第2471話〜第2480話

昔の日記選択に  1番新しいやつに

 

4月12日 第2480話「凶星、去リシ平穏」 2011年最高のはれ
 やっと凶星が帰りました。3週間くらいだったかなぁ。長かった。

でも、千葉じゃなくて塵にかえってもよかったのに。

さてそれはそれとして、事故寸前を見ました。

かたや一時停止で止まらずに進む車、かたや無灯火でなり始めた踏切を渡ろうとしている自転車。

自転車の車体をほぼ全部横から網羅するようにぶつかる直撃コースで衝突しそうになってたのですが、

自転車が倒れる音も苦しみを訴えるような男性の声も、車体がへこむ音も聞こえませんでした。

とはいえ、目の前で事故起こされたら買ったコロッケが冷める前に帰るのを優先してそのまんま家に帰るって訳にも行かないだろうしね。

とりあえず週末にいよいよブッシュマスターが開発した人間以外に遊んでもらう場となるので、ちょっと楽しみ。

 

4月10日 第2479話「アイデアがゲームになる瞬間」 はれ
 ャジャさんちに行ってブッシュマスターのシステム構築してきました。

キャラ能力、機動力の配分、ポイント取得のペース、イベントの設定などを済ませて、

とりあえずゲームとして遊ぶ骨格は完成しました。後は味付け肉付けといった、ブッシュマスターの世界面の方。

一部のイベントカードの、MtGで言うフレイバーテキストを任されたのですが、結構自由に書いても良いような所だったので、

帰ってからすぐに完成させて送信しておきました。しかも10個程度ってのを超過する30個ほど。

自由すぎて使い物にならないのもあるかもしれない。週末明けた頃にでも見せますけども。

どうあれ、ゲームとしては遊べるので週末のタイミングで遊ぶ事は可能かと思われます。

んで、昨晩はサイさんちでMtGやってたのですが、最後にドミニオンもやっちゃったりして、アナログなものばっかりの二日間。

 

