第2841話〜第2850話

昔の日記選択に  1番新しいやつに

 

6月21日 第2850話「Before After」 くもり
 回の続きとストーリー、上野に行ってきたけど雨の予報が外れて未だに持ってきた傘を使ってない。

…で、ジャジャさんちに到着して改めて皆とりあえずシャワーだって事になり、

その間に中古ソフトで買ったか何かで入ってた、何がしたいのか分かんない気持ちの悪いシレンの回想モードを見て、

シャワーでさっぱりして、なんだかんだ色んなゲームでだらだらして遊んだり色んなゲームの話をしてました。

そうそう、そこでこの間メッセージ貰ったマザー2ふしぎなフライパンですが、装備するとガッツが100上がる代物だそうですよ。

その代わり1/4の確率で攻撃が当たらないのですが、打撃攻撃をそんなに敢行しなかったり当てにしなかったりするポーラなのでデメリット薄く、

ガッツが上がることによる会心でそれを帳消しとして更にガッツ上昇でHPの踏ん張りが多少効くようになるメリットの方が大きい感じですね。

そんな何となくな疑問とそれに対する回答と言った程度の会話やゲームプレイが多かったまま、

ドラマチックな事は特に無く就寝する事となりまして、朝を迎える事となるのですがこういう気心許せる人と何気なくただ過ごすってのも

人生の中では重要で幸せな時間なんじゃないかと思うんですよね。

オフ会とかもなれない人同士だったら何らかのイベントとかに沿ってって方がまとまったりするんですが、

付き合いが長くなってくるとこういう何となくなのもまたよくなってくるんですよね。

朝起きてからも何となく山盛りにファミコンしてシュールさに爆笑しまくったり、何となくテストプレイを再開したり、何となく喋ったりしてました。

wiiのボンバーマンとかリモコン4つとGCコントローラー4つでボンバーマン8人で出来るのってすごいですよね。

それとmiiを戦闘に参加させられるので、ジャジャさんが作ったバラク・オバマがボンバーマンに紛れて戦闘に参加してました。

その流れでマザー3の話があり、なんだかんだあって借りて遊ぶ事となりました。

…って事で帰ってから猛烈な勢いでプレイして、今日現在でクリアーしてます。

ノンストップで遊ぶくらい入り込みました。

全体的な印象としてはストーリー重視なので行動範囲の自由さはあんまりなくって、

話の雰囲気も2より1に近い感じ。親と子がコンセプトになってる部分が強いのも含めて。

ただ大事なのは1と2を最後まで遊んでる事だと思いました。

1と2を知らないと分からない面白さとか、ある種の続いてる部分の完結編のような所もあるので。

明るめな雰囲気が全面に出た、子供達が現実社会が色濃い世界の冒険旅行に出る2とはかなり違うので、

2だけ遊んでてかつ2が好きって言ってる人ほど向いてないかもしれないです。今回どうしようもないくらい子供には見えない大人がいますし。

逆に1と2を遊んでて両方を受け入れられてるんならどう思うかを判断する意味でも最後まで遊べると思います。

こうやって考えると3が異質な雰囲気なんじゃなくて、世界観としては2こそが異質な可能性もあるんですよね、唯一サブタイトルついてるし。

内容について6-7年くらい前のゲームなので何処まで話をしていいのかわかんないですけど。

ゲームのシステムや味付けも結構楽しかったですよ。

相変わらず致死ダメージを受けた後もHP0になるまでは踏ん張りが効くし何発喰らっても生きていられるドラムロールHPは健在で、

実は今回これが結構大事な戦闘もあるので知ってるだけで消耗が半分以下で終わらせられる戦いもあったりします。

逆にそれを承知で大ダメージの全体攻撃を連発してくる敵とかもいるので、

ボス戦は補助や回復後のHP上昇待ちをしっかりやって行くのが大事で、気を抜くとやられるボスらしい戦いが楽しめます。

