第2811話〜第2820話

昔の日記選択に  1番新しいやつに

 

4月18日 第2820話「もう一度この土地に」 はれ
 HDDの録画をDVDに移植するのも落ち着いたので、ついに初期化をする事にしました。

それで最初は軽めのリセットだったのですが、それでは改善しなくって一歩踏み込んだ初期化をしたら無事録画可能になりまして、

遺留捜査もしっかり取れてました、糸村さんが3分間喋る時間までいけますし、その3分も安心していられます。

まっさらになってしまったのでまた再構築と言うか少しずつ環境を整えていこうと思います。

で、録画してる間は延々とシレンばっかりやってたんですけど、この度こばみ谷をクリアしまして、

おまけダンジョンで遊べるようになりました。

でも武器や防具をむやみやたらに強くしたりしてみたいので、まだまだこばみ谷の冒険は続きそうです。

それにしてもこのゲームシリーズって細かいところで劇的な事が起きるから楽しいんですよね。

いけると思ったら横槍一つで壊滅的状態に陥ったり、逆に絶望的状況から動いたら地雷を踏みつけて敵を殲滅できたり、

偶然と計算とががんじがらめになって起こる過程と結果、これに魅せられちゃうんでしょうね、このゲームが好きな人は。

ちなみにシレンの名前は最初「いたみん」にしてたんですが、改名できると知り「えんすい」にしています。

えんすいこと円師ジジイについてはこちら!若き日の物語って設定で進めてます。

だとするとイタチみたいなのが居たからそれにコッパって名前付けてペットにするかなー…

それとブリタニアで死にまくっても割と立ち直りが早いのは若い頃からの経験です。カーンさんはもとより持っていたセンスですが。

 

4月16日 第2819話「キャトル・ミー!」 はれときどきくもり
 付と曜日がわからない今日この頃です。 

直しましたけど前回日記は日付が間違ってましたし、今日が月曜日だと思ってたら火曜日でした。可燃ごみは昨日だった。

休みが不定期かつ生活が不定期だと自分で意識していかないと日付曜日感覚所か月感覚も鈍りますね。

なんかまだ3月が抜け切ってないです、体から。

こんな日々過ごしてるので前回も書いたように心はやられ放題やられてます。DIOの配下にあっさりなっちゃうくらい。

とりあえずそんな調子を少しでも埋めるべく、今日はシュガーラッシュを見に行きました。

変態仮面と言う対抗馬は横浜まで行かないとならず、そこまでの気力はありませんでした。後着衣で見れる映画が良かったので。

そうしたらね、どうやら特にお得な火でもない火曜日で午前11時台ってシュガーラッシュを見る層は集まらないみたいなんですよね。

一番最初にチケットを買ったらしくってど真ん中の最高にいい席を取れました。

そしてそのまま場内に私一人と言う中上映が始まりました、貸しきり気分だー!

今、スクリーンからアンゴスツーラが出てきて丸呑みにされたら誰も気付いてくれない。

後リトルグレイにさらわれても気付いてくれないし、そのそもシュガーラッシュにカルドセプトは出てこないし、

何ならメタルスラッグだったらマーズピープルがキャトって行くだろうしMMならグラップラーの人間狩りです。

…それはさておいて、相棒の時はそこそこ人が居たんですけどね、同世代かそれより一回りくらい先の大人が。

平日休みの大人たちだったり水曜日でペア割だったりでってのもあったのかも知れませんけど、あの時は。

なので最高にいい環境で一人じっくりゆっくり、それでいてマナーは遵守して観る事が出来ました。

感想はというと、大筋は結構好きな雰囲気で楽しめました。ゲストの実在ゲームキャラ達も登場するのですが、

どうしても言いたい事があったので気になる人は反転してみてあげて下さい。

KANOが隣に座ってたゾンビから心臓を抜くというFATALTYじみたアクションをしてた時はびっくりすると同時に、

モータルコンバットの海外での人気を思い知りました、最新作は普通に楽しめる良作だよ!

