Diary素行観察〜

ほぼ私の一部

日記のメニューへ  戻る(群れに)  寝言

 

2月20日 第3411話「豊かなショック」 強風と大体の天気
 ンガ「マサイ」1巻収録の読み切りで出てきた博士が、

人間とはあらゆるショックを求めて生きているってセリフがあってそのショックってのが、物理的じゃなく精神的な意味なんだけど

自分を大きく変える衝撃的な事象に出会うって定義で、落胆とか畏怖とか絶望とかそういう意味合いも含まれているけど

感動や愛情、面白いことに出会った高揚、思いもよらない吉報、そういったこれまでの平常心を変化させて

かつこれからの自分を変化させるようなそういうものだって定義なんだけど、それが結構好きなんですよね。

その多様性あるショックってのが、多様性ある作品を楽しむことともつながってるような気がしてて、

ギャグからシリアスなストーリー、王道冒険物にホラーとか色々楽しめる根っこの要素なんじゃないかなと。

不気味なタッチなんだけど、その人の想像力に魅力を感じるのもそういうショックを娯楽として求めてるからでしょうし。

自分の想像をはるかに超えた何かを内包した創造物とかはここで言うショックと同じ物を与えてくれたりしますから、

なんだかんだでこのショックってのが生きる上で面白いを増やすのに大事なのかも。

割と今の面白いで満足してる時はそれに対して本気になればいいと思ってるけど、

別の何かを面白いと思いたいときはこのショック待ちって結構あるんですよね。思いもよらない事柄がそれになったりしますし。

ちなみに今は現状が結構面白いので、新しいタイプのショックはなくとも大丈夫だけど、

自分が楽しんでる内部での更なるショックはいつあってもいいもんだと思ってますから、そっちを待ちつつ暮らす日々。

 

2月19日 第3410話「よそ見書き」 はれ
 う言えば今使ってるのはワイヤレスキーボード。

その気になればPC本隊やディスプレイとある程度の距離は自在に取れるわけでして、

体を半分向きを変えて、左右を向く形でディスプレイを眺めるなんてこともできちゃうわけです。

有線でもできると言えばできますけど、無線の方がはるかにやりやすいのも確かです。

って事で今日はその姿勢で更新しておるわけですけど、中々困りにくいです。

けど無線化も大分いろいろ進んでますよね、周辺機器もネットワークも。

思い描いたのとは違えど確かな未来ですよね、固定電話が主だった通信手段だった頃に比べると。

でもまだまだケーブル類は減っていくんでしょうね。充電とかも想像以上の発想でひょっとしたら無線でできる可能性もあるかもしれませんし。

25年って年月は単三電池4本で動かす、色のない解像度もいい部類ではない携帯ゲーム機であるゲームボーイが、

2画面3Dゲームフルカラーかつ本体だけでもある程度の遊びができたりインターネットにもつながる3DSに進化するわけですから、

また25年もしたら多分想像がつかないような進化や変化があってもおかしくなさそうじゃないですか。

とまあそんなことを考えながら自分の部屋の配線をもう少し減らせたらスマートになりそうだと思いつつあるわけで。

パソコンをノートにしちゃえば確実に減るんですけどね。本隊とディスプレイをつなぐケーブルとどちらかのコンセントケーブル。

PCだけはネットワーク有線だけどこれを無線にしたリ、ヘッドホンも無線にするか本体内蔵スピーカーで済ませるとか。

やりようはいくらかあるけど、自分のスタイルを機器に合わせ過ぎないのも大事という事で。

 

2月18日 第3409話「グレート私」 はれ
 年入って一番のベストコンディションです、

って言うかケガと病気から始まった一年なので、回復しただけとも言いますが相対的に絶好調。

深呼吸しても骨が痛くないし、歩いても指が痛くないし、物を抱えても指が痛くないし、熱せき鼻づまりも全くなし。

ボス前にステータスあがるポーション飲みまくって夜間パワーアップするアクセサリーを付けたテラリアの夜決戦みたいです。

あ、それだと割と自力じゃないか。

なんだろう、今外なる力のオーラみたいなのまとってることになってるのかな、エンチャント(オーラ)が2つくらいついてるとか。

どうせなら陰影サイクルとかだと助かる。族霊鎧で一度致死ダメージ受けてもエンチャントが犠牲になるし。

あ、でもどうせならもう寄ってきたヤツ片っ端から許さない覚悟のがいいかもしれないな、何ならブランチウッドの鎧くらいのやつ。

後は身の回りにどれだけクリーチャー・エンチャントの人がいるかによって天上の鎧も選択肢に入ってきます。

いやしかしディフェンス重視ならガス化とかかなりいいんだよな。

これ思い出したりカード引っ張り出したりしてずっと話してたいヤツだからこの辺で終わりにしよう。その場で話すには少々でかいネタ。

 