 
4月7日 第2478話「シカシカハイシャへの道」 くもりときどきはれ

 けね、タイトルの場所間違えた。まあいいか。

…さて、今日は前回お話したように今日は歯医者に挑みました。

そのモチベーションたるや4時に寝て7時に起きる強さを見せ付けました。しかも昨晩は延々と飲み食い続けてたのにね。

まあ昨日の朝から話をスタートしましょうか。

昨日の朝、目を覚ました時点で既に凶星からのストレスによってお酒を飲むしかない!と決めていたので、

ちょっと前に出てきた「果実の瞬間」を買い、ささやかに一杯行ってみようと決めておったのですよ。

そんなこんなで日中を過ごし、帰りに買ったんですがそのときには3缶に増えてました。

何があったかというのはもう「この建物で黒死病が流行るか殺戮による制圧のテロが来てくれたらおもしれぇのに」って一言で察してください。

むしろテロに関しては内部情報を500円でリークしてもいいくらいだ!と思ってましたし。

と言った事情柄、数年ぶりに自分の限界近くと思われる量を摂取決意。

今回は前回作ったうどんの他にナスとひき肉の炒め物、安くて買った焼き鳥、炒飯、カップめん、お茶漬けといったラインナップ。

やや食いすぎの感があるかもしれないけど、これが不思議と食べられる。

まずうどんとひき肉の炒め物で一缶目。前回はグレープ味だったのですが今回はピーチ味。ぶどう弾じゃなくて桃園の契り。

前は満腹スタートだったからちょこちょこ食べてたうどんをあっさり喰らい、一缶もかなりすんなりなくなってきました。

サイドの炒め物は自作。ありがちながらもね。ただ炒める時間などを間違えてナスがちょっと固かった。

でもご飯にもお酒にもあうような一品程度のレベルにはなってくれたので良し。

一気にそれらを放り込んできたお陰で酔いの回りが早くて高揚感がアップし、いい感じになってきたので二缶目。

今度は米のご飯も食べたかったのでちょっとした炒飯と焼き鳥。皮串5本だ。

それを食事感覚で食べながら飲んで、すっかり最高にハイ。この辺りの様子は寝言からtwitterログを見ると何となく分かります。

でも、これ以上は許容範囲を突破してしまうので、一缶残して打ち止め。

残ったご飯でお茶漬け。市販の奴にシラスをまぶしてすするもこれが体が求めていた事もあったのかおいしかったです。

今年食べたあらゆるお茶漬けの中で一番だったくらいだ。

そんな調子で一人飲み会が終わり、時間も忘れるほどの楽しい一時だったのが凶星がノートパソコンのことで問い合わせてきてやや覚める。

ちょっと後くらいに、結局最後の一つも飲み始めてやんの。

今度はレバーの焼き鳥を相棒に。さっき食べた皮と同じ5本分。

なんか物足りないなーと思ってノリをまぶしてみて、案外それがいい感じだったりしてとかそんなものをパートナーにしつつ最後の一缶も制圧。

ちなみに、新しい食べ物を用意したりする間に洗物等も済ませているので案外計画的。

しかし、その直後にカップめんを食べるかどうか考えた末に手を出した。時間は既に夜中の2時だったかそこいら。

その上激辛系の胃に優しくない奴をね。もう食べ過ぎてるはずなのにこれがまたすんなり食べきれるんだ…

こんな宴が終わって寝についたのが4時、ってのを踏まえた上で起きたのは7時。

酒気が全然残ってない状態からのスタート。確か数年前に同量を飲んだ時には真夜中に目を覚まして

激しい頭痛と腹痛、吐き気に見舞われながらトイレでマーライオンの再現だったのに。

あれからしばしば酒飲んでるし、多少は強くなったのかもしれないのと、今回の飲み方はペースを考えてたり、

そのときと違うのは目を覚ました時間に普通に起きて飲んでた事ってのもあるか。

とりあえず昨晩は大成功と言う形でよかったと思う。無尽蔵の食材と果実の瞬間があって、夜明けがずっとこなかったら俺幸せだったよ。

…さて!今朝はと言うとその状態からのスタートで、入浴、歯磨き等を済ませて実にいいコンディション。

普段休みじゃない火だったら絶対呪われたような眠気と疲労があるはずなのにだ。

まあそれはそれとして、診療開始すぐの歯医者に行ったら今日は予約が一杯で早くて土曜日と。

…水曜日に予約して帰ってきたよ…

ちなみに土曜日はMtGやる予定ですが、雨と言うのが懸念要素。デッキをぬらさず持っていきたいのに。

 

4月5日 第2477話「シカシカハイシャ」 はれ
 日は数年ぶりに歯医者の検診にいこーと思いました。

昨晩4時に寝たというのに6時に目覚め、朝一番で歯医者にスタンバイできるほどの意気込み。

天気も良いし、清々しい気分だ。

そんで行きつけの歯医者近辺は原付が大手を振ってとめられる場所が無く、近くの学習センターに止めて

せっかくなので図書室にあったリチャード・スキャリーの絵本があるかどうかを探したけど見つからず、

本来の目的である歯医者に向かいました。歯医者の定休日と私の定休日が一致してるので行くのホント久々。

んで、歯医者の目の前に到着すると入り口に張り紙が。まさか計画停電関係で時間が変わったとか?

よくよく読んでみると「本日は学会に出向しているため臨時休業させていただきます」

だそうだ。そんなタイミングってあるか?

