第2791話〜第2800話

昔の日記選択に  1番新しいやつに

 

3月4日 第2800話「Good and Like」 くもりときどきはれ
 近よく混同されてると思うのが好きと良い、嫌いと悪いだと思う。

好きなものは良い、嫌いなものは悪いって感じで混ざっているような言葉をよく見かけたりします。

でもそれって判断材料としては強力な存在感だけど必ずしも一致じゃないんですよね。

私、ギャンブルは好きではないのですがそれ自体は対価を払って行っているので悪いとは思ってませんし、

悪いのはその対価を用意する為に悪い行いをする人間であったり破滅するまで止められない事だったりするので、

失っても差し支えのないものを対価として遊ぶ分には別に良いんじゃないかと思ってます。

MtGのブースターも広義的に捕らえればそれですしね、300円ちょっとのブースターから3000円のカードが飛び出すこともあれば、

箸にも棒にも引っかからない物が飛び出してきたりすることもあるわけですし。

それに命を懸けるんじゃなくて、ちょっとした運試しで買うくらいでやればギャンブルですが決して悪ではないはず。

あと、ファブリーズCMのお父さんがピエール瀧から松岡修造になったこともピエール瀧が好きだった身としては惜しいけど、

変化そのものは悪くなくって良くなったと思う人もいるでしょうし、良い悪いだけ観点で考えると本当は±0のニュートラルかも。

そんな風に良し悪しと好き嫌いは分けて考えられたらいいかなと思う今日この頃。

 々話に出てくる自転車の左側通行マーク、通称エキサイトバイクのエンジン冷やすあれですが、

この間役所に行った時に通った道に、これまで見たやつ以上にでっかいのを見かけまして、

ひとたび踏んづけたらオーバーヒートなんて無縁の走行を保障されるどころかエンジン冷えて止まるんじゃないかと思うサイズ。

或いはエンジンがかなり冷やされた挙句に超加速のオマケまでつくかですよ。マリオカートなら目の前のクッパとか吹っ飛ばせる位。

連続して踏んでいったらその先にある大きい合流でワイワイワールド2のトラックのボスみたいになると思います。

そこらじゅうの家とか建物にあたった車両を吹き飛ばし突き刺しながら合流を済ませてそのまま疾走、しかる後に速度超過で捕まるけど。

いや、そんなシステム道に設置しちゃダメだよ。踏む事が免許停止への第一歩じゃないですか。

やっべぇ、面白半分に目一杯踏んじゃったけど原付大丈夫かな。ある日突然スピードメーターの最大が270km/hとかになってないか心配。

加速しすぎで30年前とかにいっちゃったらその頃免許とってないから滅茶苦茶怒られそうだし。

でも当時はヘルメットなしでも乗れたんですっけ、怖くてそんなことできませんけど。

それと道路交通法が今と細かいところで相当違いそうだからその辺も不安、ちゃんと走れるのかな。

何より無事帰ってこれるかどうかが不安、1983年にあのマークはない!

厚木基地とかに乱入してロケットエンジンでも積み込んでこないと帰れないかもしれないぞ。

当時は新幹線だって昨今の顔が超面白れぇヤツ片っ端からいなくって今は退役したような車種ばっかりですし、

そういった車両を持たない民間人に270km/hって速度は中々出せないんですよ。

私の能力だってダブル烈風斬すらコマンド入力も実際に手からも出せないし火砕流に巻き込まれれば即死します。

いやそれについては今でもちょっと生存は難しいけど。

って事でこの日記がかなり長い事更新されなかったり、突然ふるーいネットのページとして素行観察が現れたら、

過去の私が1990年代半ばから後半頃までしぶとく生き残ってこれまで書き溜めた分を更新したんだろうなと思ってもらえればと思います。

ああでもsilvertank、今日2800回目の日記で来週ごろには13周年ですよ。案外しぶとく続くもんですね。

 

3月2日 第2799話「三月音頭」 はれ
 ず最初にご案内!

