第2991話〜第3000話

昔の日記選択に  1番新しいやつに

 

6月21日 第3000話「"がんばらない"の蓄積」 くもりのちはれ
 え、数え間違えてなければ今回が正真正銘の3000話です。

これだけ続けたからたまには生意気な事を言わせて貰うと、続けるためにはは頑張らない事だと思うんですよね。

記憶にある限り、頑張って日記を書いたことなんてほとんど無いですよ。書かないとすわりが悪いとか書きたいとかそっちの方が優先。

それで時折の事として続けてたら結果的に13年少々って感じですよ。

映画「ツレがうつになりまして」のポスターに書いてあった「がんばらない」そのもの、好きなフレーズ。

いつもの事とかにしちゃえばもうこっちのもんです、後は大きな外的要因とかが無い限りは続きます。

…じゃあ、

テラリア冒険記に付き合ってもらいましょうか!

今までジャングルと思ってなかった場所が実はジャングルだったと発覚しまして、

早速大穴を探索し始めたんですがさすが生命のるつぼ密林。生き物いっぱいライフストーンいっぱい。

その頻度たるやかつての町田のマクドナルドみたいでしたよ、小田急とJRの駅近辺に合計4箇所もあったのよ。

も少し分かりやすく書くと商業都市部のセブンイレブン感覚。他の地域では画像のように一画面に2つなんてのは早々考えられないのですよ。

ちなみに、このそばにもう一つありました。

それと地上部になんか隕石が落ちてたので撤去をしてました。

隕石がある場所に沸いて出てくるコイツ、叩いた時の花火音が好きなのですが、

隕石を撤去すると出てこなくなるのであえて隕石をそのままにしてるところもあります。

所変わって地下ジャングル。金作りの部屋があるんですが何かぶつぶつが気持ち悪い。

ジャングルって場所にあると何か生き物の巣みたいにも見えてくるから場所が悪い。

探索を続けてると地下深くで採取した鉱石で作った強力なつるはしでも歯が立たない建物を発見。

テラリアでは未知なる場所では慎重すぎるくらいがちょうどいいので、ゆっくりじっくりと探索を進めていきましたが、

すぐにう鍵のかかった扉に阻まれ瞬く間に探検は終了。

でも、ドアの向こうに居るヤツがHP400とかだったので行かなくてよかった。開かなくてよかった。

それから別の場所に行ったら奇妙な壁を発見。掘ってみると液体が漏れました。

今使っているヘルストーン製品もその鉱石は掘り出すと多少溶岩を出すのですが、それに似た性質。

アイテムなどを確認するとどうもこれはハチミツであると言う事らしいので、コイツはきっとハチの巣なのだろう。

ひとまず全容を知る為に周辺を採掘。

多分中身はぎっしりこれかもしれないし、一部空洞があるかもしれないと言う手探り状態だったので、

ちょっと爆弾で爆破して思い切り離れようとしたら爆弾が転げ落ちてしまったので素直に掘り始めました。

とりあえずこれを掘りきるのも大変だからまず真ん中まで掘っていい感じのくぼみを作り、爆破しよう。

またこの蜂の巣は壊すとたまに一撃で倒せるような小さいハチが出てくるのですが、爆破が長かったら破壊と同時に殲滅も出来そうですし。

もし死なずに飛び込んできたら近接で戦うまでです。

しかしちょっと掘ると中が大きな空洞である事が発覚しました。まずは壁越しにたいまつを設置して中の様子見。

中に敵は居ないようなので小さい穴を開け、

そこからスペースガンを打ち込んでその光で様子を見ていたらなんか水(多分ハチミツ)に浸されてる繭っぽい物を破壊した途端、

左下に紫の文字(大体何かが襲撃するかボス登場の前兆の色)で出てきたと思ったら

女王蜂が怒り狂って登場!