もう朝から歯の状態を完璧にし、食事なんかもちょっとだけ気を使うくらいの意気込みで挑んだのにね。

これはしょうがないから横浜に行くかと思ったけど、なんか現地に到着したら眠くなりそうだし、昨日MtG見たし、

たまたま安売りしてたフライドチキンを貪り食ってるので大勝軒コースも潰えたしで行くのやめました。横浜日和でしたけど。

 て、ブッシュマスターの基本システムなどが公開されましたが、こちらでは行き着く過程を書いてみましょうか。

両方を見てる人、向こうを見ててこちらを見てない人は多分たくさん居ますが、

その逆はあんま居ないでしょうから向こうで書いてる事は雑で良いですよね。

むしろこっちだけ見てる人ってのは特殊なタイプだと思うのでなんか超能力で理解すると思いますし。

まずブッシュマスターのきっかけになったのは去年の10月、カルカソンヌを彼の家で遊んだ事がきっかけ。

そこで昔自分たちが作っていた手作りのアナログゲームを修繕して遊べるものにできるかと考えたんです。

建物で言うと土地に建っていた古ぼけた建造物をある程度修繕、思い出せない部分などはアレンジした壁やドアを作ったんです。

それをジャジャさんに見せて、ちょっと話をしたところ方向性が変わりまして、

その建造物のデザインとしては、ミサイルを数発打ち込んで更地にした状態に近くなりました。

以前の物は対戦要素が強くって、盤面をぐるぐる回りながら攻撃して勝ち残るのが目的だったんです。

最後まで全員が遊べる、と言うのを念頭に置きながら、更に既存のキャラなどを使わないってのも設けられました。

既存のキャラだとそれに合わせた調整になるため、どうしてもシステム上不似合いな事をさせる必要が出てきたりしますから、

キャラ物としてはいい調整でもゲームとしてはラリーカーが波動砲、ソルジャーが電光石火などの不具合が生まれます。

なのでどう言うシステムのキャラクターにどう言うフレイバーをつけてキャラを成立させるかってのもあったので、

この既存のキャラを使わないってのは肯定できる提案でした。

最後まで遊べる、戦わないってのはMtGバシバシやってる人には離脱者が出ることで多人数戦はテンポが良くなると思っていたり、

生かしていく事で自分の勝利に繋がるなどの戦術も生まれるのですが、それはヘビーな遊び方寄りの考えであり、

ライトに遊びたいと言うコンセプトにはあわないので良い選択だったかもしれません。

その以前のバージョンってのも何らかの形で表現できたら面白そうですけどね。MMと混ぜてみるとか。

ただ、ハンター同士が戦うなんてのはまず無いので、多人数協力型になると思いますけど。

最初にそのゲームで倒すべき賞金首を選出して、プレイヤーはキャラクターとなる戦車を選出。乗り手の職業は細かすぎるのでやらない。

一方通行の盤面を移動しながらそれにダメージを与えながら倒せば勝ち。戦車がやられても修理すれば何度も復帰可能だけど、

防衛するべき村などの施設がダメージを受けすぎると敗北になる感じで。

戦車にはシャシー、Cユニット、エンジン、武器スロット1-3があって、攻撃を受けるとダイスでダメージ箇所を制定、

武器系が大破すると修理するまで使えず、機動系が大破すると他のプレイヤーにけん引してもらうか応急処置で修理するまで移動不可、

シャシーが大破すると盤面上の「修理施設」に送られてシャシー耐久1で復活。キャラシートには現在の状態なんかを

アーカムホラーのステータス調整の容量で表記してみたりして。こんな風に。

シャシー(耐久値) 0 0 1 2 3

エンジン(最大移動力/耐久値) 0/0 0/1 1/2 2/3 4/4

Cユニット(耐久値)

大砲(攻撃力/耐久値) 0/0 2/1 3/2 4/3 5/4

機銃(攻撃力/耐久値) 1/0 2/1 2/2 3/3 3/4

…みたいに設定していって。現状の所にトークンのたぐいを置けばいいかなと。

で、修理は盤面を回って修理屋で耐久を2つ回復できる(2段階or1段階*2箇所)ようにしてね。

盤面は8の字型で基本一方通行。中心部分に村があって、それ以外の場所にトレーダーキャンプ、修理屋、ダンジョンが2箇所ずつ。

村では人間道具(修理キット、煙幕花火、RPG7など)、

戦車道具カード(攻撃を一度防ぐタイルパック、など)をそれぞれの山札から1枚獲得できて、

トレーダーキャンプではアイテムを置いて他のプレイヤーに回収、間接的に渡したりできるほか

弾薬の補給(大砲用砲弾カードが手に入る)など、修理屋は前述の修理、ダンジョンは

ちなみに盤面上にはモンスターが定期的に登場して、遭遇で戦闘。無視しても良いけど特定の法則で移動して、

修理屋や村がダメージを受けると負けに傾いて行く感じ。

それらを蹴散らしながら、特定のタイミングで訪れるアタックターンのような物で賞金首に攻撃をしていく感じ。

賞金首の起こすアクションはあんま考えてないんだけどね。

プレイヤー側の戦車は20台くらい?

