第2961話〜第2970話

昔の日記選択に  1番新しいやつに

 

4月10日 第2970話「外部へのメス」 はれ
 付けの勢いは部屋の外へも飛び出しておりますよ。

下駄箱整理していたら自分も知らない持ち合わせの靴がある事が発覚したり、

古いスーツ用の靴を捨てたり、備品整理や壊れたものの買いなおし、不用品の処分などを進めてます。

中でも既に薬剤の効果が切れていそうなバルサン。4年前の夏に買ったのですが結局使わずじまい。

これを処分するのに結構な手間隙がかかりそうだと判断しましたが、そういうのを片付けるチャンスがあるのも今なので、

手順を進めて後は自治体の指示に従って捨てるんですが、自治体の指示があんまり良くわかって無いので電話確認となりそうです。

そういった処理が面倒なものって普段の生活の中だと結構溜まっちゃうんですよね、後回しにしたりしちゃって。

今月はそういうのを積極的に処分する月間として行きたいとこですが、

出てきた物で使えそうな消耗品とかは残したりもしてますし、使えそうなら使ってます。

余ってしまった入れ物の類とかも案外新しい収納物を見つけて無駄にならず、現在ほとんど全てが再利用先を見つけてる状態です。

中でもこれは使い道がなさそうだと判断されるコイツもこれでもかとぴったり収まるものを見つけられました。

予備のカードリッジは何処にしまうかはこの際考えません。

また、今まで充電ケーブルを入れていたケースも気がついたら古い携帯を処分した為DSLite用しか残っておらず、他は電池くらいが入ってて、

これもまたちょっとしまった場所の配置換えによって空っぽになりました。

充電器はその手のものが入った引き出しに、電池はデッキケースに入れて同じ引き出しに。

このようなスライド、最適化をするとどんどん収納エリアが活用されていきますなぁ。

そして空きケース類も増えるんですが、元々保管のために使われるような箱じゃない、何かを買ってきた時の外箱だったりとか、

耐久の低い物やらが自然と残ってくるので、何か気分としては大所帯のパーティで移動するRPGの装備買い替えのような気分です。

大物類は現在停滞していて、小物類を動かしているのですが次のステップへの準備でもあります。

ゆくゆくは部屋の有線を切り替えられるものは無線に変えていくってのも進めて行きたいんですよね。マウスとかキーボードとか。

 

4月8日 第2969話「衝動の賜物」 はれ
 の所ゲームの意欲が落ちてきてると思ってたけど、そんなことありませんでした。

日曜日は例によって朝4時に起きて、午前中を不眠不休で過ごしてたんですが、13時になってninetyのオープンツイートに

「いのうー店長がバトルバやりたがってます」って一文見てからが早かった。

自分でも正体が知れない高いモチベーションにより瞬く間に着替えて家を飛び出し外が小雨であるにも関わらずそれを気にも止めず
駅まで信号以外の要素で止まることなく長距離仕様のダッシュをして息切れしスタミナとか持久力の衰えと補強を考えながらも乗車
何故だか普段より新宿に時間がかかる事にジレンマを感じながらも目をらんらんとさせて新宿に到着しそのまま曙橋到着しかる後に小走りで

ninetyに入りました。

それで19日にやるMMオフの段取りとかしてました、駅から店への送迎は私がやります、諦めて下さい。

ちゃんとした話が終わったらもうバトルバですよ、今回もいっぱい波動砲浴びましたし、今回もまたデータ無かったので即3周しましたよ。

来月やる時はうちのサターン持って行くのでいきなり全車解禁でいきます!

