第2821話〜第2830話

昔の日記選択に  1番新しいやつに

 

5月11日 第2830話「cold hot heat」 あめ
 回日記更新の時は寒いとか言ってたのに、今日は雨が降っていてもあったかい。

昨日に至っては暑いもちょっと入ってましたしね。

それでちょっと昨日は仕事が終わった直後に都内へ向かってあれこれやって、

自宅に帰らずこれを書いてる20-21時段階の4時間くらい前に自宅に帰ってきたって感じです。

荷物下ろしたら文字通り気を失うように眠って、汗だらけになって目が覚めて、回鍋肉喰らって今に至ってるんですけど、

自室での睡眠ってかなり大事。安心できる場所で誰の目にもつかず、油断して眠ると体力はもちろん気力精神力も回復しますし。

起き抜けにぼんやりして食事して、そのまま日記書いてるので着かず離れずのキャラが見せる挙動さながらの感じですが、

まあ普段もあんまり変わんないので良しとします。

何をどっからどう話そうか考えるんですけど、思いついたことから適当でいいのか。

いやでも不真面目な話を真剣に行ったり、仕事や家庭の…歳相応のマジメな話をしていたりしてるので、

どれもこれもうまく話す事が出来ないんですよね。この36時間くらいで発生した事は。

話せるのは新宿駅の地下を自分の出たい出口まで割とすんなりと踏破したって話くらいですけど、これもそんなに広がらないですからね。

とりあえず今日は眠って色々と脳みそを整頓します。

あ、でも最後に通達がありまして、lolipopのサーバーメンテナンスで一時的にHPが見れないそうですよっていう連絡があったのですが、

26時間ほど前にどうも終わってたようです。

しかもよく読んだら設定とかHP管理側に問題がある程度で閲覧側は何一つ不自由しないって事が分かりました。

私もまだ拘束時間中であったので、あんまりすぎるくらい何事もなかったって事か。

…そう言えばスマホの類。私まだ持ち合わせてないんですけどね、SGのカレンダーがあった頃はスマホ非対応で移行しなかったのですが、

今はそれもないのですけどそこで気がついたのが特にもつ理由もないんですよ。

移動中とか外では結構それらに集中したりしていられるし、帰ればPCでやっちゃうし、拘束時間中は私用の携帯もてない身の上ですし。

でも何かの時とかにでも切り替われば案外変化があるかもしれませんし使うかもしれませんけどね。急ぐ事でもないので適当な時に。

 

5月8日 第2829話「太郎らも」 はれ
 朝は冷え込みましたね、

だと言うのに今日の日中冬用の防寒着を着てる人が居ない居ない。

どうやって寒さをしのいだんだ、奴ら全員ヒートマンの眷属か。

そう思わざるを得ないくらい寒かったんですよ、朝の4時台5時台。

近くでサイバーサブゼロでも暴れてんじゃないかと思いましたけど、惨殺された氷結死体はなかったのでその線は消えました。

オーバーデビルが目覚めたにしてもこの冷え込みは案外優しいですし、後氷周りって言うとゾーマとかヴラドプラズマとかですね。

或いは新たな力に目覚めたヤツがいるかも知んないですけどね。突然凍てついた力を操る老人とかが立ちはだかる覚悟が必要。

老人だから放っておけばそのうち時間の問題で倒せると思われそうですけど、体を冷却して新陳代謝を抑えて長生きする危険もありますしね。

それ以前に我々の範疇を越えた物質になってる可能性もあるわけですけどそれだとブラドプラズマなので重火器で倒せる。

とりあえずそんな寒さだったんですけどね、そんなジジイが地平線を埋め尽くす量大挙してきたらどうしようって話ですよ。

ちょっと趣旨がずれたかもしれませんがそう言う事なんですよ、通勤ってのは常に死と隣り合わせ、油断して運が悪いと死に行くんです。

 …そう言えばシレンはゲーム中の究極っぽい剣と盾を壮絶に育てて満足したので、そろそろ倉庫なしクリアーとかそう言う事をしようかなと。

 

