウォーランドみたいに近づき難いもんがあったと思うんですよ。

当時は横浜のことを調べると言う提出物では中華街やランドマークタワーなどの人気スポットを全部蹴って

一人誰もやらなさそうな横浜のJRの駅を題材にして黙々と調べたり、

何処に出しても恥ずかしくないような作文を書く、と言う課題の時には

高校時代、授業中に静かにしない連中にペンケースのいろんな物(有危険物)を投げてみた事を実験的に書いてみたり、

一つの業界について調べると言う時には迷わず便器業界についてを調べて提出してみたり、

勝手に他の学科の授業に参加したり、次の回はその学科の教員から許可を貰って(担任からは貰ってない)参加したり、

今思うとやや問題児。やっぱやめやめ。

でも力強さが欲しいのですよ、このSilverTankってのを場所で言うなら「人が死ぬディズニーランド」じゃないですか。

ゲームで言うなら「ぼくのなつやすみ1942」じゃないですか。

その辺をどうにかうまく出していこうかと思うわけです。

とりあえず、いぶし銀要素を取り込む週間に伴って私の原付、ガチコの色を表現する時には木の幹のような茶色ではなく、

血が酸化したような赤茶色と言う事にしました。

うちの閲覧者には廃墟マニアとか骨好きとかが比較的居るようなので、この表現の方がしっくり来るかもしれません。

 

7月24日 第2189話「ロクソドンの戦槌」 あめ
 ミ!

一昨日昨日今日と、晴れ間があったら待ってましたとばかりに泣き叫んでました。

でも、あまりにも雨が多い今日この頃、まだ確認した限りでは10分も鳴いてないと思います。

起伏の激しい性格だったら異性へのアピールじゃなくて悲しさで号泣するんだろうな…

…それはそうと、グラップルタワーね。

メタルマックスシリーズで個人的には最も完成されたダンジョンでありながらも、

RPG業界でも屈指の完成されたダンジョンな気がするあのダンジョン。

仲間関係のイベント、大型賞金首の巣と言うだけでも十分イベントダンジョンなのに、

セキュリティシステムとの戦い、人間でセキュリティ壊しつつ移動して戦車を施設内部に持ち運ぶ一連の流れ、

パスワードを入手しアクセスしてセキュリティを解除、戦車を持ち込める環境にする、排気口の移動と

MM2にあるダンジョンギミックほぼ全てを盛り込んでいる習字で言う永久の永の字に当たる存在。

それが地上9階地下1階屋上付きのビルに詰め込まれている訳です。

ギミック単独では完成せず、全て合わせて完成体の良い例えに使えます。多分。

そんな中、私は全てあわせた上での完成された物を見つけてしまいました。

それは、登山棒。

富士山の五合目で500円だったか800円だったかなのに、八合目あたりだと値上がりする事でお馴染みの

棒の一番面積が小さいとこを見たときに八角形してる長さ130cm程の割に軽い棒です。

これを単なる棒と侮る無かれ、まずこの長さは大人の身長をもってしても大体の人がジャストフィットする長さで、

短すぎるという事はアンドレとかホンマンでもない限り早々ありません。

富士登山当時中学一年であった私(145cmほど)にも決して使い辛い物ではありませんでした。

何より材質不明でありながらその軽さは登山の負担にならず、むやみな体力の消耗をさせません。

硬度もやたらに硬いわけではないにしてもそれが功を奏して持ち帰った時に地面をついていた部分を見ると

富士の固い砂利道などで程よく傷や削れが生じていて自分が上ってきた道を思い出させると同時に実感させます。

そう、まるで自分の手で掘った彫刻品のように過程と結果と思い出が同時に刻み込まれるわけです。

登山と下山の時は実用品、持ち帰った後は思い出の品となる無駄が少ないアイテムですね。

更に、これを床において踏んでみるとその八角形が良い感じに足の裏を刺激してくれて気持ちが良い。

この特徴は真骨頂といっても過言ではなく、ちょっとけだるい時の気力底上げなどにも使えます。

他にもこった肩を叩く、傷や削れのある面にある丸みを利用してつぼを刺激してみる等も多分可能な上に

健康になった体とこの棒で富士山をもう一度登山するという行動も可能です。

まさに形状、材質、長さどれをとっても単独なら訳がわからない可能性もありながら、

全てが含まれると目的を満たしてくれる完成された物といえるでしょう。

 

7月21日 第2188話「Tracking Key」 くもり
 があった!と同時にindexに書いたのは嘘!