いのうー店長がどうも面白いと判断したようでして、他に客の居ない珍しく静かなninetyで店長巻き込み数時間、

更に来客巻き込み数時間遊んでました。4時から一睡もして無いとは思えないバイタリティの湧き出方してましたよ。

バトルバ凄いよ、ぜんぜん疲労とか空腹とか襲ってこないの。放って置いたら一晩遊べそう。

そうそう、流石に付き合ってくれる人が居なさそうなのでしませんが、店長からオールナイトでバトルバと言う話もありましたが、

やっては見たいけど色んな面で実現は難しそう。

ちなみに内容はと言うと人間相手に多脚IIは流石に使えないのでそれ以外で遊んでました。

基本は遊ぶ方向、チーム戦は流石にある程度ちゃんとやるようにと。

それで気がついたけどゴッドバードが案外全部当てられる可能性があると分かったりしてました。

突発だったけど充実し放題でした、次の日の準備とかそういうの全部捨ててでも参加した甲斐がありましたよ、ええ。

「この世にバトルバ遊べる環境がある限りオレは遊ぶ!」って前に宣言してた事があったけど、アレマジかもしれないし、

なんなら寝たり死んだりしてるそばでバトルバで誰かが遊んでたら生き返ってでも参加しそう。

これだけ好きな物にめぐり合えたので、今回の人生は失敗あれども価値はあった。

 

4月5日 第2968話「非物理的整理」 よくわからん
 カウントなんかも整理しだしました。

もう使ってないようなのが生きてるのか死んでるのか、生きてるならトドメを刺すために動き出したんですよね。

数年前にもやってたんですが、やっぱり増えますからね。生きてると。

ずっと前に放って置きっぱなしになったメールアドレスとか、オンラインゲームのアカウントとかそういうのをまずチェック。

なんですがどうもメール関係はあらかた滅んでるようで何もする事はありませんでした。

それでメールは大分片付いたんですが、オンラインゲームのアカウントが面倒でして、

昔遊びもしないのにnexonのアカウントを取得して、それでしばらくログインしないと消えますよって話だったんだけど

死んでるかどうか確認する為にログインしたら生きてて困ったって事があったんですが、今はちゃんと大会できるようになってるみたいですね。

強いて難を言えば既にログインIDとパスワードを忘れてるので死んでると言うより事実上の死亡である行方不明。

あとは別のアカウントは何か管理サイトの統合とかなんとかでID自体はそのままながらも使えるとの事だったんですが、ID入れると違うよ呼ばわりね。

それでメールで確認したらちゃんとそのまんまのIDが生きてる事になってるんだけどいれるとうちの会員ではありませんと断定。

、記憶からアカウントを消そう。解決。

こうして、私が管理すべきアカウントは大分減らせましたし、現状も理解できました。

それで気がついたのは、ココのアンケートフォームで使ってるような人間相手のやりとりに使う、一般開放してるメールアドレスと、

アカウント登録とかのために使ってる、アカウント管理用のメールアドレスとがあるんですが、後者と前者が混じってるのが更にありまして、

そいつを分散しちまっても良さそうな感じなんですよね。そんで空いたのを非プライベートに回しちゃうとかも良さそうですし。

複数のメールが専門の役割を貰ってないってのは管理できてるとはいえそうに無いですしね。

…何かいよいよ部屋の片付けというより人生の棚卸みたいになってきてますけど、こういうのを待ってた望んでた!

パソコンHDDの中身も整頓したりって事もちょいちょい始めてます。音楽フォルダの中身に全部タイトルとかつけたりもしたいんですよね。

今感覚で分かってますけどちょっと間隔があくと探すようになりますから。この間2Rのヴェンジェンス探すのにファイル手当たり次第にあけてましたし。

 