まあそりゃあ巣に穴を開けただけじゃなくて好き放題やって挙句爆破まで考えてたんですからね。

人家で言うと壁に穴を開けて金品を奪った挙句家を爆破しようとしてたんだからしょうがない。

ですがこちらとしても黙ってやられるのは遠慮したい所、バシバシと射撃して対応します。

敵は多分今更戦う敵じゃななったようでHP3400程度、基本頭上をキープしつつ小さい蜂を生成するか小さい毒針を飛ばしてくる程度、

時折画面外へ消えて真横からの体当たりを3回のいずれかをやってくる程度のようで、防具がしっかりしてるお陰でダメージ1桁。

そこまで分かればこうなるのは当たり前でして。

とりあえずココはハチミツ採取プラントとしてこの形を保存する事にしました。

アイテムもいっぱいになったし、マジックミラーで自宅のベッドへ一気に飛んでみると、

うう、ただならぬヤツが住み着いてる。

最初敵かと思って撃っちゃったよ、NPCだから当たんないけど。

それと機能的な装置とか罠の使い方を学ぼうと、床にスイッチを置き、それを配線で繋いで、

その先に矢が飛び出すトラップを設置。こうすると踏んだら矢が飛び出すのですが、

配線がバラバラなのはそれぞれの踏みつけ式スイッチに役割を与えてる為です。

こうする事で一斉発射する事がなくなりますし、見た目が楽しいです。

ワイヤーは隣接すると勝手につながりあうので結構配線に気を使いましたが、手動式スイッチで能動的に発射も出来るようになり、割と満足。

あと左下の空間は溶岩を敷くのでそれその物がトラップとなり、運よくそこまでたどり着いても焼かれると言うシステム。

左上の青いろうそくが置いてある足場はそこに立ち、射撃や投擲で戦う為の物です。

そういった応戦も危険な場合は壁の裏側まで逃げて回避と回復に専念、攻撃は罠と溶岩任せ。

ちなみに入る時はロープをうまく伝ってスイッチを踏まないように渡る必要があります。

…で、こちらが罠の起動テスト。一応は機能してるのを見られるくらいの短いヤツ。

夜間ゾンビとかクモとか気持ち悪いイキモノが寄ってきた時、溶岩も設置して想定している使い方をしたのがこちら。

どの道溶岩に落とせばガンガン殺せるんですが、どうせならこれくらい執拗にした方が見た目も楽しいかなと思ったのでココを改造して、

ブラッドムーンとかゴブリン襲撃の時の篭る所として使っていく予定です。

なんか3000話っぽいことした気がするので、今日はこれまで!

 

6月18日 第2999話「スパイダー&マン」 あめのちくもり
 本的に朝は最終準備までメガネをかけないスタンスを通すんですよ。

それを踏まえて、今朝食後に流しに行ったら何か隅っこの方で小さい影が動きまして、

ゴミ箱の裏に行ったのでゴミ箱をどけて確認しましたが、前述の通りメガネつけてないからそれが何かわかんなかったんですけど、

ひとまずメガネと懐中電灯と武器と殺意を身にまとって探した結果、足含めて2cm位のクモでした、アシダカグモ。

コイツが居るって事は餌になるイキモノがいるって事に繋がるんですが、それなら放って置けばいいわけでして!

身にまとった全てを片付けて後は任せました。食い尽くしたら多分次の餌場を求めて何処かへ行く事でしょうし。

これくらいの体長のヤツならいきなり現れない限りは見ていて悪くは無いんですよね、家屋とか人間に害は与えないですし。そんな朝の4時。

そうそう、睡眠時間削減計画は割と順調ですよ、起きる時間に依存せずとも案外やっていけるのは今朝実証できましたし。

まだ仮眠とかが必要ですがちょいちょい順応すれば、そのうちに変化が訪れる事でしょう。最近体を実験に使ってなかったからこの変化が久しぶりで楽しい。

レイノス2とかやってると精神がたぎってきて不思議と目が覚めますしね。3面のトーナメントでフルアイテム確保できましたしヴァルケンも貰いました。

そう言えばヴァルケンそのものは遊んだ事無いんですがVCにあった気がするので遊ぶのも悪くないかなと思ったりしてます。

多分それなりの違いはあるんでしょうけどね、違いがなかったらレイノス名乗ればいいわけですし。

ちなみにレイノス2は機体についてはバランスタイプであるレイノス2を使ってると言うか今それ以外は有効じゃない感じなんですが、

重量ってのが結構分かってきて、余重によって慣性のかかり方とかダッシュの停止、ブーストでの上昇とかに関わってるっぽくて

動きが1面の頃より重たくなってる実感があるので、装備を軽くするのも大事かもと思ってますが重たいガトリングを捨てる事が出来ないジレンマ。

ダッシュしながらガトリングってのがどうも好きでして。

とりあえず衝動で買ったVC版ヴァルケンで遊びます、また次回!

…気がついたら次回更新で3000話ですよ。

何かちょっとドキドキするな、これまでやってきた事の一回に過ぎないってのに。

 