鍵は先日ベッドの下にもぐりこんだのだろうと思って一度掃除しつつも調べたんですが、見つからず。

結局ベッドを半分ほど解体してやっと見つけたって所でしたからね。

想像を越えて滑走していたようで光の届かない、相当奥にありました。

その時見たベッドの下は、世間一般が抱くベッドの下にある物のイメージに反して

虫や動物や人といった物の死体や骨は見つかりませんでしたが、

やたらとプラスチック製のパンの止め具が出てきたよ。5-6個。

それがどうしてそこにあるのかが不明かつ構造矛盾。確かに部屋でパンは時々食べるけど。

この止め具、ひょっとしたらベッドの下でコロニーを形成して増えたのか?

ちなみに鍵はすぐさま落としてもすぐ見つけられる場所に行って、

サイさんから貰った説明のめんどくさい皮製キーホルダーに格納しました。

 

7月19日 第2187話「Wondering Key」 てきとう
 れてるのに雨が降ったり気分次第で色んな天候になるワガママな日々。

自転車を使って出かけ、帰ってきた時に自分の部屋で自転車の鍵を落としましてね、

ちょっと探し回ったんですが消えてなくなったかのようにありませんよ。

予備の鍵があるし、原付もあるので困らない部分もあるのですが、

予備の鍵を使うってなんか追い込まれた感じがあって好きじゃないんですよね。

原付も止める場所とか市街地の突破力とかボウガンの届く距離くらいの移動での身軽さとかが

自転車より少し後ろを行く所もあるのでやっぱり自転車が動かないと困る時も割とあるのです。

そんなわけで探してるんですけどね、無いんですよ。鍵。

本当に逃げ出したんじゃないかと思いました。

テレビのしたとかそう言う障害物のかげとかもあらかた探したつもりなんですけどね。

ベッドから何からひっくり返す覚悟で探してみるかなぁ…

 

7月17日 第2186話「廃人弁当」 あめのちくもりときどきはれ
 日の段階で冷蔵庫にやたらとパンにあう食材があったので、

バターロールを買ってきて今日の昼はバターロールでサンドイッチ作りました。

ウインナーとチーズ、ゆで卵をマヨネーズであえた物なんかを組み合わせたりして作ったんですけどね、

卵とチーズの相性はあまりよくありませんでした。

卵の味がチーズを打ち消して卵単独と味変わらず。

だけどそれ以外の部分は概ね良く出来ていたのでよしです。失敗しようのない物ですけども。

それと、カップの春雨スープなんかを水分として君臨させておいたのですけど

初めて作る物だったのでお湯の分量がわからず、慎重にお湯を入れてる最中声をかけられて、

色々と話してる間に倍くらいのスープが入っちゃってね。

半分くらい喰らってからやっとお湯ココまでのラインが見えてきましたよ。

オマケに春雨は猛烈に熱を吸収していて口の中に入れたら口の中が本能寺。

春雨って結構蓄熱するのね、そして放熱しにくいのね。でもおいしいのね。

 