それと今作で新しく導入されたサウンドバトルもはまると気分爽快で、

通常攻撃でダメージを与えた時に一定のリズムでA(とL)を押していくと追加ダメージが入っていくんですが、

計算には入れられないけどうまく行くと普通に攻撃する倍くらいのダメージが入る上に攻撃力アップと相性がいいので、

敵のリズムが分かると戦闘が楽になったりしますが、例のドラムロールシステムとの噛み合いが良くも悪くも絶妙で、

急いで回復したい時にはリズム取ってると間に合わないし、余裕を作ってやれば狙うチャンスができると言う

ジレンマにもなるかもしれないけど、より強い攻めを行う為に立ち回って大ダメージを狙う余裕を自ら作っていく動機にも繋がります。

でも絶対当てに出来る物でもないので、会心のような追加ダメージなんだけどちょっと狙ったり出来る特殊な物として認識するくらいがいいかもしれないです。

後は戦う敵もユニークなのが多くって、前回の後ろを取って先手と言うのが、敵の背後をついて振り向くまで攻撃できるんですが、

後ろに武装してる敵はお構いなしだったりして、敵もシステムを有効に理解し遊んできます。

他にも猛攻を仕掛けてきたと思ったら力を使い果たして最後に決めポーズを取って倒れていったり、ありとあらゆる物に擬態して襲ってくるとか、

いちいち敵がユニークで飽きさせないのが多いです。

ゲームオーバーのデメリットなんかも所持金半減(預けてる分は大丈夫)だけで、全員が完全回復状態で再スタートできるのでデメリット緩く、

何かの拍子で全滅したとしても再起はしやすかったです。消耗したアイテムだけはどうしようもなかったですけど。

…全体的に見て、何度もプレイするゲームかといわれると違うかもしれないけど、初回の入り込み方はかなり高かったのと、

全てを知った上でもう一度プレイするとまた違う印象があるかもしれないです。とりあえずやめどころとかがわかんなかったり睡眠時間削るくらい楽しかった。

そしてようやくこれでサイトウさんから頂いたマザー本の3部分が内容を理解した上で読めるので、読もう。

最後に反転して内容に触れたあれこれを。

今回、2の続きである部分があり、2で最後に逃げていったポーキーのその後が伺えるようになっています。

1で逃げていったギーグが2で最後に立ちはだかって、2で逃げたポーキーが3の最後で立ちはだかるんですが、

これまでのシリーズ遊んでるとリュカたちを途中まで食っちゃう勢いなんですよね。それがいいかどうかは分かりませんが。

そのポーキーも今回物語から結果的に離脱する形ですけど、死んだり殺されたりってのも変な気がするので離脱でいいのかも。

終わり方が気になったんだけど、アレは最後の選択肢で変化するとか途中の選択肢で変化とかするのかな。

基本的にはあそこから新しい地球が始まるって終わり方みたいだけど。それとあの終わり方と舞台の設定からすると、

2の後とも取れるし1の前とも取れるのが良くも悪くも考えさせられるなーと。あと最後の最後にMOTHERロゴの完全版が見れて、

アレで地球が再び始まるってのが分かるってのが好き。

 

6月19日 第2849話「あの三人、三度」 くもりとっぷう
 MM4が出るって事ですが、今からみなぎりすぎると発売までの暮らしに大きな支障が出そうなので、

要所要所で発作を出して行こうかと思います。

さて、発作と言えばそう、健康診断。さっくりと結果だけ申し上げますが、

体重は1kgほど減少しました、変な太り方はしてないんだろうけどこれはこれでやだなぁ。

血圧がmax107 min59って低いですよね、多分。

視力はメガネ着用にも関わらず裸眼かと思うような数値をマークしました、眼精疲労とかの賜物。

なんか健康なのかどうかわかんない診断結果でしたが、血圧が気になる所。低すぎる気がするなと。

 回の続き、あらすじとしては上野でいい物を見ました!以上!