クインデキムの再販された分がサブマリンさんに行ったそうで、

既に関東の該当店舗には陳列されているかと思われます。

で、取り扱い店舗は全部で15店、案外多いですね。

東京は全ての始まりともいえる秋葉原RPGショップは勿論の事、

他にも池袋ゲームショップ、新宿ゲームショップ、京王八王子店。

埼玉は宇都宮店、プレイソフト宮原店。

千葉は千葉ゲームショップ。

神奈川は私がよくMtG見に行くで御馴染みの横浜店、川崎店。

愛知は名古屋ゲームショップ。

大阪はなんばゲームショップ。

京都は京都店。

広島は広島店。

本州の外にもどうやら出てるようで北海道は札幌店にまであるそうですよ。

そして、神奈川と東京の狭間で揺れる都道府県所属論争でかなり名前が挙がりやすい町田店。合計15店舗です。

…すげぇ、札幌とか広島なんて行った事無いよ。作った人の知らない土地にまでいっちゃったよクインデキム。

この日記もある種の世界配信なんですけど、自分が作った「作品」が姿形のある物体として遠くの土地へ行くのはまた違った感覚ですね。

在庫の配分はサブマリンさんの判断にゆだねているのでばらつきはあるかもしれませんが、

取り寄せとかも出来るかもしれませんのでなかった場合は問い合わせるのも手かもしれないです。

 ろんな約の変更とかそういうのが落ち着き、先月準備不十分でしくじった確定申告も終わらせて、

面倒な事は大体終わった気がしますが、それと同時に冬も終わった感じがしますね。

3月入ってからハイ今日から!って身の切りかえしっぷりで暖かくなった気がします。

水曜日の雨が終わった辺りからそれっぽい兆候もあって日中はマフラー無くてもやっていけそうなくらいになりましたし、

先週の水曜日は雪だったのも今週は雨でしたしね。暖かい食べ物のピークが終わると思うと寂しいけどずっと冬ってのもなんなので、

そろそろ季節が変わって一年先の寒い時期を楽しみに待つとしましょう。寒いの嫌いだけど冬は好きなんですよね。

暖かい食べ物、寝心地のいい環境、楽しいイベント等々盛りだくさんですし。

どうあれ、暖かくなってきたのでだんだん口から自然とけけトロニカが出てくる事も減りそうです。

日曜日の半分を失う暮らしになるのはちょっと痛いけど全部ないよりずっといいと割り切っていくしかないかな。

次のボードゲームの話し合いとかそういうので早速調整が手間って状態になってるけどね。

 

2月28日 第2798話「今月のお知らせ」 はれ
 ず最初にご案内!

去年11月に頒布されたクインデキムですが、再販の準備が整ったと言う事です。

とりあえずまたサブマリンさんに並ぶみたいです。どの店舗に並ぶかは私もお楽しみに!