2月17日 第3408話「初ライパン」 はれ
 ばらく前に買った、って言っても10日やそこいら前ですけど、

20cm大のフライパンをいよいよ使う事となりました。

普段通り油を敷いて炒めるってくらいなんですけど、あえて少し重たいのを選んだから

コンロの上でうまくバランスとってくれるのが嬉しいです。前のは目玉焼きとかするときにフタかぶせないと取っ手側に重心寄っちゃって、

倒れはしないにしても少々傾いちゃったりしてたんですよ。それがないだけでも快適。

これで目玉焼き作ればフライパンから偏らずに火力が均等な中央で出来上がってくれそうですよ。

でも普段空きスペースでウインナーも転がしてたので、それがちょっとやりにくくなるかと思うとって思ったけどそれなら絶妙の位置で作ればいいだけか。

今のところは結構使い心地に不満がなくっていい感じです、普段使いな物は快適に感じるより不満が無いのが大事。

快適はいつか慣れて忘れるけど不満は少なくともそれより長く続くことが多いですし。

 

2月16日 第3407話「総換気」 はれ
 のところ部屋掃除をあんまりしてなかったと思いだして、

布団を干してマットレスも空気に当てて、その下の部分も年明けに掃除しそこなったので掃除して、

ついでに枕元の棚もどかして掃除しました。配線通ってるんですけどこれまた年明けの点検の時に手付かずでして。

そう言えば回線は絶好調で上りも下りもちゃんと想定通りの範囲で出力が出てる模様、

それはそうと掃除完了して、ご飯食べて、風呂に入って、布団で仮眠。掃除の後はこれが最高。

状態がいい布団でまずは寝るんですよ、今の時期の布団は居心地が良いのは周知の事実。

とはいえ南風が吹くと日中は温かい日がそこそこ織り込まれてる今日この頃、これももう一月くらいで終わってしまうわけで、

朝しんどいとかあるけど昼の仮眠とかで快適なのが無くなるのは少々惜しい所で。

年末年始を軸にした各種冬のイベントとかももう終わりましたしね。

夏場とかだと寝つきとか中々よくないですしまあ基本的に暑いですから寝てる最中も起きた時もあんまり心地よく寝たって感覚は冬より低いです。

寒い時の温かさを兼ねた動作、食事となら鍋、睡眠とならあったかい布団、風呂では湯船、部屋を暖めるならストーブとその上のやかんとか、

なんか昔からかもしれないけど、そしてちょっと前にも書いたけど冬の動作って好きなのが多いんですよ。寒いのは弱いけど。

 

2月15日 第3406話「眠い」 はれ
 朝は早かったので一日を通して眠かったです。

特に午前中はなんか眠気でちょっとだけ平衡感覚と言うか、マッスグパワーが足りてませんでした。

それでも午前中人間なのか、効率よく動くことができて結構な密度になるはずの各種作業が大幅に片付きまして、

なんだかんだでやりたい事はあらかた片づけられた一日でした。帰ってからは割と寝てたけど。

そうそう、もうなんか午前中の方が快適に動けて、

明日休みじゃないんなら20時くらいにはあと寝るくらいだけの状態で家で過ごしたいって言う、

一日が早くなるタイプにすっかりなってるんですよね。

出掛ける時も都市機能が動き出す頃合い、10時くらいに現地に行ってあれこれやってお昼を食べてあれこれ後半で、

夕方くらいには帰るってのが多かったりしましたし。そういう意味では先日のミカドは色々開放的でした。

もう少しそこいらをコントロールして活動時間を伸ばしていくのも悪くないかもしれないけど。

後は最近出掛けた時の連続活動時間がちょっと落ちてる気もするので、

その辺も伸ばすというか全体的に時間を増やすとかしようかと思うけど、多分それやったら睡眠にあてがって密度を増していく気がする。

そして結局は今と同じくらいになりそうなので、微調整をして納得いく形を作ればいいんだ。と思う。

 

