飛びたて!旅立て!無理だって!

 

今日のヴェスパー銀行で鍵箱開け、罠は相変わらず我慢と言うスタイル。

その我慢が足りないとこうなるんですけど、ヒーラーハウスの場所は覚えたのでアフターケアだけはばっちりです。

それと最近指輪をちょっと取り換えて炎抵抗がやや下がったことで75ダメージ位受けて死ぬことがあります。

…しかし、もうそろそろ色んな所で戦うってのもいいかなと思いつつあり、

ちょっとイルシェナーに行ってみる事にしました。

なんとなく決めた先は名誉。

するとゲートそばにガーゴイルが居たので交流を図る。

肌の色が違えど同じ種族ですし、体格はこちらの方が少々小さいですが同じ種族ですし。

すまない、ふがいない僕を許してほしい。

トンネルを抜けた先のキャンプ地では奴隷になってるガーゴイルと、旧ブラックソーン城に居た面々がちらほら。

ブラックソーンが今では人間となってちゃんといい人なのでとりあえずここにいるようで。

エクソダスミニオンとかもこの辺に居るので、エクソダスダンジョンにもなんか変化があるんだろうな。

と思って行ってみたら知らないのがいっぱいいるし明らかに近づいちゃいけないのがほぼ全員。

エクソダスミニオンロードだとか、見たこともないセンチネルとかローブの人とか

よくわかんないけど真っ向から行っちゃいけないのがそこら中に居て止まるに止まれない。

青ネームいるけど助けてくんないし!

ちなみに古来から存在しているガーゴイルデストロイヤーとかいう猛烈な先輩は健在でした。

こんなところ居ちゃいけないので今度はテルマーを探検。

するとMLボスの色違いが居ました、こいつクエストキャラみたいだけどたぶん確実に、敵でしょ。

そもそもそばに人骨があるしとても友好的ではない条件が揃いすぎてて、

ゲームシステム上何らかの機能を持ってる無敵で無害なNPCの色してても少々信頼しきれない。

話しかけたとしても多分こっちを食おうとしてきますよ絶対。

なんてわかりやすいんだお前は。

付き合っちゃいけないので速やかにその場を去りました。

その後なんか妙な地形を見つけて好奇心で近寄ってみるも、

光から向こうに瞬間移動とは違うようで、

強引に登ろうとしたら登れました。

ガーゴイルの飛行状態だといける場所みたいなのかな、それにしてもこの場所の意味は分かんないけど。

そのそばにはそのそばで砂地に酸が撒かれてる場所もあったりして。

多分MLボス版の事を考えると先のあの生き物が関わってそうな気がしますけど、

飛んでないとダメージ受けるのかとか確かめてみよう。

降りたって走り回った感じでは特にそう言う感じではなかったので、

クエストなんかで使う記号的な場所っぽいかな。

更にこのそばをうろついてると妙にモンスターの反応が多いエリアを見つけたので近寄ってみました。

あいつだ…あいつだ!逃げる!

あいつについては前回をご覧ください。

思い切ってイルシェナーまで逃げてきて、今度は武勇ゲートからそこらを動き回ります。

最初に見つけたのがエルダーゲイザーだったので、交戦開始。

こう見えても遠距離武器持ちですし成長もしてるから勝てるでしょう。

ギリギリでね。

鍵開けとかして強くなったつもりでいたけど、別にあれ戦闘力が上がるわけじゃないんだよな。

ちょいちょい罠箱で爆裂して勝手に重傷を負ったりして戦ってたつもりでいたけど。

その鍵スキルはもう95近くなのでそこんとこだけは立派。あと騎士道は近年の推奨最低ラインの80になったので固定。

100まで上げるつもりでしたがガーゴイルだとフォーカス20はないと移動のスタミナ低下に回復が追い付かないのを思い出しまして。

これまでスキル20以下の場合は20相当の動作保証を受けられるヒューマンばっかりだったからそこんとこ忘れてました。

ただレジストの高さは作用してて麻痺であんまり拘束されなかったりしてたのはちょっとした成長。

あと武器系スキルが70台ってエルダーゲイザーじゃなくてどっちかと言うとエティンとか土エレくらいだったはず。

その訓練を兼ねての今回の移動なのにその辺考えず大胆に動きすぎッてとこかもしれません。

ここからしばらくはモンバットとかヘッドレスのパラゴンくらいで落ち着いたもんだったんですけど、

なんかこの先行っちゃいけないような場所だった気がする岩山の道をとりあえず進んでんですけどね

これを見てからのセイグリッドジャーニー詠唱決断はとても早かった。

 

 

INDEX