バランスファイターRウルフとエイブラムス、戦闘力は低いけど村につくと村の耐久を1回復させる救急車、機動力が高いワイルドバギー、

機動力が高くって癖があるけど適所では強いF-21クーガ、飛行の敵に特効の対空戦車ゲパルト、特定の攻撃を迎撃し無効化するツングースカ。

足回りが遅い分火力と耐久が高く、初期段階から所持している消耗系戦車カード"キャノンラッシュ"を切り札として持つラスプーチン。

ラスプーチンよりは足回りがいいが爆発力は少々落ちるシンカ、火力は平均ながらもディフェンスの高いティーガー。

機銃満載で火力は低いが高い機動力で盤面のモンスターを片付けるのに長けたパトカーとキャデラック。

近隣マスのモンスターしか攻撃できないが強力なドリルを持つ突撃砲とディノヒウス。

毎ターンパーツが修復されるものの、総合力は控えめのバイオタンク。

…そんな感じ?色々アイデアは出てきてるんだけど、この辺で。興味ある人がそれなりに居れば細かい事も書いてこうかと。

途中からブッシュマスターの事じゃなくなったけど、まあいいか。

 

4月3日 第2476話「凶星、悪シキ業ヲ行フ」 くもり
 日が日記更新日である事をすっかり忘れてた。じゃあ昨晩の話。

昨晩は久しぶりに家でお酒を飲もうと思いました。と言っても強くないので飲みやすい缶物を一本だけですけど。

今回買ったのは「果実の瞬間」と命名された缶チューハイのグレープ。

コイツを飲みながら焼きうどんでも食べようって事です。それ以外にもサンドイッチとかも作ったりしてね。

…とか思ってたら!焼きうどん用の具、豚肉使われてた!

しかもカレーを作ってて、ジャガイモはあるのに買ってきて、米はもうなくなりかけてるのに買ってこないと全く噛みあってません。

全ての諸悪の根源とも呼べるは、先週頭頃から千葉の安全圏内より避難してきた凶星、

日本国憲法が制定した条件で言う間柄は真に遺憾ながらも実の姉にあたり、

地域によってはシュブニグラスなどと呼ばれている奴が今住み着いてんですよね。頼んでないのに。

しかもこの間は人の保存食を食い荒らすと言う暴挙にまで出てるしね。

今、被災地ではブルドーザーのような役割として自衛隊の74式戦車が配備されてるらしいのですが、

こっちにも本来の目的で用いるために1台回してくれないかな。

自分が食べられる物である限り食糧を無駄に出来ない性分なので、しょうがないのでカレーを2杯飲み干しね、サラダを喰らいね、

その上で焼きうどんを作りました。具は椎茸、白菜、長ねぎ。ソースで味付けして鰹節を降りかけて。

見た目はそれっぽくなった所でチューハイと一緒に食べました。

缶チューハイって大体の物は喉を通った後にえぐいような味が残るのですけど、コイツにはそれがなくって、

ファンタにちょっと近い感じで飲めました。次がいつになるか不明だけど、おぼえてたらこれを買おう。

一方うどんはうまいことアレンジを効かせたのがうまくいったのか、酒のパートナーとしてはややいい具合の仕上がり。

ちょっと満腹気味だったけどそれがいいペースを生み出し、ちょいちょい食べながら飲めました。多分空腹だったら速攻うどん完食。

でも昨晩辺りはなんかもう満腹であると言うのにまだ食べたいって言うか食べつづけてないとどうも落ち着かないって言うかそんな感じでした。

夜中3時にカップめん行くかどうか考えてたら寝ましたし。そんで7時に起きてうまい輪の袋共々完食。

今現在である所の今晩も、昨晩と同じ流れでカレー2杯飲んでお茶でありながらも似たような流れですしね。

…まあ後に引かない程度に僅かに酔えたのでいい感じでしたけど、

やっぱり店で一つのテーブル囲んで直接話をしながらの方が酒はおいしいですし楽しいですね。

ちなみに現在、私の管理の下を離れた米が完全に枯渇していますが、明日どうなるかが楽しみである。

多分我が保存食、冷凍食品などに手を出されそうですが。

 

4月1日 第2475話「ブッシュマスター」 はれ
 日、ジャジャさんちに行くという伏線を張ってまでの嘘がTYPで公開中です。斜体にするとカッコいいぞブッシュマスター。