5月6日 第2828話「ザ・プリズン」 はれ
 の所外出意欲を発散してたので、今日は対照的に自宅篭城でした。

食べるものも栄養無視でその気になれば小田原城の職員が兵糧攻めの実習をするために選んだのが我が家だったとしても、

うまく食いつなげば2-3週間は耐えられるくらいありますし、シレンとかMtGとかがあれば退屈も回避できそうです。

唯一外の空気に触れたくなる衝動を抑えられるかどうかと言う点が不安ですけどね。

今日も特に今日でなくてもいいけど減ってきたコショウとコンソメ買うためにという名目で外出しましたさ。

だけどもう日が沈むと外から虫の雄たけびが聞こえてくる時期となってまいりましたね、

未だに朝はジャンパーが欠かせないので気付きませんでしたが。

さて!そんな時期なので飲み物にも変化が現れてきて、熱いお茶の頻度が下がってきました。

その穴を埋める存在としてある飲み物が時々姿を現します。

緑茶人間時々コーラマンである私ですが、最近では午後の紅茶のミルクティーがお気に入りの一つです。

永続的な定番になるかは分かりませんが、これまでパンでも緑茶だったのがパンの時などはこれになりました。

でもピザとかああいうハイカロリーな物はたぶんコーラです。危険な組み合わせですが相性はいいです。

で、ミルクティーですがさっぱりした感じとか水分補給の喉の実感は水やお茶に譲りますが、

リラックス度合いはお茶に匹敵、状況次第では凌駕するんです。うとうとと一眠りする前に飲むんならこれですよ。

今日過剰に眠ってた事をフォローする為にいうわけじゃないけど。

 

5月4日 第2827話「太陽の下の雷口」 はれ
 た性懲りも無く横浜行ってきました、もう原付での往復も慣れてまいりましたよ。

普通に電車で行くと変に乗換えがあってお金がかかるのですがそれを燃費と駐車料金考えても半分以下に抑えられ、

かつ道中を楽しめるこの手段はかなりいいです。日曜祝日は利用してる駐輪場は無料開放ですし。

けど帰りの体力を考えて動かないとならないデメリットもあるんですけどね。

あと原付に戻れば多少の荷物はメットインに入れられますからその点でも便利です。

…なので最近、横浜駅そのものよりも横浜に行くと利用する主要施設が集まってる、

横浜西口のゴチャゴチャした小道が集まってる五差路が横浜の行動基準地点でありかつちょっとした拠点です。

ちょっと程度の飲み食いはそばのダイエー、ラーメンなら小道に入り、他のファーストフードも割と近くにあり、カードも雑貨も見れるよ!

