第2781話〜第2790話

昔の日記選択に  1番新しいやつに

 

2月11日 第2790話「エキサイトマーク」 はれ
 日は真っ暗で気がつかなかった。

いや、普段通ってる道にこの2-3日で新しくマークがあしらわれていたんですよね。

しかし昨日は日の出前だったからもれなく気がつかなかったんですけど、

今日は日の出後に通ったがために気がつく事が出来ました。

多分これは自転車などの進行方向を示して左側通行を促す、道路交通法で新しく採用されたマークなのか

それとも非公式ながらも分からせる為の記号なのかでしょうけども、

そのマークがまたエキサイトバイクのエンジン冷やすアレにそっくり!

なんかよく分かりませんが、通勤時間の新記録が出せるような気がしてきましたよ、見てたら。

当然ですがあるヤツ全部踏んでいきましたよ、車両は左側通行の遵守にもなりますし。

もうね、エンジンの調子はおかしいくらい、首を傾げるくらいいつも通りだったんですけど、

しばらくの間はアレのお陰で日の出後の通勤が楽しくなりそうですよ。

どうせならマリオカートの早くなる板とかソニックの赤いスプリングとか、よくわかんないけどショートカットが出来る地下トンネルとか、

デススロットルの超ダメージ受ける地雷とか、そういうのがあるとゲーム性も出ていいんじゃないかな、通勤。

 …最近水滸演舞をやってからなんか溝口誠プチブームが訪れてます。

春先まで引きずる可能性があるので皆さんそこんとこよろしくお願いします。

 

2月9日 第2789話「棒墓飛び」 はれ
 週水曜日は雪が降るともっぱらの噂でしたね。

お陰で4時起床モードってのが非常に大変だろうと思ったのですが、

思いの他安心できる程度でよかったです。雨は降ってたし行雪混じりだったけど支障はほぼありませんでした。

子供にとっては積雪しなくて遊べないという弱点かもしれませんが、私にとっては妙な不安や負担がかからない助かる天候。

2月は割と運が回ってきてるのかと思いつつ、昨日は税務署で生命保険の控除に行ったのですが、

源泉徴収票が今年の分無くって、せっかく並んでたのに帰ってくる事になりました。

あれこれあって明日あたり再発行申請してそれが出来るようなら貰い、

更に期日に間に合うタイミングで平日休みとかいけるチャンスがあればまた行きます。

だけど民間の保険って反映金額に上限があるんですよね。払った金額が上限を超えてるといくら払おうと一律金額反映。

企業と個人がやりとりしてる物に控除が効くってだけでもありがたく思うべきかもしれませんけど。

後私もそんな会話が出来るような大人になりました。健康診断でも採血とかがまってるような歳が近づいています。

この10年、正確には2003年5月9日に採血されて以来なのでちょうど今日で9年と9ヶ月ですが、

採血などで注射を打たれず健康的な生活を続けてきたのですが、もう抗いようのない注射の危機を迎えています。

一応、歯医者で麻酔のために打った注射はありましたが、あれは忘れるほど小さい苦痛だったので上出来です。

血を抜かれるのは軽度の貧血みたいになって辛いんですよね、肉体維持に必要な血液と体内の血液の差が小さく、

それなりの流血でもちょっとふらっと来る人なので採血はしんどいです。

単純に血液が足りなかったり血の状態変化一つで貧血気味になると、吐き気とかがするし、

立ってるのもしんどくって目は開いてても黒い斑点と言うかノイズというかで前が見えなくなるし、

呼吸をしていても酸素が体内に回らない感じがして、症状が酷くなると気を失いかねない、アレは辛い。

でも私の血液環境は貧血の可能性以外は悪くはなさそうですけどね。

前は正常値上限のギリギリだった血圧も今は正常値ですしと再び大人トーク。

意識的に緑茶を飲み、好きで更に緑茶を飲んだ結果かもしれませんけど。これが習慣づいてから血圧が下がってきましたし。

数年前の冬場はポットにお茶を入れてUOに望むくらいガンガン飲んでましたしね。

飲みすぎも悪そうですが、健康被害とならない程度の範囲だったのかも。

ただ熱い飲み物は食道にダメージを与えて食道がんを引き起こす可能性があるらしいですけど。

そういうのは気にしてたらキリがないので納得できる所は妥協して出来ない所は意識する、でいいんじゃないかなと。

…で、話は戻りますけど、2月は果たしてついてるのかついてないのかって事ですけど、

まだ良かれ悪かれなんですよね、今週辺りで判別できたらいいですけど。1月よりは少なくともいいです。

 …明日は4時起きなのですが9時には自由の身です。何しに行くんだろうな!