まあ夜中の一時にジャジャさんと私が適当に会話をした物をゲームにした物体こそが、このブッシュマスターだと思っていただければ。

軽くこちらでも説明しますが、このゲームはブッシュを目指してスゴロクを頑張るゲームです。

道中や誰かがゴールした時にボーナスで手に入るポイント、ブッシュを獲得するのが目的で、

ゲーム終了時に一番ブッシュが多い人がブッシュマスターです。同点の人が居たらその全員でブッシュマスターを分かち合います。

ブッシュがなんなのか等と言う愚かな質問、愚問は人類全てが持つはずないので説明は要らないでしょう。強いて言えばブッシュなのですから。

…さて、そんな今日はエイプリルフール。

なんにするかなぁとか思ってる時によくよく考えると常日頃からこの日記で嘘ついてるのでどうしようって感じです。

もういっそトップページをプリキュアファンサイトっぽくするかと思ったけど銀色に対応するレジェンダリーウォリアーが居なくて諦めた。

なので、メタルマックスネタで嘘つこうと思います。

…昨晩寝るちょっと前にね、MM3周回プレイ100周目に突入しました。

初プレイのメンバーである人公クラッシュ、ソルジャーアクセル、ハンターキースの3人に順番にメタフィンのませてます。

この人たち。

なのでメタフィンが全部で99個手に入ってますがレベル999は居なくって、全員が33個ずつ摂取だから429まで育ってる状態なんですよ。

とは言えもうね、ここいらまで育つとゲーム上に敵は居なくって、ギガンティーガーとかも普通に素手で殺れます。

ソルジャーに至っては土星クラゲの砲撃、一発が25-70程度ですから1ターンに全弾命中しても2000ダメージを下回るんですよね。

ついでにこの丈夫さを活かして、カジキエフ戦では立ってるだけでカジキエフが死んでいくんです。非常に愉快。

オルガとかバズズにバグで戦車で挑むって人が居ますけど、ボタン連打で倒せる敵にそこまでする意味が分かりません!

そんな調子なのでマグナムガデスでダラダラ撃ってるのも億劫な相手に対してはロケットパンチで戦ってます。エフェクト短いし。

全体攻撃もエフェクト重視でSMGグレネードにしてます。射撃に間隔があくドミンゲスガンより何気に短くていいですよ。

よく最強の戦車に関してあれこれ言われますが、僕に言わせればもう無改造のチョッパーかモトクロッサかサイファイです。

レベル100前後の対戦相手が超改造7.7ミリ機銃*4とか*5でバルカンラッシュしてこようが

その前に全員でマグナムガデス集中砲火しちゃいますよ。主人公は既にそれ以上、ソルジャーはスモパオーバーのポテンシャルまでいってますし。

メテオドライブの射撃だって工夫がなければ耐えちゃいます。でも2セット目以上はデッドライン!

…こんだけホラ吹いておけば良いだろう。本当はこうだよ、などの指摘やこの病人が!などのクレームはなにとぞおくらないで下さい。

あと、白いけど銀を名乗ってるプリキュア居ました。こっちについては指摘されてもしょうがありません。

 

3月29日 第2474話「敗北の朝」 はれ
 朝は負ける寸前まで行きました。

もう目が覚めても体を動かす気力があんまりないのよ。体力はやったらとありましたけど。

燃料もエンジンもバッチリで、すでにエンジンがかかり始めてるんだけど操作系統が全く錆びて動かない。

または操縦する人が金縛りでうなされてる真っ只中。

目覚ましがなる1時間以上前に起きてんのにそっからが長かった。まあ割とギリギリまで活動開始を粘ったとも言いますけど。

しかしあれは忍者が暗殺に来てもそれこそ、ああしょうがないな。って寝に入る可能性があった。

その反動か、いまやや眠いです。今日はこれまで!

 