座って落ち着いて食べるとか、ただひたすら広大な売り場を見るなるとちょっと距離はあるけど駅方面。

…で、自分の趣味じゃないんだけど最近頻繁に様子を見に行くのはその中心点のそばにあるビルに入ってる鉄道模型の店。

こちらは自分の模型を走らせるためのレンタルスペースがありまして、店の外からも見えるようになっています。

今日も見てきたら物凄い連結させた貨物車両走らせてる人が居て、流石に機関車両のパワーでは速度が出しづらいのと、

下手に速度が出ると脱線するからゆっくり走ってたんですけど、それがリアルでした。

みなとみらい地域の玄関口とも呼べる桜木町駅近辺は貨物車両がしばしば走ってて、

意識しなくても日中なら走ってるのを見れるんですが現実のそれらって機関車両一台で十数台のコンテナ車両とかタンク車両引っ張るので、

ホントゆったりと走るんですよね、客車の運行に影響が出るんじゃないかって思うけど、

横浜とかまでは行かないっぽいので大丈夫みたいです。

後はこれまた近頃は見かけない車両であるブルートレインを大量連結して走らせてる人も居ました。見てるだけで楽しい。

…で、所変わって桜木町、もちろん徒歩で所変わります。

今日は祭日って事で赤レンガ倉庫の所でドイツのビールや肉料理が楽しめる催事をやってました。

これにボードゲームが加われば最強なんだけどなーと思いながらも人ごみを見て入ったら簡単に戻れないと思って引き返してきました。

今日桜木町に用があるのは赤レンガ倉庫でもビールでもありません。ビール苦手ですし。

そう、変態仮面。

この間色んな理由で見そびれた彼を見てやろう、どこをかは別としてって思ってまた映画館に行きました。今度は上映15分前に到着だ。

が、列が凄まじすぎて上映時間に間に合わないという展開に。この人数の5-8%以外は全員変態仮面を観るに違いない。

嗚呼変態仮面、どうして貴方はこうも遠いのですか?って考えながら等身大パネルの前で諦めをつけてました。

変態仮面からの「どうか俺の戦う姿を見ないで欲しい」っていうメッセージだと受け取り、チケット+フード予算で雷口のヘルカイト買って帰りました。

今日のもう一つの目的、MtGですよ。新しいシリーズが出たので見に来るついでに買う予定も無く買ってしまったわけです。

laさんのデッキを補強してやろうという考えもあったのですが、コンセプトが出てこなかったので自分の事考えました。

ちなみに今回のシリーズはMtGにある5つの色のうち2つを組み合わせた10のギルドが登場するのがコンセプトなんですが、

僕がひいきにしてるギルドの土地だけ地価が安いんですよ。主観ですけどどんな連中がいるかというと…

 ボロス 白と赤、正義と力。数や戦闘時有利になる能力やカードなどで軍隊さながらの集団戦術を得意とする。速攻制圧も上手。

 セレズニア 緑と白、命と共存。大中小様々なクリーチャーを展開して支えあい数を増やし、攻撃を行う力比べが得意。ライフ回復も割とうまい。

 ゴルガリ 緑と黒、生と死。死んだクリーチャーを再利用したりするのが得意で、出てるカードへの対応力も高い。

 シミック 青と緑、文明と生物。クリーチャーの能力を強引に付け加えたり強化したり、常に変化させる事が得意。

 グルール 赤と緑、暴力と自然。文明否定上等な力押しが得意で、とても直線的。ちょっと不器用だけどパワーについてはセレズニア以上。

 オルゾフ 白と黒、崇拝と本性。白の回復と黒の体力吸収でライフ操作が多い、相反する白と黒の蘇生や破壊の性質を合わせた挙動も多い。

 アゾリウス 青と白、知恵と司法。お堅いイメージ通り自分の盤面を固めるのがうまい。敵陣営の拘束や破壊もできる、攻撃力は低い。

 ディミーア 黒と青、暗躍と情報。デッキのカードその物に干渉したりカードを引く捨てるの操作が上手。攻撃を当てると何かが起きるやつが多い。

 ラクドス 黒と赤、殺戮と破壊。攻撃的な色の組み合わせで向こう見ずな攻撃によって爆発力が高い。基本的思想は死ぬ前に殺せれば勝ち。

 イゼット 青と赤、探求と衝動。盤面からの打撃などは苦手だがパワー依存しない能力や呪文が得意、コイン投げなど不安定な動作が多い。

…で、最後のイゼットってのが私の愛するギルドなんですけどね、他のギルドが使わないコイン投げだとかがあるし、

得意としているダメージを飛ばす能力にしてもちゃんと飛んでいく奴はいるんですが時々、

「対象に取れる全て(自分込み)の中なら均等な確率で選ばれた対象に多めのダメージ」

だとかがあってヨーウィの集金みたいなふり幅の大きさなんですよ。だから楽しいんだけど世間はそうでもないようです。

今回登場した私が興味津々のカードも今は高いんですがこのイゼットの所属なので、そのうち値崩れしないかなーとか考えてます。

 

5月2日 第2826話「一口に冷え冷えって言われても」 余が移動中はあめ
 の二日間寒いと言う人がジャンパーを着ていなかった場合それは本当の意味での寒さに触れてないと思いますよ。