7月15日 第2185話「小林産業 工場跡地」 はれ
 うやって書くとMMのダンジョンみたいだな。

そう、ダウンタウン熱血物語exで近頃遊んでます。

GBA版に当たるこの作品、純粋にパワーアップしてる部分もあれば、昔の方がよかったと思うこともあるかもしれませんが

操作感覚はこっちの方が好きです。少ないボタン操作で色んな技が使えるって言うこのシリーズのお約束がある気がして。

exではAとB、パンチとキックのボタンを押して放すことで攻撃がでるんですけど、

溜め押ししているフレーム数によって威力や技が変わるんです。当然長く押せば強力に。

で、マッハキックなどは一番短く押した時に発動などになっていて前述の操作が良くも悪くも働きます。

良い部分はマッハキックを使いたくない、けどパンチは弱いって時の通常攻撃手段として、

二段階目の攻撃などを使うといった方法が取れること。

悪い部分はマッハキックを出したいのに出せない時があること。

特に一番短く押すと言うのがなれないと難しいのでマッハキック連射とかしたくても途中に普通の蹴りが絡んだりします。

基本操作がシンプルじゃなくなった分、必殺技への依存は減りましたが思うように動けないなんて事もあるわけです。

ただ、慣れてきはじめるとこれがまたよくって、うまく使いこなせるように練習する楽しさなどもあります。

特にAを押しながらB、その逆などでパターンと溜め時間次第で通常技にして派手な物が出せます。

ダッシュしながらBを溜め押し、少ししたらAを押すことでダッシュ状態からの爆弾パンチのような飛び蹴りを繰り出し、

軌道上に居る敵を一掃出来ます。数人まとめて巻き込むと非常に爽快。

爆裂キックや爆弾パンチ、スピンアタックなどで何人も巻き込むのが好きな人にはお勧め。

あと、四天王とかが仲間になったりね、ごうだとごだいが仲間になったりね、結構熱い作品です。

惜しい所はオープニングのテロップがキャラ同士の会話になった点。あの文章好きだったんだけどなぁ。

力はさらわれた彼女を救うため、くにおはかつての仲間に逢う為…悪の源冷峰学園へと向かった…

胸に秘めた、それぞれの目的だけが二人を繋ぐ…熱き戦いが始まる…ってやつ。

容量などの都合でテキストでの演出になったりするのがかえって味があることもありますからね。

個人的にはPS2のメタルサーガとかはそれなんです。

画面上のグラフィックの動きで色んな動作を起こすから敵が逃げる場合も「逃げる」とかシンプルな言葉があって

それで消えていくだけなのはちょっとさみしくって。うろつくとかもそうでしたけど。

こう思うのは2のカミカゼキング初遭遇1ターン目にして「カミカゼキングは きょうもげんきに はしりさっていった」

が根強く残ってるからかもしれませんが。

 

7月13日 第2184話「ホゥワァッチャァー!」 はれときどきくもり
 路を走ってました。

あれよこれよで国道139号線を成り行きで走ってたんですよ。

帰るために道なりで走ってて、愚直に道なり疾走してたんですけどね、

適当な頃合で案内板見てたら知らない間に国道140号に入ってた模様。

知らない間に1増えてる!誰かが私の走ってる道に1足してるんですよね。

まあ誰かと言われたら国土交通省ですけど。

しかし、国道って唐突に変わりますよね。1増えたり減ったりする場合はそれがわりと多いですけど、

2桁から一気に3桁に変貌する事もありますよね。初見殺しに際限なく近いですね、油断なりません。

…それで、地図で改めてその時は知った道を確認しようと思ったんですが、うまく見当たらないんですよね。

なんだ、化かされて走ってたの?

それ以前に139と140ってかすってもいないみたいですけど、完全に化かされたか…?

あの139の表記は見間違いじゃなかったと思うけど、なんだったの?

 

7月11日 第2183話「時のらせん」 くもりときどきはれ
 朝、6時に起きたんですけどね、目覚ましに起こされると言う完敗の形で。

まあ夏至を過ぎたせいか気持ち全盛の頃よりも明るみが少なくなってる気がするのですけども、

それでもまだ夏が終わるまでは長いと感じる事でしょうね。

それで今朝起きた事件ですけどね、まあ事件と言うよりは事故に近いのかもしれませんけども、

私、2つ時計を並べてるんです、片方がアラームでもう片方が時間確認として。

アラーム用は透明プラスチックに数字が浮き出る形なので背景次第では時間が見れないのです。

そこで昔500円で買った割には恐ろしいタフネスを誇る時計で時間を確認するんですけど、

いつ、変えたんだろう。その時計の時間。

キッチリ一時間進んでるんですよ。6時のはずが7時を示してました。

7時って言ったら身なり整えず飯食わないですぐ着替えて原付で飛び出せば間に合いますけど、

流石にあせるべき時間です。ジュエルビースト撃破の時間経過調整くらいシビアな運営になりかねません。

でも全く心当たりが無いんですよね、そもそも時計触ってないし。

ついでに言うと昨日寝る前とかは普通に時間を指し示していたはずなんですよ。

とは言え寝ぼけて時計を操作するなんて言う器用な芸当が出来るはずがありません。

いっぺん寝ぼけてか夢遊常態か分かりませんが寝ながら立ち上がって親父の布団に移動したと言う話がありましたが

それに近しい事をしたのかもしれません。眠りながらも一時間時計を早めたとか。

サマータイムは日本に導入されていないと言うのに。

どうにせよ、今後も続くようだったら鍵のかかるプラスチックボックスにでも入れてやる。時計。

 