6月16日 第2998話「ハーフスリーパー」 はれ
 り下げ収納は店頭に並んでる見本を見たらうちと同じようになってたので、

製品仕様として問題ない事が分かりました、後はベルトとネクタイを再び納めるかどうか位の話。

それから持て余してたスペースの枕元収納使いにくいぜエリアに、

床下収納に入れるにはちょいデリケートだけど普段そうそう引っ張り出さない物を入れる事で解決。

追加の収納用品を買わずともちょっと余裕が出来るくらいの状況が生まれました。

これなら3000話で部屋の再編終了宣言できそうだ、終わってなくても多分するけど。

いやでも今見回すともうこれで完成と言えば完成ってとこまで来てるから新たなマイルームになりました!よし。

後は何らかの形で死んだ時のために引き継ぎ書を作るため、遺言書を作るだけだ。

これまた既にしまう場所は決めていて、私の心理が分かれば見つけ出せる場所に置いとく予定。

まあ今月中に死ぬとかそういうわけじゃないですし、ある種の死亡保険みたいなもんですから来月頭にUOのアカウント期限切れるので、

その時タイムクーポンと一緒に買っとこうかなと思ってます。

…で、テラリアですがレイノス2みたいだって話をしてたらレイノス2がやりたくなってそっちにシフト。

ちょいちょい遊んでパーツ集めてますが、1面と2面は割とすんなり妥協してるのでコンプは既に不能です。

2周目に引き継いで遊べばいいんですけど、敵の攻撃力が上がっててそれ以前の問題になりそうです。

後意識が遠ざかるまでメタルマックス4やったりして、テラリア以外の部分にエネルギーが流れてます。

居住区が一応ながら完成したってのが原因の一つかもしれませんが、こっからはのんびりと探検改築していくステップかなと。

これに至るまでに71時間くらい遊びましたけどね。凄いポテンシャルだよテラリア。

 れと全く関係ないですが、月末辺りからなんか週末とかが変に融通効き辛くなったり不規則な流れになってきたので、

睡眠時間を削って時間を確保する方法を編み出そうとしてます。

実験として今日4時間睡眠で過ごしてたんですが結局家に帰ってからちょっと眠ると言う始末。

いやしかし最初はこんなもんでしょうね。どんどん慣らせるでしょうし例の血圧も起きると言う事を支援してくれる形ですし。

ゆくゆくは次の日朝早い時に雑な小休止だけでいけるようにして、

土曜日の週末とか都内で始発待ちの間ちょっと眠るくらいで活動できればいいじゃないと思うのよ。

まあ始発でも環状線圏内からだと遅刻確定なんですけどね、今の環境はそんな大事じゃないですから二の次ですよこの際。

でも週末融通が利くって人生においてかなり重要だよね、今の時代。

アナログゲームのブームがそれとなく来ていたり、人との都合をあわせるとかでもかなり大事だし。

時折なくなるならいいけど時折得られるってのはちと性格には合ってないようで、平日は諦めてるから別にってとこはあるし、

そもそも遅く帰って早く出るみたいな何かするにもって時間な日も定期的計画的にあるしね。

そんな訳で今は自分の体を環境に順応させるというか本来今は無いはずの制約を振り払う為に作り変えていきたい。

それこそ遺言書の出番を近づける行為かもしれないけど後悔はないし、しない。

 