一度家に帰ってからどこかに行こうかな。或いは着替えを持ってその場で着替えてレッツ横浜の流れか。

 

2月7日 第2788話「ひょうたんから酒」 くもりのちはれ
 日は酒飲みながらの更新です。たまにはいいですね。

しかし缶入りのアルコール飲料として私の最も飲みやすいと判断していた、

チューハイ 果実の季節が売ってなくって代わりに買ってきたのがサントリーほろよいぶどうサワー。

中にはほろよい白いサワーなんてのもありましたが、残念だ、人間は色から味は分からない。

で、これなんですがもはや同等かそれ以上の飲みやすさで、缶のチューハイやサワーならではの喉を通った後のえぐみというか、

アレがほぼ全くないので、非常に飲みやすいです。ちょっとアルコールっぽいファンタみたいです。

で、酒の相棒は自分で作るんですが、焼きそば、炒飯、ほうれん草のおひたし、ひき肉と野菜のバター炒めなど炭水化物とカロリー高め。

全てが終わったら野菜重視の体と胃に優しいものを食べよう。あと作りながら飲んでます。

中でも焼きそばは会心の出来で、屋台とかで250-350円くらいで設定して売ってもいいくらい。は言い過ぎにしてもそれくらいよく出来ました。

材料費だけなら元は取れるけど設備費用や光熱費でとんとんかも。

炒飯もなんか本能で足りない味を補ってましたが、酒を飲んでると直感が働くのか足りない味ってのが何となく分かって継ぎ足すと

間違いがあんまりない気がします。迷いがないというか公開しないというか失敗しても気にしてないというかそういうだけかもしれませんが。

いっぺんこの状態で煮物とか作ればいいかもしれませんけど、なんか待ちきれなくって逆に悪くなりそう。

明日ブロック肉で作る予定ではあるんですけどね。

そんなわけでほろ酔い気分を楽しみます、また次回!

 

2月5日 第2787話「乱れ絶血華」 はれ
 日は雪らしいですね。それも夜間から積もる降り方をするらしいですよ。

一方私はというと、朝四時から出発確定です。

もう最近色んな事が起きすぎてこれくらいなら別に許容範囲です。

始発電車すら止まりかねないとかでいけるかどうかわかんないので、

ちょっと時間をかけてでも原付で安全運転していこうと思います。酷くても死ぬより悪い事にはなりません。

とか思ってたら戸籍上姉に当たるのが家に来てゲンナリ。とりあえず完全無視を貫く形で快適な暮らしを守ります。

なんていうか互いに干渉しないで済む場所に引っ越してくれれば嬉しい。

具体的には木星の衛星あたりがギリギリ許容範囲。

…そんなこんなで最近の生活環境が今一つなので、歪んだ集中力を持った私が久しぶりに現れそうです。

何ならリローデッド一日に10周してみようか?

溜めた録画を見ながらやっていけば案外現実的。3ん時も曲で入力のタイミングとか分かってたし、割とよそ見できたしね。

こういうことしてるからサイさんとか木箱さんみたいなツワモノ連中にへんな恐れられ方するのか?

だけどここいらでハッキリさせたい所が数点。ブレイズ&ブレイドで1700レベルくらいは割と普通ですよね。

メタスラ3のスコア全国3位ぐれぇってのは流石に認める、あとバトルバで気付いたら撃墜数4桁も認める。これについちゃ数回だし。

でもどれも結局のところは「気付いたらなってた」「出来そうだからやった」なんですよ、特別な努力とか一切無しに。

そう、誰もが出来る事をちょっとやっただけなんですって。

 

