第2411話〜第2420話

昔の日記選択に  1番新しいやつに

 

12月5日 第2420話「しんにょうに首」 はれ
 な距離感ってのがこの世にはあるもんでして、

皆さんのイメージまたは紙などに地図を書いてもらいたいんですけど、

T字の分岐があって、Tの右側に50m行って左折、50m行って右折、200m行った地点Aと

T字の下側に10m行って左折、そのまま250m行った地点B、AとBの直線で結んだ距離は60mなんですけど、

市街地の建物などを隔てた距離となるとなんかこの直線距離って300-400m位に感じたりしませんか?

この際距離は正確じゃないのでなんですけども、こういうことってありますよね。

その直線距離ってのが昔は昭和の平屋一軒家が立ち並ぶ危険地帯だったのが、

それがすっかり生まれ変わって公営住宅と広場タイプの公園になりまして、

地点AからBが割かしはっきりと見えるような環境になった今でも感じます。

広場のフェンスとか乗り越えて直線移動しちゃうような子供な頃だったら多分ワープしたような気分になるんだろうな。

道で行くと大体認識してる地点AからBへの距離移動するのがその半分以下でいけちゃうんですからね。

これまでぐるっと迂回してたルートにショートカットな道が出来た時も多分これに似た錯覚を覚えると思いますよ。

けどその最短距離ってのがまた常に最善ではなくって、移動を楽しむって言うのもありますけどね。

 …そうそう、ジャジャさんのTYPでお馴染みのサイト、アートアライ部でトルネコのプレイ動画を公開していますが、

私も現場に居たのでどれが私かは伝えませんが暇すぎて全身ストレッチしまくってる人は見ると暇つぶしになりますよ。

 

12月3日 第2419話「今日は」 あめのちはれ
 の猛烈な雨と日中の容赦ない風に翻弄された一日でした。

雨が上がってから外にでて気を抜いて走ってたら信号一つ待ってるだけの時間で一気に暗転、強い雨になったりして

念のため持っておいたカッパで防御に励んでみちゃったりする事は出来ましたがズボンダメージ。

原付から降りた時も色々あせってしまって、そのまま一日過ごして帰りに気がついたんですが、

キーがどこにも無くってですね、心当たりを考えたんですよ。

少なくとも降りた直後の時に落としたのを拾ったのは覚えていて、落としてなくした可能性は無いんですよ。

だとするとロッカーか、着替えてる時に引出しなどに入れたか…明確な解決策はあるけどそれがある意味一番面倒な

インキーか。

でもどこにも無いよりインキーのほうがまだ良いです。誰とも知らない人間の手に渡ってないならいいんです。

って事で今日は電車で帰宅して、飯食って予備キーもって電車で赴いてメットインオープン。

必死に突っ込んだ事が明らかであるカッパやらメットやらの中からキー発見ン!いやぁよかったよかった。

これを戒めとしてカギの所在はちゃんとさせておこうと思います。

でも、久々に電車でかえったら色々面白かったですけどね、知らない所にローソン見つけたり。

あと原付に向かう途中MM3やって進めてたらぶつかったサルモネラスとの戦いで、

もはやソルジャーが受けるダメージが戦車が受けるダメージより小さくなってました。

バルカンで戦車ヘルズキッチン(RウルフIII)が受けたのが22なのに、ソルジャーアクセルは1か0でした。

でも地割れ攻撃はちゃんと100とか喰らうんですよね、あれ何気に防御無視です。

俗世間がポケモンに流れ、今はモンハンに流れて恐らくこの2種類が携帯ゲーム機の現行2トップかもしれませんが、

好きなのを遊びつづけるのが大事だとも思うのでストイックにMM3。まだまだ経験値もレベルメタフィンも足りないのだ。

納得するまで集めてってのを作業じゃなくて遊びの工程として楽しんでやっていってます。

ソルジャーの限界を日々想像しながら強くしたり、ハンターと主人公の違いを目の当たりにしていったり。

まあこれが速く達成できれば良いとは思うけど明日いきなりなってたとかじゃ面白くないんですよね。

少しずつ強くなっていく。それがいいんだ。

何より自分の遊びと頑張りの混ざった物が作り上げてこそ結果って輝くだと思うんだ。

その結果ってのを見た人がその人が歩んだ過程をイメージできる物こそ本物の結果なんじゃないかなと。

以前スト4でバイソンで連勝重ねてる人を見ましたけど、その人凄い勝ち数でしたが負け数もその40%ほどあって、

重みみたいな物のある数字だと思いましたしね。あくまで、それが楽しんで対戦した結果であればこそですが。

 

