第2491話〜第2500話

昔の日記選択に  1番新しいやつに

 

5月27日 第2500話「205ミリキャノン」 くもりのちあめ
 2500話か。

まあ案外書いてるけど、毎度好き放題なんですよね。

2500ってのも節目ではあるけどとりあえずの通過点って感じで、あんまり特別に感じてないんですよね。

記念日をやたら制定するカップルは長続きしないって言いますけど、それの逆で特別何もしないで書くのが長続きのコツかも。

ちなみに、1話目から2000話目まではアップすると恥ずかしすぎてそれが死因になるくらいなんで見せられませんが、

それ以外の死因を抱えた時に公開します。その時にこの人マジでこんなに書いてたんだ、って思うがいい!

そういえば最近朝の食欲が落ちてきまして、毎朝お茶漬けでさっぱりとした朝食で午前中のカロリーを賄ってます。

昼は弁当、夜は適当ですが栄養バランスは案外保たれてるようです。

それと部屋のリモコンが落ちてきまして、危うく顔面に直撃するかと思いました。

正確には寝てたので気付きませんでしたが、起きたら目の前にリモコンがあったのよね。

どうもネジが1つだけだとそれは固定の止め具であると同時に「軸」と呼べる状態にもなってるようで、

粘着テープの粘着力が落ちた事をこれ良しとばかりに斜めになって後は重力に従ってししおどしみたいに傾きドッスン。

また顔面の位置を完全に捉える場所にセットしてあって、そこに落ちてくるのでたちが悪いです。

この位置に固定した設計者は間違いなくこんなの計算に入れてません。

とりあえず寝ながらこれを迎撃できる体質になるのが、当面の目標と言えるでしょう。

 

5月25日 第2499話「しいたけお」 はれ
 会図書館に行ってきた話ってしましたっけ?