2月14日 第3405話「闘い」 はれ
 日の夜はミカドに行って未来への遺産の大会に行ってきました。

結果は一回戦で敗北。でも楽しいひとときだったからよしなんですよ。

その前の野試合では強い花京院とかいていっぺんも勝てなかったけど楽しませて貰ったり、

そこそこ程度の鳥相手なら勝てるってわかったり、なんか思ったより目押しがうまくできるようになってたり収穫はありました。

あとグラディウスIIで要塞面まで行けたり、19XXをクリアしそこなったり、夜のゲーセンのなつかしさに浸ったりしてました。

最近次の日が休みじゃないと夜はこれくらいの時間にはなるべく家に居たいってのがあったんですけど、

昨日は次の日つまり今日が普通の時間からの出だったのでよしとしましたし、思ったより影響ありませんでした。

大会が20時からエントリーで21時スタートだったんですけど2台進行で回転率も良かったので30分くらいで決勝終わっちゃいましたし。

その後1貝CPU戦やって整理体操とかいう心持でいられました。

それを織り込んでも帰宅は23時半前。次の日の準備をしてちょっと日課をこなしてちょうど寝る時間くらい。

眠りも割と深く、夢を見るくらいではあるものの割と些細なことで目を覚ますことがある体質ながらしっかり朝まで一発睡眠でした。

ただ、見た夢が僕の夢の舞台では悪夢の象徴たる学校で、猛烈な吐き気に襲われてるって内容でしたけど。

…あと、ミカドの常連の人たちが結構仲間内で楽しそうにしてるのを見てて、

ああいう仲間の輪があるとまたさらに楽しくなるんだろうなと思ったり。

ゲーセンで知り合いとかはほとんど作れるタイプじゃなかったですけど、

代わりにネットで結構いい交流ができてるのでそれでよし。こっちの方が頻度高かったりしますしね。

ひとまず昨日の日記と合わせてこういう事がありましたな、充実連休でした。

しかしまた来月にも予定があるので、まだまだ楽しみは尽きず生きていくエネルギーはある状況。

やっときたい事も割とあるし、僕の命は明日に続く。

 

2月13日 第3404話「憩い」 はれ
 日は遅い時間に出かけてたので更新がなかっただけですよ。

日中も日中で出かけてたりしてたんですけど、帰ってきて少ししてから集合レッツゴー。

サイさんジャジャさんと一緒に、ステーキ肉喰らってきました。

ちょっと離れたところなのでクルマで三人喋りながら行って、

なんかすんげぇ豪快な肉を喰らって、満たされてまいりましたよ。

ジャジャさんが600gとか注文してたんですがきたのはエアーズロックみたいでしたし。

そんで食べた後はちょっとクルマでふらふらしてお店に入って閉店まで喋る始末。

けどああやって次の日の心配もなく油断してられる相手とのんびりと話せる時間って幸せの一つですよ。

定期的にこういうの必要って改めて思いますね。それで帰ってきたら日付変わってたので割とすんなり寝ました。

今日も今日でちょっと夜は居なくなるので早めに更新、明日は休みじゃないから早く帰れたら早く帰ってくる予定。

 

2月11日 第3403話「200倍の世界」 はれ
 日の雪が嘘じゃなかったと今朝実感しましたが、

夜ごろにはすっかり溶けきってて化かされたかのような路面状態な一日でした。

そんな今朝、少々不可解だったことがあったのですが…過去形なのは今朝の出来事だからじゃなくて解決したからなんですけどね。

道路に太さ2cm程、長さは10-30cmくらいの雪がよく落ちてたんですよ。

向きはバラバラで密度も40cm四方に2-3個くらいの数。それが帯を形成するように長ーく落ちてたんですよね。

まるで顕微鏡で菌類を見ているかのような光景でした。

しかも家の前だけじゃなくて行く先々で頻繁に見かけまして、

まあ謎めいた雪ですけどもちょうど都合よく上からそれが落っこちてくるのを見かけまして、見上げるとそこに電線。

どうやら昨晩電線の上に積もった雪が固まって、溶けて落っこちたのがこれのようです。

適度な積雪でその後の環境も整わないとなかなか見れないものだとするなら、今回の冬は雪の取れ高十分だ。

 