…他にも他のゲストキャラに比べてソニックが若干いい扱いを受けていたりして、海外でもソニックってキャラが人気だと実感。

多分ソニックの吹き替え声はゲームとかアニメで本来声を当ててる人だと思う。

ちなみに彼等はあくまでゲストクラスなので、物語の中核を担うのは作中だけのゲームキャラ達です。

だけどまたこれがそれぞれのゲームの世代とかに合わせた動きとか効果音とかを出したりして、

細かい所に気配りが効いてて海外のCGアニメーションでグラフィックは基本展開されるにも関わらず、

ちゃんとそれぞれのゲームの特徴を出してたりしています。ジャンプしたら音が出るキャラはちゃんとジャンプしたらその音が出たり、

CGアニメーションなのに古いゲームのキャラは動きがカクカクだったりします。居心地がいい作品です。

一人でゆっくりじっくり観るような映画だったので一人はかなり嬉しかったです、

多分普段露にしない喜怒哀楽とかが出てたかもしれない。素直になってた。

なんかある程度心のダメージが回復したような気がします。

かなり気に入った一作だったので、ひょっとしたらBDかDVDのどっちか買うかも。まだBD再生環境ないけど。

でもBDはDVDに対して枚数が減らせるからいい、画質も上がってるみたいだけど

あいにくな視力なのでどっちかと言うと枚数軽減の方が個人が受けるメリットは大きそう。

…そんな調子で何気に相棒以上に楽しんでました。

 

4月14日 第2818話「ho zo n」 はれ
 HDDは初期化することにしたので、今残したいものをひたすらDVDにしています。

今日も実験的にやったら8分とかしか取れてなかったんですよね、もう我慢ならない。

糸村さんが3分語る前に止まってしまう、話しは納まるけどそこまで行かないなんて事に。

まあ遺留捜査は最終的にDVDとか出たりするのでいざとなったらそういう道もありますし、

今保存してるのも大体はDVDやBDが出る或いは出てるとかで大丈夫だと思うんですけどね。

それでもそういうのが出たりするまでの間に手元において起きたいとかあるじゃないですか、

あとシャキーン!なんかは絶対番組のまんまで出ないじゃないですか。あれ追っかけると尋常じゃなく大変だから追いきってないですけど。

とりあえず一度見て保存もしてるならいいんだけど、見ても居ないで保存できてないのが一番辛い、特に帰ってきて楽しみにしてたのとかだと。

心が枯れて折れてそっからなんか得体の知れない何かが生まれて暴れだしそうだよ、おれ。

一人の趣味だと同じ趣味の仲間にフォローして貰えないってのはちょっとしんどいトコですよね。

ひとまず今週一杯でまずは保存するものを保存しきって、それから初期化してまた録画できるようになって見せたい。

 …で、心の傷を埋める為にもwiiでシレンやってます。何気に一人で遊んだ事が無かったのですよ。

結構新鮮でありながらもトルネコやディアボロで培ったあれこれが生きてきて楽しいです。

 