劇場を後にした我々と我の傘ですが、食事の予約まで若干時間があるので、上野の珍奇スポットアメ横へ。

アメ横ってアメリカ横町じゃなくてアメヤ横丁だったんですよね。行ってから思い出しましたけど。

それで流しで見てたんですが、うっかりジャジャさん共々ベルトを衝動買い。

帰ってから見てみたらベルト3本もあったんだよね。欲しかったのはネクタイの方。

ベルトって中々壊れないのでどうしよう。年月をかけて解決していこう、そうすれば壊れるだろうし。

後は食前の食べ物の誘惑に負けないで頑張ったり、雑多な道を楽しんだり、店頭のシャツやマスクで盛り上がったり。

特に雑多さね、なんか香港にこれの大規模な物があるらしいです。

…で、歩きつかれたので前倒しに予約できるかを尋ねてお店に行きまして、ゆっくり休んで飲んで食べて喋って笑って大盛り上がりです。

そこで今考えてるゲームのテストプレイとかしてもらいました。どんな内容なのかはまだまだ先ですが、完成するか企画が滅んだら言いますよ。

でもなんかゲームになってきててちょっと嬉しい、同人として世に出せる可能性もあるかも。

、うぅぁテストプレイの様子記録とってねぇ!つづく。

帰りの電車はアリというイキモノがいかに天敵であるかなどの話や姉と言うイキモノがいかに怨敵であるか等の話がありましたよ。

あと傘は未だに活躍のチャンスがありません。そのまま結局ジャジャさんちまで行きました。

つづく。

 

6月17日 第2848話「でくの傘」 はれ
 しぶりに週末土日が休みでして、色々してきました。

週末は天気が不安定な感じで雨降る説も浮上してるので傘なんかもっていったりしてね。

なんか2-3cmくらいの甲虫で日陰を好み、信号待ちしてる私の作った影に入ろうとしていた虫がいたんですけどね、

素性が知れないので避けました。

ちょっとお腹に食べ物を入れて、目的地の上野に向かい…の前に秋葉原に立ち寄り。

イエローサブマリンでMtG見て、手元にある今熱いカードを売って欲しかったラル・ザレックを手に入れました。

そのカードをフル活用したら、追加コストとして4円でラル・ザレック買えましたよ!

