第2201話〜第2210話

昔の日記選択に  1番新しいやつに

 

9月8日 第2210話「ソリン・マルコフ」 くもりのちはれ
 回の話にちょっと連動するのですが、部屋の片付けをしている時にテープの群れが出てきまして、

それをどうにかPCの音として取り込みたいと思う所存。そうすればテープ自体は処分できますしね。

でも多分テープの見出しなどに使っている紙は抜き取ると思います、意外に今見ると楽しいので。

そのテープの大群にどんな音が入ってるかというと、

まず私が昔録音した何気ない遊びの風景を音で取ったと言うものがあるんですよね。

2007年3月の旅行の時か何かにも書きましたが、音だけだと映像が見れないという弱点がありながら、

その場に自分を置きやすいので、介入しやすくその場を楽しめると言うメリットがあります。

部屋を暗くしてプレイヤー辺りから聞きながら横になったりして集中して聞いてると眠らない限りはいい感じです。

逆に少し眠ってるような状態だと自分がそこに居ると判断力が鈍って錯覚すらできるかもしれません。

そんなテープが十数本、昔はお金の関係や聞き飽きたなどの理由から上書きしていたのですけど、

今思うと一つ一つを残した方が良かったかもと思いつつ多分その時に聞いた何かは

今とかその先の私においてどこかで生きるはずでしょう。どこかで聞いた記憶がある言葉等の形で。

それらのテープのA面B面の見出しにはキム様と屈強なる手下たち-○○編-」ってのが半数。○には友人名が入ります。

ちなみに、その遊び風景には皆勤賞でジャジャさんが居たのですが、

今月半ばにジャジャさんとこに遊びに行くので同じ事をやると面白いかもと思ってます。

しかも、この様々な録音メディアが一般家庭に氾濫する中、あえてテープで。

後はラジオ番組とかマイベスト音楽テープとかバカ音源テープとか色んなのかつ異ろんなのがあります。

今聞くと顔面からマグマ噴出するくらい恥ずかしいかもしれないけど、この音を何かに移さない事にはテープ捨てらんない。

とは言え、家にあるテープを全て移すにしても再生の必要があるだろうから、述べ100時間とかかかりそうだな…

スーパーテトリス+ボンブリスのボンブリスパズルモードを1問1時間かけてクリアーするペースでやっと終わるのか…

 