7月9日 第2182話「八王子くん」 くもりときどきはれ
 コ数日やたら奮闘している部屋の片付けですが、物を減らすと言うことについては順調で、

40リットルのゴミ袋2つ分位捨てる物を捨てました。その上で更に2つ待機状態。不燃ゴミもあわせると3つ。

流石にいきなり4つとか膨大な量出すのはなんでしたし。

もうこの際一気に捨ててしまおうと思って構えてるので、ためらいがほとんどない物はガンガン捨てちゃってます。

UOのパッケージが何故かやたらあったので、もうコードも全部尽きててかつ上位のアップグレードディスクがある物は

思い切って捨てちゃってます。パッケージをコレクションする人もいるかもしれませんが、そう言う人でもないので。

あと、片づけしていたらいつか買った90日のアカウントクーポン発見してちょっとした宝物見つけた気分。

服関係も整頓しようと思ってるのですが、処分確定の物で既に40リットル袋一杯くらいに。

近所に古着を引き取ってくれる所があればいいんですけどね。お金にならなくても有料ゴミ袋使用の抑制にはなりますし。

って、今日の買い物でゴミ袋買うの忘れてた。

ゴミを集約できても捨てられない。明日買ってこよう。

それと、ラジカセ系統やPC関連は廃品回収の巡回車に出そうと思ってます。

本来今日出せるかもと思ったのですがうちの前辺りではバイクや自転車の回収をしますと言ってたのに

通り過ぎてから「また、パソコン等の家電製品も…」と付け足すように言ったので手遅れでした。

同じ車が来ればうまくいけば無料で引き取ってくれるかもしれません。

しかも、今日は可燃ゴミで明日は資源ゴミ。

場所を取っていたダンボール類とブックオフで買い取り不能だった本をいきなり捨てられると言うめぐり合わせ。

…ただ、この片付け。進むにつれて体に引っかき傷などが増えていきます。

いろんな所に体や手足を置いたり伸ばしたりするのでその際に尖った物で引っかいたりして、

特に右足は先日飲みに行った時の怪我も含めて引っかき傷が増えてるのでまるで戦う人みたいになってます。

そんな調子で片付けていってるのですけど、部屋の表面的な外見は変わってないんですよね。

それでも何故か片付いていっているように見えるから不思議なもんです。

 

7月8日 第2181話「自らの部品」 くもりときどきあめ
 、やべ。枠線と表内部のカラー指定逆だった。

そう思って直さないでそっちにあわせて書いてもいいやと言うのが本日の日記。

書き始めが8日ってだけで多分更新は9日にめり込むだろうけどね。

…さて、近頃は部屋の物を減らすと言うことに力を入れているのですが、

最寄のブックオフに行ってもう読まないようなマンガをバスケットボール3-4つ入るようなカバンに詰め込んで売りに行ったら

最寄のブックオフが先月末で閉店していた、等の出来事がありました。

ちなみに100冊ほど持っていって、品質などは玉石混合だったのですが期待値としては800-2000円と見ていたら、

結果的に3900円をマークしました。処分する予定の物がこれだけの金額になるってかなり嬉しいですね。

それでそのお金の一部で部屋の物を整理するための押入れなどに入れるような収納ボックス買いました。無駄のない動き。

残りのお金で、米買いました。無駄のない動き。

それにしても、ほとんど変化のなさそうな状態の漫画を部分的に買い取ってくれなかったよ。

1-3巻までの漫画で1だけ買い取ってくれないような感覚。何処に違いがあったんだ…?表紙の絵柄?

とりあえず買取してもらえなかった物はうちで処分に出そうと思います。本を処分するって小さい背徳感がありますが、

収納エリアを考えると限界があるので現状、或いは永続的に手元に置いておきたい本を残す感じでやってます。

…そんな中、絶対捨てられないような物に分類されたのがついでにとんちんかん(全巻-13巻)。

この漫画は生まれて初めて買ってもらった「初めての自分の漫画」(ちなみに8巻)であって、

後の私に多大な影響を与えたと言っても過言では無く、今日の私がこのような人格をしているのは

この漫画が根幹の一つといってもやや過言ではありません。

当然、幼少期から持っていた漫画であるがためにカバーが無い、既に表紙がボロボロ、落書き内蔵などの

非常に特徴的な、愛された印とも呼べる状態になっているのですが捨てる事は出来ず、残りました。

後他にもそう言う漫画はいくつかあったんですけど、頭の中にある程度入っていると割り切った物もありますけどね。

そこで読み返すとやっぱり持っておこうってなる恐れもあるのであえて読み返さずに。

…それと、本以外ではメタスラ2の店頭ポスターとか出て来たり、竹刀と富士登山で使った棒とかまで。

ここいらは気が向いたらまた書きますけど。