それが終わってカロリーを摂取して、使う気配が全くない傘を片手に上野へ。

…上野でジャジャさんたちと合流。入谷改札口でって事だったんだけど一人入谷改札口引く口で待機、

改札自体が幅がないので待ち構えてれば確実だろうしと思いまして。

それで拾ってもらって無事合流。今回の目的である演劇を観ることとなりました。何気に人生初かも。

なんかでもこういうのを経験すると思うのは画面越しスピーカー越しとは全く違う物があるんですよね、

特にそれを感じるのが和太鼓、アレは本当に単調単純な楽器ですけど音の波が凄くって聞くというより浴びるなんです。

アレを浴びるのはやっぱり目の前で太鼓が力強く叩かれてこその物であるといえるかもしれませんしね。

それで、内容なんですが舞台のセットは古き頃を漂わせる六畳間、そこに登場する十数名の出演者が

2時間に渡って一つの物語を作るんですが非常に設定とか作りこまれてて、この一つの空間でココまで話を作れるって事もそうだけど、

役者ではなくそれぞれが与えられた配役の人間そのものになってるんですよね、だから初めて見た人達は役者ではなく配役の人間として認識してました。

杉下右京という人物だけを徹底して見て、水谷豊さんを知らないでいると杉下右京の一面として水谷豊さんを見る逆転現象のような。

多分マンガとかアニメとかのイラスト媒体よりもこちらの方が等身大で何も特殊なものを持たない人間模様を描く場合、強い部分持ってるんでしょうね。

人間の役をやっているのがキャラクターではなく人間なんですから。もちろんキャラクターの役をやらせるんなら人間よりキャラクターの方が強いですけど。

あとアメコミはあえてその真逆をやりますけど、それもそれで一つのあり方だと思います。

痛快物もありますが、スパイダーマンとかアイアンマンなんかは人間を逸脱した力やそれを行使する手段権利を持っていながらも

人間くさい悩みを抱えてそれに振り回される姿が描かれてますしね。多分それが全くなくなると英雄ではなく彼等はただの手段になると思うんですよね。

ロボット物のロボットになっちゃうんだと思います。これらの場合は存在が手段そのものでありながらも、

そこに人間が干渉する事で英雄になれるんです、多分。人ではないですけど。

キングゲイナーなんかは作中の目標である移民を成功させる為の護衛手段としてキングゲイナーがあって、主な用途もそれなんですけど、

そこに悩んだり立ち止まって考えたり時にはふっきれたりする人間、ゲイナー・サンガが乗っかる事で人間っぽさを与えられ、

妨害から守るという本来の目的以外にも物運びやら人探し、わがままの付き合いとかに使われるんですよね。

作品の英雄、ちょっと書き換えるとヒーローや主要人物に人間らしさが必要って面では、ラストハルマゲドンなんかも変わった角度から描かれてたりして、

最初は外敵の殺戮と謎の解明のために動いてるだけのモンスターが徐々にわけのわからない物に対して恐怖を感じたりとかしていって

時として人間よりも人間らしいと見なされる「人間らしさ」を身に着けていくんですが、あれも最初はプレイヤーである人間と異質な物だったのが、

徐々にこっち側によってくる見せ方表現方法なんですよね。まあアレの場合は最終目標が特殊なのですけど。

でもなんか人間らしさを描く作品って表現とか持って行き方が難しいですけどなんか光る物があるというかいい物があると思います。

それが多分人間としてこうありたいって言う目標を抱かせてくれたり現実でもありうる力や無謀ではない人間の強い部分とか

そもそも形のない人間らしさってのを一つの情報の塊として見せてくれるからかもしれませんが。

…話逸れましたが、そんな感じでいい物を見たので、開演直前に神奈川県は地獄説とかの話をしてたのが消し飛びましたからね。

そんな話が逸れるきっかけにもなった経験でした。

そして傘、現時点まで使用なし。

役に立たないちょっと手荷物になる棒ですよ。外出たら晴れてるし。つづく。

 

6月14日 第2847話「バッドウェザー」 あめのちはれ
 んか昨日一昨日は一日がかりで雨だったのに今日は回復。今日の方が格段に楽だったのにな。

で、明日晴れるのかと思われそうだけどしっかりと雨らしいしね。今週の天気は敵だ。

今週は体力消費が激しかったのでなんか体力回復する食べ物が食いたいと思って、

豚レバーを買ってきましたしニラも買って来ました、レバニラかニラレバか統一して欲しい炒めです。

ちなみににんにくがないのに気がついたのは、今。

なのでもう下準備からせずに適当に炒めつけてやろうと思います。レバーが食えれば目的を果たしたようなもんですし。

とか思ってたらいまいちな出来だったので、レバーは背伸びせずに買ってきた方がいいと学びました、int+1。

味はいまいちだったけどエネルギーはかなり充填できました、朝まで起きてられそうだは言い過ぎにしても。

後昨日から何故かあごの先端を司る筋肉が痙攣してます。理由が全く分かりません。

アゴに何か居るんですかね、アゴサキスみたいなの。

そのうちアゴをダァー!って食い破って何らかの変化を見せるかもしれませんけどね。文字通り目と鼻の先で。

多分そこそこの疲労から来てると思うので思い切り回復してくれようぞと思ってます。

最近は寝るより食べるで回復してた傾向がありましたけどね、BIGBAGのポテトチップスを食べきり感覚で食べてたり。

それから体調管理も今週末のためにしっかりこなしておきました。

そうそう、今週末ちょっとまたテストプレイじみた事をするのです。秋のゲームマーケットに備えてチョコチョコ動いてます。

形に出来て遊んで貰えるレベルになるといいですけど。とりあえずこれとレバーの扱いをうまくしていきたい所存

 

6月12日 第2846話「ALONE IN THE 功夫」 あめ
 が書きたいか分からない!