9月6日 第2209話「自由担当」 はれ
 新周期間違えてた。って事で今日は更新しますよ。

最近どうも何かがどうにかヘンなんですよね。

職場においても言われてみたりしたのですが、むしろワタクシが原因を教えていただきたい所存です。

それはそうと、ナチスドイツのマークの正式名称を日常会話で名前出したら以外に皆知らなくて説明する事になりました。

私の価値基準においてのこれは、ネプリークとかヘキサゴンで出てきたら食事中のご家庭環境次第では

「ナチスってなーに?」って事になって親父がこのマークの由来や民族浄化について語らないとならない、と言う

気まずい空気が流れる可能性がありますが、個人的には世間一般の浸透率を常識クイズの難易度表記で言うと

一般正解率89%はいきたい。でないと私がナチスドイツマニアみたいじゃないか。

確かに、友人が話した同時のドイツ兵器の発想などには食いついたが。

とりあえず、うちの閲覧社葬に関しては100%か97%くらいは行って貰わんことには。

ちなみに当時のドイツ兵器の発想とかはMMや19XXなんかにも似通った所があったり、

基本的には近代光学兵器とか火葬世界の1クールくらい作品を見ないと理解できそうに無いシステム兵器とかより

現存兵器の凄い奴とかそう言うのが好きな連中がココにはたむろしていると思うんですよ。余談ですけど。

ちなみにやたら葬儀にまつわる言葉が見当たりますが、

最初は単なる間違いで次は出てきたのを知ってたのですがその飯にしました。

両方とも一発変換です。

冒険記227らへんで逝った「カーンさんの一発変換は〜葬が多い」たるゆえんがこれです。

…で、話は劇的に戻って。最近の変化か何かなのですが、叔父に変貌するだけではなく、我が家も変貌します。

そう、改築するんですよ。そして今、「そう」を「葬」で一発変換する丁寧なIME。

それで11月辺り着工なので、年越しは仮住まい確定です。ちょっと前にやってた部屋の片付けとかもこれの伏線です。

その間のネット環境はどうなるかわかりませんが多分どうにかして繋ぐ事でしょう。

同時にその期間はひょっとすると日記更新が定期的にならないんじゃないかと思われます。

とりあえず涼しくなってきたので風邪引かないようにします。

 …UOが新しいパッケージ、ステイジアンアビス通称SAの準備パッチを配信してたのですが、

332MBあるので5時間くらいかかりました。

ゲーム開始の画面でこれを落とし、完了するまで遊べないと言うちょっとした試練でした。

とりあえずSAにバージョンアップするとペットを預けられる施設の預ける上限が増えるみたいなので、

むやみやたらに牛とかサソリとかゴリラとか鍛えるのも面白そうかなと思う秋の夜。

 

9月3日 第2208話「話が違うじゃないか」 くもりときどきはれ
 日は雨が降ると聞いてしっかり買い物していたと言うのに、だ。

それはそれとして、とうとうワタクシ、おじさんになりました。

年齢面でのおじさん、或いはオッサンは後数年で達成できるのですが、

親族面での叔父さんに先月末頃なりまして、無事に甥が誕生、名前も優と書いて「ゆう」となるようです。

ひとまず最近散見する、ガンダムSEEDのモビルスーツの名前と同じセンスの名前※ではないようで安心。

しかし名前が二文字、苗字も二文字なので非常にシンプルな名前になりそうです。漢字では三文字ですけど。

ただ、甥という生き物に対してどう接すればいいのかが分からないので地味に考えてます。

幼少期はまだ捨てられない山のようなレゴで遊んでやればokとして、

そこそこの年齢になったらポケモンとかに付き合ってやらないとならないんだろうか。

でも砂場で遊べるのは楽しみでしょうがないです、昔作れなかった規模の物を堂々と作れますから。

それである程度成長してきたら遊びに来た時にはPCとかにロックとかかけておく必要が出てくるかもしれないな…

まあ、どんな人間になっていくか次第でしょうけど、全ては。

それと業務連絡もかねてなんですが、UOに置ける生きた飛び道具、地蔵の生き写し等の異名を今考えたことでお馴染みの

stone coldさんこと石さんがいきなり入院する事になりまして、彼のHPの日記で高らかに宣言されていました。

毎年恒例の夏場ネット環境から断絶されると言う風習を今年も実行。政府より実行力のある男です。

詳しい事情は知りませんが、そう言う報告ができる元気があるので命の心配などは要らないでしょう。

後はお見舞いの品だな…

※…∞ジャスティスガンダム、ブレイズザクファントム、などハードルの高いラインナップ。

海外映画でニンジャとつく物と共通する要素をもっているのは確か。

 

9月1日 第2207話「恨みの慟哭」 はれ
 日は瓦礫に生き埋めになってる夢を見ましたよ。

あと枠線白いのはいつもの指定ミスです。諦めてください。

いよいよ9月、学生にとっては恐れていた時ですね。学生手帳のこの日には地球最後の日って書いてました。

大体この9月1日と言うのは防災の日ではなく既に新学期と言う災害が起きているんです。

しかも一学期より若干長く、運動会や文化祭などと言うイベントというより障壁も用意されています。

ダウンタウン熱血行進曲は好きでも運動会はできれば有給をとりたい人にはね、障壁。

文化祭もまた、出し物の喫茶店で小癪な飲食物を出すよりも駅のそばにある出し物、ゲーセンに行きたいんですよ。

食べるのが楽しみな人としては給食或いは弁当、日曜日、高校の時は帰りのゲーセン等で息を繋いでいって

ようやく到達した冬休みも年明けくらいまでが盛り上がる時期で年が明けるとまた三学期の脅威にさらされるんですよね。

何でこんなに学校じみた内容なのかと言うと投票の時久しぶり…数年ぶりかに小学校に行って来たわけです。

変わりゆく所は変わりゆくのですが、変わらない所は変わらないものでして、

この建物にまつわる思い出がグッド2に対しバッド11と言う対比バランスなので

何処がどう変わってもガッカリする事は早々なさそうですけど。

 …そう言えば最近、婚活なんて言葉がありますが、

自分の墓場とか霊園探す場合は墓活っていうの?