2月3日 第2786話「空気が春の匂いだ」 はれ
 日今日とそこそこ春っぽかったので、春と冬の境目に入ってるとみなす。

春眠暁を覚えずって言うけど、最近寝ても寝ても寝たりないくらいの勢いで、超寝てます。

そのお陰か最近非常に脳みそがスッキリしてます。といってもコンディションがいいわけじゃないですけど。

疲れやコリがないってだけで、心配事とかが全くないとか精神衛生面で最高の状態とは限らないんですよね。

考え事は一つだけとかじゃないし、面談とかそういった非日常行為もそこそこいっぱいあります。

…で、筆記試験なんぞもあったんですけどね、久しぶりに適性検査とかやりましたよ。10年くらいぶり。

10分で100問の傾向がある簡単な計算問題ってのは比較的定番じゃないですか、

あれって一体平均はどれくらいなんでしょうね。全部やりきるのか、大体これくらいで止まってしまうのかとか。

トレーニングすればベース能力以上の結果が出せるらしいですけど、そんなことせずにあるがままの勝負です。

で、100問全部埋めたには埋めたんですが答えの精密さについては絶対の自信はありません。

似たような問題も幾つかやって、最後に人間性を見るPDIでしたっけ、あれも成り行きでやりましたね。

この手のヤツをやると大体浮き沈みが激しいとか不安定とか断定できないとか時により判断にムラがあるとか、

それらの単語に共通する要素を見事に言い当てられると言う結果なんですが、

今回の結果もそれが出てるのかが楽しみなので、何とかして結果を知れたらいいなと思います。

 

2月1日 第2785話「ハンガーバーとハンバーガー」 はれのちあめ
 屋の片付けとして一番考えているのは、ハンガーラックの存在。

ワイシャツとかスーツとかジャンパーとかそういったものを吊り下げているほか、

付属の引き出しにてそれなりの物を入れたり、上の平べったい所にカバンを置いたり、

側面に帽子やカッパをぶら下げたりと大活躍しています。

じゃあコイツ必要不可欠じゃないか。って気付く事が出来ました。

これまで暫定的に使っていたんですけど、備えているギミック全てに依存していました。

ただ唯一のデッドスペースである、ハンガー部分の下。

ハンガー部分は2箇所あって通常の上着などがぶら下げられるのと、ロングコートを対応してる高さのあるのがあって、

後者の下のスペースが丸ごとあいてるんです、そんなに長いものをぶら下げてないからなんですけども。

そこで去年その場所にいい具合にセットできるコンテナを探したんですが果たしてそこに物を置いてどうする?ってなって、

そもそも今色んなものを入れてる引き出し部分がこれまた去年の物減らしのお陰で割と余裕あって、

そこに依存する必要が全くないんですよね。ってことでしばらく見送ってました。

それから数ヶ月、amazonで頼んだ物が入ってきた箱を後でたたむかとその場所においといたんですよ。

そうしたらこれがまた使い勝手がいい感じになりまして、普段あんまり使わないし窓際でも保存状態気にしなくてような、

↑どうでもいいけど「そ」だらけ!

…で、割と雑に保存できるって言い方も変ですが該当する物を吊り棚から下ろしてしまっておく事にしました。

なんだかんだであると便利。

…そんなわけで、完成されたこのハンガーはもはや我が部屋の一員として欠かせない存在となったわけです。

吊り棚の空いたスペースには見事に使用頻度の低いカバンが納まってますが、

それこそハンガーの一部に入れても良さそうなもんだろうに。

そこいらは既存の道具と空きスペースとを相談してうまくやっていくつもりです。床下収納開放に一歩近づいた。

といっても依然ハンガーとテレビが床下収納を封じ込めてる状況は何も変わらず、むしろ永続決定したわけですけどね。

この先価値観がもっと変わって物が減ったりとかすればまた何かが変わるかもしれませんけど。いまはこれ!

…でも、吊り棚の上はまだまだ片付けたいところなんですよね。カタンやドミニオンやG3-Xの武器とかあるし。

置くまで手が伸ばしにくい事を考えると、奥行きがうまく使えないんですが、

かといって引き出し収納をココに入れると今度は布団乾燥機とかスキャナとかが入れられなくなる。

使いどころが難しいけどその分うまく行ったらかなり有効に使えそう。けど今度は耐えられる重量の問題も出てくるので、

軽くてかさばるものが適任なんですよね。それこそカタンやドミニオン。

 