しかも、何の目的もなくだ。

死ぬまでに一度は行ってみたかったから行っただけなんですけどね。そう言う場所じゃないんでしょうけども。

渋谷のそばにある永田町って駅でおりるんです、国会議員をポケモンボールやアームターミナルに入れる場合はお勧めのスポット。

流石に大事な地域らしくって、交差点の角にはおまわりさんが信号みたいに装備されてまして、

なんかTシャツと楽なズボン、ラフなカバンとかで存在してる事が不審なもんですよ。そばを歩く人大多数がだったし。

私にとっては永田町よりも町田のほうが重要度は高いんですけどね。

んで、国会図書館…正式名称国立国会図書館は徒歩5分程度の距離にあります。うちの市の最寄駅から市役所くらいまでの距離くらい。

建物自体がでっかくて、大きい道に面してない部分に入り口があるからちょっと回り道して本館から入場。

入ると右手にロッカー室。余計な物は持ち込み禁止です。カバンなんてのは蔵書を持っていかれる危険を懸念して厳禁。

それでカギを片手に今度は端末で利用者情報入力。住所とかも入れる必要があるんです。

まあ不正利用を抑えるための処置みたいなもんでしょうね。裁判の資料とかもここで作る人が少なくない施設ですし。

そんなとこに気楽にきちゃったけどよかったのかな。

来館理由とかを記入するとしたら「興味本位」って書くしかないよ。「社会経験」でもいいようなもんなのに。

で、出てきたカードを使って改札みたいな所を通り抜けてはいるんですが、なんか市民プールみたいな雰囲気だ。

それでこの本館では入るとすぐに大きいホールがあって一般図書の貸し出し受け付け、検索貸し出し予約用のパソコンがありましたよ。

早速検索貸し出し予約用のパソコンに座って、入館の時に使ったカードをセットして検索スタート。これがまたどんな本でも大体出てくるさ。

そのパソコンで適当な蔵書を貸し出し依頼をかけると、カウンターに情報が飛んで用意してくれると言う寸法。

バカ正直な蔵書を誇っている上に、バカ正直な職員で構成されているため、どんな珍奇な注文にもバカ正直に答えてくれます。

ちなみに私は20年くらい前のマガジンとかを依頼してみたのですが、それは別館の雑誌カウンターだそうで、そちらへ向かいました。

で、いってみたら普通に出てきてんの。激烈バカでトウモロコシを食うと胃の中でポップコーンになる男の話があった。

だけど耐久の低下などの要員で雑誌の外部分を厚紙で補強したりしてるなんて事もされてました。

ちなみに入館の時に使ったカードがこの一連の流れで活躍します。

それと蔵書を大量に貸し出ししてくれるようで、手押しの台車に大量の本を持ち歩いてる利用者も居ました。

読む場所はそこいらに椅子や机があるので、案外事欠きません。結構開放的な空間なので、読むと恥ずかしい本はしんどいと思います。

「だいすきおとうさんロボット」とかね。僕は楽勝ですが。

その下のフロアは蔵書の印刷コーナー。先にお伝えした雑誌や新聞からの引用のために使う裁判資料など、

資料目的での印刷なので本の半分以上を印刷するのは著作権保護によって禁止されています。

単行本になってない漫画を雑誌から印刷するってんならページ柄多分大丈夫。だと思う。

激烈バカでもカラーで印刷リクエストするかと思ったのですが、特に印刷の必要ないやと思ってやめました。

そこに羞恥心は1ページもありませんでした。

ああ、ふと思うとバトルバ漫画を読んで印刷して資料として持ち帰り、悶絶すると言う方法もあったか!

本はちゃんと返却して、それからカードも返却して、後は帰るという流れです。

とりあえず使い方が分かったので、いざと言う時は使えそうですが、

あそこがどうやって蔵書してるのかが未だに不明です。無尽蔵に増えていく書物をどう収めているんだか。

 

5月22日 第2498話「ホルンワインダー」 はれのちあめ
 日はMMの事を話しながら食べたりしようってのに行ってきました。

参加者七名まさかの男女比5:2。7:0以外考えられないと思ってきたのにね。

でもまあ会話の内容は大体いつも通りで、喋ってる時間はNOYさんが全体の3割を占めてました。

あと池袋のHUBってワンショットワンキルバー使ったんですが店も周りもやかましいのでこちらも遠慮なくやかましくしてましたが、

一番やかましい人たちが典型的な大学生、もう少し性格に表現するならば動物過ぎて、

グラスを落として割る、爆音、爆睡など非常に高水準の店としてはいただけない客でした。

なんて言うか帰り道うっかりして中央線に轢かれそうなタイプ。飛び込むタイプじゃなくってね。

後無茶して大人数で車に乗ってそのまま出棺でもいいような状態になるタイプ。

しかも片方がそれ、もう片方が森ガール。ただしその森は紛争地帯の密林だ。

小鳥がさえずり、大小さまざまな草食動物が静かに暮らすような平穏な世界、とは対照的に

当たり前のように軍隊アリが地面を歩き、気を抜くと肉食獣や歩兵が仕掛けたブービートラップで命を落とすような森。

で、ふつーにゲタゲタ笑って裸足で騒いでるタイプ。音楽で言うとキングコング2-怒りのメガトンパンチ-。

ふと聞こえたんですけどね、3人いる鉄血の魔人のうち一人は好みのタイプが全てを受け止めてくれる人だったそうですが、

あなたを受け止められるのは多分、ヒューゴーのメガトンプレスくらいだと思います。下手すればそれも投げ抜け、ギガスも投げ抜け。

…まあ、そんな両サイドだったので遠慮なくMMトーク出来ましたけどね。

 …そういえば、一昨日か昨日かその辺からまた左のわき腹なのか肺なのかわかんないところが痛くなりました。

コイツの正体は来週健康診断あるし、レントゲン撮るからそこでわかるか。

 

5月19日 第2497話「おろかものぶろす」 はれ
 日は午前中に済ませることを済ませて、

気がつくとサイさんと二人原付に乗って町田に向かってました。

途中で電話がありまして、ちょっと止まって電話したりもしてたんですけど

その止まった場所ってのが後々調べてみると中々意味深だったりしてね。

目の前がバス停だったりしてね。

居なかったけど、下手するとたまたま待っていた老女が突然我が原付ガチコの後ろに座り込まなくて良かったと本当に思いました。

あと、エンジンを止めて携帯で電話をしてたのですが、その真横をパトカーが追い越していったのもちゃんとした手段でよかったと。

そんで、大勝軒で二人して中盛り全部入りラーメン食べて「大勝軒の量に打ちのめされた二人」にチェンジしました。

中盛りのところに「3玉」って書いてあったのにね、片方は横浜のボリュームとは違うのかと勘違いしてしまったのが愚か者のはじまり。

もう片方はお腹がすいてる時は大きく出てしまう事があると言う展開。

どうにか全部食べましたけどね。お陰で夜飯抜きでも空腹感が1立方cmもありませんよ、今もなお。

その腹持ちで町田に行ったら帰りに遊ぶつもりが眠くなっちゃって家に帰って巡の字になって寝ました。

 

5月17日 第2496話「打骨」 くもりのちあめ
 隔膜の痛みが本格的に肋骨かなんかにきてる感じがしてる今日この頃!