 

8月30日 第2206話「出かけたら降る雨」 くもりのちあめ
 マダ電機のポイントが1130ほどと大型商品に使うには難しいけど、

ちょっとした物には余る値をマークしていたのでMtGのブースターを買いました。

茶粉末作るのにミキサーでも良かったかもしれませんけどね。

で、売っていたのはラヴニカブロックと言うセット。テーマは2色の組み合わせ。

毎度スポットを浴びる世界やコンセプトが違うのがMtGのポイント。

ラヴニカの世界では世界の隅々まで都市が広がってます。

ちなみに他のカードセットではドミナリアと言う世界を舞台に飛空艦ウェザーライト号の旅と戦いを描いた、

時代が時代なら三本作の実写ファンタジー映画になりかねないウェザーライト・サーガは

4年分のカードセットを使って繰り広げられた物語。

それだけ広い時代なのでコンセプトも多く、人工構築物の分類であるアーティファクト、3色の組み合わせなどなど。

主人公はヒゲの男ジェラード・キャパシェン。カードとしての性能は今一つだ!

このウェザーライトの話からしばらく後のドミナリアでミラーリと呼ばれる物を巡る物語が

それの後に2年分のカードセットを用いて話が繰り広げられました。

カードセットのコンセプトは墓地活用…使用済みのカードを参照したり再利用したりするギミックと、部族。

エルフならエルフ同士を相互支援して互いを強化するような、種族統一が着目点となったセットです。

主人公はハゲのバーバリアン、カマール。後にドルイドになります。

そしてマジック15周年記念、時のらせんブロックではカマールの時代よりずっと先のドミナリア。

次元が不安定になった状態をどうにかするために主人公のハゲ、テフェリーが頑張ります。

時のらせんブロックのコンセプトは時間。何ターンか後に登場するようなカードがあったり、

往年の名カードが再登場したりとお祭りカードセットに相応しい仕上がりです。

こうしてみると、以外にヒゲやハゲが主人公になりがちです。

ちなみにラヴニカの主人公はこの世界の警察組織であるボロス軍に属する人間、アルグス・コス。

設定年齢110才のハゲです。とは言え見た目はその年齢の半分より若いくらいのハゲです。

…ふと思うと案外日本の非実写作品に置ける主人公像を無視した選出が多いかもしれない。

ラヴニカの一つ前、和風世界の神河ブロックでは中心となる人物が大名今田。ジジイです。

他や、特に近年カードセットにおいては若いエルフの男やエルフの女が主人公を務めたりしますが、

この二人は共に自分の部族から変わり者呼ばわりされてたり村が踏み荒らされてたりしてます。

こんなカードゲームなので、キャラ物などには国内では一歩見劣りする見た目かもしれませんが、

背景の書き込みや言葉遊び、センスある和訳など見所は結構ありまして、

今日買ったラヴニカブロックも全てが都市と言う設定であるため自然と文明の調和っぽいイラストが多く、

欧風建築物に絡みついた自然が森を現していたり、水上都市のような島など見事な物があります。

あ、あと買ったカードはポイント割引後の金額でなら納得できる範囲でした。

 