1月30日 第2784話「グハハハ」 はれ
 りたい事がそれなりにいっぱいあるのです。

何か熱は無いけど目はしんどく画面見るのもって時に突然昔書いた落書きの色々を思い出して書いたんですけど、

どうせならいっそのこと昔のノート引っ張り出して直視できる部分だけでもひとまとめにしてやろうかと思ったりしまして、

その野望実現のために普段あけていないほうの、、

アルバムとか年単位で取り出さなくてもいい物ばかり入れている床下収納をあけるんですが、それには

上に乗っかっているテレビとハンガーを動かさないとなりません。

そしてそれにはハンガー周りや収納の片づけを一緒にしたほうがよく、去年やった物の整頓へと繋がっていきます。

ガイアの剣か。或いはムーンストーンか。

目的までがすんごい長い。

あとは風邪引く前にやりたかった事もいっぱいあって、それを今順番に済ませて行ってます。

 

1月28日 第2783話「Bad january」 はれ
 度こそ、回復!

もうとことんまで悪くなってから回復しましたから、大丈夫。

どのあたりから話しますか、金曜日の夜かな。

喉だけ押さえれば後は大丈夫だろうという日中、一通りの事を終えて、家に着いたら気が抜けたのか、

ちょっと調子が悪い気がしてきまして、早めに寝る事にしました。

土曜の夜はninetyさんのセガサターンナイトがあるので、それの為も兼ねて。

と思ってたんですが夜中に起きて寝てを繰り返して様子がおかしいんですよね、体の。

熱とかは全くないですし、喉を維持する為になんだろうと思ってました。

所が肝心な土曜の昼になったら高熱さ。

フォントカラーが赤くなるって事はそれなりに高いんだろうと思われますが、そこまでは高くありません。

でも人間の体温としては正常の閾値を超えていて、38.1と言う数値をマーク。

結局行くのを諦めて回復に専念したんですが、右肩上がりってああいうことを言うんでしょうね。

午後7時現在で38.7、それまで一回も下がらずです。

このままでは本腰でまずいところまで行くので、バファリンを買ってきてもらって、いつでも食べられる物を大量に用意し、集中治療モード。

といっても食欲はあるので食事は普通に油物とか食ってました。今重視するのはカロリーとか燃焼要素。

後はもうストイックに大人しくしてました。ショウガ湯とか飲んで。

そうしたら凄いよショウガ湯。これまで寒気ばっかりでちっとも汗が出なかったのがどんどん汗が出て、

バファリンの鎮痛解熱効果も手伝って凄く快適。これやってたら昼夕方にこの処置してたら大丈夫だったんじゃなかろうか。

…で、朝を迎えるとあんまり調子よくなかったんですけどね。昨日無理しなくてよかったと思いました。

逆にあの解熱処理は朝昼にやってたらもっと悪かったかも。

日曜日は一日中大人しくしてました。バファリンの鎮痛効果によって痛みが無くむしろ気分がいいくらいです。

でも熱は安定しないし、目が物凄く痛いので結局ろくにゲームなどは出来ず。

そのためこの土日、寝て起きてばっかりで長かったです。体感時間4日くらい。安らぎがないのが惜しいくらいだ。

そして今日、浮き沈みが激しい熱は平熱で安定しました。35.5-36.5くらい。

平熱が低い人はこれ範囲の上限辺りでもかなり熱を感じるらしいですが、私はそこそこ高いようなのでそういう意味ではマシかも知れません。

大体37.5くらいから違和感を感じ出すので、37.1とかだと大体の場合ちょっと疲れてる時と変わんないって位です。

喉は電撃のブレスを吐いた後みたいな痛みを依然放ってますし、せきのし過ぎで一部筋肉痛ですし。

それでも元気に体が動くのが凄く嬉しい。毎度言うけど健康状態のありがたさがわかる。

こんな週末を迎えてましたよ。

 …にしても、1月はどうも個人に対するつき周りが悪い。上記の風邪とそれでいけなかったサターンナイトもそうだけど、

これまでの環境がやたら変化したりして負荷はかかるけどそれを緩和する娯楽と言うかそういうのがないのよね。

ここいらで何かいい事があるといいんだけどね。はどーけんがうてるようになるとか、使い方の分からない法力を習得するとか。

とりあえず今の調子で続くなら明日いきなり2月1日でもいいくらいだ。

 