寒さの真骨頂、それは夜明け直後。

あの時間は本当に寒くって、アレを知らない人が寒いと言っていると和やかな気持ちになりますは言い過ぎにしても、

ジャンパーが必要な寒さに至っているってのを知らないことで私が昨日今日とジャンパーを着て走ってる姿を見て、

その本当の意味にたどり着けないだけの人で終わってしまいます。

所でジャンパーとジャンバーどっちなんでしょうね、半濁音のパーでいいかと思ってますけど。

こんにちはとこんにちわみたいに。これは前者が正解だけどつい後者を使ってしまうワケですが、簡略化した挨拶みたいな物としてよしです。

そう、知らないって事は一定の知識があれば想像力に繋がるって話です。

分からない事があれば自分の手持ちのあれこれを組み合わせたりしてその原因を考えますからね。

知ってるとそれがないって意味では、知りすぎる事は想像に繋がりにくくなるのかもしれないなと。って、前に話したっけ?

でもこの忘れるってのも案外大事で同じ話をしてしまう可能性がある反面数年の周期がその内容を変化させたりするんですよ。

その時その時の考え方の変化とかそういうのですが、まあかわんない事もあるんですけどね。

…で、最近気になることに対しての答えに行きつく事が流石に13年くらい前からは明らかに増えてますから、

文章構築とかその辺の経験とかそこいらはアップしてるけど逆に想像する部分については弱体化してるといわれてもしょうがないとこですね。

筋力とかが落ちた代わりに原理原則、基礎と応用を使って補うって感じの。物を持ち上げるならパワーかてこの原理かのように。

そんなわけでこれから数年先にこの話題が出てきた時に今と違う広げ方と化するかもしれないんですよね。全く同じかもしれませんけど。

後今回はあんまり広げなかったけど、次回はもっと広げるかもしれないし他の話題に流れて素通りかもしれない。私もお楽しみに!

 …そう言えば昨日MtGやったんですが、laさんのデッキが前のめりではないと言う事に気がついて、

しかも戦えるレベルのそれらはすべからく私が調整した結果だとバレたのでもう少し好戦的なデッキを作れと言われました。

 

4月30日 第2825話「心当たりのない天罰」 くもりときどき…
 だいま。

いや昨日書くつもりだったんですけどね、横浜行って帰ってきたら眠れる劇的な体調不調をたたき起こしました。

まず昨日、早く目が覚めたのでコイツは横浜に行くしかないと思って横浜行ってきました。

世間はゴールデンウィークポイント真っ只中ですが、行ってきましたよ。

目的はイエローサブマリンと変態仮面。

そんな目的はどうあれ思いの他すいてる道で快適に進んで、到着したらワケあって名前を明かせない場所で食事して、

変態仮面に間に合うかと思って桜木町に行ったら3分遅くてダメでした。糸村さんの語る時間!