横浜とか町田に並んでたら確認しに行ってみようかな。手にとって遊んでくれたら嬉しい所存。

 当箱を買いました。

そう、弁当箱を買ったんです。

久しぶりに日記を見に来た人が居たとするならこんな当たり前のことを推すように言う理由が分からないかもしれませんが、

前回の日記の後半を読んでいただければと思います。

読んでいただけたでしょうか?そのうえで改めて言いたいと思います。

弁当箱を買いました。

もう家にあった弁当箱、使ってみたら悪いんじゃなくて用途に合わないってのが分かったんですよ。

懸念してたようにカバンにうまく入らず、またおかずスペースも大きくて、洗うのも以前に比べ手間アップ。

長所を見出せずに昨日買ってきました。今までのと似たタイプなんですが容積はちょっとアップしていて、

それこそ前回お伝えしたあの箱と総容積は変わんなさそうですが大事なのは一段タイプである事。

カバンにはちょっと横幅がきついかもしれないけど入り、ご飯とおかずの比率を変えやすく、洗うのもちょっと楽。

今回のは中蓋があって上蓋との間に箸が入るデザインなのですがこれは僕にいらない。

でもこの中蓋がないと中身が隙間からエクソダスするので必要不可欠なパーツ。

外したとしても分厚さは変わんないですしね。

更に今回大きくなったのはカバンに入れるにはデメリットですがちょいと図体が大きくなった事でご飯を無理に詰める必要が無くなり、

余裕を持って色々詰められるようになりました、前回は手羽元とか入れたら高さの面で辛かったですし。

コイツは一長一短だ、しかも弁当と言う習慣に心が折れた時でも納得できると言うか諦めのつく400円くらいと言う価格も最高だ。

当面はこの弁当箱とうまく付き合っていく配分を考えたり新しい物の使い味を楽しんだりで昼飯が楽しくなりそうです。

 …カルドセプトをダウンロード版ですが買いました。ダウンロード版って買ったって表現がちょっとしっくり来ないですが買いました。

結局布教の王木箱さんにしてやられた形ですが、ネットで言葉だけでどんどん後押しされたりしてる人に言いたいのですが、私は

彼の家で数時間に渡って他の妨害も無くカルドセプトをやると言う状況にいたので、並大抵の力では抗えないにはお察し下さい。

 

2月26日 第2797話「二階建て弁当」 はれ
 晩なんか見た夢で、

晴れてて窓開けてるけど突然スコール或いはブリザードが吹き込んでくるので防ぐってのを繰り返す内容で、

しかも雨樋とか屋根が軽くやられるとかそんな所まで至ったり至らなかったりしてました。

目が覚めた時家の心配しましたけど夢の中で自宅って未だに古い自宅なので、そうだと我に返っておしまいでした。

見ている真っ最中もですが。起きた後も余韻とかでしばらく幸せになるような夢見たい。具体的なのはわかんないけど。

…それはそうと弁当箱を交換する事になりました。

弁当と言う制度を導入して早二年。普通にやっていけるとわかりましたので、消耗した弁当箱も新調しようかと。

これくらいなら続かなくてもいいかなって位の弁当箱を使っていたんですよね、今まで。使い味はかなり良かったですけど。

それでネックストゥ、イーズ!ミー!な弁当箱を探すんですが、ちょうど家に使ってないのがあったのでそれを採用。

今までと明らかに容積が違ったりしてますが、まずは使って決めようかと。

ご飯6.5-7、おかず3-3.5位の配分でいい人なのでおかずスペースが大きいんですけどね、今回の。

二段式だから前回の一体型と違って配分変更が聞かないのとパーツあるから洗うの大変そう。ってのが懸念要素で、

追加ボーナスとしてカバンにちゃんと入るのかどうかと言う点も見逃せません。

とか息巻いてて割と早い段階で落とすなりして壊したりして。

 