3月27日 第2473話「へびに かまれた」 はれ
 ャジャさんとこに遊びに行きました。

引越し後は初めての訪問となるのですが、別の場所で合流してついていったので迷わず到着。綺麗なとこでしたよ。

で、まずはドミニオンを夫婦揃って2ゲームほど付き合ってもらいました。

一応建前としては後述のボードゲームの参考として、本音はせっかく買ったので遊びたくって。

最初は基本的なパターンで遊んでもらい、次は使いたかったカード1つ以外はランダムにしたのですが、

ジャジャさんが魔女や役人などを大層気に入られておりまして、非常に笑える展開もしばしばありました。

無理矢理つきあわせたのと、この手のゲームは受け入れられるか心配でしたが、思いの他楽しんでもらえたようです。

その後1セットカルカソンヌをやって、しっかり負けて、気がつくとドミニオンとあわせるとジャジャさんが3連勝してる事に気がついたので、

そろそろ本題であるTYPボードゲームの案を進める事にしました。

大まかな基礎のような物はできはじめている状態でしたが、半ばワガママにやったドミニオンからのアイデアも案外活きていて、

実際に手を動かすと言う部分を考えてみた所、手札の概念などが大幅に変化してきまして、既存の物から大幅に変化。

遊んだってのを遊んだってだけではなくちゃんと参考に出来たようです。

そんな調子で、ゲーム名、基本ルール、キャラクター、勝利条件、勝利に必要なポイント取得方法などがある程度固まって、

本当に緻密に作り上げられたゲーム、ではないにしてもカジュアルにそれなりの時間で遊べるようになってきてると思います。

決定した要素に関しては、彼のページでその時が来たら公開されると思います。

…しかし、しかしだ。この二人が考えるゲームなんだから味付けはもうどうなるかってのは想像したまんまに近いです。

キャラクターで没になった中には納豆、牛乳、わら人形と言ったキャラにし辛いと言うか自走の出来ない連中も出てきましたし、

特定のマスに停止した時に公開するイベントカードも真ん中にファミコンの「モアイくん」のパスワードが書いてあるだけで何も無しなどの、

もう夜中になるにつれてそんなアイデアばっかりで逆に捗りました。

タイトルとかその辺もほとんどが深夜帯に入ったときに決まりましたしね。

22時とかの時はまだ正気で脳みそが動いているので、マトモな考え方にしているのをサイトウさん(ジャジャさんの嫁さん)に

方向性を決定付ける一声を貰ったり、ネットで情報を調べて提供してくれたりすると言うなんか物を作ってるっぽい感じになりましたけどね。

でもあの三人が居たからあそこまで固まったと思います。誰か一人が欠けてたらあの進捗はなかっただろうな、と。

MtGとかドミニオン、カルカソンヌはもちろんとして、木箱さんちで遊ばせて貰ったボードゲームなんかの考えも活きてるかな。

ホントシンプルなゲームを作るに留まるばかりなのですが、何らかの形で培った物を活かしたり、新たに考え出したりなどをして、

物を作るのってのはやっぱ楽しいです。

ちなみに、彼の家の風物詩とも呼べる、テレビ周りのゲーム機オールスターズは一切電源が入りませんでした。

アナログゲームだって、電気を使うゲーム機と同等の面白さがあるんだ!とばかりに。

行く前までは多分途中でなんかそっちのゲームの流れになってバイトヘルで薪割りはじめたりとかするんだろうな、と思ってましたけどね。

あと念のため宿泊モードの準備もしてましたが、いい形でまとまったので昨日は帰る事にしました。

やってる事や考えてる物の対象は中学の時とほぼ変わりないんですが、精神的にはまだそんなもんである一面は維持できてるともいえます。

と言うよりむしろ今って、成人と大人の中間、青年と中年の中間に入り始めつつあると思うので、思春期のような物かもしれないですね。

気持ちが若いと言うとまるで大人のようですが、もうそんな年頃になりつつあるんです、私も。自覚小さいですけどね。

それこそ幼少期父親として見ていた当時の親父と同じような年頃などになりつつあると言うのに。

…そうそう、今日のカレーはその親父に任せていたら、買い物の末カレーの具を何も買わずに帰宅、製造する事になり、

元々あったタマネギとジャガイモをベースにエノキとウインナーを使う事にしたけど、

これならカレーライスよりスープっぽくして食べた方が良さそうだ。しかも親父、ジャガイモの皮切りで指負傷。

…で、そのボードゲーム案を考えてる時の様子は娯楽ではなく記録として音声ファイルがあるんですが、多分珍奇な会話てんこもりです。

中盤に考えが詰まってしまった時の部分は極めてマトモな会議の議事録っぽくなってるかもしれませんが、

恐らく終盤のノリで決めてる頃の会話テンションとかはほぼ酒飲みの場における会話のそれ。

私信:何となく聞いてみたいので、暇な時に送ってください。

 