気が抜けたら何か腹が痛くなってきて、さっき食べた物が原因かと思いつつトイレに行ったりしてました。

いやしかし前の日の夜に喰った物も可能性十分だ。等と考えながら桜木町からいつものルートを歩いて帰りまして、

逆走だと中々目に付かない物が目に付いたりして面白かったりします、壁時計とかそういうの。

そして腹痛はますますレベルアップしたので一度トイレに行って解消してきました。

あそこでもし変態仮面に間に合ってたら内容どころじゃなくなってたかもしれないんだな…

ひとまず調子も優れないですし、MtG見ながら今自分のデッキ状態とか思い出せなかったので特にこれとって買い物せず、

何となくブースターとかカウンター用のビーズっぽいのを買ったりして、クインデキムが上のフロアで売られてるのを見て帰ってきました。

…家に帰ったらやけに眠いので一眠り、そして目が覚めたら全身が痛いさ。

桜木町から横浜まで歩いたのが原因と思われる方も居るかもしれませんが、このルートは横浜に行くとほぼ毎回歩くルートで、

そんな負担にはならないんですよね。って事は食ったものが原因である可能性が窮めて高いって事です。

筋肉が痛くちょっと熱い、眼精疲労じみた症状、肩いってぇ、腹下っててうまくは言えないけど言う事聞かない、だるい。

風邪というより軽度の食中りに近いです。しょくあたりってこういう風に書くんですね。これが酷くなると食中毒。

りが毒になるとひどくなるって事を考えると、金縛りとかも金縛毒になったり、

リリー・フランキーさんがダークサイドに堕ちたら毒毒ー・フランキーさんになるんですよ、リリーさんより体術が数千倍強そう。

キャストリカバリもキャスト毒カバ毒、詠唱物凄い阻害されそう。

…それはさておき!こんな状態なのでずっと横になってました。夜は消化のいい雑炊作ってバファリン飲んで落ち着いてました。

バファリンの成分の半分はやさしさって言うじゃないですか、あれ本当。

体が痛い中のあの鎮痛効果は優しさに他ならないですよ、体の調子が悪い時特有の慢性的な痛みから解放されるって優しさよ。

後はもう汗を思い切りかいて代謝をアップさせ、早期回復を図ってたら就寝時間でしたね。

その行為のお陰で今は元気ですが、ああいう突然訪れる理不尽な不調って避けるのが難しいんですよね。

風邪とかになると前兆を感じ取れたりしますけど、帰って仮眠取ったらとか不確定すぎます。

とりあえずサブマリンでロードオブヴァーミリオンバージョンのジェイスを買い忘れたのと、

3日にドラゴンの迷路が出るのでラル・ザレック見にまた横浜に行きます。運がよければ変態仮面も観ます。

 

4月26日 第2824話「ピービー」 はれのちくもり
 ライベートブランドってあるじゃないですか。和風にいうと自社製品でいいのかもしれませんけど。

アレは安かろう悪かろうなイメージあるかもしれませんけど案外そんなことなくって、それこそ当たり外れがあるってのが一番適切なんです。

どこのとはいいませんけど醤油はキッコーマンが本気で作ってるとか、はたまたマヨネーズはキューピーが本気で作ってるとかもありますしね。

ダイソーとかで100円なりのものと100円にしては気合が入ってる物があるじゃないですか、あんな感じ。

そんな今日はプライベートブランドとは関係ないカセットテープの話だ!

私はこの話を四国を犠牲にしてでもする!

今でも普通に扱われてるんですよね、カセットテープって。

もはや記録媒体としてはサイズや記録時間、保存性や再生難易度などから記録再生媒体としての活用性はかなり低いですが、

特定の場所では一定の活躍が見込めるのかもしれないんでしょうね。

それと、クラシックと言うべきか古い媒体を楽しむと言う趣味の領域としてのツールとしての価値は結構あると思います。古臭さ不便さを楽しむ。

今の時代だと非効率とか昭和だとか言われそうですが、それが嗜みであったとするならそういう側の人間よりずっと心に余裕はありそうですよね。

そういう意味では全てのカセットテープの音声とかをmp3にして保存していたり、

かつてはカセットテープでやっていた会話の録音をICレコーダーでやっている私は合理的であると同時に遊び心は落ちてるのかもしれない。

と思ったら当時は結果的にその選択肢になってたから案外そうでもないのかも。

多分色々ある中で一つ選べって言われたら今のスタイルかまだ知らない今より理想的なスタイルを選ぶと思うし。

…それでもまだ私には若干の遊び心は残されてるかもしれないという可能性がありまして、

当時使っていた今考えるとでかいしこれまた単三電池2本で動くウォークマンが残されてるんですよね。

なので電池とテープがあればまた当時の雰囲気を楽しむ事が出来ます。

今ではあらゆる手段がありますが、再生速度を上げて高音や低音の声を楽しめるオマケ機能もあったりするんですよ、コイツ。

今、物を減らしたりしてるけどこれは今の所捨てそうにない一品。アルバムを破棄してでもしまうスペースを作る価値がある。

 

4月24日 第2823話「スピードとモチベーション」 くもりのちあめ
 付で走ってる所で、線路沿いであるためほとんど信号が無くって一時停止も少なく走りやすい道があります。