8月28日 第2205話「日記単位で返事」 はれ
 ャジャさんとこで10周年の時に何周年とかは祝うか否かと言う話がありましたので、

面白そうだから私なりの考えをココに記してみようと思います。

彼の言うとおり、HPって言うのは惰性でも10年寝かせておけば開設10周年となるわけですが、

更新して、歩み続けて獲得した10年と言う年月にこそ意味があるので、

ちゃんとHP更新などの活動をしていたのであれば胸を張って祝うもんなんだと思います。

10年でなくても1年頑張ったのであればそれぞれの周期の時でも然りでしょうね。

単純にHP立ち上げから10年と言う年月を祝うんじゃなくて、10年の間にHPで起きた色んな歴史をひっくるめて祝うのよ。

まあネットが私みたいな素人でも入りやすくなったのが90年代終わりごろ、

そこで出来たHPの中でもまだまだ更新や活動を続けて居るページは早々多くは無いかもしれませんが、

それでもあるのは確かであって、2009年を軸に前後1-2年はそこかしこで見る数字かもしれませんね。

歴史と言えば、この素行観察においては近頃はよくありますけど、過去の日記を参照して書くなんてのも歴史あればこそ。

まあうちの場合だとどんな歴史があるか思い出せる程度にみてみると…

・開設当時は背景緑。

・初代トップ画像は実はTHE 功夫。

・PCが壊れて1ヶ月更新して無かったら死亡説が流れ始めた。

・知らない間に知り合いに発見される、それもUO、MMなど色んなジャンルからあわせて数度。

・バトルバページを作ったらあれよこれよでありが先生と会食できた。

・デビルボーリング部の部活動。

・部活動の結果に基づいてトップページをドナルド漬けにさせられた。

・部活動の結果に基づいてトップページをモーニング娘にいた加護漬けにさせられた。

・TYPとの相撲大戦。

・その大戦中TYPのジャジャさんの日記において宿敵宣言を受けた。

・UOでの振る舞いによってOVER ACTIVEのGさん(石さん)の日記において宿敵宣言を受けた。

・UO冒険記公開による結果、閲覧者がUO仲間となるイベント多々。

・スーパーマリオ ピーチ姫救出大作戦の感想書いたら何処で見れるかの問い合わせがしばしばあった。

・今は見れないけど熱海旅行の時に起きた間欠泉事件。

…ざっと見てもこれくらいあるわけだ。細かい所まで掘り出せばもっとたくさんあるのかもしれないな…

人にまつわる物が多い辺り、このHPがあったからこそ出会った人間もいるわけですね。

特にUO冒険記、これが無かったらUO仲間は半分近くになってたと思います。

このページを見て始めた人が居て、そこから連鎖的に始めた人も居るわけですから。

あのコンテンツもあれで存在意義は十分にあったわけでしょう。

何より日記に関しては最初の数年は毎日、途中からは隔日で更新しつづけていった結果、

自分が生きてきた証明でありかつ自分の変化を感じ取れる読み物にもなったりしてますしね。

そんなわけで来年3月にはこのSilverTankも10年。盛大に祝う気力があるかどうか別として、

思い切り祝うだけの歴史と出来事などは積み重ねてきたつもりなので祝うかつはあるかもしれないかな。

とりあえず後半年、いってみよう。

 

8月26日 第2204話「オルゾフ教典」 はれ
 回お話したナロンエースですが、痔に効く薬だと思ってたら頭痛薬でした。

ボラギノールとちょっと勘違いしてたみたいです。

それで検索して調べてたら見出しが明らかにファンサイトっぽい雰囲気をかもし出し、

ナロンエースを応援する人ってどんななんだろうと思って飛んでみたら公式ページでした。

効くぜ速いぜとか薬の紹介ページであんまり見たこと無いですからね。

ノリとしては強いぜ!凄いぜ!エイジスリフレクター!の領域。

豆腐業界で一つそう言う所がありますけど、薬の場合は襟首正した方が安心感があると思います。

とりあえず、比較対象としてボラギノールの検索結果を載せておきます。

対するナロンエースはかなり速い段階で問題のページが登場しますからね。

そこいらはナロンエースなりの意地なのでしょう、何せ鎮痛の薬においてはバファリンという大王ありきの世間ですからね。

いつかは革命を起こしてナロンエースが筆頭に来るかもしれませんけど。

 