3月24日 第2472話「血の教誨師ドティ」 くもりときどきはれ
 倉に行ってきました。

目的は鎌倉の鶴岡八幡宮の通りにある@raundというオーストラリア料理の店。

そこいらは時間を追って書いていきましょうか。

まず11時前、今回の肉食を敢行せんがために私を呼び出した切間一族の男、サイさんと合流。

彼と一緒にとりあえず原付で鎌倉まで一気に突っ走る事にしました。寒かったので水色になるかと思いました。

そんで鎌倉市に無事入り込むことに成功した我々は途中で円覚寺に寄ってみました。

北鎌倉駅に隣接するように入り口のあるこの寺、何度か通過はしましたが入るのは初めて。

ひとまず目に付いた駐車場に入ってみるけど受付の人不在。

勝手にとめてなんかあっても困るのでそばで掃除してた初老よりもう一つ前進した男性に尋ねたら、

自動車専用であるにも関わらず原付2台を1つのスペースに駐輪させてくれた挙句、半額でとめさせてくれました。

オマケに近隣地図やパンフレットなどもくれました。これはお約束なのかもしれませんが非常に気配りの聞いたいい老人。

セカンドライフはこういう職場もいいなぁと何十年先を思う男が一人。生きてたらね。

早速寺の境内に入りいろいろ見て回る前に受け付け。なんか知らないけど今日は拝観料要らないらしい。

かわりに被災者募金を募ってたので拝観料も兼ねて入れておきました。

で、この円覚寺、境内が結構広くって武家屋敷みたいな構成というべきか、方々に建築物と墓所がありましたね。

木彫りの地蔵から生えてきたキノコに賽銭がのせられているなどという場所もありました。

他にも色々と見ましたが、次の場所へ移動。駐車場の老人によると徒歩で20分ほどで鎌倉までいけるそうなのでそのまんま徒歩。

途中の横断歩道が画期的で、押したらすぐに変わると言う非常に歩行者に優しい設計でした。

歩道狭いし観光客のことを考えた上でのシステムともいえますけど。

で、鎌倉に行く途中煎餅の店を発見、そこで売っていたわれせんを食べ歩きながら前進。

なんだかんだで歩いていたら鶴岡八幡宮側面に到着。サイさんいわくその辺りにいた外国人牢紳士が夜行立会人そっくりだったそうな。

鶴岡八幡宮では突風で倒木した神木の株を見て、おみくじを引いたら中吉で、勉強に国語をもう一度やれと書いてあったりしながらも、

普段人がいっぱいのこの場所であんまり人気のない状態と言う珍しい状況を味わいつつ、

とうとうたどり着いたオーストラリア料理の店。店名は@raund。

店内は個人経営の店らしく割とこじんまりしてますが綺麗で、店員さんは日本人女性と店主のシェフ、バングラデシュ人男性。

店主さんは店名の通り世界各地を10年にわたって料理の勉強をして来た人。

そのため母国バングラデシュ料理とこの店の主力オーストラリア料理の他にもピザやパスタ、丼物もあります。

何かしら食べたい物があるのも特徴。お値段はちょっと高めですがまあ周辺の外食店も同じようなものです、多分。

あとで書きますが、でもそれに見合ったパフォーマンスがありますよ、この店は。

ちなみにワニ肉のどんぶりと、タンドールピザとカンガルー肉のたたきを注文しました。

なお、持ってくる順番はこちらで決められるようです。お任せということにして置きましたけど。

まず、この店の売りの2つのうち1つはワニ肉やカンガルー肉などのオーストラリアで食習慣のある肉。

ワニと言うとその外皮の硬さと獰猛さから固い肉のイメージがありますが、実際調理にコツが必要で焼きすぎるとそうなるそうですが、

食感は豚肉に近い仕上がりになります。言われないと分からない可能性あります。

ワニ丼は味付けやワニ肉以外の具である野菜とかの使い方とかも見事なので、濃すぎない仕上がりになってます。

ちなみに前菜のサラダを半分過ぎくらいまで食べた所で店主さんから「ワニ肉入ってたの気付きました?」って言われて、

二人して確認してる最中に「冗談です」と言われました。…やるな!