数ヶ月前に話をしたエンジン冷やすヤツみたいなのがあしらってある道路なんですけどね。

行きにそこを走る速度によってその日のモチベーションがわかると言うシステムになっています。

前向き上り調子絶好調の時は30km/hきっかりで走り、ちょっと気乗りしない時は大体25km/hだったりするんです。

そんな中、この前の日曜日。物凄く寒かった時ですね。雨も降ってましたね。

口が自然にけけトロニカを口ずさみ、私がこの曲に対するイメージの一つは凍死であると確信したともいえます。

最近のモチベーションの低下などによってココでたたき出した新記録、20km/h。ちょっと無理気味の自転車並です。

もう手袋なしで500m走るのも過酷なくらい冷えてましたからね、あの日に7時くらいに起床した人は真の脅威を知らない。

そんな状態を2月からしばしば体験してると本当に心が凍てついてややもするとオーバーデビルに取り込まれかねない。

 …オクラ納豆ブームが到来してまして、今月中はオクラ納豆三昧してやろうと思ってます。

来月あたりになったら多分別のブームが訪れるかもしれませんが、あと一週間で来月だと今知りまして、

何かまだ4月の序盤辺りだと思ってるんですよね、先週あたりまで3月気分が抜け切ってなかったのも原因ですが。

 

4月22日 第2822話「充電ヒューマン」 はれのちくもり
 う言えば前回話に出てきた初代ゲームボーイ。

アレって単三電池4本使って動かしてたんですよね。充電式バッテリーが主流である今では考えがたいですが。

ディスクシステムやゲームギアも単二電池6本っていう世界でしたが、そういうものなのだと大きく疑問に感じては居なかったんですよね。

IpodやICレコーダーの祖先である各種記録媒体を動かすウォークマンらも単三電池2本、

wiiリモコンと同等のエネルギーが必要だったともいいますし、wiiリモコンはそれくらいのエネルギーを必要としてるんですよね。

勿論消費ペースや効率とかもあるでしょうから一概には言えませんが、このあたりの比較って結構楽しそう。

後今日電車でGBAで遊んでる人が居て、ちょっと嬉しかった。時代を気にせず遊ぶその姿勢と言うか。

でも案外あの頃のポケモン育てて転送する為の過程として遊んでたりして。

そういう意味ではハードを越えてあれこれ遊ぶってのは環境次第では不便ですが同時に楽しい事かもしれないですよね。

そうそう、携帯ゲーム機のあれこれで言えば、ソフトを交換できるようなゲームは据え置きだけだった頃や携帯ゲーム機が強くなかった頃、

トイレで暇を持て余してた時にトイレにファミコン一式があったらとか考えたりしましたが、

まずはゲームボーイがトイレの中でゲームで遊ぶと言う事をやらせてくれて、それが進化していく中でファミコンは出来なかったけど、

ついに3DSのバーチャルコンソールでできるようになりましたしね。トイレでロックマン2が出来るとは夢に描くばかりで思ってもみなかった。

一気に成長ってワケじゃなくてほんの少しながらも確実にゲーム機ってのは進歩しているんだろうな。

これからのゲーム機も時代に合わせた可能性とか、過去できなかった事の達成とかで今考えても居なかった事が出来るようになるのかも。

なんなら最も身近な操作端末である携帯がパッドやリモコンの役割を果たすとか、連動を越えて密着した何かが出来たりするかもしれませんし。

そうやって考えると思いつくのがポケットステーションの進化型ですよね。記録媒体と外部ツールを兼ねた存在として。

もう既に始まってるかもしれませんけどゲーム機と接続して、ゲームから落としたアプリで遊んで据え置きで遊ぶ時に何かを反映とか。

人間は思いつく事は実現できる可能性がある、って事ですから

私が思いつくような事ですしひょっとすると近かれ遠かれ幅広く展開とかあるかもないかも。

紙の書類をタッチパネルにしてしまえるなんて事も出来始めてるようですし、案外これを上回る何かが誕生するかもしれませんね。

 んな事を書いてますが、最近のどうも精神的なあれこれの安定性というか突破力というかが欠如してる気がします。うつレベルではないですが。

不本意に妙な事をやらなくてはならなかったり、行動が遅くなったり、ただ無駄な事をするのに歯止めが利かなくなったり。

あれこれが全てうまく言ってない状態でも何かに向かって疑いも無く動いてるって状態は逆に強くって、

推進力が他の事にも伝染していって失敗しても立ち直れたりとか気にせずいられたりとかするんですが、

その逆の状態である程度はことの運びがうまく言ってるけど漠然とした心配不安があったりするのが今。メガネが曇ったかのようだ!