6月14日 第2997話「適正量へ」 はれ
 3月中に増税うんぬん抜きで普通に安かった保存の利く食べ物系を買い置いてたんですが、

いよいよこれらが平常時の所有量に近づいてきました。

ココまで来ると何かを片付けたってのが爽快でモチベーションが上がるんだけどだからと言って無駄に消費とかはしないんですよね。

ちゃんと必要なタイミングで使って必要以上に使わない、って大前提があって消費して行くのが計画的で楽しい。

当然それを溜め置いたスペースも開放されていくので最近の片付けと相まって家が凄く片付いてる錯覚。

片付ける部屋の物も再配置とか一周目で「何故…何故残されたのだ?理解できない」って言われてもしょうがない物が出てくるので、それを削ったりとか。

本来はこういうのを日々やるんだろうけど、これまでの分って事で今とことんやります。

終わったら数年間やら無い恐れも、ある。

颯爽と今回のテラリア。

地底探索を進めていると、こんな環境で逞しく育つキノコとか、今のツルハシでは歯が立たない鉱物がちらほら出てきまして、

そろそろ本気で次のツルハシを考えている最中、貰った情報を元にその壊せない壁エリアに入りました。

ココで新しいツルハシの素材が手に入るようですよ。

そんなわけで以前試してダイナマイトでなら壊せない壁も破壊できるのは知ってましたし使い方も覚えたので

ダイナマイトを大量に爆破技師のじいさまから購入してレッツダンジョン。

いきなり撃破した姿ですが、コイツはBrain Of Cthulhu。以前戦った目玉ボスの脳部分っぽいです。

最初に大量の人間サイズの目玉を従えてぶつけてくるんですが、それらを倒すまではコアが開かずにダメージを与えられませんでした。

その目玉を倒すとグラディウスのゴーレムと同じ感覚で目玉のついたコアがむき出しになり、ダメージを与えられます。

本体HPは1000と、これまでのボスより低いですが周囲の目玉の事もあるのでトータルのタフネスはそれなりです。

コアが開くとテレポートしながら体当たりと言う直感と反応で避ける戦いになりましたが、

こちらはキャプテンメテオ装備とスペースガンでもう重装騎兵レイノス2みたいな動きが出来るので負けません。

コイツから手に入れた素材で新しいつるはしを手に入れ、これまで歯が立たなかった場所も掘り出せそうだと思ってた時に、

何かアイテムのドサクサで投げたみたいなんですけど、それが何だったか気付いた時にはこれでした。

そう、ダイナマイト。

我が家の地下通路が寸断されました、すげぇ威力だ爆発物。

…さて、そんなこんなで私のホームワールドも四角い発想で言うと40%か50%位は探検してきました。

左がスケルトロンの神殿、その隣が大木の根から降りれるエリア、そこと繋がって氷の洞窟、

氷のエリアが途切れて我が家の地下、近辺、右端辺りが脳みそと戦ったエリア。

ココまで探検するのにもかなりの時間を要しましたし、楽しく遊んでます。これで一番小さい世界ですし、画像は世界全体の半分くらいか6割です。

まだまだ黒い所には知らない事や物があるかもしれないと思うと小さいなんてとんでもないって広さです。

よく見せている居住区のマップ画像と見比べて貰えばわかると思いますが、あの居住区が右上の方に顔アイコンだらけの場所辺りで、

そこから更に実際のゲーム画像でお見せした自宅から世界の広さを察して貰えるかと思います。

常に一直線じゃなくて掘りながら足場を作ったり照明を確保したり敵と戦ったりしながらなので、見た目以上の広さもあります。

一番大きい世界となると本当に凄いんだろうな。

後自由に採掘できたりするので、所要時間や労力、モチベーションに安全性は別としてその気になればほかの世界から持ち帰った資源も活用して、

ラヴニカよろしくマップ全体を都市のように改造する事も理屈では可能です。

もちろん普通のゲームでいうショートカットも自分で作れる、と言うより自分で作る必要があったりするのですが、

縦軸だけならぬ横軸にも一直線って出来るので、爽快です。

まるで水路の水が広がっていくが如くこの場所を軸に新しい世界を掘り当てる事も出来ますし、途中で帰っても再開する場所への移動が楽。

 

6月12日 第2996話「吊られた収納」 くもり
 ードローブの吊り下げ収納とそれに使う引き出しの話。

吊り下げ収納を買ったのは話をしたかどうか忘れましたが、買いました。

それでワードローブに唯一収まっていない靴下パンツアンダーシャツを納めて全衣類がワードローブに納まりました。

あなた服さほどもってないなぁって意見は受け入れます。これ以上あっても使いこなせないのも認めます。

んで、上からタオルハンカチ、アンダーシャツ、パンツ、靴下、帽子とかポーチって入れたんですけどね、

一番上の部分がちょっとたわんでるんですよね。それほど重たい物を入れてる気はして無いんですけど。

前はネクタイとベルトも入れてたんですがそれを見て気になって取り除きました、こちらは下段の方にあるフォーマルの引き出しと統合。

そっちにちょっとした整頓ボックスみたいなのを入れて収めればいいでしょうし。

ひとまず同じ製品を販売してるHPとかでサンプル画像を見てみると私と同等かちょっと重たそうな物を収めて使ってるようにも見えるので、

これは仕様であってきっと耐えられるんだろうって事にしました、最悪何かで補強します。

そして引き出しの方は8つに分かれてるタイプと純粋に引き出して使うタイプをそれぞれ1つずつ購入。

引き出すタイプはタオルとかを入れて奥にあるタオルを撮る時にハンカチとかが邪魔にならないように。

靴下もそうしたいけど例の重さのことと靴下は案外今のままでもいけるのでよしです。

それと分かれてるほうはパンツ。よくよく考えたらパンツは9枚あるんですが1枚は常にはき続けてるはずなので問題ありませんでした。

また一つ、部屋が快適になってくれましたよ。

コンセント周りの導線とかもまとめたことでかなり掃除機がけがやりやすくなりましたしね。

物を極端に減らさなくても最適化された配置するだけで、って言うかワードローブ一つで相当環境が変わったかも。

 ラリア冒険記!もう日記でやるよりコンテンツでやればって話かもしれませんがそれについては受け入れない形で!