4月12日 第2817話「he ra se」 はれ
 ういえばこの間の相棒は日中昼間でしたがそれなりに人が居ました。

昔ならただ事ではないと思ったかもしれないけど、今ならみんな平日休みなんだろうで片付くんだけど、これはこれで寂しい。

わからないとわからないなりに想像力働かせて愉快な事になるじゃないですか。例えば自分以外の全員が殺し屋から逃げるために

盲点として映画を見てるとかそんなイメージだってつけられるんですよ。後そういう王家の呪い。

…さて、また最近物減らしたり部屋の編成をいじくったりしてるんですが、残したい番組をDVDに鬼焼きでガッツリ焼いたり、

収納袋を買って整頓したりしてますが、最近品切れしてた収納袋が手に入り、嬉々として買ったところ規格を間違えました。

しょうがないので別の使い道を考えようと今、引き出しにある物色んなのを引っ張り出して模索してます。

ブッシュマスターとかニムトとか男前動物園を入れてみて、隙間にグーニーズにVHSをいれて一つジャンルが違う事に気がついたり、

アドバルーンと投石器は入んないなーって言うかうちにないしなーって思うだけ思ってみたりで試したり試さなかったりです。

いや、買ってきたときは寸法がほぼ同じだって思ったんだけど名称の違いから多分かたやマガジンコミックサイズ、

かたやアフタヌーンコミックサイズだと思ってたんです。ヴィンランド・サガで言うと初期の1-2巻とそれ以降。

名称がコミック収納とビッグサイズコミック袋で分かれてたんだけど名称が寸法に勝利したと言うのだろうか。

それであれこれ入れてたら袋がこなれてきて、何かビッグサイズのと比べて寸法どおり、つまりほぼ同じ物が入る事が分かりました。

同時にビッグサイズを名乗ってない方がより多くの本を入れられることも分かりました。

なんか自分が出来るといってる人よりもそれなりにって言ってる人の方がポテンシャルが高いってのと同じようです、収納袋業界も。

最終的にはイメージしたとおりの使い方が出来たんですが若干余りました。

どこに何を入れるかってのを決め込んであれこれ配分していく必要がありそうです。

って事で今、日記はかけますが動けない状態です。

とりあえず何か源泉徴収で戻ってきた分を使ってPCでダビングDVD見るためのソフトでも買おうかって考え中です。

買い物に慎重になるのは無駄なものを増やさない為って考えあってなのですが、今日早速それに反してるしね。

強引に使い道を考えたのでよしとしますけど。

 

4月10日 第2816話「伊丹伊丹伊丹伊丹伊丹伊丹岩月伊丹伊丹伊丹」 はれのちくもり
 日はカーテンレールが朝から外れました。

ちょうど原付預けてて電車通勤だってのに。

結局中途半端だと壁にダメージが行きそうなので完全に外してたら電車一本遅れて遅刻しそうになりました。

それとは別にその前の日は電車の遅延で遅刻しそうになりましたしね。

まあそれはそれとして、ってワケにいかん!

帰ってきてからレールの付け直しです。カーテンがついてない部屋って新築と言うより人が生活してる気配がしませんし。

ややもすると何か前にこの部屋を使ってた人間が死んでたかのような気持ちになってきます。

で、外れた原因は壁の内部に走る木の骨格にネジが入ってなかったのが原因。

そこで今回は壁を叩いて多分ココなんじゃないかって場所にねじ込みました、いくらなんでも窓の上に一つも通ってないって事はないでしょうし。

って事で計画的に固定しましたが、ちゃんと芯を捉えてるかわかんないので数ヶ月したらチェックかな。それで大丈夫なら大丈夫でしょう。

 れで今日は今日で相棒の劇場版を見てきました。

相棒テイストは主演が変わっても健在であり、伊丹憲一は主演でも伊丹憲一でした。安心。

今日は朝早くから中途半端な時間までだったのでちょっとお腹がすいてたため、一人でポップコーンのレギュラーサイズ。

マイカルのレギュラーポップコーンは多いから途中からプレッシャーになって食事でした。なのでコーラもレギュラー。

でもなんだかんだで本編スタート直前に食べ終わったので映画を集中して見れました、途中まで。

終盤はトイレに行きたくなってしょうがなくなりましたけどね。前に仮面ライダーの映画のときにも同じ展開があった。

終わったら素早くトイレに行って気分爽快でしたよ。

 