12月1日 第2418話「開港!紳士漁港」 はれ!
 晩、マウスの左クリックが不調でした。

なんか17%の確率でクリックがうまく行かなくって、新しいマウスを買おうと決意したんです。

今日からUOでは釣り宇宙が開催されますし。

釣り宇宙。ムーンさんが個人で集めた膨大な量の海の財宝が沈んでる座標の書かれた物を総動員で釣り上げては

その収穫を喜び分かち合うのですけど、その数が尋常じゃないんですよね。

皆さん、好きな食べ物が一皿前に置かれているのをイメージしてください。

ちょっと顔を上げるとその奥には400皿くらいあるのを追加でイメージしてください。

そう言うことです。

これのために家の片づけまでしました。その様子は冒険記348、349でちょっとだけ書いてます。

…でまあ、マウスを買ったんです。DVDレコーダー買った時のポイントで。

そのとき既に3000程度しかないと思ってたカードのポイントが6000くらいあって何故か得した気分になりましたけど。

茶粉末作るためのミキサーでも買ってしまおうかは考えるけど。

そんで、マウスを買って差し替えてみて電源を入れたらPCが電源入らないんですよ。

故障かと思ったんですがいつも通りの状態では起動しまして、マウスが原因なのかと思いながらも今はいつものマウスです。

何故か、クリックの機嫌が絶好調で無駄な買い物をした気分ですよ。

ポイントだからタダなんですが、完全な無駄買い物と無駄を満喫する買い物じゃ訳が違うじゃないですか。そんな感じ。

悔しいので今後しばらくはPC本体とかの様子を見ながらマウスを差し替えてみようと思います。コードも短いからちょっとスッキリするし。

 

11月29日 第2417話「からくり人形ツインターボ」 はれ
 日電車に乗っておりまして、席が満席立ち客が若干と言う配分の中、立ち客と言う役割を与えられた私。

しかし状況は一駅ごとに変化する物でして、席が一つ空きました。

途端、素早くPSPやってる人が着席。

携帯ゲームやってる人って、周り見えてないようで空席状況には鋭いイメージがあるんだよなぁと思いつつも、

自分もしっかりDSをやっていたりするんですけどね。

でも席が開いたらすぐじゃなく、割と降りる人の移動とかが落ち着いてから座ろうとじっくり構えていたのは違いとして主張したい。

それで数駅が経過し、降りる人の移動が落ち着き始めてきて周りにも人が居ないようなのでDS閉じてゆっくりと席に向かおうとした時に、

圏外から小走りでオバさんともオネエちゃんともつかないくらいの人が着席!

あの、お盆に湯飲みをのせると歩き出すからくり人形あるじゃないですか、あれの動力をルドルフ可変バルブにした感じ。

しかも動きはからくり人形だけど髪形とかその辺りは勝手に髪が伸びる日本人形みたいでした。

それが画面左端で狙いをつけてるオプションハンターみたいな恐ろしい物を内包した移動で席を獲得していました。

結局、最後まで私は立ったまんまでしたがまあそれはそれでいいか。車両の隅っこ確保できましたし。

 