2月24日 第2796話「普通に遊んでた」 はれ
 んか突然木箱さんちに行く事になったので行ってきました。それもかなりいきなり。

何をするのか言わなかったのでとりあえず聞かずにそのまま行きましたが、

もはやオフ会とかそんなのじゃなくて単なる友人同士の何となくな遊びですよ。それこそサイさんちいって来る感覚。

大きく違うのは「はじき」のきである距離が直線で50kmくらいある事だ。

しかもただの50kmじゃなくて関東平野でも50kmと言う距離の突破が以外に手間である地域を通過した50km。

大航海時代くらいの船の大砲が届くくらいの距離にあることで御馴染みのサイさんちとかジャジャさんちとは訳が違います。

でもいきましたー。

この間大人になって移動力が伸びたとは言うが、何をするかも分からないまま移動する距離とは言いがたいのに。

もっともそういうのはしばしばやってるし、私を良く知る人間は乗ってくると分かってるからそういう仕掛け方をしてくるんですよね。

年末のジャジャさんちに泊まりに行った時も帰ってきて、明日の身支度している所に電話がかかってきて、

今飯食ってるけど終わったら家に寄って連れて行くわ(一泊増加確定条件!)って言われ、

二つ返事で大丈夫と言ってそのまま泊まりにいくとか、

サイさんに至っては食事の準備が完了しようと言う時に食事に誘ってきたりします。

結局喰ってから更に行く事になることもありますが、結局行ってます。

でも私もそういうのそれなりに経験してますからね、大体の場合はなんかそんな気がして構える用意を出来る時はしてます。

…それで昼食とってカルドセプトの通信プレイを日が暮れるまでやって、ダズルって言う2人用のボードゲームをやったりして解散でした。

本当に気軽に遊んでたってだけです。

MMBARやるからそれの話でもあるかと思われそうですが、昼食中にちょっとあった程度でそれ以降はほぼ皆無。

ただ、カルドセプトはダウンロード版にするかソフト版にするかで迷ってます。

正確にはSDカードを買って入れたいんだけどどうぶつの森他もろもろのデータ移植ってどうやるんでしたっけ?ってのが気がかり。

一方ダズルはコンポーネントもお洒落でルールも割と単純なんだけど、えらく頭を使います。

カードを使うゲームでありかつ行動選択が重要なゲーム慣れてないと1度のゲームでも結構疲れるかも。

そこさえ突破すれば二人向けとして所要時間もそこそこで小回りの効くいいゲームだと思います。

最近頭を使うのも業務的な頭を悩ます事とかそういうのばっかりで脳みそが考える事に対してうんざりしてたけど、

カルドセプトとかやってる時は脳みそが積極的に考えにいってた。人間自分が本心から積極的になれる事をやってると、

精神や肉体が疲れようとも構わないと思ったりしてそれを実行していられるし、充実するってのが他の動植物との決定的な違いでしょうね。

…それにしてもなんか単純に誰かと遊ぶだけって過ごし方かなり久々な気がした。いい。

 

2月22日 第2795話「致死茶-フェイタリティー-」 はれ
 てくるポケモンが全部男前なのって売れねぇだろうなぁ…

それはそうと!ちょっと前に役所に行って必要な書類が足んなかったんですが、揃ったのでやっと役所にいけると思ったら、

今度は役所に行くタイミングが無かったりして難儀。

それ以外でもまたなんか色々役所に世話になることになりそうです。

でももう少ししたら書類関係の面倒は落ち着きそうです、新しく日常生活の面倒が発生するわけですがね。

そうだそんな時はFATALTYだってばかりにyoutubeでモータルコンバットの動画見てカーティスストライカーカッコイーとかおもったりね。

でも爆弾FATALTYは3くらいの相手に爆薬をまきつけてから距離をとっていい仕草で爆破確認するのが好きで、

相手の腹に爆薬埋め込んだあとに背中を向けて腕組んで仁王立ち、ってのもかっこいいけどあのひょうきんなポーズの方が好きさが上。

あとX-RAYもストライカーのはリアリティがあってかなり痛そう。

トンファーで思いっきり目の隣辺りをゴッスーン!っとぶったたくあれ。

最後のスタンガンは最初にやったほうがいいと思う意味で、意味がわかんないけど電撃の能力じゃなくてスタンガンってのが痛そう。

静電気とかの感電の激しいのがイメージできるから、その辺ではライデンより高ランクの電撃じゃないけどライデンより明らかに痛さが分かる。

とりあえずモータルコンバットのwikiとか見てたら止まんなくなったのでこの辺で!

 