2月10日 第3402話「哲学マリオ」 はれのちゆき
 例の帰るタイミングが最悪になる度合いになるよう合わせての雪。

止まったタイミングで振り払いながらだったから服は濡れてないけど、路面状態がやっぱり怖かったですよ、原付。

朝方いい調子の天気だったので降るなんてことはまるで考えてなかったんですけどそのまるでには死角があったようで。

…そう言えば昨日日記書いた後に考えてたんですけどね、

一日かけてマリオ3をやるとして、通しでやってる時に大体どれくらいが没頭感と面白さのピークが来るんだろうって考える哲学。

1ワールドはまだ没入浅く、5ワールド辺りはプレイ時間がら食事とかそういった休憩入れないとおなかすいたり疲れてくるからいったん途切れたりして調整が難しく、

7ワールドになると中だるみの可能性も出てくるわけで、そうなるとクライマックスの8ワールドもいよいよって意味が変わってきますよね。やっと片付くといったような。

そう考えると多分ゲーム的には面倒なステージが多い3ワールドが関わるけど、

4ワールド前後辺りが没頭感や体力などのピークなのではないかと思うんだけど、

おやつという存在があったらまた話は変わりそうだし、開始時刻次第でそこに食事とかもあるし、

二日に分けようという事になればそれもそれで違った配分が生まれたりもするかもしれないしで。一日かけてって前提は崩れますけど。

開始時間も朝のあれこれが終わってからか、昼食後にするか、徹夜覚悟で夜からかでも変わるし、季節環境も結構影響すると思うんですよ。

熱いか寒いか適切か、窓の有無とか外の天気によって感じる時間経過の認識及び時期による日の傾きかた、

晴れているのか、時間帯がわかる程度の曇りか、一日かけて同じ明るさになる今日の雪のようなど外の明るさに影響する天候、

一人で遊んでるか二人一緒か、結構これ突き詰めると哲学になりそう。屋内と言う閉鎖空間で何かを行う場合大体当てはまるし。

でもこの一日マリオとか一日ボードゲームとかって遊び方、多分自分たちの親世代で言うと一日麻雀やり通しみたいなのがそうなんだろうな。

うちが集まる場所になって親父がよく昔やってたけど、ホント一日中やってたし時間を忘れて遊ぶように雨戸とか閉めてたりもしたような覚えがある。

なるほど、皆張り切って遊ぶわけだよ。たのしいもん。

 

2月9日 第3401話「おだやかでゆるやかな」 あめ
 日は一日が静かに流れていきましたが、

こういう日が欲しかったので願ったり叶ったりです。

雪こそ降らなかったけど雨が降ってると町が若干停滞するというか、

晴れてる時に比べてあくせくと動かないようなそんな印象って言うべきかのかわかりませんが。

かといって暇すぎず適度にこなす事とかがあったりして。

こういう時間もまた、幸せの一つと言うかこういう時間の過ごし方が好きなもんでこの季節なら沢山あってもいいくらいです。

…そう言えば話変わってですが、まだ新しいフライパンを使ってないのでそろそろ何か作ろうかと思ったりしてますが、

ここはシンプルに目玉焼きとか作ってしまいたい気分でもあるし、

豪快に炒め物にしたいけど20cmフライパンだと豪快さに欠けるから、やっぱり目玉焼きかなとか思ってます。

あと小さいフライパンのフタってガラスの透明なのが似合うと思うんですけども、あれで目玉焼きができていく姿とかが醍醐味なんですよ。

そうそう、それと暮らしの中のローテーション計画も少しずつ進んでいて、使ってないものを活用したりとかしてますが、

使ってるけど次の控えがあるものの一つである家用の長ズボンが気づいたら結構すそがすれてきてるので、

この冬か春で任期満了とする見込みです。ここまで着れば大往生かなって程度には着てますし。

でもこういう時裁縫とかができると、足先あっためる袋状の防寒アイテムとか作ったりできるんだろうな。

小学校の頃に学校で使うためにそろえた裁縫セットがまだあるのですけど、それを使いこなす技術がない状況です。