8月23日 第2203話「伊丹ガイスト」 くもり
 あ今日もディケイドの話しますけど。来週で終わっちゃいますし。

だけどMtGの話もやや混じるので両方か片方がわからないと大変かもしれません。

さらに、他の作品までやや絡めておりますのでついていくのは熾烈を極めます。

そこんとこは諦めて喰らいついてください。

闇鍋を開催したはいいけど最初に取った物がナロンエースだったとしても屈さないくらいの気持ちで。

で、ディケイドは簡単に言うとMtGの時のらせんブロックみたいな事になってるからどうしようって言う作品。

いや本当に簡潔な説明をすると時のらせんブロックって言葉は使うと非常に楽。

かたやMtG15周年記念エキスパンション、かたや平成ライダー10周年記念作品ですし。

両作とも色んな世界が混乱して大変になってるのをその辺渡れる面々が奮闘してどうにかしますし、

配役とかが変わってるなんてのも共通しておるから、

クウガの変身前が古代雄介から小野寺ユウスケにタイムシフトしているとか、

隆盛なるエヴィンカーが隆盛なる勇士クロウヴァクスにタイムシフトしているとかでお手軽理解。

…私は映画を見た上で最終回を迎えるわけですが、テレビだけの敵としてアポロガイストって言う

昭和ライダーの敵が大きく立ちはだかってるんですよ。

これについてはMtGではうまくいえないので別の例えをすると

エクソダスをカシム・キングが阻止に来る感じか?

まあザブングルとキングゲイナーも世界観やらの類似性から言うと昭和版平成版の関係をもてると思うので。

だけどココを広げるとMtGの世界とか仮面ライダーの世界以上に読んでる人が混乱するのでこれで停止。

そのアポロガイストって敵がおるわけなんですよ。

コイツがまた重要で、変身前のアポロガイストを演じているのが川原和久さんと言う人で、

相棒の伊丹巡査部長をやっているんですけどね。あの嫌な人だけど悪人じゃない亀山薫に突っかかってきた人。

そろそろ相棒のシーズン8が始まるで在ろうタイミングに当たって河原和久=アポロガイストって等式を当てはめると、

相棒見てるときに伊丹巡査部長がいつアポロガイストに変身するかが気になる弊害が生まれそうです。

ちなみにアポロガイストさんは他人から生命力を吸わないと1ヶ月で死んじゃう儚い人なので、

右京さんが捕まえた犯人の生命力を吸い取って延命したりする可能性があります。

そして、しばらく伊丹巡査部長が出てこないなーと思ったその時は、そう言うことでしょう。

…そうそう、映画で次の仮面ライダーであるWが顔出ししてたのですが、この辺の言葉は未来予知と言う単語で片付きます。

未来予知ってのはMtGの時のらせんブロック第三弾のセットで、

カードセット一つを丸ごと使って今後出るカードを先取りしたような物を出すと言うまさに未来の事を描いたセット。

この未来予知が出た直後には全く役に立たない記述も次のブロックで意味をなしたり、

今後登場する予定のシステムを搭載したカードが登場したりしております。

例えそのシステムがカード単独では何の役にも立たない物であろうとも、だ。

イメージとしてはファミコンのドラクエ2でちいさなメダルが1枚だけ手に入る感覚。

…そんなわけで最終回、楽しみにしていきたい所存。

 