何か見た感じ殺人現場にしか見えませんが、以前出くわしてほぼ無抵抗と言っても過言ではないままやられた強敵に勝ちました。

一応これの前にも一度戦ってたんですが勝手に溶岩に落ちて自滅と言う不戦引き分けを喰らったので純粋な勝利です。

それからまたしてもボスと呼べる強敵と戦いました、っていうか一度殺された上での再戦です。

彼はスケルトロン、何か悪そうな神殿の主かなんかです。

iOS版でもこいつとは出会って知ってるので久しぶりって感じですが、HPが4400もありやんの。

当たり判定は頭蓋骨と手だけで腕は当たっても大丈夫です。攻撃パターンは手で数度なぎ払ってから頭蓋骨を回転させてゆっくり寄るの繰り返し。

そんななので投げナイフやスパイクボールを投げつけて攻撃してたんですが、このスパイクボールが飛ばないこと飛ばないこと。鉄球か。

しかし床に落ちたスパイクボールもダメージ源となるらしくって地面を這うように動いてた腕が勝手にガンガン当たって砕けてました。

むしろ投げるより落ちてるやつで破壊した感じ。

そして頭蓋骨だけとなるとかなり手ごわさがダウンするこのスケルトロン、

とは言えはじめから接近戦をやるつもりが無いのでこのまま攻撃続行です。

そんなわけで撃破、そう言えば切り札にとスペースガンって武器を用意してたんですが忘れてたくらい渡り合える戦いでした。

このスペースガン、超高速のビームを発射するんですが威力もあって貫通して狙いもつけやすい(敵にカーソル合わせてれば当たる)上に、

キャプテンメテオ装備だと撃ち放題になるため劇的に強くなります。

画像にしてませんがこの後前回お伝えした目玉ボスともう一度戦ったんですが、スペースガン使ってたらかなりすんなり倒せました。

成長したなぁ。

この後ゴブリン襲撃もキャプテンメテオのスペースガンで制圧と言うより鎮圧と言うかワンサイドゲーム決めて、

スケルトロンの神殿に入って探検して命からがら帰ってきたら、

おれんちに誰か住み着いてた。

この後部屋を作ってそちらに移って貰いましたけど。

最後にいつものマップ、これはもう自分のために貼り付けてるんですけどね、朝これ見て構想立てたりするのに。

新規入居者がやたら増えたので突貫ながら部屋を増やしました。

第二居住区の上側庭に居る、おれんちに住み着いてたのがそのまま左に行った部屋に住んで貰ってる弾薬売り、

地下中央部に居るオレンジの髪の毛がスケルトロンの神殿で捕まってたメカニック、

第三居住区に居る二人がポニーテールの方が地下のクモの巣で捕らえられてたヘアアーティスト、

ジジイの方はスケルトロンの神殿でスケルトロンにとりつかれてたジジイ。戦いが終わったら居なくなってていつの間にかこっちにきてた。

まだまだ色んな条件で人が増えそうだし、各居住区を縦に伸ばすとか考えないとならないかな。

部屋は全員一定じゃないんだけどある程度の大きさを提供してるつもりではあるけど、あんまり広いとも言えないくらいなんだよね。

生活観は出せるけど凝ろうとすると物足りないくらい、でもUOの昔の小さい家みたいにぎっしりと賑やかにできる可能性も。

 

6月10日 第2995話「ほぼほぼテラリア冒険記」 くもり
 康診断を受けましてね、前年比での変化を目の当たりにしましたよ。

その前年の結果なんですが、何故だか書面が見当たらないのですよね。正確には前年分だけが無い。

何年分か履歴が見られるので最新分があれば数年は確保できるのに一番見たいところだけが見れない保存状態!

しかし、部分敵ながら素行観察つまりこれに書かれているわけで、一番気になる血圧だけが確認取れました。

って事で2013念6月19日 第2849話「あの三人、三度」 くもりとっぷう より抜粋。

 MM4が出るって事ですが、今からみなぎりすぎると発売までの暮らしに大きな支障が出そうなので、

要所要所で発作を出して行こうかと思います。

さて、発作と言えばそう、健康診断。さっくりと結果だけ申し上げますが、

体重は1kgほど減少しました、変な太り方はしてないんだろうけどこれはこれでやだなぁ。

血圧がmax107 min59って低いですよね、多分。

視力はメガネ着用にも関わらず裸眼かと思うような数値をマークしました、眼精疲労とかの賜物。

なんか健康なのかどうかわかんない診断結果でしたが、血圧が気になる所。低すぎる気がするなと。

すげぇ、MM4発表ってほぼちょうど一年前だったんだ。しかもこの日記に次の日にマザー3クリアしてた。

マザー3は2だけやっててマザー2が好きって人はやらないほうがいいかもしれないんだけど、

1からやっててシリーズ全体を愛せる人はやってから判断すべきと思ってます。

一応橋渡しのキャラは敵側だけが行っててシリーズとして通ってますしね。ネスとリュカは接点一個も無いです。ニンテンとネスも一個も無いですけど。

ただ、GBAソフトである上プレミアついてて高いので3DSのVCとかで出てくれたら嬉しいんですけどね。全てを知った上でもう一度やりたいゲーム。

リュカのターン終了時にHP自動回復PKが事実上の「ターン終了時まで耐えたら絶対生き残れる」なのがあのシステムで面白いんだけど、

そんな事情から習得が最後の最後に近い段階だったりそれを覚える頃には純粋な戦闘で戦う相手には負けないくらいなんですけどね。

…じゃあMM4とマザー3と血圧を踏まえた上で今年の健康診断の話。

身長は179.5、面倒なので大体180でよしとして体重が60.7まで低下、確か去年が62.4位で一昨年が64kg位だったはずなので順調に落ちてます。

最近の生活っぷりからすると増えただろうなとか思ってたんですよね、心なしか体重たいですし。

視力については作業用とか雑に使うメガネで計ったのでまあこんなもんかってとこでしたし、

去年も眼精疲労とかでたいした数値じゃなかったみたいですしよしです。免許更新はちゃんとした矯正して突破してます。

さてお待ちカネの血圧ですが、今年はmax132 min70と言う数値をキープしまして、minこそ11程度の上昇で一年の変化の閾値ですが、

maxの方が注目すべき25上昇!もはや去年とは別人の血と言っても過言ではない。一応正常値には収まってるけど。

去年も去年で正常値内ながらも低すぎて、生活が乱れてるんだろうなと言うのが伺えますが今年も今年で乱れた生活をそのままに質が変わりました。

それを知らないから血圧担当の人は何度か計測しては緊張しているんだろうなって思ってたようですが現状の嘘偽り無いニュートラルな体質でそれですよ。

記録はされてませんが聞くに最初の一回目はもっと高かったようなのでどんな数値だったのかがちょっと気になりますなぁ。

ひとまずそんな感じの健康診断!