4月3日 第2967話「確実な前進を」 あめ
 日はワードローブに動かした服をうまく納めました。

発想を変えてズボンと上着ではなく、ズボンとビジネス類とか家着とかと組み合わせたらピッタリ収納。

そこからトントン拍子で引き出しの再編が進み、なんか気がついたら空っぽの引き出しが2-3出来る始末。

そんなに捨ててるわけでも無いのにね、物。

いやでも流石にこれはもう十分だろうって服とかが出てきて捨てたのはありますけど、その他ゴミ類とあわせても40リットル相当。

なので、一時的にあいた引き出しに増税云々と言うよりその前にどうぞセールで安かったから買いまとめた午後の紅茶ミルクティーがたくさん入ります。

普段は緑茶、パンとかパスタの場合はコイツ。

無理の無い程度に物を減らして、うまく詰めなおしてってやっていったら気がついたんですが、デッドスペース結構あったんだな、今までの配置。

引き出し収納に一点集中であれこれ入れてたから気がつかなかったけど、それを空いた場所に拡散させるだけでこうなるとは。

ワードローブが純粋に容積のパフォーマンス高いってのもありますけど、

何話か前に言った「ワードローブから部屋全体が変わり行く」が現実のものになってます。

…が、もう一箇所大きく変更させたい所があるんですよね、そう!枕元。こちらも第2962話でちょっと触れてますね。

ココも今は色々詰めてますけど、効率化を図って奥行きを削りたいんです。そうするとコンセントのスペースが余裕出来てくるので

布団がかぶって不安なんて事も激減或いは解消です。削った分のスペースにはついたて代わりに収納ボックスとか置けばいいでしょうし。

極端な事をいうと寝床の頭と足元を逆転させ、現状の枕元をそのまま移動させれば全て片付くんですけどね。

ただ今の向きがとりあえずベストなんですよ、北枕だけど寝床で召された時向き変えなくて済むから便利。

意外と背が高い物なので、部屋の隅っこ以外に置くと妙な圧迫感と言うか窮屈さを感じるんですよ、UOの家だとそれが良いんですがそれとは別。

前回話をしたシーリングライトのメリットの一つ、ぶら下がってこないから空間を使わないため広く感じる心理の逆です。

実際心理的に部屋を広く見せる演出として、背の高い家具を避けるってのはあるようですよ。床面積は同じでも広さが違ってくるように見えるんだとか。

床面積の割には、なので部屋の体積で考えると実際に違いはあるんですけどね。

でもそれの応用として背の高い本棚は厚みを避けたり、代わりに高さを延ばして壁っぽく見せるって方法もあるようですが、

床にかかる重量負担は設置面積対重量で言うとかなり集中するのでそこんとこは建物次第で危険かも。

それはそれとして、部屋の整理の第一段階は突破したってとこです。次は吊り棚と枕元、俄然燃えてますよ。

…そう、それとwiiのVCの整頓と言うか編成もしようとあれこれ買ってたんですが、

消費税の影響で凄く歯切れの悪い値段になってて困りました。端数が出ちゃってるので823円とかじゃなくて830円とかでもいいのに。

お金とか買い物にも使える交通の電子マネーは調整も聞くし頻繁だからもう諦めると言うかそんな感じですけど、

こればっかりは用途が限られてるのでなんとも割り切り辛いです。

でも欲しいものがあるから買っちゃうわけで、アーケードのスプラッターハウスと何気にソフトを持ってなかったファミコンの熱血ドッジと熱血硬派、

それとソニック3と連動が出来るので購入を決めたソニック&ナックルズ。配信終了したタイトルが何故かココにきて復活してます。

お陰で買いそびれて後悔してたのが修復できました。元々wiiに入ってた100ptのお陰で変な端数分も足りましたし、現在残高15pt。

スプラッターハウスはメガドラ版の知識が大体通じるので6面まではいけましたが、

ソニックはサターンのソニックジャムと違いオリジナル版でのプレイとなるため、カオスエメラルド集めるボーナスステージでどんどん加速するんですよね。

今の所複雑なステージにあたって無いので制御は出来ますけど、全員分のスーパーエメラルド全部集められる自信が無い。

せっかく電池切れとかアローン2の為にデータ消す必要の無い媒体でプレイしてるんだから、コンプデータは作っておきたいんですよ。

あとは叶わないだろうけどバトルバと19XXとスカイガンナーで遊べたら俺一生wii持ってるというかwiiと融合したい。

 …今日、7時頃にたっぷり眠ったと思って目を覚まして、ゴミを出して食事摂ってちょっと過ごして転寝したら11時になってて動揺してました。

それで感じたのは、10年ちょい前と時間の価値観が変わったのは夜遅くまで起きて時間を堪能するより、

朝早く起きて午前中を過ごすほうが時間的充実感がある気がするって点。前者の価値の時は4時が夜の4時だったけど、

後者の価値の時は4時が朝の4時って認識してる辺りも変化なんだろうなって事。

時計の時間上では午前0時が日付変更の境界だけど、人間の認識は曖昧だから3時や4時が夜か朝かってあるし、

0時以降の深夜を明日か今日かって話になるけど、とりあえず自分の定義では「夜間に眠って正式に目を覚ました時が次の日」って定義にして生きてます。

よく午前4時前に「今朝」って言うのはその影響ですし、休み前の寝る直前が2時半とか3時であるにも関わらず「明日」って言ってるのはそのせいです。

なので、6時くらいまで寝ていられるのに4時半頃に目を覚ますとまだそれは次の日を迎えてなくって、

そのまま起きてると次の日である自覚が無いまま活動を開始しちゃうんですよね。人の心理って繊細でありながら雑な定義で判断してる。

 