8月21日 第2202話「ハルマゲドンバスター」 くもりのちはれ
 ゃあ予告の通りに一人で映画を見に行った話。つまらないですよ。

事の発端は前回の日曜日。なんか映画が見たいという衝動が湧いて出てきました。

これはとりあえずマイカルに向かうしかないとばかりに見たいものをリストアップしてから突っ込みました。

そして原付で突っ走って到着したマイカル。

たった一人で見るということは自由や融通が利くということですから、

ある意味自分が一人で今一番見たい物を見るかもしれませんね。

うん、仮面ライダーディケイド見に行った。

ディケイドは現在やってる仮面ライダーで、平成ライダー10周年記念って事でそれ相応のものを持ってます。

それぞれの仮面ライダーの世界を巡ってその力を手に入れて、元居た世界の崩壊をどうにかするのが当初の目的。

この辺りの関係はディケイドをプレインズウォーカーと置き換えると非常に分かりやすいです。

ちなみにデザインは仮面ライダーとしてみると顔の縦線などちょっとビックリするかもしれませんが、

今までの平成ライダーを欠かさず見ている人には問題ないかと思います。

それと、これまでのライダーの世界に入るといってもアレンジはされています。

オリジナルのキャストやキャラクターの役割分担は困難でしょうからね。

そんな中でも個人的に気に入ってるのは平成ライダーの一番目、クウガの小野寺ユウスケ。

オリジナルではオダギリジョー扮する古代雄介で、人間性も異なるので始め小野寺クウガを見たときは

いささか違和感があったのですが回が進むにつれてこれもこれでいいんじゃないかと思ってきて、

今では彼もまたクウガなんだと認識してます。

…さて、それで映画の方なんですがCMでやってるように

ショッカー戦闘員が足から火を吹いて町のいろんな物に突撃、爆発していく姿はちょっと面白かったです。

いや、自爆覚悟の攻撃でやってる事はすんごいんですけどね。

だけどあのプロティンウォーターのゴリマッチョみたいな覆面をつけたタイツマンが自ら喜んで、

シンクロナイズドスイミングのような編隊の美しさを見せつつ発射される姿は感動と爆笑と昭和ライダーの味わい満載。

そう、この映画はオールライダーをサブタイトルに名乗るだけあって昭和ライダーと平成ライダーの味があります。

敵は昭和、主人公は平成、いろんな物が混ざりに混ざった一品となってます。

ディケイドと他の仮面ライダー数個の知識、それと特撮ヒーロー好きって要素が揃えば楽しめるかと思います。

それはそうとして、一人で映画ってのも乙な物ですね。

これまでは大体誰かと行く割と発生しやすい小型のイベント、

ミンサガで言うとバルハルモンスターくらいのイベントだったのですが一人でやるとこれがまたちょっと新鮮。

 

8月19日 第2201話「抹消マーチ」 はれ
 ずはテレビでやってた事を。

月曜日にテレビで右翼と左翼に密着した番組がありまして。

分かりやすく言うと右翼は大日本帝国時代のこの国にしようという集団、

左翼は暴力による革命を前提とした共産主義者の集まり。

私はどっちでもないのですが、近頃大学生前後の年頃な人々がこれらを嗜むとの事。

それについては個人の自由であるかもしれませんが、

多かれ少なかれ、そう言った物に身をゆだねる社会であるのは確かなので、

この辺は右でも左でもない人間も考えるべきなのかもしれませんね。奇しくも30日は総選挙な訳ですから。

 て、続いてパンツの話でも。愛用のトランクスに穴が開きました。

夏場などにしっちゃかめっちゃかになったトランクスをズボンの上から手直しする事で繊維に負担がかかり、

昔あった手足を引っ張って引きちぎる拷問を疑似体験させてたわけです。

その結果が上記のありさまです。

ブリーフ派の人たちには賛同を得られないかもしれませんが、トランクス派としてはこう言う悩みもあります。

このHPに置ける比率はどれくらいかは知りませんが、少数派として靴下が2-3人居ます。

そして書いている間完全に女子を度外視してましたが、まあこのHPってのがそもそも

共学なのに実質男子校みたいな所ですからこの際問題ないでしょう。

 あ、あと近所に泥棒が入った話はなんだかどうでも良くなってまいりましたが適当に。

我が家からバズーカで砲撃できる距離に町医者があるんです。

そこが今回の被害物件でして、まあ見るからに蓄えはありそうな家なんですよね。

うちみたいに近所の屋根を直してた大工の仕事心を揺さぶるような屋根した家とは違いますね。

まあ母屋の他に病院専門の建物もあり、何年も前に母屋とは別の病院施設なのか家の延長なのかを作り出し、

更には二代目が新たに歯医者の建物作るとかいう豪儀な事をしていればそうかもしれませんけどね。

我が家の近隣で狙う場所を考えたら真っ先にリストアップです。

ちなみに犯行は早朝で、窓ガラスを破るほどの強行軍だったそうです。

近所でこう言うことがあると防犯意識って高まるけど、窓ガラス破ってくるような相手にどうすればいいんだろう。

窓の内側上にギロチン仕掛ける?

いやでも帰ってきて窓ガラスが割られてガラス片とギロチンとスペアリブが落ちてたとしたら、ちょっと掃除が大変だぞ?

じゃなかったら窓の前に炉を置くか。鍛鉄に使うようなやつ。多分これくらいじゃないと敵には対抗できない。

高圧電流を流した有刺鉄線とかはお金かかりますよねぇ…電気代。

…いやでももっとお手軽ローコストな防犯方法があるか。

ちょっと血をつけた日本人形を窓にぎっしり並べて外を向かせておくとか。

懐中電灯で窓を照らした途端ビックリしてひっくり返るぜ、多分。日中でも近づき難いし。

 …一人で見に行った映画の話は次回にするか。