 日のテラリア冒険記。

前回書いたボスキャラですが、しばしば現れるようになり倒すまでそれが続くみたいだったので、

遠慮なくパターンを読ませて貰ったりして、墓地の上に作った戦う所で迎え撃ちました。

それが、コイツです。

Eye of Cthulhu

まぶたも何も無いむき出しの眼球なんですが、雨の日を選んで襲ってきてるのでドライアイ対策もバッチリのようです。

しかしこちらも夜でも見晴らしよくしているためライトつきヘルメット要らずの全身隕石から作り出した防具セット、

個人的愛称はキャプテンメテオ装備に身を包んで近い時以外は弓矢でガンガン攻撃するスタイル。

敵の動きも度重なる死亡によって覚えましたよ。突撃3回の後真上をキープして水晶体部分から小さい目玉を4体射出、

4体目と同時に1回目の突撃に入るを繰り返すのでこの自在に動ける足場を使って回避したり近接武器で目玉の迎撃、

チャンスがあったら射撃を繰り返しました。

大体HP1100位まで減らしたら眼球の水晶体部分がサメと言うか牙と大口が売りのモンスターみたいになって、

目玉としてのアイデンティティを捨ててなりふり構わず突っ込んでくるのですが、この際の突撃ダメージが上がっててちょいキツメ。

そこも突撃3回の後頭上ギリギリくらい、近接武器が当たるくらい真上を維持してしばらくするとそのまま突っ込んでくるので

タイミングを見て下に降りて距離をとり突撃を避けれるようにしつつ離れたら弓矢と言う事をしていた結果、

やっつけましたよ。容赦なくバラバラにしてますが、このゲームの生物は死ぬとゾンビでもプレイヤーでも小動物でも大体こんな感じです。

これで平穏な夜が訪れるってもんです、こいつが出る前兆がある場合は場所を問わずに襲ってくるようになってたので

寝てる時も見つめられてしょうがありません。負けると一応その夜はいなくなってくれるんですが、大体「二日後…」に再来してくれるんですよ。

あと画像をじっくり見てて気がついたんですが、道具屋の爺さんが言う「クトゥルフの眼」ってコイツだったのか。

…そんな戦いを終えたのですが、ブラッドムーンとかゴブリン襲撃を経験した私は自宅を居住区外に移転させました。皆を戦いに巻き込めないので。

ちょっとした村っぽくなってきた規模ですが、左から順番に第三居住区、第二居住区兼中央地下、第一居住区兼連絡通路、自宅、墓地兼地下直通ロープ。

第三居住区に住んでるのは強い敵を倒すとやってくるドライアドと砂浜で倒れてた子供。まだ上部は建設中なので割とスカスカ。

第二居住区には爆弾を売ってくれる爆破技師と家具の色を変えてくれる人?利用した事は無いけどレゴのツナギ服来たカースタッフみたい。

中央地下にはHPが伸びるとやってきてくれるナースと何らかの理由でバストイレに住み着いた花火職人、

ゴブリン襲撃の次の日地下の洞窟で出会った友好的なゴブリン。彼の売ってくれる靴によって重装騎兵レイノス2みたいなブーストジャンプが出来るようになりました。

この場所には周回ホールみたいなのも無駄に作ってます。

そして第一居住区は物を預けると何が作れるか見てくれるガイド、雑貨屋、染料売りかなんかの人。

地下にあったファクトリーは自宅の方へ移動しました。

通路を通ると自宅。地下には倉庫兼ファクトリー、そしてバストイレが設置されてます。

地上部はこんな感じ。薙さんのお陰でベッドやら難やらを作れるようになって文明開化しました。

安全圏内にあるベッドはそこを基点に登録できるので死んだりプレイ開始の時はココから。

生活空間はそこそここじんまりとしたかったので満足してます。大規模施設が必要な時は中央部とかこの地下に設置しようかと。

壁にかかってる手みたいなのは序盤でゾンビと戦ってて拾ったゾンビの腕なんですが、

コイツ武器として使えてしかもそこそこ強いんですよね、長らく愛用の武器として振り回してました。

ああそうそう、自宅と墓地の間にある宙に浮いた白いのですがなんてこともなく

ガラス張りの空中トイレってだけです。

このトイレってアイテム、作れると分かった時に武器やらツルハシやらよりも先に気付いたら作ってましたからね。

今では材料の鉱石が豊富に手に入るのでトイレ作りまくりもok。

墓場が寂しいのでちょっと賑々しさを出そうと思って文字スタチューでカートゥーンに出てきそうな屋上とかにBANKとか書いてあるような分かりやすいビルをイメージして

ああいう雰囲気を出せたらいいなと思って文章を考えたんですが、ユニークさが足んなくてこうなりました。

和:次は貴様だ

タイトルは墓場からの呼び声。

 

6月8日 第2994話「反撃の斧」 くもりときどきあめ
 近日記にしては大きめの画像を遠慮なく貼ってますが、

昨今のネット事情であればもう大丈夫かなと考えてます。

そもそも電波悪い場所とかでこんな所を見る人は居ないでしょうし、パケット量とか考える場合は一週間に一度くらい見ればok!