2月20日 第2794話「けけトロニカの向こう側」 はれ
 点と視角の話。

人って結構今自分が欲している情報とか意識している事に

腹が減ってると多分見える人の印象を外食ならこれを食べてそうとか、その人がお腹すいてるかどうかって少なからず考えると思うんです。

他にも自分が浅草に行くという場合、周りの人が浅草に行くかどうか、或いは行き先そのものってのを意識するような気がします。

一番分かりやすいのは通勤通学じゃないでしょうか、学生なら似た目線ならどこの学校に行くのかとか何年なのかとか気にしたり、

無意識に社会人等をフィルタリングして学生だけを探したりするかもしれませんし。

社会人の場合は一緒に電車に乗ったりすると業種とか気にしますよね、多分。

平均的な時間であればオフィスワーカーや工場勤め、オフピークの遅い方なら出勤後に会社から何処かへの出向、

早い方なら直行の出張かもとかあれこれ考えを張り巡らせたりするような心理。

…そうやって考えると自分の今の状態がそこはかとなく分かると思うんですよね、状態じゃないにしても心のおき方。

で!今朝の私なのですが昨日は読みを外し雪に打たれて凍えてヘルメットのフェイスカバー外面に雪、内面は気温差による曇りで

恐ろしく視界が悪い中原付で走り、今朝も今朝で一番冷える時間に疾走。

ちょっと前に話をしたエキサイトバイクのエンジン冷やすあれ踏んでもちっとも気分が高まらない。おのずとけけトロニカを口ずさむ。

オマケに左側通行って文字もあって何なら記号がいらないくらいの事になってたのですが、あの記号は大事。

そのような仕打ちを受け、今日階段を上ってる時にポスターを見たんですよね。

そこには地域に元気をって見出しが書いてあったんですが、それチラッと見た時地獄に元気をって見えちゃったのね。

元気な地獄ってどんなだろう、けけトロニカは流れてないだろうけど。

鬼のリーダー格のヤツが雄たけびを上げて他の鬼も雄たけびを上げる世界?

あと盛り上げる為に従来の金棒にあったトゲトゲを信管にして叩きつけると爆裂する仕組みにしたりとか。

なんならもうドーム球場と針の山のハイブリッド(ドーム内部は勿論灼熱)とか、観覧車(下半分は水銀の海に水没、一周2時間)などの

そういった事業も手がければいいと思うんだよね。

あと鬼にボールをぶつけるんじゃなくて、「もるどふ」のダッシュジャンプシュートをぶつけられるだけのアトラクションとか。

レストランとかも作ればいいと思うな、メニューがアンパンしかないような。

って言う発想をしてもね、最近なんか劣勢を強いられる発想を持った相手が居るんですよ。

そいつは昔の私、ランドセルしょって靴下を履くことに強いストレスを感じていた人間ですよ。

何かを考える時に当時の発想を参考にしようと落書きを見たりするんですが、

埴輪に自由の女神のコスプレさせたりしてる隣でモアイが組体操やってる世界とか普通に描いてるのね。えれぇ雑に。

あと、モアイが次々出てくる穴の出口に歯磨き粉みたいなチューブがあって、

モアイの頭に中身を練りだして載せカタパルトで発進させるという全く分からないメカニズムを描いてて、

それが何を意味してるかはアレから十数年と生きてるけど未だに理解できないどころかむしろどんどん理解できなくなってく。

今奇妙な組み合わせを考えようとしても中々行き着けない所にすんなりと立ってやがるんだ、アイツ。

大人になって移動力とかは伸びたかもしれないけど狭い隙間とかに入りにくくなったってのは物を作るにあたって弱点でもあるなと。

だけど読み返す事である程度は取り返せるので、そこは大人の有利な所として勝ちに持っていけます、決して勝てない相手では、ない。

あと、発想に関しては珍奇な環境におかれてるってのも大事かもしれないんですよね。

そういう意味では最近のゲームに育てられたゲーム好き同士の話し合いを録音して聞いてると面白そう。

 近twitterで非生産的なツイートばっかりしてるけど、

あの場所は情報集め連絡手段としては良くても自分にとって発信表現には向いてないかも。うまくやってる人もしばしば見るけど。

宣伝には有力でも生産には向いてないフィールド、っぽい気もします。イラスト動画ニュースあれこれにしても外部依存ですしね。

少なくともあのハードルの低さは意思を試される。

…で、そろそろ何か生産的な行動をとりたいような気もしている今日この頃。

上に書いたような昔の自分を見てると特に何か動かされる物があるんですよね。

しかしながら身の回りが落ち着いてからかなーと考えてしまい停滞気味。

今ちょっとだけですが以外にもゴチャゴチャしてまして。動く時めまぐるしい分何も考えなくていい時は何も考えたくない事もしばしば。

バトルバ対戦会も何事も無ければ2月のうちに出来そうかなと思ってたんですけどね、私自身が土日休みが不安定になりましたし。

 