4月1日 第2966話「Last Month」 はれ
 い忘れてた消火器を買ったけど、昨日と払ったお金はかわんなかったですよ。

気になったのは2013年製造だったのですけど、1月か12月かで大分変わりそうですなと。

使用期限が19年7月なので、多分7月ごろなんだろうけど、根本で使うような状況に陥らないのがベスト。

無駄な買い物である事を切に願いますね、それこそ昔の家の柱とかに貼られてた「火の用心」ステッカーより実用性ある分はるかにお守りですけど。

さて!部屋の改革は未だに続いてます、多分今月いっぱい続きます。

楽しいんですよね、もうプライベートの時間これだけで過ぎていくくらいにですよ。

大体の時間はレイアウト案を考える長考だったりしますけど、それすらも楽しいんですよ。

ただ悔しい事がありまして、引き出し収納に厚手の上着、ズボン、靴下パンツ事件類、シャツって4種類入れてるんですが、

いずれも小さめの収納ボックスでぴったりで、でっかいのに2カテゴリをまとめる事がギリギリ不可能と言う状態で、

ワードローブの下段はでっかいのが収まるような高さに調整してるので、絶妙の収まりの悪さを誇ってます。

まあ棚を一段撤去すれば全てが片付くのかもしれませんけど。

しかしながら、別の収納を買い足してって言う案もまだありますし、ワードローブ購入で余るはずの引き出し収納がむしろ足りてない状態になり、

それを既存のものでとりあえず何処までやりくりしつつ本当に必要であるかを見極めると言う流れを生み出すこのゲームやけに面白いです。

うまく収めるために不要なものを捨ててしまおう!必要な物を捨てたら減点だぞ!くらいの姿勢で。

けど時間は価値観を変えたり保管しているものの意味を失わせたりするので結構大事。

保障期間が切れた保証書とか外箱は役割を終えますし、環境の変化によって使えたものが使えなくなってしまう事もありますし、

そんな考え方なので、物はそこそこ減ってますし、減ったものはほとんどがなし崩しに保存してた物ばかりだったりしているので、割と健全な減り方かも。

…それと、部屋の片付けしてて上で書いたようにとりあえずありあわせでやってみるって発想は性格的なものらしくって

弁当を作って持っていくってのをはじめた時もまずは弁当箱や箸を買うよりも作って持っていくって事から着手して慣らしていく事を優先し、

適当なタッパーをそれっぽくしたりとかで持って行ってました。そして続くと分かった際にようやく弁当箱と呼べるものを購入。

この考え方が意外と大事で、うまく行かなかった時に死蔵する事となったりするのを避ける事が出来て、結果無駄なものが増えにくいんですよね。

その無駄なものとかが数年後に突如化けて必要だったり価値物だったり最注目やマイブームともなりうる場合もありますけど、

そういった可能性を全て考えて残していたら捨てることはほぼ不可能となってしまうので、個々の部屋の許容量ならびに移動頻度との相談になりそうです。

移動頻度ってのはほぼ考えない人と定期的に考える人のどちらかになりそうですけどね、異動が多い職種か固定の場所で勤続できる職種かで。

いやまあ異動とかそう言う事は考えて無いんですけどね、でも自分の管理把握できる範囲で物を持つのも大事ですし、

こういう機会が訪れないと中々部屋の隅から隅まで物を見通してその時その時の最適な状態って作りにくいじゃないですか。

前回更新が2010年5月なので、4年ぶりくらいの更新となりますが、前回更新は案外ありあわせ間に合わせだったりしてますしね。

あ、そうだ。4年ぶりと言えば、シーリングライトの蛍光灯なんですけど、4年間でまだ一度も交換して無いんですよね。

買った時に箱かなんかには15000時間持ちます!とか書いてあった気がしたけどそれ以上使ってる気もする。

一週間のサイクルを考えた上で一日平均使用時間が7時間としましょう。朝2時間帰ってから5時間。休みの日余分に使うことで朝夜1時間プラスした数値。

それを7日分、更に52週で2548時間、でもって4年で10196時間。