なのでもう過去の日記から適当に引っ張り出そうと思って読んでたらちょうど10年前の2月ごろに当たりまして、

なんとも形状しがたい事ばかり書き並べてました。むしろそれを自然だと思わないとならないであろう事なのに。この日記においては。

で、2002年のクリスマスの話をしてたんですけどね、それが気になってさかのぼったんです。

それでクリスマスの日記にサンタクロースがくれたらしき何処かの誰かの自転車がうちの敷地内に停めてあったって話だったんですけど、

それが次の日になくなってて当時乗っていた駐輪場にとめてあるから自転車であって電信柱のそばに置いてあったら放置された粗大ゴミであるくらいの、

我が足を担っていた祖師ヶ谷大蔵号なのですが、それの交換パーツにしてやろうと思ってたのにって話をしてました。

それを読んでいたら今度はもう少し前の話がまたあったらしくてさかのぼってました。いつおわんのよ。

結局そこで終わってましたけどね。この素行観察を作っている人間がもう過去の自身に振り回されるんですよ、数が多すぎると。

こうやって今日書いてるじゃないですか、それがまた積もってくると増えてきていちいち覚えてられないんですよ。

だから書いた本人よりも読んでいる人の方が詳しくなったりします。

記憶を奪われてるような錯覚はないんですが、仕事上で時々ある記憶力が曖昧な人が言うある事ない事が混ざったやりとりのような気分ね。

いちいち覚えてないんだけど確かに日記に書いてあるとか。逆に面白いのが言われて思い出すとかですけどね。

ちょっと前に昔の話がほんの少しでたんですが、その時言われるまで忘れてたんですが、プレステを憎んでいた時期があった気がする。

うちのプレステの扱いが逆さ向きでありかつその上にサターンが置いてあるという確実な支配階級が存在している形で置かれてました。

そんなプレステも4が出るみたいですよ、ヤツもよる年波には勝てないのか3回も脱皮をしてる計算です。

プレステの着目点はSGが出るかどうか、なのでとりあえずはプールサイドで見学程度の感覚ですけど。JRPG好きにはよさげな印象ですけどね。

と言うか全体で見るとMMが出そうな気がするのが据え置き携帯共通で任天堂系統なのでそこいらを見極めてから買うんじゃないかなと思います。

ハードがどうのうよりも結局のところハードを勝手まで遊びたいと思うソフトがあれば買っちゃうんですよね。

それで遊びきった後はオマケに他のゲームでってくらいに。

ああでもSGはソニーが権利を手放してくれたらなんか普通に別ハードなりなんなりで元のスタッフが集まって作りそう、スタッフが未だに愛情持ってるからなぁ。

 

6月10日 第2845話「睡眠時間4-13」 くもり
 の所の睡眠時間がランダムです。

なんか休みの日に13時間くらい眠ったと思ったら4時間に満たない睡眠時間だったりして、

それでも何故か維持は出来てます。

その4時間睡眠だった事を踏まえて、昨日は横浜に行ってきました。

なんか開港祭じみた事をやっているらしいのと、久しぶりにありつけた日曜休みだったので飛びつきましたよ。

って事で寝たのが3時ちょいすぎだったのに7時に起きてリラックスしてから9時ぐらいには家を飛び出して10時横浜。まだ商業施設は開業前だ。

そのままみなとみらい地区まで行って会場に行き、思うがままに見たり食べたりしました。

中華街から出店してるお店の海老春巻きとか、崎陽軒のシウマイまんなんかも食べたりして。

このシウマイまん、シウマイの外側をシウマイの皮ではなく饅頭の皮で作られていてちょっと別のカテゴリの物です。

どっちかと言うとお茶とかゲームのお供に最適で、味については何かもう一押しあるといいかも。

インド料理とかアジア系の屋台が結構沢山あったのですが、そちらも存分に食いましたよ。

ってさっきから食べてばっかりですがこれがいいんですよ、これが!