1月24日 第2782話「グランツ・ーリスモ」 くもりのちはれ
 から話そうか。

まず屋根の事ですが、雪が溶けたらちゃんと雪止めが見えまして、心配事が一つ片付きました。業火の王の助けも要りません。

で、あれこれあって風邪引きました。

事の始まりは一昨日の夜です。家に帰って水を飲んだらせきが出まして、器官に入ったとかかと思ったんですけども、

それにしては非常にしつこく執念深いせきでして、これは風邪の前兆だなと理解しました。

次の日は特別症状が悪くないと思って目覚めた朝の4時。既にマスクを装着して悪化を抑える意欲は溢れかえってます。

この日は朝適当に色々やってマスクをつけたまま面接試験じみたものに挑み、早々に家に帰って感じる寒気。

家に帰るたんびに悪化するのが今シーズンの風邪の特徴か。

最もな理由として、風邪を引いた親父と言うキャリアーが家の中をマスクせずに闊歩してるので、物凄く納得がいきます。

でも移されて悪化するのもイヤですし、家の中でもマスク継続、更に午前11時にして翌朝まで寝る決意を固める。

それからずっと寝てましたね、起きる時はトイレか水分補給か食事。冬篭り前の獣より獣に近い暮らしぶりです。

しかも、食事に至っては5食位摂取してましたしね、胃袋はやけに元気。横になりながら平気でから揚げ食いたくなってましたし。

そのお陰で総取得カロリーは高く、体内の菌と戦う燃料は豊富にあったため資源の差が圧倒的過ぎる戦いみたいになってました。

体が発汗するのは遅かったんですけども、それからは早かったですね、熱が落ちるのも。

寝返りを満足にうてなかったので肩と腰は激痛でしたが眼精疲労とかそういうことも無く、割と快適な病み上がりです。

だけどマスクしっぱなしで寝てたからずっと見てたのが、忍者の夢。

もう頭巾の巻き方から何からを学んでて、こうすれば口元だけ開閉できる頭巾の巻き方になるとかそういうのを学んだり、

夢の中で口元を開くと目が冷めたらマスクをあごに降ろしてたりするんですよね。あと器用に鼻だけ出してたり。

…にしても、風邪ってその気になれば根性とか執念で治療速度を上げる事が出来るんだな。

一応風邪薬も一日三度服用してたってのもあるかもしれませんが、治ってよかったってのと、

インフルエンザにかかった人に数日前接触していたので、そっちじゃなくてよかった。

 

1月21日 第2781話「Yane-Yuki」 はれ
 た雨か雪かが降る降らないって話があるそうですが、

前回の雪が残ってる我が家の屋根。

周りの家の屋根はほぼ全て溶けきってると言うのに、一軒を除いて。

その一軒はうちと同じく、北向きにそれなりの傾斜がある屋根です。

こうしてみると北向きの傾斜って太陽から受ける熱量結構違うが出るんだなと実感。

それはそうと不安なのが、屋根に雪を止める為の突起がうちにはなさそうなんですよね。

少なくとも1階部分の屋根には無くって、見事にそれらは滑り落ちました。

2階部分は見えないってだけで実は埋もれながらも存在してるかもしれませんが、とりあえず見えません。

日を重ねて雪と言うより氷塊になりつつあるそれがある日落ちてきて人に当たったらダメージでっかそうだぞ。

そんな中次の雨か雪かって話じゃないですか。今晩雨でそれで洗い流してくれればいいんですけどね。

愉快すぎるくらいの音がして屋根の雪と氷の中間の物体が壮絶な最期を人知れず遂げてればそれはそれで。

いや根本で、雪止めが実は存在していてそれがちゃんと機能していた、とかだったら理想的ですけどね。

何なら業火の王を名乗る何かがうちのコンロから我が家を燃やさないように気遣いながら玄関を飛び出し、

そのままハイジャンプして屋根のそれを溶かしてくれたら嬉しいんだけど。

後はあれかなー、やまだのじゅつ。雪を持ち上げてそのまま隣の家にポーン!ってぶつけたりしてね。

或いはホースで水なりお湯なりかけて人力でどうにかするとか。そこまで飛ばせる水圧が得られるかわかんないですけど。

最終的には私がフォトンマットで飛べるようになるとか、ボガーダンのヘルカイトを呼ぶなどそういう方法になると思います。

 …明後日、ちょっとしたマジメ事がありまして、それが終わればその日は12時を待たずに開放でちょっと一息ですが、

また別のマジメ事が待ち構えてます。後一つ、言うとするならばその日は例の4時起きの日だ。