、まだ耐用年数の限界いって無いのか。

あと2年くらいは持ちこたえる計算ですよ、従来の吊り下げ式で使ってたのは1年半くらいで尽きていたんですけどね。

明るさも初動はちょっと暗く感じるけど安定してくるとかなり明るいですし、ライトの値段2倍に対して4倍長持ちなのでコストパフォーマンスも見た目良好。

でも電気代はどっちの方がいいんだろうとか考えたけどワット数は変わってないから変化無いか。

あと天井に張り付く形だから吊り下げより天井を照らしてくれて部屋の雰囲気が明るくなるのもシーリングのポイントかな。

ぶら下がってこないので、部屋の見た目がちょっと広く感じたり、傘の部分にほこりが積もってしまうのもない(返しの部分にはつもるけど)ですしね。

用途によってどっちがいいかとかそういうのは変化があるかもしれませんが、自分の部屋の場合はシーリングがあってるようです。

そんな現在の部屋事情。

 

3月30日 第2965話「Scanning Hell!」 あめのちはれ
 下収納のアルバムとかを引っ張り出して、スキャンしまくりました。

しまくるって言葉には大体650前後のスキャン数が入ってると思っていただければ問題ありません。

もう色んなのスキャンしましたよ、ハガキから写真から絵と文まで。

自分の半生と向き合ってましたよ、たった二日で。

家族以外の何処にも所属していない頃から幼稚園に入ってあれこれあって今に至る私ですが、

そのあれこれは短いか長いかで言うと長かったですしもう一度は勘弁願いたいくらいです。次生まれ変わったら木がいい。

木だったら意識があるかわかんないけど体感時間とか人間より早そうですけどね、一日の体感時間が1時間少々とかかも。

そんな中で痛みがあるかわかんないけど自分の体に取りガスを作ったり蜂が巣を作ったり言われない伐採を喰らったり溶岩流に飲まれるんです。

思ったよりハード。

…で、写真とかを取り込んで、年代ごとに大まかにカテゴリ分けして、解像度はそれなりに妥協して。

アルバムも幼稚園と小学中学はぴったりサイズだったので取り込みましたが高校のがサイズ考えてなくって取り込めず、惜しい。

残したい記憶とそうで無い記憶を取捨選択しつつ綺麗に片付きました。silvertankのバックアップも兼ねてディスク一枚に収めましたよ。

ディスク一枚に納まる30余年。

でも緊急時に持っていけるのは大きいと思うんですよ、アルバムとかだったら真っ先に諦めるじゃないですか、アルバムより毛布だよねとか。

ところがディスクならその毛布に忍ばせることもできますし、それで割ることすら出来ます。持ってきたのに。

そんなわけで床下収納が案外片付いたのですけど、何を入れるかは全く決めてなかったり。

それどころか戻すものすら戻してませんしね、ワードローブ動かすのもなんだし、まだ入れるものが出てくるかもしれませんから。

ひとまず給与迷彩とかああいうのっていつまで保管するべきかわかんなくって何年分もたまっているのでそれを入れちまおうかと思ってます。

今回猛烈なインカムであるスキャナも10年くらい前に買ったのですがエプソンがwin7でも使えるようにしてくれてるお陰で助かりました。

極端に使ってないから結構綺麗なままですし、今回みたいに頻繁に使ってませんでしたしね。

そんなこんなで部屋の改革現状は順調に進行中です、増税のおかげと言うのも変だけど、

免許更新の為に今月のうちメガネやコンタクトを作った事がトリガーになって行動力が上がり、

部屋の環境見直しとか身辺整理、いつかやるかって事をやる動機になったりしてるので、

今の所悪くは無い影響を受けてる感じです。

laさんから貰った蛇とザリガニが戦ってる年賀状とか、おしりコイン貰った時の封筒といった探してたものも見つかりましたし。

次のステップとして今考えてるのは、ワードローブとテレビの間に出来た隙間をテレビを動かして埋めてしまうか、

それともこういったスペース活用の棚を入れてDVDとかゲーム機を入れるようにしちゃうかってとこです、やっぱワードローブ買うだけで話が進む!