自分で到底作れず、こういう場所だからこその味わいが楽しめるものを喰らう。祭りの醍醐味。

ちなみに祭りの規模は前日の方が凄い事やってたためなのか、それとも本腰の開港記念祭ではなかったのか、

フロートが走ったりとかそういうのは無かったですね、アレは別の催事だったかな。

そんなこんなで心が満たされ、横浜から桜木町まで結構気温高い中歩きかつ会場でも歩き通しであるにも関わらず疲れを感じないで

眠気も全く無く全力で楽しめた感じがしたので帰りにちょっと買い物と化してそのまま帰ってきました。

って言いたかったのに途中でエンストしました。

横浜近辺とか地元近辺じゃなく中間地点の何もないようなトコね、もう岩と瓦礫しかないみたいな所。は嘘にしても。

何で止まったのかわかんないし、15分くらい色々やってようやく動かせたのですが、なんだったんだろう。

時々こういう事があって困るのですが、バッテリーの劣化とか何らかの問題なのか、俗に言うオーバーヒートなのか。

横浜まで行く時も帰る時もエンジン冷やすあの>>>>踏んでなかったからかな。

…そんな事があったのに帰ってから眠気も来ないでそのまま活動続行。ちっとも疲れを感じないんですよね、なんだろう。

結局夜も朝早いからといつもの就寝時間に消灯したのに一時間位してやっと寝付き始めましたし、朝3時に目が覚めてましたし。

何かに順応しようとしてるのかな、まあそのうち分かるかもしれませんけど。とりあえず気力が回復したし外出意欲は満たせたのでよし。

 VCのグラディウスで最近遊んでます。

昔7周すると真のエンディングが見れるなどと供述していたヤツがいてマジで7周して真っ向から否定した事があるのですが、

今思うと周回クリアごとにメッセージが違ってた(当時英語力が1未満だったので内容は読めてない)のですが、それの確認をしています。

ひょっとしたら7周目で最後のメッセージになって8周目からは同じメッセージになる、とかかもしれませんし。

で、現在6周クリアしてるのですが、KANGEKI、OMIGOTO、NIKUI NIKUI、ANATAWA SUGOI、MIAGETAMONDA、IUKOTONAINEと続いてます。

後なんか今まで出てこなかった気がするEってアルファベットが出てきました、キーワード集めるの?とりあえず記録してますけど。

次がいよいよ7周目です。ちなみにSFCのIIIではエンディングの最後にレッツトライ(次の難易度)モードって出るんですが、

ハードだと難易度アーケードの出し方、アーケードだとギブアップ宣言をしてくるんですけど、テクニカルモンキーって言われるのが引っかかる。

そのIIIの影響なのか、難易度アーケードって一番難しい印象があるんですよね、NEOGEOだと標準的難易度の亜種なんですけどね。

それと連動してアーケードゲームは難しいって印象が埋め込まれました、事実大多数はそうですけど。

 …健康診断の追加コンテンツで2500円くらい払うと血液検査が受けられるらしいのですが、

冗談じゃないよ。

お金払って注射器撃たれて血を抜かれてしばらく軽度の貧血に陥るんですよ、危険危険。

もういくらお医者様がこれに耐えたら投石器とアドバルーンあげますって言って来てもなやむっての。

投石器は停める場所ないしアドバルーンは上げるのに許可が必要だし。そもそもその組み合わせに疑問が生まれるし。

 