2月18日 第2793話「対照的な日曜」 あめ
 日日曜日は前回の日記とは対照的に一気に自宅でのんびり。

外出意欲は大幅に満たされたので、朝から買い物に出てそれから一気に篭城。

親父が気軽にレゴ人形はどこにあると聞いてきたので、

まさかうちに100体を越える人形と数十のビークル、十数枚のロードプレートなどがあるとも知らずに。

その全てを出しておいてあげましたが、一番大事な家と人形とかは自分の部屋に残して吊り棚に置いときました。

でも、固めてしまってただけだから修復とか多分できないだろうな、アレは自分じゃないとわかんない組み合わせとかいくらかあるし。

それで空いたスペースに何か入れようと思ってるんですがその何かが見当たらず。

床下収納は構造上気軽に開けづらく保存環境もいい場所じゃないので精密機械とかは気楽に置けないんですよね。

あと頻繁に引っ張り出す事も無いから使用頻度の高い物はあんまり入れておけず、いやに持て余すスペースです。

早々引っ張り出さない物として、マジメな書類ってのもあるんですけどね。

、それだよ。

いやいやいや、それでも書類関係は一点集中で保存しておいた方がいいだろうしこのままの方がいいんじゃなかろうか。

そんなこと考えてたら何も入れられないでやんの。この場所に入れるようなものは去年片っ端から処分しちゃいましたし。

でも現実的なのは書類関係なのかなぁ。年に数回くらいしか引っ張り出す事ないし。

この床下収納を使いづらくしている要因であるパズルマットの見直しとかも考えるべきかな、こいつ結構いいんだけどな。

そうやって考えていく事で理想の部屋になるってのが部屋の醍醐味。

 