4月7日 第2815話「損傷だらけ」 テンペストのちはれ
 付が最近重かったんですよね。押したり引いたりすると車体が重たいんですよね。

あと加速の反応と言うべき所や走り味も違和感がありまして。

それで一時的な感覚なのかもと思ってたんですが明確な異常があると判断しまして、

ちょっとタイヤを確認したら空気が抜け気味でした、良くて虫ゴムとか最悪パンク。

落ち着いた時に見てみたら、タイヤに金属片がグッサリいってました。2つも。

パンクにしてもこの何日間かよく持ちこたえたもんだ。

あと数ヶ月でタイヤも交換の頃合でしたし、今月一年点検なのである意味今パンクってのは一番タイミングが良かったです。

もうこの点検でタイヤも交換して貰う事にしましたし、色んな所をキッチリ見て快適なガチコになって帰ってきてくれれば本望。

それとは別なんですが、DVDレコーダーが異常を訴え始めてます。

なんか7分しか録画してなくって変だと思ってたり、サムネイル読み込みや操作受付が仕様以上に遅かったり、

再生が止まったりする、再生できない事も一度ですがあったのでこっちもやばそう。

修理出すにしてもなんにしても、今入ってる大事な番組を避難させないと。

もっというとこのレコーダー以外で見れるような保存をしないとならないんだよね。

DVDとテレビで翻訳が違う番組とかあるから、テレビ吹き替え版とかが大事なのもあったりするしね。

マニュアル見た感じではディスクに焼く事が出来そうなので、個人で保存して楽しむと言う私が求める目的は果たせそうです。

そのために本気で色々調べたりしてたんですが、その時思い出したのが映画地球が静止する日の地球の科学者が

地球の生態系を保全する為に地球環境を一度やり直ししようとするキアヌ・リーブスに

「生命は危機を感じた時に著しい成長を遂げる、我々から進化のチャンスを奪わないでくれ」って言葉を放つんですが、

まさにそれだな、今まで出来なかった事を今やろうとしてるわけですから。

明日原付がないから寄れる場所は限られるんだけどディスクを都合して、

大保存大会を催し、他のメディアでも再生できるかを確認した後に一度軽くフォーマットしてみるか修理。五年保障効けばいいけど。

とりあえず今は、それまで持ちこたえてくれればいいんだ。

 …今日の昼、自分が持ち合わせる要素を生きる目的と手段にカテゴリ分けしてたら、自分の価値観が分かってきました。

何だかんだ言って仕事も生物としての生存も、やりたい事楽しい事をたしなむ為の手段でした。

でも目的に対する欠かせない手段であるがために、今、働いて生きています。

生きる事その物が目的である場合多分強く硬く生きられると思いますけどね、私の生き方は強いけどもろいかもしれませんし。

 

4月5日 第2814話「男子最前線」 はれ
 えてます?以前お話した床屋の存在。

あの朝が劇的に苦手そうで、8時オープンなのに大体の場合開いてなくって、

9時ならどうにかって所があったのを。

そして開き直って張り紙で9時開店にしますって時もあったのを。

あの床屋がですね、意識していない間に妙な変化を起こしておりました。

なんかね、ひょっとしたら店主が変わった可能性があるのかもしれませんけどね、

まず時間通りに営業してるのね。

当たり前の事ではありますが、当たり前の事が当たり前じゃないのを見慣れてると当たり前の事が当たり前じゃなくなるんですよ。

それだけじゃなくて店名も変更されていまして、オトコマエって名前になってました。

一体、誰がなんだろうな。

店主が男前なのか、店に来る人がすべからく男前なのか、それとも男前にされるのか。老若男女を問わずに。

周りに男前が一杯いたらたぶん間違いないだろうけど、時間帯次第でホストが一杯立ってる場所なのでどうとも言えない。

あ、でもホストは男前とはちょっと違うか。

 

4月3日 第2813話「男前ウェザーラック」 あめのちはれ
 気予報では私が外に行って戻ってくるまでの間雨だったらしいけど、

帰るタイミングで晴れ間が差してきました。

今月の運気をつぎ込んだかのような幸運だ!

寄り道して帰れるし何より帰ってからの雨具をあれこれ片づけしなくていい。

とか思ってたら本当につぎ込んじゃったらしくて寄り道先で買いたかったものは売り切れ、

今日以上に雨は避けたい週末に綺麗に雨がかぶさってる、どうでもいい休みは晴れて肝心な時雨とは。

なんでこうも所望と逆になるかね、天候。

キャンプとか文化祭とか運動会等という学校八卦の陣の死門に当たる各種イベントが、

雨で中止になった記憶がないしね。文化祭は屋内でやるからしょうがないけど。

ちなみにこれらは大人になって勉強よりも使い出がないですからね。

それよりも「195ミリバーストの落ちてる場所」「拾った後に宿屋に泊まるとまた拾える事」の2店、これを覚えてるほうが役立ちます。

正確にはこの間MMBARでちょっとしたことをするために役立ちました。

あと中学のキャンプはびっくり熱血新記録をキャンプ前日に購入した結果行かなかったけど何も支障がないですし。

皆はキャンプファイヤーとか囲んでたかもしれませんが僕はその間いちじょうにビル越え棒高跳びをやらせてました。

なので皆さん文化祭だのなんだのというよりも一般的な文章を全て漢字で書けるかその漢字を説明して伝えられる技術を磨くといいですよ。

2-4文字の漢字単語とか覚えとくと音だけで人の名前とかを説明する時や突然尋ねられた時の解答に凄く楽ですし。

自分の名前で都道府県が入ってると特に楽だったりしますが、自分自身や他者など言い表したい人全員が必ずしもそうでもないですしね。

自分自身にも結構有効で、脳みそを動かす練習にもなるんじゃないかなと思いますよ。

 

4月1日 第2812話「トライセプター」 はれ
 イ嘘!