それはそうと、最近地味に欲しかったA4の下敷きをついに手に入れました。

家で使ってるメモやらネタやら落書きを詰めたノート、このところA4にしてるのでB4の下敷きじゃダメなんですよ。

途中で下敷きの保護範囲から外れて線が愉快な事になるんですよ。

それを克服するべくとうとう手に入れまして、なんかページは広がってないのにテリトリーが広がった気分。

あと、弁当箱もタッパーから普通のものにクラスアップしまして、

容積がダウン!

タッパーは細かい容積不明だったのですが多分800ml位は入りそうな感じなのを、680mlまで低下させました。

でも、弁当の容量低下はしたかったんですよね。ところが逆にメンズランチボックスは800以上の容量でお送りするつもりでいらっしゃるので、

このサイズを見つけるのが案外苦戦しましたが、物凄くシンプルなデザインの物も含めたら見つかりまして、えらく気に入ってます。

なんか弁当みたいですよ、この箱にしてから。

…このところ、こんなふつーの日記が続いてますが、ふつーの暮らししてるからってのが原因の一つかも知んないですね。

ちょい色々考えておる事もありますので。その辺がどうにかなったりならなかったりしたら突然気の触れたような日記が始まると思います。

 

5月15日 第2495話「ゴンドラー一号」 はれ
 球にとっては数十兆回以上の夜明けですが、私にとっては一万とちょっとと言った回数の夜明けを迎えまして、

その日はぐっすりと眠った気分の中起床。6時半。

正確にはそれくらいに行動開始で、まだ数分あるのでもうちょっとだけ。

で、2分くらいしてそろそろかと思い時計を見てみたらですね、7:30って書いてるぞ!

その日はまあ8:30って時間に行けば遅刻呼ばわりされないのですけども、

つまり後1時間で全てを終わらせないとならない、しかしいつも起床するのは6:30って書いてる時間、

そして最終防衛線である目覚ましを鳴らす時間は6:50って時間!

これはもう大人のたしなみとも呼べる電話「〜のため、〜分ほど遅刻します」のチャンスか?

遅刻してしまったら、石臼の刑が待っているのでは?

それも自分が挽かれるのではなく、罪の無い人をその手で挽き、その罪悪感に取り付かれるという後々効くタイプ。

とりあえず上着を脱いで、(上半身ハダカで)風呂を沸かして、(まだ上半身ハダカで)その間に弁当を作り、

(もちろん上半身ハダカで)弁当完成後沸いてない風呂からシャワーに切りかえる決意を固めて、

(ここでようやく逸しまとわぬ姿になって)速攻洗浄、服着て朝飯を飲んで歯を磨いて出発、

法定速度遵守で走ってたどり着いた時間は8:15。楽勝じゃないか。

つまりいつもの準備時間などにどれだけの空白、或いは余裕があるかが一目瞭然です。

とりあえず、間に合ったから良しとしよう。

にしても、その日の前の晩に限って、風邪薬飲んでないのに何故ぐっすり眠っていたのか。

風邪薬の副作用において王道とされている睡眠誘発効果ですけど、それに匹敵するぐっすりでしたよ。

このところ、風邪薬のお陰で結構深くて気持ちのいい眠りが多いんですよね、途中で目覚めず朝までしっかりした睡眠取れてます。

普段は強い雨が降ってきたり忍者が暗殺にきても対応できるくらい眠りが浅いんですけどね。

しかしその深い眠りが何故!飲んでない時に出たのか。

 

5月13日 第2494話「FUNNY ANGRY」 はれ
 以外は元気!声はもう一昨日辺りまで滅びフォントでした。

滅びフォントで色んな電話を強いられてましたけど、今日は聞いた事ある人はお馴染みのあの声に戻ってまして、

平常運行と呼べる程度の所まで復旧しました。いやー、平常時の声って素晴らしい。

喋ってると一部の人が頭を抱えてうめいたり、特定の素材に亀裂が入るけど。

そういえば、この間免許更新しに行ったときにマクドナルドに寄ったんですよね。二俣川の。

そうしたらテーブルとカウンター状席の所にプラグがあったが、あれって朝通勤する人に朝食がてら充電してって意味なのか、

学生達にオラ、ゲーム機充電してみろ!なのかよくわかんないけどやろうとしても出来ない画期的な試みですよね。

我が部屋の携帯ゲーム機を担っているDSですが、やっと画面を見てても痛くなくなったので、ちょろっと初めて今ネツィブ・メラハ。

ネツィブ・メラハも地球救済センターくらい知ること知ってたらショートカットできるダンジョンだったら嬉しかったんですけどね。

バイアスシティもある意味知ること知ってると無駄足踏まずに踏破できるんですけどね。

なんかもういきなり外壁登って12階のガラス破ってグラトノスに会いに行くとかダメなのかな。

男らしさ4桁のナース男気パンチとかでやれそうな気がするんだけど。

後うちのDS限定で、左と右が効き辛くなるという症状発生。逃げようとしてSMGグレネード撃ったりして困る!