…あ、あと前回難儀していた古いパイプハンガーですが、こちらは腕力で案外捻じ曲げる事が出来ましたので、

うまくゴミ袋に収めました、もって行ってもらえるかは不燃ごみの日のお楽しみ!

 

3月28日 第2964話「EL25-90183レビュー」 はれ
 回はドウシシャEL25-90183の紹介をしますよ。買いましたので。

まずこれがなんなのかって話ですが、ワードローブです。

買いましたよ、ええ。

で、このワードローブは金属製で、よく見かけるスチールラックのような溝が一定感覚にある柱と網状の棚で構成されていまして、

本体重量はそこそこありますが代わりに耐えられる重量も80kgとか言う事になってるので、

これまで見ていたワードローブとは耐久性も重量上限も大幅に違います。変な話人が乗れる。

更にキャスターと通常の平べったい足を選ぶ事もできて、棚の高さも調整可能…となると当然組み立て式なのですが、

プラスドライバー1本を終盤に使用する事と脚部をキャスターに変更するために使う付属のスパナ以外はほぼ素手で組み立てられます。

棚をしっかり固定する為に金属を傷つけないようなハンマーが必要となりますが、体一つでどうにか代わりは勤められます。

ちなみにこちら、6000円位しまして予算をオーバーしたのですが、総合的な使い勝手は良好でして、

純粋な容積はかなりアップ、棚調整によっていい感じに衣類の引き出しケースを設置できましたし、それが流用できるってのもいい計算外で、

しかもハンガー部分である最上部も棚がついてるのでそこにも物が置けるようになってます。見た目はあんまりスマートじゃないですけど。

シンプルな分他のパーツで自分好みに調整が効くってのはとにかくプラスでした。

手を加えたらロングコートはかけられなくなりましたけど、そもそも持ってないので大丈夫です。

個人的な弱点は寸法が幅91くらい、奥行き46くらいなのはよしとして、キャスター装着時の高さが178.5である点で、

私の部屋の出入り口は高さが低い為、これだとギリギリで出し入れが出来ないのですよ。部屋の中で組んだら最後。

唯一、キャスターを外して通常の足にするとクリアーできるのですが今度は引っ張る事が出来ず!

押したり引いたりするパーツをつけることで押したり引いたりして部屋から出せなくなるとは皮肉なものです。

多分部屋からこれを出したい時は後悔しますが、それ以外の時は満足しっぱなしだと思いますが。

後カバーがついてなかったので現在むき出しです。これは使い方を固めた頃にどうにか。

これのお陰で、部屋の環境は大幅に変化を遂げまして、かなりよくなってきている実感がありますよ、

私の部屋の改革は今です!今、始まったのです!

…あと、引越し後に成り行きで使ってた古いのの解体なんですが、ノコギリで切断かと思ったらネジで案外すんなり解体できたので、

後は引き取って貰う手段を考えるばかりといった感じです。

 

3月26日 第2963話「けけシャドーギア」 くもり
 回の訂正がありまして、

ニトリで売ってるのがでっかいって言ってたサイズで、しかも118じゃなくて111でした。

しかも111だと今置いてる所にギリギリ収まるくらいでちょうどいい感じなんですけど、

ココで立ちはだかるのはキャスターなしと言う制限。それ以外は全てにおいて理想的だったんですが、

それが原因で買わなかったあたり、かなり個人として重要なファクターであるのは明らかです。

現状、候補は搾れましたので後は買いに行くだけなんですが車出すのかぁ…

原付に慣れすぎて車の車体の大きさが怖い。それに伴う死角とかも怖いしね。

原付も操縦する人がむき出しで致死率に関しては車の数倍なんですが、もうその辺の恐怖心はやや欠落してるので大丈夫。

なんかあったら下手に生き残るよりスカッと旅立てるわけです、なんとも!