ついてない嘘をばらす私ですが、普段からうそみたいな事ばっかりいってますからいいじゃないですか。

カルドセプトですが昨日3人で対戦しましたよ。

私と知り合い二人と言う編成ですが、私と言う人物が二人の唯一の接点だったのですが、

だからって気を使うこともなく対戦してたんですよね。

言い方変えると手や気を抜くことなく敗北。本気でキャトりにいったんだけどなー。

また移動アイテム温存しそこなって高額領地に踏み込んじゃったりするのね、1/7とかをしっかり引き当てて。

一昔前のスポーツでの表現で「黄金の〜」とその能力を持った部位を言う事がありますが、

その表現を借りるなら酸化鉄の足。

最近あんまり見ないけど、塗装がはげちゃった部分が猛烈に錆びてる赤銅色した表面デコボコ金属の柵みたいな感じね。

その足の先にたっかーい通行料した土地があったらその場に踏みとどまる展開が待ち受けているんだぜ!

でも楽しかったですよ、人間相手は相手の動揺を誘ったりとかそういう戦術もありますからね。

そういう意味では人間相手の対戦の醍醐味を満喫できましたし。

 

3月29日 第2811話「天空の妖精達」 はれ
 ルドセプト、メダルは残り3つとなりました。

条件がよく分からないのと、全ての土地をがちっとも育ってない状態でクリアと、呪文をコンプリート。

そんな中、新しいブックを開発しました。

基本コンセプトは無属性クリーチャーを主軸に敵領地に入り込んで奪う形式。

ブック名はエリア51です。

そう、このゲームに存在する天空に逃げ延びた妖精族、リトルグレイを主軸としたブック。

このリトルグレイ、能力として「殴った相手を50%の確率で別の土地に飛ばす」んですが、

エフェクトからしてキャトってるんですよね、通常攻撃も丁寧に光線銃っぽいビームです。

ちなみに目玉のモンスターデスゲイズも目からの破壊光線なので同じエフェクトなのですが、

それとは明らかに発射手段が違うであろう事が伺えます。

さてこのリトルグレイを活用する方法ですが、単純に二回攻撃になる武器、トンファを使って攻撃回数を増やすのもいいですが

攻撃を喰らいたくない相手が攻撃を無効化するかもしれないと思いまして、

無効化された場合のみ追加効果を発動させる武器を使ったり、無効化するときは大体攻撃力を0にしてくるのですが、

それを読んでHPと攻撃力を入れ替えるアイテムを使い、HP0にして仕留めるという読みあいが楽しめます。

確率に好かれないとうまく機能しないところもたまりません。

後はこれを活用する為のクリーチャーなどを考えて行ったら加わったのがモスマン、テング、グレムリン、人形のデコイ、ニンジャとまあ

ファンタジーと言うよりも都市伝説とか近代ミステリーの連中が一杯増えてきました。ある意味趣味丸出しです。

対戦相手はと言うと、永年の付き合いな人々から誘いがあったので困りそうにないのと、

流石に知らない人との野良試合が出来るような所まで行ってないと思うので、まずは経験を積んでから行こうかなと思ってます。

…あとこのブックで気に入ってるのは画を想像するところです。

このゲーム基本的に攻撃エフェクトとかは凝ってるのですがキャラクターはカードで表示されるので、細かくビジュアルかされてないんですが、

だからこそリトルグレイがトンファで巨人を2発殴ってさらっていったり、

呪文の巻物を読んでメデューサとかを焼き払ったりするのをイメージするのが楽しいです。

逆になんか軍人じゃなくてバルキリーとかがリトルグレイを真っ二つにするって言うその世界観の分からなさも最高です。

ひとまずこれをまだ人間相手に使った事はありませんが、近かれ遠かれデビュー戦が出来そうです。