11月27日 第2416話「典型的な視野狭窄者」 はれ
 言からいけるtwitterですげぇチン回答があったそうです。

「初心者の金策」って事への回答が、「ボスを一人で倒す」と言う

多人数で遊べるゲームの醍醐味を台無しにする方法かつ初心者と言う前提条件を完全に盲点においてみたのか、

或いは無視した回答をしたウケ狙いの人が痛そうなもとい居たそうな。

まあ冗談じゃなく本気で言ってるとしたらアーカム精神病院に17年は居る必要がありそうですけど、多分冗談でしょう。

ちなみにその具体的なボスは、冒険記のメンバー6-8人くらいで挑んだりする奴です。

こいつ。

なんか更に貧乏戦士でもこれを一人で倒せなければダメとか何とか言うチン言を放ってたそうですが、

僕はそんな遊び方しか出来なくなるなら楽しく遊べる今のダメプレイヤーでいいです。

そもそも、皆で倒すって前提の敵ですし。

UOはゲームであり、システムを活用してうまく結果を残すのは遊び方の一つでありそれが完成ではないんですよね。

何の意味も成果も残らない「酒場ごっこ」だって遊び方の一つであるわけですし。

まあ、言ってみればUOのゲームシステムに喰われた末路があの発想なんでしょうね。

大抵のゲームは昔に比べて遊びやすさや快適性、奥深さなどでシステムが上手に構築されつつありますが、

その反面プレイヤーは熟練するほどにゲーム攻略は熟練してもゲーム遊びに対して下手になってるのかもしれないですね。

むしろカジュアルな人の方が楽しく遊んでるって感じが漂うのを最近見たり思ったりしてます。

私はどっちかと言うと前述の人よりは後述のカジュアルな人のほうがゲーム友達になりたいと思います。

その時も気をつけたいのは「この穴飛ぶのすんごい難しいよね!」とか言う言葉に対して「こうすりゃ呼吸より楽」とか言わないで、

「そうそう、頭ガツンとぶつけたりしてね」とか言えるようなゲーム友達でありたい。

ゲームを1から10まで経験しているなら、2や3の会話に10で返さずに2や3の返事を出来るかどうかと言うのも、

ある意味ゲームがうまいかどうかなのかも知れないって言うと強引かもしれないけど大事な事であるのは確かだと思う。

あと、結果重視しすぎるためにゲームである事を度外視した行動とかね。あれも喰われてる人の症状っぽいですよね。

今だから言うけど放置マクロとか意味がわかんない。

前回の理屈で言うとアクションを起こさずにリアクションが戻ってきてるからゲームとして成立してないんですよね。

パワプロ買って、人にチーム作ってもらってペナントレースやってもらって終わったらソフトを受け取るみたいなもんでしょ?

それならコントローラー握ってプレイ動画見ながら遊んでる気分に浸る方がいいと思うんですけどね。

ある意味、子供がイスに座って輪っかを両手で前に握ってF1とか見ながら運転してるかのように振舞ってるのと同じですけど。

裏を返すと放置マクロとかやってる人の行動はそれでも十分なプレイスタイルと切り捨てる事も可能?

…今、自分にとってゲームって過程を遊ぶ物なのか結果を残す物なのか、遊んでいるのか遊ばれているのか、

楽しい物なのか楽しめなくなっているのか、娯楽なのか作業なのか、その辺を見直してみるってのも大事かもなと思う一件でした。

 

11月25日 第2415話「205」 くもり
 ームって簡単に説明するとどう言う遊びですか?って問われたらどう答えるか。

答えは色々あるだろうしその人のゲーム感が出るだろうけどその一つに「アクションを起こすとリアクションが帰ってくる娯楽」はあると思うのよね。

コントローラーを使う場合はボタンを押したことによる反応、動体感知なら動いたことによる反応を楽しむってのが根本ですからね。

そこより掘り下げるとマリオはジャンプしたと言うことに対する結果が返ってくるじゃないですか。

何もなかったりする事もあるけど、頭をぶつけた所から何か出てきたり、穴を飛び越えたり、羽の生えた亀に激突したり。

RPGなんかもレベル上げと言うアクションに対して成長や溜まった資材や資産がリアクションするのがしんどくても面白くって、

人間が面白いと感じる「できなかったことができるようになる」をシステムがサポートしてくれるのがポイントなんだと思います。

つまるところ…

こう言う事をしてもいいのが、ゲームだ!