けど荷物を運ぶのには適さないのは確かでして、やっぱ車に乗る必要があるんですよね。

だけど寸法とかキャスターとかで気に行ったハンガーラックことワードローブは、一番安いんですよね。

いや、安い分には嬉しいですけど、この場合耐久性とかその辺に不安を感じるわけでして。耐久はカタログスペック上は一緒でしたけどね。

ハンガー部分の限界は大体10kgで、棚部分が3kgほど。服関係には十分な数値ですけどね。

後心配なのはそのワードローブだけ、現物展示がなくって下の方がわかんないんですよね、棚の構成。

商品の箱でも下の方はぼやかしてますし、そんなに見せたくないデザインなのかと思ってしまうのですが、

カバンの類と家着の類が入れられればとりあえずの目標は果たせるので良いんですが。

ちなみに111サイズのキャスターがついていたらかなり心惹かれてたって言うのは衣類のほとんどが入る優れたヤツでした。

服あんま持ってないとも取れるけど、そこはそこ。

 

3月23日 第2962話「変化の季節」 はれ
 、それは変化の季節!

原付買ったのも、生まれたのも、入学卒業してきたのも、今の仕事就いたのも、この春!

って事で前回書いたあれこれ買っているって言う流れにあわせて、部屋のあれこれも買ったりしています。

枕元の収納あれこれも考えたいし、今使っているハンガーラックに結構デッドスペースがあるから容積効率化を図るために新しくしたいし。

そうやって考えると最初に手をつけるところによって他が決まっていく事が分かったので、まずはハンガーラックから決めようかと思いまして、

市内の比較的メジャーなホームセンター半数くらいを回って決定戦していました。

今の所南部にあるニトリと北部にあるカインズのどちらかにあった物が採用候補です。

前者は持ち帰りがその気になれば可能で、容積効率が高そうなのが魅力的でキャスターがついていないのが気になると言う所。

キャスターがあると動かすのが楽で、掃除機かけると気に動かしやすいとか床下収納のアクセスもちょっと楽。

まあその床下収納はアルバムとか入れてある封印の地なんですけどね。

ふと思ったけど、アルバムを電子化すればいいんじゃないかな、そうすればしまうのもディスク一枚で楽だし。

パソコンで閲覧できなかったとしても、DVDプレイヤーのチャプター形式で見るとか出来ると思うんですよね。特典の映像集みたいに。

地震とかで揺れ動きそうですけど、マットのお陰でキャスターの溝があるため、そこに納まればこっちのペースです。

後者に関しては申し分ない寸法とキャスターを誇り、ちょっと容積効率が悪そうなのと持ち帰るのにクルマ出す事が確定なのが難点。

総合力で言うとどちらも同じくらいなんですよね。何を優先するべきかといった所で。

ちなみに理想的なサイズは横幅90、奥行き50、高さ170-180で、両方ともそれくらいなんですが、

別の場所で除外した物の中でレイアウトはとても魅力だったけど大きかったってので幅118で高さ200ってのがあったんです。

当然容積効率は最高クラス、なんなら自分が想定してる以上に物を入れられる設計でした。

だが収めたいスペースにはいささか大きい。

一時的退避させるのも楽じゃなさそうですから、現状と同等のサイズである上記の理想寸法がいいのですよ。

隣接するテレビ台とは若干の隙間があってそこも地味に死にスペースなんですけどね。

…で、コイツが決まると今物を詰めてる引き出しがどれくらいあくかが分かって、連鎖的に空きスペースが確定していくって仕組みになっていて、

それによって本を本棚に納めたり出来るかもしれないんですよね、現在引き出しに収納袋って体裁なんですけど、それもそろそろ変化させようかなと。

後壁からのコンセントが今ベッドに埋まりかかってるのでそこも解決したい所でして、

枕元を少し縮めたりすればそこも解決しそうだったり、これまでそれとなく満足していた部屋の構成を大きく変化させようと思ってます。

現状の組み合わせではほぼ理想なんですが、それを一箇所変化させるのはきついので数箇所変化を与えてより快適な環境にしたいとこです。

可能ならば来月中に完成させたいとこなんですよね。大きい家具の構成は。その後の細かい整頓は暮らしの変化で進めていけますけど。

けどまあ、物はほとんど減らして無いのに、容積が増えてるのは最適化をしたからかもしれないんですけど、

それにしても変なくらい今、場所を稼げてる気がしてます。床下収納は思いの他いっぱいだったんですけどね。

 