2月16日 第2792話「濃縮異国情緒」 くもりのちはれ、かぜつえぇ
 近行きたいと連呼していた横浜に行ってきました。

今日は商業地ではなく観光都市、みなとみらい近辺を重点にと言うよりはそちらがほぼ全て。

朝、食いたくてしょうがなかったハムチーズサンドを喰らって風が吹いてるのをお構いなしに出発。

いつもの道を寒いけど気持ちよく移動、こう言う時用に買っておいた防寒ズボン大活躍、太ももが寒くない。

手先足先顔面の一部以外は快適です。マフラーとフェイスガードつけてても防御しきれなかったですけどね。

そんで横浜でいつも使ってる駐輪場に原付を置いて、横浜駅から桜木町まで徒歩。

距離はそこそこありますが、案外歩けます。私の好きなルートでは日産の本社ビルを通り抜けるんですが、

今日は何やら催事なのかラジコンでコースを走らせるイベントやってました。

ちょうど上から見られる形になっていたので、ちょっと見学。ついでに面白い車両を発見。

なんかこういうのってあこがれるんですよね、ハンドルがバイクみたいになってる一人用バギーとか。

悪天候や苛酷な気温環境には弱いですけど、そういうのを考えなくても乗りたくなる魅力があるというべきでしょうか。

密閉できる荷物の積載スペースも見る限りあんまりなさそうですし、バイクのような渋滞突破能力もないので、

趣味とかで乗る分には、かも知れませんが。

そんな日産本社を突破して、大きい車道からちょっと外れると大規模な歩行者天国のような通りがあるのでそこを踏破、

なんだかんだで桜木町に到着、ココからは観光地周遊バスあかいくつで気分次第の行き先決定。

一番前のいい席が空いていたのでそこに座ってレッツ行き先決め。

中華街経由のヤツは結構人が乗るんですが大半がその中華街で降りるのでその先に行く人にはそれまでが山場。

赤レンガ倉庫あたりも若干降りますけど、桜木町からいい感じの歩道が延びている上に歩けるので利用者そこそこです。

何より中華街は名所である上にこのルートのバスで行けるほぼ一番桜木町から遠い場所の一つってのもあるんですよね。

この先は普通の住宅地になりかかるような地域で、高台の外人墓地があるような公園まで行って引き返し、

そのまま海沿いを走って桜木町に戻る形です。

で、だ。

私は乗ったまんま、その高台の公園である港の見える丘公園を通過していったのですが、

目の前の赤信号を待つバス、まではいいんですけど何故か誰もいないバス停で入り口のドアを運転手の人が開けるのね。

どう考えても私の探知できる手段ではそこに人間は居ないのに。

場所柄、あれか。すげぇ。

それで私は海を近くで見たいと思って山下公園で下車。海からの突風がまた強烈で帽子かぶってたら間違いなく飛んでた。

氷川丸とか見たり、どう見ても危険がないのに危険と言い張る看板と柵を発見し、

真ん中の石像が多分攻撃してくるんだろうなと思ったり、海沿いの歩道がやけに濡れてるのにもかかわらず、

お構いなしで柵に手をかけて海を見てる二人が居てタイミングよく波がきたら冬はキツイよと心の言葉で警告を送ったり、

大桟橋付近で津波の予想図を見てたらこの近辺先の高台を除いてほぼ浸水と言う状況を目の当たりにし、

なんか本町に引き返したりしてなんだかんだ見回ったりして中華街へ。

ちなみに山下公園の下車ポイントから中華街は本当にすぐそこで、人がいっぱい降りる中華街口からほんのちょっと言ったトコくらい。

この位置関係が分かると、いかに中華街バス停が高い汎用性であるか分かります。そりゃあ皆降りるよね。って。

それでショウロンポウで御馴染みの小龍包とか、エビチリ春巻きに店先の定番豚まんなどを喰らいながら中華街を闊歩してると、

思いの他多いんですよね、占いの店。それとお守り。

向こうの人は結構ゲン担ぎとか縁起物とか日本以上に意識してそうですからね、国柄の文化を日本に居ながらして伺えるいい場所。

あとしっかりしたお店は店の脇にゴミ箱とか置いてて食べた後の箸や器を捨てる場所があるので安心。

これは国柄かもしれませんが、紙包みとかそういうのも当然大量に生まれるんですが、道は綺麗なんですよ。

個人の心がけと住んでる人の努力あってかもしれませんが。

とりあえずそんな感じで食べて歩いて楽しんだので、横浜まで戻って置くかと電車で横浜、そこから祖母のお参りに行って帰宅。

横浜の魅力って明治から入ってきた150年程度前の西洋文化と、中華街で中国文化がそれぞれ存在していて、

この場所だけでなんか色々見れる上に気軽に楽しめる所かも。これくらいの時期の古い文化って割と好きかも。

それ以上古い日本文化に触れたい方はちょっと電車で鎌倉、も現実的に出来ますし、買い物スポットも充実。

まだまだ見る所見たい所あるかもしれないな、横浜。

そして未だにアウェーな感じがいっぱいの横浜。

 

2月14日 第2791話「ライフウィーク」 くもり
 週は命を考える一週間。

今週は身近にある/あった命が始まったり終わったりする日が立て続けに並んでるんです。

なので死生観とかそういうのを見つめなおしたりとかして置いたんですが、

そんな中終活をやっている現場に出くわしまして。

就職活動の就活ではなく、終了活動、いってみれば自分の人生の最期のあれこれを自分で構築しようと言うもの。

葬式の手配とか、墓石の確保などなどを今のうちから考えておくって事なんですが、

多分大事だと思います、今から決めておかないといつ死ぬかわかんないですし、死んだ後は何もいえませんし。

まあそれ以外にも死ぬ以外にも生きる事を考えてみたりして。

とりあえず今年の目標程度の事から死ぬのが何故嫌なのか、生きる事の理由とかその辺を考え直したりしてましたが、

終活の催事場を凝視してたらスタッフの人に家族の事かといわれたんですが、

まさか自分の為に見ていたとは思うまいに。

それでまあ自分もいつかは死にますから気になりまして。って返しておきましたがほぼ本心です。

でもいつか死ぬしいつかってのが今日であるかもしれないわけですから、そういう意識って大事だと思います。

それを持っていればある程度は危険を下げる事もできるでしょうしね。

…で、それとは全く別の要因で気分の浮き沈みが激しい今日この頃です。

低空飛行が続くのもしんどいけどこれもこれで。

2月は1月よりはいいけどそれなりであるのも確かっぽいぞ。

 …昨日、音楽フォルダ整頓してたら血が沸いてきてずっとやってたら更新忘れました。