ちなみにこれ、阿佐ヶ谷のトークライブに入りそびれた時に木箱さんと対戦実験する際に用意した魂の一門。

シリーズを遊んでる人の印象としては店売りでは強い部類だけど…な彼を一度で良いから圧倒的な存在にしてあげたかった。好きだし。

Rでは驚異の軽量高性能大砲で、鋼の季節は割と優遇されていてフレイバーテキストに「最強のキャノン砲の一つ」って書かれてるんですよね。

実際に177ミリアモルフには負けるけど入手難易度や重量に対して弾倉や攻撃力は悪くないバランス大砲として運用は可能です。

今年頭に居た仮住まいの部屋番号が205号室であったことを思い出すほどの愛があればバランス大砲なんて言葉ではなくそれこそ万能大砲だ。

オレの夢は対戦モードでコイツをフィニッシュブロウに持っていく事だ!

それこそが冒頭で伝えたアクションであり、対戦相手の反応こそがリアクション!

…自らの事ながら本当に好きなんだろうな、205ミリキャノンが。対戦会オフの時も大多数が初対面であると言うのに、

あまつさえ1や2のプログラムを担当した人が顔を出してくれていると言うその真っ只中で205ミリキャノンについて話してたし。

 

11月22日 第2414話「火炎舌の赤かぶ」 あめ
 たしておれはミキサーを使うんだろうか。

いや、まだ買ってもいないんですけどね。

茶粉末生成専用の奴が980円ほどなら買っちゃうんですけど、

ミキサーの主な用途であるアタッチメントなどがついてきて安くても1980円とかなんですよね。

なんか使いこなしきれないなと思うわけですよ。いらない部分をカットしてお値打ち価格にならない物かなぁ。

そうそう、冷蔵庫に貰った赤かぶとこの間作ったおでんの残党である大根があって、

このキャラが被った連中をどうにかするためにキュウリと浅漬けの素を買ってきて始めて浅漬け作ってみました。

今、買ってきてが刈ってきてになっちゃって、まるで庭先からボキッと持ってきたようになりましたが購入しました。

切って袋に詰めてもんでから冷蔵庫に突っ込んで漬けるだけ、簡単に作れるのですが簡単すぎてちょっと心配だ。

しかも、昨日から作っているカレーにはあうかどうか不明。赤かぶは素直にサラダに使えばよかったんじゃなかろうか。

赤かぶを喰らう文化が我が家は乏しいので気付きませんでした。まあサラダが用意できませんでしたし、

キュウリを買う時点でもそんな発想は軽やかに消し飛んでました。そもそも大根があるから大根サラダにもなりうるわけだし。

って事で出来た浅漬け、ちょっと食べてみたら無難と言うか無事と言うかちゃんと出来てました。

明日からご飯の脇にしばしば現れては喰われていく事でしょう。今日は福神漬け代わりとして喰らわれていきました。

盛りだくさん作ったのでなんとも長期的な食事プランとなりそうです。簡単には腐らないと思いますけど。

後なんか書きたい事があったような気がしたけど、忘れたんで思い出したら次回にでも。

ああそうそう、UO冒険記#346と347を更新してますよ。この調子で349まで進めて350は通常更新版の最終回ですが、

内容としては想起とか引退ではなく、イベントになると思います。

349まで書いて、開催までの間に書きたい事出来ちゃったらこっちで書きますけどね。

 …MM3の発煙筒って当てることとダメージ直結両方の命中率を下げるのね。

クラゲとかに当てるとより効果があっていい感じ。無理矢理ギガンティーガーにも当てたけど不安定な上命がけすぎていい感じとはいえない。

 