一方カンガルーの肉もそうだと言わなければ牛肉だと思わせる事のできる肉で、日本人向けの肉であるとも言えます。

ステーキよりたたきとして食べてもらいたい一品だったそうで、ステーキを注文したらたたきをお勧めする予定だったそうな。

こちらは少しだけ濃い目の味なんですが、野菜と一緒に食べる事でさっぱりしたりします、お酒が好きな人なら欲しくなるかも。

最後に持ってきてもらったのはタンドールピザ。インドネパール系のタンドリーチキンとイタリアのピザを組み合わせた、

10年料理修行の経歴を持つ店主さんならではの一品。ピリッとした食材を乗せたピザで、普通のピザにタバスコが苦手でも

ちょっと辛さの方向が違うので変わった評価になるかも。店主さんはオーストラリア料理、ワニ肉とカンガルー肉を食べてもらうにあたって

それをどれだけうまく表現できるかって言うためにヨーロッパにいった経験がうまく生きている一品です。

このお店独自のピザとして、主力の一角を担うには十分だと思います。

そうそう、この店の特徴としては、少人数運営と言う面から来る事情もありますが

基本順番に持ってきて、食べ終わったら調理着手なので次々出てくるわけではなく、時間はかかります。ですが会話の時間が伸びるのと、

それ自体が楽しい事なので案外食べ物を待ってる時特有のまだかと待つ気分はほぼ緩和されてゼロに近くなってます。

…ココまでである程度その片鱗は見せ付けてますが、この店もう1つの売りは店員さんとのトーク。

明るい女性店員さんと、もっと明るくユーモア溢れる店主さんとの会話が面白いんです。

特に店主さんは日本に12年居るので我々と同等とも言っても過言ではないレベルの日本語を習得していて、喋る聴くは完璧。

日本語の喋れるバングラデシュ人なのかバングラデシュ生まれの日本人なのか分からないくらいです。

鎌倉に来て海外の料理?と思われるかもしれませんが鎌倉一押しの店ですよ、ええ。

落ち着いて一人ゆっくり食べたい場合は別かもしれませんが、是非会話も楽しんで食事を満喫してもらいたいお店です。

…非常に満足した腹持ちで、JRで鎌倉から北鎌倉に移動、原付を回収。延長料金は一切かかりませんでした、老人よありがとう。

後は帰るばかりなんですけどね、市内に差し掛かるちょっと手前辺りでエンジンまさかの急停止。

どうも慣れないエンジンの長時間にわたる負担が原因っぽいです。特にこの所燃料も考慮したセーブした走行が多かったしなぁ。

どうにかエンジンを回して、負担かけないように帰ってこれましたけど。

そんで、髪が伸びてしょうがないと思ってたことですし、ついでに床屋に行きました。

疲れてたのかどうか、居眠りしながら気がついたら終わってました。

眠りかかりながらも体からの信号で理解できた肩首のマッサージはかなり効きました。500gは軽くなった気分。

ついでに髪の毛を減らしたので頭も軽くなった気分。グラム数不明ながらも。

…家に帰った後は、沼のように眠りました。疲れというより多分睡眠時間3-4時間程度だったのが原因の1つみたいです。

 

3月22日 第2471話「溝の誘惑」 あめ
 、細い溝とかを掃除するのが好きなんですよね。

指が届かないような所をちょっと掃除してスッキリってあの感覚が。だだっぴろい場所だと得られない快感。

逆に難易度が高いからこそ燃え上がるのかも。

引き戸のレールを綿棒でザーッってやってホコリとかが取れるとすんごい嬉しいんです。耳掃除と同じ喜び。

後は排水溝のグリストラップといえば良いのかなんと言うかを歯ブラシでガシガシと綺麗にしたりね。

網状の網部分が詰まってるのを解消させるってのもたまらない感動がある。

これらに全て共通しているのは、そこを掃除する事で円滑に何かが動く事なんですよね。

水流がよくなったり、ドアの動きがよくなったり。多分その感覚も同時に求めてるんだと思います。

もちろんですが、ボールマウスの掃除も好き。溝や隙間掃除の専門業者とかがあったら側溝、いやさ速攻転職を考えかねない。

とまではいかないにしても、だ。

多分この意識の根底には、子供の頃見ていた掃除機にあるんだと思う。

あれも排気部分そばにあるフィルターみたいなのを割り箸くらいの幅の溝を割り箸でほじくって綺麗にして、

それで掃除機が能力を取り戻してたんですけど、多分それを好きで手伝ってて次第に快感に代わって行ったに違いない。

とりあえず最近の中で一番爽快感が抜群だったのは引き戸のレールでした。