そんなに酷使してる気はしないんだけどな、メタスラでそれなり、MM3でかなり、鋼の季節は使ってなくてタワーもそんなに酷使しないし。

って事はMM3一つで十字キーをこれほどまでに追いつめたって事か。

行動は体が覚えてるからカーソル記憶してないんですよね、カーソル記憶使うとどうもうまく行かなくって。

慣れると乗車下車の時とかは乗降コマンドの枠が出る前に決定できるようになるんですよ。乗降ゲージツと呼べるかは別として。

先に表示される指カーソルだけがフィールドにポッと出て乗り降り完了、くらいの速度。

それとかドッグシステムは十字キーに依存しないので今も普通に出来ますが、退却ゲージツのときはキツイ!

家にDSキープしたまんま修理ができれば言う事無いんですけどね。結局完全に動かせなくなるまでは修理に出さなさそう。

そうなったらもう諦めるしかないですからね。素直に修理です。

 

5月10日 第2493話「健康体への道」 はれのちあめ
 あ多少は回復してきました、残念でしたね。

もう訳分かんないくらい充血しててそれで目が痛くてしょうがなかったのもほぼ解消。

肩も案外普通まで戻ってきて、横隔膜は相変わらず、喉は一進一退、それ以外はほぼ大丈夫と言った調子。

最大の難点である凶星は未だに帰りません。

抹消と黙示禄とハルマゲドンと滅びと平穏と粉砕の嵐と放射された名誉回復とgleemaxのマナコスト参照ダメージと新ジェイスの-12能力と

トーモッドの墓所起動型能力と地ならし屋を出した時の誘発型能力とX=120の天才のひらめきと精神破壊が一まとめになって飛んでくる気分。

あと毒カウンター225個。もううちが新たなるファイレクシアです。

目に強い刺激を与えると痛いのでDSもあんまできなかったのですけど、そろそろやるかと思いながらも

録画したのを片っ端から見てる相棒がとまらなくなってそっちが優先、しかも気がついたらまた昼に再放送やってるしね。シーズン2。

そんなコンディションだったため、今日の暖かい陽気は私の体には気持ちが良かったです。

冬における布団の中のようなそんな一日。雨が降るまではね。

 

5月8日 第2492話「酒と薬の博物館」 はれ
 邪っぽくて左肺の横隔膜辺りが痛いので、今日の日記は控えめに。

昨日酒飲んだ時は調子良かったんだけどな。体温上がって心拍数も上がって血液回ったからだと思いますけど。

アフターケアが良くなかったんだろうかな。まあ何よりも凶星が家にいるストレスが甚大で、

立てばフセイン座ればヒトラー歩く姿はスターリンでお馴染みのアイツが千葉か塵に還るまでは諦めるか…

あと、相棒みまくって仮眠取ったら推理物の夢みたしね。おとなしくしてよう!

 

5月6日 第2491話「かえってきたガチコとオーバーデビル」 くもり
 付ガチコがかえってきました。

やってもらったのはエンジン周りの掃除、後輪タイヤの交換、保険の更新、アクセル周りのメンテナンス、

あとタイヤの空気圧やブレーキの調整のほか、燃料タンクにガソリンと一緒に混入、エンジンに送り込む事で洗浄する効果がある

特殊な薬品のような物を入れてもらいました。ボラギノールじゃないです。

なんか前に話を聞いた事があるのですが、これを燃料タンクに入れておくと燃焼効率が上がるんだとか。

その代わりガソリン残量に対して比率で入れるものらしく、2リットルのガソリンに対して一定量入れてもらったのですけど、

量が量だったので燃料切れギリギリまで乗って、どうにか薄めずエンジンに循環させるのが当面の目標になりそうです。

それからキックスタートの消耗も色々みてもらって、キックが凄くいい感じに。

後は時々40-45km/h程度まで加速するくらいのパワーを出して、エンジンのすすを吹き飛ばしたほうがいいみたいです。

走行距離に関しては結構走ってるといわれましたけど、たまに横浜にいってると伝えたらちょっと驚かれたり。

…そんなこんなで原付乗りつづける限りバイク屋の人とは長い付き合いになりそうな予感。

 …本当に予測どおり凶星がやってきた。こっちは長い付き合いにならなくていいので何か突然保健所が引き取りにきてくんないかな。