同じ理由で、今まで10話ごとだった日記の過去ログを20か25かにしようかなとか考えてます。

3000話行ってからの事ですし、案外それよりいい考えが浮かぶかもしれないんですけどね。

さて!その画像の原因であるテラリアですが、今私の作った人間の生存権はこんな感じです、正確には前回更新直後の段階。

初期イメージよりも地下が広がりまして、結果的に屋内移動だけで全てのエリアにアクセスできるようになってます。

ちなみに中央下あたりに居るNPCは新規で住み着いてくれた花火職人なのですが、

バストイレに住み着いてしまったのでリフォームしました。あれらでも部屋と見なされるのか…

それと第三居住区はまだまだ未着工ですが、そろそろ部屋が足りなくなるのでここいらも継ぎ足す予定で灰色のマスクマンは私。

一番右の変なところは離れの私的ファクトリーみたいにしようかと思ってます。

一方地下。

結構掘り進んだりしたのですが、それゆえに移動に時間や手間がかかるようになったので、

一直線に掘ってくれたわ!

横軸はダッシュ、縦軸はロープで一気に移動できる設計です。これを作ってから深部への移動がちょっと楽になりました。

それから個人カタコームも移動しまして、今はこんな感じです。

下のヒーローみたいなのは私、隕石から装備を作り出したらこうなりまして、走ると火の粉が舞い散るエフェクトがありまして、

木造の我が家が心配です。

でも、これで思い切り走ったりロープで昇降すると凄くヒーローっぽくてカッコいい。

地下探索を勧めてたらす菜を掘り出したので、砂から壁を作って、

現在こんな感じです。死んだらココが埋まっていくんですが

ある事情からこれより上が作れなくなってしまったので横かなんかに延ばす予定です。

そのある事情ってのが、ボス、

テラリア世界では夜になると目玉のモンスターが飛び交うんですが、それの親玉みたいなのが現れまして、

ザコ目玉がHP50とか66、地下でであって瞬殺された強敵ですら300とかなのに2800もHPがありやがりまして、

並大抵では勝てないと判断したので負けながらも行動パターンを覚えて最適化された空間を作ってしまったのです。

って事でこちらがそれ。たいまつだらけなのは襲ってくるのが夜間である為、

足場は下を押すと降りられるタイプの飛び道具を通過する床、両脇には落下防止兼縦移動による回避をイメージしたロープを張り、

これによって強敵との戦闘を制圧してやろうと言う目論見です。

これ以外にもゴブリンの群れに襲われて壁や床を撤去する為の武器を振り回したがために家にダメージを与えてしまったので、

今度そういう襲撃があった時に立ち向かえるような場所も作って置きたいところ。

プレイヤーキャラの行動力は装備である程度改善されますが現状余り高い限界では無いので自在に動く相手には不利である反面、

戦う舞台を整える事でその不利を埋め合わせる事が出来るのがこのゲームの魅力でもあるかもしれないです。

って事で次の戦いを心待ちにしつつ、第三居住区を作っていきたいと思います。

 

6月6日 第2993話「同時開通」 あめ
 月頭に髪切った。自分への連絡させて下さい、大体日記の冒頭と最後だけで髪切ったかどうか判断するのに探したりしますので。

さて、本題ですが昨日なんか靴の中に水が入ってくると思ってたんですが、

それが上からではなく下でして、ちょっと見てみたら靴底に穴があいてて納得、

作業用の靴は履き潰し前提で適当なのを使い捨ててるんですが、そのときが来たって事なんですけどね、

両方同時は初の事。

もう水溜りじゃない所歩いても浸水するし、水溜りなんて踏んだら開き直るかってくらいですし。

そろそろグリップが悪くなってきたかとか考えてましたがそれ以上の段階まできてました。

今度買い換えるにもこの靴を履いて外へ出るのが困難な天候が向こう一週間続くらしいので、ちゃんとした靴を履いて買いに行く予定。

衣食住の食は増税前に普通に安売りしてたのをあれこれ買って、それを何となく消費しきった事で、

住については3月ごろからつい最近まで続けてた部屋の再編で片付けたので今度は衣かな、去年半袖のワイシャツ全部捨てちゃったし。

ちなみに過去完了系で語ってるように、2990話でワードローブに吊り下げるタイプの収納を買って、

それを活用した段階で家具についてはokと言う結論に至って一応の完了と言う事にしています。後は細かく日常としての微調整くらい?