6月8日 第2844話「マッスルエンジン」 はれ
 の所筋肉構造の検索をする事が増えています。

って言うのも肩とか首周りの筋肉が疲れたりした時にいい対処方法があるかを探してるうちに、

なんか体ストレッチしたくなって腰とか背中とか手でほぐしがたい筋肉の効果的なリラックスのさせ方を知りたくなっただけで、

最終的にはどの筋肉がどう負担がかかっているのかを知る事が予防解決に繋がると思いまして。

で、非常に疲れる肩周りの構造を調べてみると細かい名称とかは覚え切れませんが、背中から首にかけての筋肉が

肩の方に集まるように出来ているのでなんか妙に肩の疲労で首や背中とかを押すと効くってのが納得できたり、

同時に連動してその辺も疲れるってのも分かりました。

凝りによる筋肉の疲れって動かす事で解消していく事が出来ますが、疲れてる部分以外からの刺激で動かすのが気持ちいいんですよね。

眼球には最悪の作用ですが、目が疲れてるときにこすると疲れた筋肉が外部刺激でリラックスしてきて凄く気持ちがいいのって、

自分で動く、つまり力が入って筋肉がかたくなってない状態でほぐされるから効果が大きかったりするんでしょうね。

肩にしても肩が疲れたからってそのものを動かすより、周辺筋肉を動かして結果的に肩を動かす方が楽な感じが大きいです。

最近は腕全体をグルグルと動かすのがお気に入りで、後方上部にいった時の肩への負担って言い方も変ですがその瞬間がいいんです。

たったままやるのもいいですが横向きに寝転がってやると余計いい感じ。

寝転がったついでに各種ストレッチのやり方とかを覚えて寝てる筋肉を起こす事をしたりして。

ただ、弱点があってその流れで眠ってしまう事が多く、この所の寝落ち率が全盛期に匹敵する位上昇しまして、

そう言えば去年の今頃は眼精疲労と気管支炎に悩まされていた時期だったかな。

気管支炎は全く別のラインの話ですけど、あれのお陰でせきがやたら出て連動して肩に力が入り肩こりから来る目疲れの結果が眼精疲労なので、

間接的にシナジーを形成してしまっていたのは辛かったですけどね。今年は喉も目も好調です。

そうそう、肩や目以外にも腰もそれらと共有してるっぽいのですが、腰もまた他の筋肉とか動かしたり外部からの刺激で疲れが取れやすいです。

上記の各種ストレッチで色々な姿勢を見てると、昔暇な時にやってた姿勢がことごとく一致しまして、

本能的に探り当ててたのかもしれないと思いました。

でも筋肉の状態がいいと体が軽いし何をやるにしても軽快になりますから

起きてる時間を活用するには結構いい選択肢だと思うんですよね、ストレッチ。

ちょっと痛いんだけど「効いてる」感じがいいです。冷凍していたものを解凍して柔軟にしたかのようなあの感覚。

調べ物してる時にマウスを持っていない側の手は足の裏を押したりとかそう言う事をしてる人間の言う事ですけどね。

 

6月6日 第2843話「HardRock Yokosuka」 くもりときどきはれ
 ットの知り合いとかと一度疎遠になって意外な場所で会ったり見かけたりするのって

なんか鉄道の乗換えみたいな感じなんですよね。

始発辺りで一緒に走ってた路線が途中分離して、忘れた頃に何かまた合流してきたりするあの感じ。

関東で具体的に言うなら中央線直通総武線各駅停車ね。西船橋とかで東西線と一緒ですぐに分かれて、

なんか中野とかその辺りまで行ったらしれっと合流してくるのね。関東の路線図見ると分かるけど。

でも東京湾近辺の東海道線と横須賀線まで行くともはやライバルですけどね。

運行中の速度の出し方とか車両の揺れ具合、駅の間隔の長さ、同一規格の車体と共通点も 多々あります。

でも横須賀線のやさしさが見えるのは二人きりで走ってる横浜〜大船間で

東海道線が雑魚と見なし通過する保土ヶ谷と東戸塚に止まる所。関東を走ってるときの東海道線は案外空気が読めないのでこの気配りは出来ない。

そんな横須賀線も20年以上はかなりハードロックで、

横浜から品川までの間はほぼ独走で駅需要もあろうというのに駅が新川崎しかなかったんですよね。

路線図とか所要時間で見ると砂漠の何もないトコでも走ってんじゃないかと思うくらいの駅の無さ。

元々が旅客路線ではなく貨物路線だったって前歴があるからなんですけど、

貨物の車両基地があったり何処とも分からない場所へ行く線路が時々あったりそれらしさが今も残ってるんですが当時の状況は深刻そのもの。

その当時は本当に貨物車両とかが頻繁に通ってた記憶もあるんですが、

成田エクスプレスやら湘南新宿ラインといった便利で小癪な物が走り始めた頃からか、

無骨で男らしい貨物車両with心配なくらい牽引された車両は当時より見かけなくなったような気がします、単純に遭遇してないだけかもしれませんけど。

貨物路線を旅客目的で使うって意味では、観光都市としての横浜の玄関口でもある桜木町駅も実は貨物路線生まれで、

今もなお京浜工業地帯の浜の方相手に輸送している車両とかが見れたりします。

貨物車両の通過は観光都市横浜の地域ならではの光景ともいえるでしょうね。私が異様に出くわすのはコンテナではなく燃料運搬車両ですけど。

…なんか喋ってたらちょっと行きたくなってきた、今度周遊メインで行こうかな。

 