って表現がメガネ未装着者には全く分からない事に気がつくのに一行かかりましたけど。

まあ、時間が解決することかもしれないので時間待ちはしてみますけどね、その所要時間を短縮する努力ができればいいなと言う話。

言う事で発散したり楽になる事と、言う事で余計折れそうになることってのがありますけど、どっちなのかがわかんない場合って面倒ですよね。

もうシンプルに今だけを考えたほうがいいのかな。

MMBARで山本先生から聞いたミヤ王が言っていたらしい「昨日なんてものはない、明日なんてものもない、あるのは今だけだ」の精神。

昨日とか過去は失われるし、明日とか未来も失うかもしれないけど、今とか今日は生きてりゃ常にあり続けますからね。

常に接し続けるものだからこそ前や後ろよりも大事なんだろうし。

何かよくわかんないけど、これについては答えが見つかったら振り切れるような気もしてくる。

とりあえず今、明日の弁当のためにおかずの下準備をして一昨日撮ったテルマエロマエ観てます。

今がありゃどっちも案外手に入るかもしれないな。とりあえず当分は戦っていこう。

 

4月20日 第2821話「オオエドムラサキ」 くもりのちあめ
 クセルとブレーキを間違える老人って結構居るじゃないですか、

投げると食べるを間違える人も案外居ると思うんですよね、いやシレンの話です。

もうこれで決めてやりますか!とばかりにやってやろうとしたら間違えてシレンは敵ではなく口に放り込んだりするんですよ。毒草なのに。

多分シレン側としても司令官たる私の指示に疑問はあったと思うんですよね、明らかに間違ってるだろうと。

でもその私的感情をかみ殺して指示に従えるよく出来た風来人シレンはちゃんと私の誤った指示通りに動いてくれます。

そんなシレンことヤング円帥の冒険は追加ダンジョンの一つ、罠をこちらが利用して攻略する洞窟をクリアーしました。

ここの深部に居た罠師+壷職人のジジイを助けにいったんですが、壷をぶつけて敵を抹殺すると言う手法で問題なく生存できていて、

迎えに行くまでもない人だと分かり全くの徒労に終わったのですよ。コイツ多分メインストーリーのボスとかも壷で殺せると思うな。

で、後1つ追加のダンジョンがありまして、そちらは最初にもらえる包丁で敵を倒すと敵が肉になるんです。

中には肉体を構成するのに有機物が全く無いヤツやそもそも肉がない幽体のヤツとかもいるのですがちゃんと肉になります。

そこんとこは考えれば若干疑問もありますが、私がまだ人生の序盤から中盤の繋ぎ程度だった頃にSaGa2をやってた際、

何の疑問も無く敵「なぞのびょうき」の肉を食ってパワーアップしてたりしてた事を考えれば、誤差。

こちらの洞窟の目的は旅の料理人の様子を見に行く事なんですけどね、

そいつ序盤の渓流地域で「敵が手ごわくって、一緒に行きたいんだ」くらいの事を言ってるヤツなんですよ。

エルニニョ近辺で苦戦してるようなヤツがプロテインパレスとか行くな!って次元です。

ところが壷を駆使(和:投擲)して立ちはだかる敵を壷ごと粉砕するジジイは歳のせいなのか16Fに居たんですけどね、

料理人の方は強くなくとも若さでむやみに奥まで突っ込んでやがりまして、25Fとかまでいっても姿が無いさ。

私が25Fで見たのは壁を貫通しこちらの倍の速度で迫ってくる「死神」が2体だけ。

繁忙期じゃないからと宿泊者に対して異様に張り切ってる旅館のような待遇。

その名に恥じないと言うべきか、本業を全うするためと言うべきか。包囲された後はワンサイドゲームでした。

壁の中の敵は殴れないんですがそれを承知で壁から参上するんですよ、死神。

そんな調子なので、しばらくはこの肉だらけの洞窟で楽しめそうです。