11月20日 第2413話「和尚破壊銃」 はれ
 4月の末頃に「気に入ったとは思わなくても失敗したとも思わないことでしょう」と

自分の部屋のカーテンを評価してから半年以上、全くその通りだった。

主張しすぎない程度に色のあるカーテンとして、今でもナチュラルに吊り下がってます。

そうそう、またおでん作ったんですけど、おでんの時にご飯は用意するか否かってのは意見が分かれる所ですけど、

うちではおでんは主食じゃなくて煮物なので、ご飯は用意してサイドも用意して食べてます。

そんな事を書いてたのが、ネットのニュースだったんですけどね。

もういっそのことこの素行観察も原稿料もらえるんじゃないかと思うときがよくあるよ。

少なくともはぐれメタルにもしであったら?とか上記の内容よりは、5月頭頃の「自分の定義」の方が大人のテーマって感じよ。

具体的には5月6日の第2323話「頭突き超人ダイヤモンドヘッド」をご覧下さい。

逆に凄くくだらない「カバードコアの周りって熱いの涼しいの?」とかでも書けるしね。

結局はこの素行観察のレベルの高さって言うより、ネットのニュースと比較した時に相対的に素行観察がそれっぽいだけでしょうね。

まあでも2400も書いてるんですから、その一回一回で少しずつ確実に研ぎ澄ませてきた物はあると思いますけど。独自性とか。

多分その独自性も周辺比較で相対的にとんがってるだけの可能性もありますけどね。

そう言えば、ほぼ寸分違わぬ同一の個体が群れをなす事で一つのコロニー単位で動くって生き物が居ますよね。

軍隊アリとかはまさにそれで、数が居る事を知っているから単体では到底勝ち目の無い相手に向かっては、

ひと噛みでは弱すぎるのを数千数万と言う数で補って攻撃力を得、100や200を倒したとしてもその百倍の数が居るため壊滅しない

コロニー単位の守備力で戦線を維持する力を持ってるから相手が大型哺乳類でもその気になれば襲って勝つんですけど、

普段数が少ない生き物が群れる事でそう言う本能を獲得する事があるんでしょうかね。

頭突き超人ダイヤモンドヘッドで語った理屈で言うとその群れ全体が一人の自分になってる状態に変異するかって点ね。

たとえばセミは基本人畜無害だけど抵抗する時には人に刺してくる事が今夏発覚しましたが、

それのように天敵の襲撃に対して逃げるのではなく、立ち向かうって事がありうるのかどうかですよね。

あ、でも小魚とかは群れを形成する事で逃げる際に生存率を上げる習性がありますから、

それみたいに皆で逃げて全滅回避を考えるのかも。

でも数が増える事でより大胆な行動をとる奴は出てくるでしょうね。全体の個体数が減る危険が減るわけですし、

群れる分食糧とかも危険を冒してでも広範囲で探す必要も出てきますから。

それで人を警戒しなくなって結果的に変化が起こるのはあるかな。

 

11月18日 第2412話「喪主バーガー」 くもりのちはれ
 分の部屋に戻ってガードを解いて隙だらけなまま録画した相棒でも見るかと思って、

とりあえず前回の分を見てみようとしたら今回の内容ダイジェストが流れたまま提供のシーン。

あれ、別のを選択したかと思ってもう一度選択しなおしたらそれの続きでして、明らかに間違いではないようです。

…間違って上書きしたか?