6月4日 第2842話「ベストクラス」 はれ
 日毎日朝起きて寝るまでシャキーン!とウゴウゴルーガを延々と見ながら好きなことやったり考えたりしてノートに書きなぐって、

物を考えたり作ったりする意欲を満たしたい欲求が強すぎる今日この頃。

メモとか落書きとか残す為に手の届く場所に置いてあるノートにも、三十路が書いたにしては精神的に問題がありそうな気がしてならない、

棒人間の秘密基地の断面図ってのがA4サイズ数ページに渡って書かれていたりします。大木要塞ゴッド樹木with根元の地下基地みたいなの。

ちなみに最近はこんな気分になった時特有の症状であるgooglemapで線路を追っかけたりしてます。すげー楽しーです。

コイツがある種の幼児退行ってヤツか…?

で、今朝考えてたんですけど、今の知り合い一同でクラス編成したら楽しい学校生活が営めそうだと思うんですよね。営む!?

まあそんなことより!高校2年くらいを想定で考えてたら見る見る楽しくなってやんの。

朝登校したら皆が興味あるかも分からないシャキーン!トークを切り出す私とか、

休み時間がいくらあっても足りないボドゲ三昧カードゲーム三昧、放課後はそれらの延長戦+ゲーセン、

休みの日は誰かの家で頻繁にアナログデジタルゲーム三昧。

遊びの事ばかりかと言われそうですが、苦痛の城塞各種行事も楽しくなりそう。修学旅行とかも誰と組んでもokだし。

ただ、イメージしてるのが2013年現在の状態と十数年前の状態が混在してますけどね。空想なのでそこいらは自由にさせて下さい。

 

6月2日 第2841話「気楽な節制」 くもりのちはれ
 うそう、先月半ば頃から妙に財布の中身が少なくって何故だろうと思ってたんですが、

部屋の片付けの為にあれこれ買ったり廃棄したりしてたってのもあるし、

捨てた物の新たな埋め合わせとかもあったり、ちょっと衝動買いもあったりしたんですよ。

その結果が今日現在1243円。ちなみに先月半ば時点で3600円だったので、かなり余裕のペース。

まあ今週半ばには復旧できるし銀行に行けば解決するんですけどね、ココまで来たら意地です。

…で、そうなると自ずと家で飯を食うわけですがこれがまた充実した長期保存の効く食料によって問題が無く食事が取れまして、

ちょうど入れ替えも兼ねて食べたりしてました。

時々言っているように、我が家は栄養バランスをある程度度外視すれば2-3週間位は持ちこたえられる食料があり、

小田原城の職員が兵糧攻め実習でうちを選んでも実習期間が冗談みたいじゃない限り耐えられるという設計になってるのですが、

その食料をふんだんに使った、と言うほどでもない使い方によってかなり楽々耐えてます。

その上家で食べる=外出はしていないので極端な空腹も無く、食事量も少なくなりますし。

このような状況下で役立つのはパスタ。余り物とかを割とすんなり調理できる炒飯と並ぶ便利料理。

今日も今日で帰ってきてからの昼をピーマンとツナ缶で作りましたさ。

パスタをゆでて、ツナ缶の油で5mm長に切ったピーマンを炒めてある程度火が通ったらパスタを入れて少ししたらツナ缶投入。

よーく混ぜて混ざってきたら醤油を適量。醤油がなじんたら皿に移してきざみのりをふりかけ完成。味の保障はしません。

これで物足りなかったら醤油の直前に他の調味料を振るか盛り付けた段階で何かをまぶせばいいと思います。

ツナ缶の油のお陰でちょっと重いかもしれませんが同じ理由でパスタがくっついたりはしません。

こういう事も時々やってるので、なんだかんだで楽しめている現状です。

遊びはUOの毒スキル上げを未だにやってますがこっちは地獄。