3月20日 第2961話「Dai Sanji 3gyou」 あめ
 3DSが修理から帰ってきました。

工賃3500円とパーツ費500円の合計4000円+税。まあ妥当なとこじゃないかなと言った感じですね。

最近ではこういった形の無い第三次産業に当たるサービス業ってのが軽視されてますけど、

お金を払って自分の出来ない事をやって貰うってのは十分ビジネスだと思うんですよね。

パーツ500円で買って自分で直せって言われても直せないし、仮にやりきってもそれで3500円浮いたとしても、

素人の修理である以上は保証とか無いですし、どこか別の場所に悪影響与えてるかもしれないですから。

自分のできる事をやる代わりにお金という手段を仲介してできない事をやってもらうって考えるといいのかも。

最もたる例は料理。

家で店のとんこつラーメンとかは簡単に作れないけど、店に行ってお金を払えば食べられるわけですし。

不満だったら食べないか作ればいいって話ですしね。作れるものならですが。

逆に作れる程度の物を出された時に不満を感じる事もあったりしますけど、

それについては原価+場所代+サービス料を原価+手間暇を天秤にかけてどういう結果が出るか、ですね。

そういった理由から、私の場合揚げ物は買ってきています。家で揚げる手間隙とか後片付け、コストなどを考えると

ちょっと新鮮さは損なわれる反面それ以外の面で大きく優れてるんですよね。

まあカツとじとかにしたりはするにはするって所ですけど。一工夫欲しい時に支払う自分の手間隙と言うコスト。

じゃあ天秤にかけて敗北した側には存在意義があるのかって話になると、あるんですよね。

誰もが天秤の偏りが一緒とは限りませんし、環境によって傾きも変化するはずです。

例えば寝坊して準備できなかった時とか、そこでの食事が必要であると言った場合、手ぶらにして何か食べたい場合には、

自分側で用意できるコストが支払えないので相対的ですが勝るわけですし。

そうやって考えると続いてる商売ってのは需要がある程度見込めてるからであって、一定水準未満の場合は自然に消えていってるんですよね。

今回の工賃3500円だって高いと思ったらやらなければいいだけの話ですし、自分であらゆる覚悟をした上でやればいいですし。

ボタン一つでこの金額と思うと高いかもしれないけど、本体買いなおす一万数千円に比べればずっと安いです。

後合計4000円の内訳ですけど、工賃3500はこんな感じとしてパーツの500円は実はRボタン以外にも上画面のスクリーンカバー、

スライドパッドの防塵部分(多分動かした時に見える内側のパーツかも)、LボタンとRボタン部分の基盤、どこかはわかんないけどリレー基盤、

これら含めて500円だったりします。多分パーツ交換で一律500円なのかもしれませんけど悪い所色々見てもらえてそういう意味ではラッキーです。

AとかYとか酷使してる部分も心配だったんですが大丈夫っぽいらしく今回ノータッチで戻ってきました。

それと、戻ってきたLとRは基盤交換などの影響か押した時のカチカチと言う感覚ではなくAボタン等のような感覚になりました。

ちゃんと機能すればokなので、これはこれでって事にしておきます。

次はテレビのイヤホンジャックを修理に出したい所だな。

4月の消費税増税前にあれこれやるってのが、お金がかかるからってのも理由だけどそれ以上に、

この際だから普段それほどやらないような事をまとめて済ませるのにいい理由があるじゃないか、の方が強め。むしろこれだ。

メガネとかコンタクトとかもまんまと製造しましたし、これで免許更新も迎えられるし。

でもバイクの保険更新と一年点検は来月に持ち越し。これについては移動の足を失うわけには行かないってのもあるしせっかくならちゃんとした周期でやりたい。

去年は金属片後輪に刺さったの(*2)をどうにかしてもらうついでに見てもらったけどね。

(詳しくは素行観察第2815話「損傷だらけ」を、約一年で150位しか書いてないのか)