そう思いましたが、そのまま見ていたらそれが番組20分くらい地点の提供紹介だと思ってたのが、

実は番組最後の次回予告を兼ねた提供紹介でした。

って事で速攻もう一度見直しました。うん、これは先週見た。

でも相棒は全てが分かった上でもう一度見ると細かい動作や物の設置などがちゃんと意味を持って作られていることに気がつけます。

あとDSが持ち出す時以外バッテリー差しっぱなしのあまり、家では長丁場のトイレ、俗に言うアトミックバズーカの時などに行く時にも

DSを中断してICレコーダーを持っていき、用を足しに赴くと言うスタイルが出来てます。ちなみにすぐ終わる方はビームライフル。

携帯ゲーム機の携帯部分が家の中では機能していません。なので家ではコードが着いてないと軽くて妙な感じがします。

で、久々にコードを抜いて遊んでます。DSバッテリーのスロットで携帯電話が充電中な物ですから。

携帯と言えば、携帯電話で普段からマナーモードにしてるんですが自分の探知能力を知りましたね。

私は視力が触覚で物や周辺状況を感知する生物よりはいいですが人類の中では低い部類に入りまして、

メガネを外して釘バットを装備すればメデューサと正面から殴りあえる程度なんですよ。

かといって蚊のように二酸化炭素を探知して人の皮膚を探り当てたり、クモのように振動で獲物を感じ取ったり、

ARHのように目標をマーキングしたり、シアーハートアタックのように熱を感じ取って追ったりは出来ません。

って言うか意味がわかんないのが触角が発達してるくせに顔に対してアニメのキャラみたいに目がデカイ虫って機能的にどうなんだろう。

さて私の視力を補う物ですが、案外聴覚なのではと思いました。正確には大小の音の中から何かを探り当てる感じと言うか。

この間休みの日に風呂に入ってたんですよね。頭を洗うために湯水のように風呂の湯を頭から浴びてました。

その時に部屋の方向から独特の携帯の振動音っぽいのが聞こえてたんですよね。14時半。

それで風呂から上がって部屋に戻ってみると14時半にdocomoからの定期メールが入ってました。

風呂場と携帯の置いてある場所までは風呂の戸、脱衣所の戸、わが部屋の戸3枚に隔たれたクランク型の位置にあり、

直線距離にすると4-5mです。普通の距離だと短いですが家の4-5mは侮れません。

それを的確に聞き分けられた時には聴力で視力を補っているんだろうかと思ってみたりするわけですよ。

そのうち人間の可聴範囲を突破した何かが聞けたりして。或いはもうそんな年齢じゃないのにモスキート音が聞こえたりして。

多分、ハンターズアイで見られると音波の部分に○か●がついてるかも。

鋼の季節バージョンだと音波に弱い、か音波にとても弱いの記述。

 

11月15日 第2411話「アイツ生きてた」 くもりのちあめ
 の所laさんと連絡が取れません。

元々生活リズム柄、夜中の1時とかに電話をしてくる可能性がある男なのでこちらを気遣って

互いに普通に起きてるであろう時間に返事をくれる事が多いのですが、それすらも全く無く通算連絡回数はや10回。

もはやフランコのお母さんと同じような心配の仕方をするようになります。

…そんな連絡が取れなかった男、laさんから昨日連絡がありました。

なんか色々あって、のショックが原因で連絡がつかなかったのかと思われます。

それより前の情報としては脱水症状を起こしてたとか言う話も聞いたし、

そのちょっと前も放って置くと生き死にに関わる状態だった気がするし。

人知れず死にかけるのは時々あることだが、生きてるなら返事の一つでもね。

便りが無いのは元気な証拠って言うけど、あの男の場合は生存確認の必要あり、になるのよ。

とりあえず週末MtGやるかもしれないので、それまでの間にはどうにか生きててもらわねば。

 行観察でやかましいくらい伝えているトンカツによる火傷はほぼ治りまして、口の中の痛みはほぼなくなりました。

とても爽快です。気持ちがいいくらいです。

多分それが間接的な原因だったらしい症状も治まってきて、体の調子割と良好。

完全に直ったと判断したらまたかつやでトンカツ食いに行きます。

そうそう、かつやのトンカツで火傷したんですけど店に非はありません。

トンカツなどと言う高温である事が容易に想像できる物をうかつに食べる人が悪い。

ライターの火の部分を触れると火傷するのを知っていて触れるような物ですから。

…火傷期間中は栄養面でも刺激面でも割と気遣った物を食べてましたけど、そろそろ色々解禁とみなしていこうかと。

今日の夜はフライパンで蒸し野菜ですけども。初めての試みですけど。

市販のモヤシ炒めの袋に入った中身を引いて、多分キャベツとかが良いんだろうけど、この間使った鍋の白菜で代用していれて、

上に豚肉を置いてフタして10分。ついでにネギとかも入れてみる?ニラとかもいいみたいだけどないし。あと塩は振る方がおいしいのかな。

ポン酢で食べる予定だけどポン酢は加熱するかどうか考えてみたり。何かと手探りだがとりあえず作ってみるか!

うまく行かなかったら前回の体裁で美食家に食わせるし!