強いて言えば捨てる予定だった、使い勝手がいまいち決め手に欠けるディスク入れるファイルなんですが、コイツを改造してケーブルボックスにしました。

ちょうどいい感じの穴(本来は指かけ)にケーブル通して横向きにしたらなんかそれっぽくなったのでうまく使えたかも、

不満に感じたら、更なる向上を求める際に本格的なのを買う。これによってコントローラーとかヘッドホンが有線でも差し支えなくなりましたし。

…現在もう一つの住であるテラリアについてですが、前回お話をした第三居住区のイメージを作るために

山肌をざっくり切り落としました。とても人一人の仕業とは思えない地形変化、もはや人災ではなく災害といっても過言では無い。

平成狸合戦ぽんぽこの狸たちもこんな人間が相手だと分かったら間違いなく抵抗じゃなくて転居を決めると思う

そうそう、テラリアの話を始めてからtwitterにアップする為を兼ねて日記にも転用できるようにと、

画像をHPにアップしてるんですが結局使わずじまいってのがあったりしますけどね、

そういうのをアドレス直打ちで見れるようにはなってるのでtwitter側で追っかけるのめんどくさい場合そっちの方が早いので

興味がある人は暇だったらトライしてあげて下さい。テラリア以外のものもあるかも知んないですけどね。

2991話の1かなんかは脳みそとパソコン休ませるために線を引っ張った物体だったりしますけど。後今回はこれ一つだけです。

それと日記は何となく書いてる辺り、ゲームとかで遊んでる時に陥る2つの状態「遊ぶ前にさくっと更新」「遊びたいから今日は更新しない」でいう

前者になってるのがいい感じ。流石にいついかなる時も後者にならないって事は無いんですが、今はうまく向き合ってるかも、ネタになってるし。

 

6月4日 第2992話「20000km」 くもりときどきはれ
 う言えば原付ガチコの走行距離が20000kmいってました、今大体+88km。

多分朝走ってるときだったので何一つ感動的じゃない。

もう眠すぎてロレントとスカンクスの違いを説明するのが面倒な余りおんなじって事にしかねないくらい眠かった時だ。

オマケに寝てる時に見た夢がでっかいサソリとチョココロネの中間みたいな虫をUOのパラディンでエネワンかけて戦ってたんだけど、

ようやく倒して人安心と思ったら倒した事が条件で今後見も周りでそいつの酸をはくロードっていう上位種が沸くようになり、

それを解除する為に神殿に行く所でログアウトと言うか目覚めだったりして疲れましたしね。これは今朝の事ですけど。

…で、テラリアですが、

私が設計中の人間生存圏。

右の茶色と灰色の部分が始まりの地点第一居住区。

地上の木製家屋と地下のスタート地点兼作業場からなる場所です。今トイレあるのココだけです。

真ん中の赤茶色のレンガの建物が第二居住区、地下の緑っぽい所を大きく開発して繋げ、中枢と言うかそんな感じの場所にしていきたい所存。

そして左上のまだ手がつけられて無い感じの場所が第三居住区予定地、ココはもうオマケになるかも。

そんでもって第二居住区の左下にある石造りの部分と繋げて地下で一つにしちゃうかも。

一応人間が移動して安全なつくりにするために、屋外部分以外にも屋内扱いでつなげられるようにして置こうってのがコンセプトです。

後はタワーで出来ない頭でっかちの構造とか、タワーでは効果的ではない非区画な入り組んだ設計にしていけたらと思ってます。

もともと秘密基地が作りたくてはじめたテラリアですから。

あ、ちなみにマップ上の下の灰色っぽい部分ですが、こちらには

僕オンリーカタコームとか作ってます。

死ぬと墓が出来上がるので、それを回収して作ったまでですが。

 

6月2日 第2991話「穴居人」 はれ
 ラリアをスタートしまして、気がついたらアレよこれ世でPC版にまで手が伸びました。

現状これが我が家。立ってる場所がスタート地点だったのでココを軸に安全確保、

元々クレバスっぽかった場所の形を変えて土を使いこのような地下空間を形成できました。

地上部分はゾンビとかと戦う砦としても機能してます。

左下は主な出入り口で、そこから飛び出して左側に作った斜面を登って外へと探検していく感じ。

ゆくゆくはブリッジ作ったりとか秘密基地みたいにしていきたいトコです。

…ただ、テラリア側の処理なのか、CPUの使い方が気がかりでして、

うちのは去年買っただけあっていっちょまえにクアッドコアなんですが、

明らかに一箇所に負担かけてるんですよ。

マルチコアCPUのメリットってのは負担を拡散する事で消費電力とか発熱量を抑える働きがあるんですが、一点集中でフル回転です。

まるで一人だけ頑張って他がアレって言うタイプのまわってる部署みたい。

これが心配でしばしば休憩入れたりしてます。何とかできるんならしてあげたいよ、全体の負担としては拡散すれば余裕なんだから。

そんなわけでマルチコアPCの人でテラリアやる人は猛烈にCPUチェックしてあげて下さい、うちだけかもしれませんので。

 …ようやく日記古いのを格納しました。あと10話もすりゃあ3000話か…

新しい体裁とか全く考えてないまま突っ走ってきたってのは、ある。